フィリピンの格安学校!月15万の一番安い学校をズバリ教えます!

エージェントが教えたくないフィリピン留学で費用が安い格安学校の紹介です。フィリピン留学の料金は、月12万から35万ぐらいまで幅があります。安いには理由があります。英語の授業はいいけど、施設が古くて留学費用が安いスクールがオススメです。

フィリピンで一番安い学校

フィリピン・セブで107校を体験してます。フィリピン留学はもうコスパが悪いですが、まだ安い学校はあります。授業の質は高いけど、施設が古くて安いのは以下です。普通の学校の半額ぐらい。安すぎてビックリ!

ドゥマゲテの安い学校Aspire

Aspire

日本人経営 / ドゥマゲテ / 定員6名 / 2017年8月〜

ドゥマゲテで最安値を目指す語学学校。定員6名の小規模ならではの柔軟さがある。ゲストハウスに滞在していたら先生がやってくるような感じです。

安い理由は、田舎で物価が安いので施設賃料が安い。施設環境は悪くないがよくもない。掃除は行き届いてるが虫は出ます。運営体制にお金をかけていない。だけど、先生は経験豊富。アジア慣れした旅慣れた方にオススメです。上級者、田舎嫌いは行かないでください。

留学費用 135,600円〜(シェアルーム)

セブ島の格安学校GLANT

Glant

韓国人経営 / セブ / 定員100名 / 2009年〜

セブで業界最安値の留学費用を目指す穴場の格安学校。オーナー在中で、柔軟な対応が可能。韓国人経営だが、生活ルールは厳しくない。学内飲酒もOK。授業はマンツーマン主体で、各先生がそれぞれのやり方で教えている。ただ、コロナ後に、有名な日本人経営学校のヘッドティーチャーが加入して変わりつつある。海外経験が豊富な旅人タイプにオススメです。

安い理由は、施設が古く、韓国マーケットに独自で宣伝して集客しているから。ロゴもないです。通学対応しているので、近くの安いホテルに滞在して通う生徒も多い。韓国の学校グループにも属していないユニークなスクールです。コロナ後にドル表記になり値上げしたので格安学校ではなくなりましたが、閑散期は半額プロモをしていることがありますので要チェック

留学費用 1,310ドル〜(3人部屋)

WINNING English Academy

Winning English Academy

台湾人経営 / セブ / 定員110名 / 2015年〜

多国籍な環境で英語を勉強したい方にオススメ。Winningは台湾資本の語学学校なので日本人の生徒がまだ少ないです。新しい学校なので閑散期は空いていることが多くて、閑散期は4週間以上の生徒に300ドル割引のプロモをしてます。

格安学校 We Academyの新校舎

We Academy

韓国人経営 / イロイロ / 定員50名 / 2003年〜

フィリピンの地方都市イロイロの老舗学校。格安費用で品質の高い英語教育を追求している。多国籍な若い生徒が集まっている。社交性があって自己主張できる学生にオススメ。英語力がある程度あるほうが楽しめる。安い理由は、地方都市で物価が安いから。コロナ前に移転しており、安いわりに施設は結構キレイです。直行便がないので、短期で行くと割高になります。

留学費用 152,000円〜(3人部屋)

1日6時間のマンツーマン授業を受けた場合の4週間費用(授業+食事+滞在費)で比較してます。料金は変わっていくので、公式サイトもご確認ください。

コロナを乗り切ったほとんどの学校は料金を値上げしました。ドル表記に変えたスクールも多いです。

留学割引キャンペーン情報

閑散期にフィリピン留学するなら穴場の学校なら割引セールがあります。しかし、売れ残りの学校もあります。その見極めがポイントです!

フィリピンで安い学校を探すときの注意点

激安とか最安値と書いてるのはだいたいちょっと高いです。安く見せるためにみんな工夫しています。安い!って書いて、1週間の費用だったり、授業が2コマだったりします。食事や電気代を留学費用に含めずに、留学費用を安く見せていることもあります。また、値上げ前の安い金額をまだ掲載していることも結構あります。

格安学校が安い理由

失敗しないために、安い理由が許容範囲かを考えましょう。

  • 売れ残り、人気がない。(いつも割引しているとヤバい)
  • 先生の給与が安い(先生が若い、経験が浅い、先生の研修をしてない)
  • ワンツーマンレッスンが少なくて、グループクラスが多い
  • 物価が安い地域にある(都会より田舎のほうが物価や人件費が安い)
  • 賃料が安い(施設が古い、バストイレが共同、虫がでる)
  • 部屋がドミトリー(例:6人部屋)
  • 教室がない、もしくは質素
  • 現地サポートがない(運営スタッフがいない、もしくは無給の学生)
  • 食事にお金をかけてない。食事が別料金、もしくは質素
  • ネットにお金をかけてない。WiFiが遅い
  • 留学費用以外が高い。フィリピンでの現地払いが多い。海外送金手数料、振り込み手数料が高い

安い理由が許容できるなら大丈夫です。エージェントは格安学校は基本的にオススメしません。紹介料も安いからです。だから、フィリピンにある格安校の情報はなかなか出てきません。安いスクールは独自に宣伝しています。ただ、エージェントが運営してる格安校が例外的に存在します。他のエージェントサイトで紹介されている格安学校と当サイトを比較してみてください。

フィリピンの古い学校の施設の写真

フィリピン留学の費用に大きい影響を与えるのが、施設と先生の給与です。施設面を妥協できれば安くできます。マニラやセブといった都心部より、田舎のほうが施設は古いです。古い施設の写真は以下です。

施設がキレイなのに費用が安い場合は、人件費が安い可能性が高いです。先生の給与です。だから、先生が若かったり、講師経験が浅い可能性が高いです。(しかし、英語初心者であれば、大きな問題にはならないこともあります。)

格安学校を経験した留学体験談

安い学校に留学した生徒の体験談も参考にしてください。