アンヘレスのゴーゴーバーのカワイイ女の子と週末に話すため、必死に英語を勉強した。

フィリピンの夜遊び英語勉強法。CNE1で出会ったタロウくんは現地のカワイイ女の子と友達になることが英語勉強のモチベーション。アンヘレスのゴーゴーバーやSMモールに女の子の友達がいる。

アンヘレスのゴーゴーバー(ビキニバー)

タロウ、21歳男性、期間5ヶ月、大学生


21歳の関西の大学生、5ヶ月滞在の4ヶ月が過ぎ、もうすぐ日本に帰って就職活動のようです。彼はアジアの歓楽街で有名なアンヘレスのゴーゴーバーで英語を鍛えている。カワイイ女の子と英語で喋るため、夜遊びをモチベーションにして英語を勉強しているのです。

詳しく聞いてみました。

アンヘレスの夜遊びで英語を勉強

フィリピンに来てすぐにアンヘレスのゴーゴーバーに行きました。

わはは。アンヘレスはアジアの歓楽街で有名ですね。ここ(ターラック)からアンヘレスはちょっと遠いでしょ。行くのに不安はなかったですか?

不安でした。旅行ガイドブックを見て、アンヘレスのバスターミナルのダウステーションを目指しました。バスターミナルからどうやって行くのか分からなかったので、トライシクルに「ゴーゴーバーに行きたい」って言ったんです。でも通じなくて、地図を見せて「ゴーゴーバーに行きたい」って言いました。恥ずかしかったです(笑)。

アンヘレスのトライシクルという乗り物。バイクの横に人用の荷台をつけたフィリピン流バイクタクシー。この乗り物でゴーゴーバーがあるウォーキングストリートに向かう。
アンヘレスのトライシクルという乗り物。バイクの横に人用の荷台をつけたフィリピン流バイクタクシー。この乗り物でゴーゴーバーがあるウォーキングストリートに向かう。

アンヘレスのゴーゴーバーに行ってみてどうでした?

最初はカワイイ女の子が来たんですが、全然英語が喋れないから、ママが日本語ができる子を連れてくるんですけど、日本語が話せるのはオバちゃんでカワイクないんです。

日本のフィリピンパブで働いていた女の子がフィリピンに戻ってきてママをやってます。もうオバちゃんです。日本でのビザはタレントで取ってるので、あなたはタレントですか?と聞けば、だいたいイエスと答えます。

ゴーゴーバーが立ち並ぶアンヘレスのウォーキングストリート
ゴーゴーバーが立ち並ぶアンヘレスのウォーキングストリート

ゴーゴーバーのルールが分からなくて、ママもオバちゃんも奢ってくれって言うから、奢ってたらめっちゃ金がかかって、6000ペソぐらいかかりました。でも、次は絶対カワイイ子と喋るぞと思ってモチベーションが上がりました。

6000ペソというと13000円ぐらい?一体何杯奢ったのでしょうか(笑)。それでも楽しかったと笑うタロウさん。ゴーゴーバーのカワイイ女の子と喋るためにどんな勉強をしたのでしょうか?

ゴーゴーバーの女の子と話すために英語を勉強

月曜から金曜は、自己紹介とか趣味とかいろんな質問を英語で覚えました。それて、週末にまたゴーゴーバーに行ったんです。

だけど、発音が悪くてカワイイ子には聞き取ってもらえなくて…、またオバちゃんが来たんです。1週間では無理でした…。それを繰り返したら、3週間目でやっとオバちゃんが来なくなったんです。

おっ、カワイイ女の子と楽しい会話ができた?

いや、英語だと盛り上がらないんです…。だから次は楽しませたい。盛り上げたいと思って、オモロイことを言うたろと思って、カンペを作って英語の練習していくんです。アンヘレスに向かうバスの中で。

そうやって女の子をモチベーションに勉強をしてきたと(笑)。

はい。2ヶ月目ぐらいでだんだん楽しくなってきました。でも、お金もなくなってきたのでディスコに変えて、だんだん一般の女の子と話すようになりました。最近はSM(ショッピングモール)とかでお店の女の子と話してます。

絶えずカワイイ女の子との会話をモチベーションに英語と向き合ってきた彼は、女の子の友達がいっぱいいるようです。フィリピン留学でよく聞くのがモチベーションをキープするのが難しいということ。この夜遊び勉強法はモチベーションを失うことはないからオススメ。男性限定。ただし、お金を失う。

ローカルの人と話すと楽しいです。給料とかいろんな話をします。学校がゴーゴーバーが近すぎると平日も行きたくなるから、ターラックはちょっと遠くてちょうど良いです。コミュニケーション能力はかなり上がったと思います。

こんな風に遊びまくった彼も日本に帰れば、英語が上達した見られるのでしょう。必死に勉強するのもオススメ、遊びながらコミュニケーション能力を磨くのもオススメです。

フィリピンでイヤな事は?

めちゃ楽しそうですが、イヤな事は?

衛生面はちょっと気になりますね。食事も最初ダメでした。でも慣れましたね。フィリピンの人ってボッタクってくるじゃないですか。マニラのディビソリアマーケットとかヒドイでしょ。でも、現地の女の子と一緒なら大丈夫なので。

何を話しても女の子の話になるタロウさん。アンヘレスのゴーゴーバーを満喫してました。1つの勉強方法として参考になれば幸い。

(2012年7月5日 CNE1にて)

まとめ

フィリピン留学でこんな勉強方法で英語を学んでいる生徒もチラホラいます。結構上達するので、目的やモチベーションって本当に大切だと思います(笑)。ただ、アンヘレスなどの歓楽街ではトラブルもありますので夜遊びする際は注意してくださいね。

今回のインタビューは学校と関係ないけど、彼が勉強してた学校はCNE1です。興味ある方は公式サイトへどうぞ。

CNE1公式サイト

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

CNE1 (ターラック)

口コミで広がった人気校。初級向け日本語教材あり。アジア就職に力を入れてる。

この記事の関連口コミ

人気の口コミ