CNE1の学校情報

フィリピン・ターラックで評判のCNE1の留学体験談や口コミ、学校情報、写真。CNE1はフィリピンのターラックにある人気の語学学校。英語学習だけでなく、人との繋がりを大切にしてて、良くも悪くも自由。サークルのような学校が多い中で、先生や日本人スタッフを正社員雇用して品質を安定させようと努力している。教材開発にもどん欲で、ワーホリ準備コース、バリスタコース、おもてなし講座、IT講座、子供英語講師養成など毎年新しいコースを開校している。共同経営者の井坂浩章さんの情熱で生まれた、万能型で進歩している学校です。日本窓口あり

学校名CNE1 (Carthel Native English 1 on 1)
学校設立日2010年1月
生徒規模80名
建物タイプキャンパス
門限門限なし

学校スタッフ

日本人オーナーの井坂さんが営業担当、現場は日本人マネージャーの伊奈垣さん、窪匡将くんを中心に、正社員やインターンが数名、現場スタッフを正社員雇用してる数少ない学校の1つ。

  • 共同創業者 井坂 浩章
    共同創業者 井坂 浩章
    CNE1日本代表。大学で心理学とマーケティングを専攻。7カ国に約3年間留学、世界25カ国を旅行、海外生活6年。日本で出版社、IT企業勤務。話すと止まらない熱い方で、情熱がスゴイ。井坂相談所はいつもいっぱい。
  • 共同創業者 ガーリー
    共同創業者 ガーリー
    CNE1フィリピン代表。大学で心理学学士号を取得。Aral政党リスト(政治団体)創立者 兼 議長(2006-2010)。地元に政治の繋がりもある。
  • 取締役 大谷 真樹
    取締役 大谷 真樹
    CNE1取締役、八戸学院 国際教育局 局長。株式会社インフォプラント(現 株式会社マクロミル)創業者。2012年4月より八戸大学学長に就任。専門分野はベンチャー経営。2018年1月よりCNE1のマネジメントに加わる。お会いしたことはないです。
  • 日本人職員 伊奈垣 映子
    日本人職員 伊奈垣 映子
    何度も会ってるけど、しっかり話したことはないです…。熱心に生徒のサポートをされてます。元トラックの運転手らしい。本当かな。2013年〜
  • 英語学習デザイナー 中山麻衣
    英語学習デザイナー 中山麻衣
    結婚後、29歳の時にCNE1に短期留学。その後も学習を続けて、TOEIC990点、英検1級、IELTS8.0、通訳案内士を取得。CNE1「IELTS BOOTCAMPコース」学習アドバイザーを勤める。(インタビュー

CNE1の口コミ(35)

経験者にリアルな感想を聞いてみました。できるだけ複数の学校を経験した生徒にインタビューするようにしてます。フィリピン・セブ留学はまだ歴史が浅いので、学校は変化します。口コミの評判を鵜呑みにせず、体験談は参考程度に!

CNE1の感想

どれぐらい知ってるか?

2週間留学しました。その後も何度訪問したか分からないです。毎回井坂相談所で力尽きるまで話ししてます。最長は11時間(笑)。
留学エージェントの中谷
CNE1は井坂浩章さんの人格に惹かれて来る人も多い。僕も惹かれた。長期的な視点の営業マンですが、情熱がスゴイ。僕はお喋りですが井坂さんには負けます(笑)。あと、良くも悪くも自由です。規模も100人近いのでいろんな人との出会いがあります。逆に意思の弱い人は日本人との交流が楽しすぎて、英語学習に身が入らないこともあるようです。僕は2012年から知ってますが、確実に成長している学校の1つです。 CNE1は入学者特典として、インターネット予備校の「ベリタスアカデミー」の最新教材を生徒に提供しています。スマホなどを利用して、「英文法」と「単語」の授業を視聴して、中学・高校英語を学べます。入学3ヵ月前から視聴が可能なので、留学前の準備によいです。ただ、残念ながら、僕が今までお会いした生徒でこの教材を使いこなしてる生徒はほとんどいません。基礎知識がない方は是非使いこなして欲しいです。あと特徴として、追加料金を払えばオンラインレッスンが受けられます。オンラインとオフラインの先生は兼務してるので、留学前にオンラインレッスンを受けて、その先生にフィリピンで学ぶこともできます。留学後のオンラインレッスンにも対応してます。

CNE1の場所

ターラックの外れにあります。目の前は道路だけ。どこかに行くにはバスで移動。田舎で平和です。

CNE1の写真

フィリピンで評判の日本人経営のCNE1の食事

CNE1学校内の様子、クーボーという小さな家で勉強やリラックス

CNE1の学校前の道路

CNE1の宿泊施設レジデンスはクーラー、冷蔵庫、クローゼット全て完備

CNE1留学ではこういう感じでみんな話してます。学校内に庭があって、ハットと呼ばれる屋根があちこちにあるのです。

CNE1の宿泊施設ビサヤの4人部屋のドミトリー

ターラックのCNE1はローカルの学校と併設しているので現地の生徒と交流できる

CNE1の宿泊施設ルゾンは別名貧乏村と呼ばれる部屋

ターラックのCNE1は毎週金曜日に卒業式がある。卒業生はステージでみんなの前で英語のスピーチをします。

フィリピンの語学学校CNE1の屋上から見た景色。一面がマンゴー畑

CNE1の動物園にいるダチョウ

詳しくは、

CNE1公式サイト

エージェントサイトではなく学校公式をチェック!

学校情報が間違っていたらご指摘ください。