フィリピン留学の学校選びの前に地域ごとの特徴を知る!

英語留学をフィリピンに決めた後に、最初に困ったのが島や各都市の場所です。マニラ、セブ、クラーク、ターラック、バギオの場所も特徴も分からないから、どうやってエリアを決めて良いか分からなかったです。実はフィリピンの場所も知らなかったのですが、日本から近いです。

成田からマニラまで飛行機で3時間30分ぐらいで、時差は1時間です。

台湾の少し先です。タイやベトナムより日本に近いのです。最近はLCCで航空券が安いので行きやすくなりました。ジェットスターセブパフィフィックでどうぞ。往復でサーチャージ込みで3万ぐらいです。セブパシのプロモは最安値の時は往復1万円ぐらいです。安すぎて怖いですが、僕は何度も利用してます。

フィリピンは7000個ぐらいの島があって、大きく3つ群島に分けられてます。北から、ルソン島周辺の群島・ヴィサヤ諸島・ミンダナオ島周辺の群島です。

首都のマニラはルソン島で、バギオ、クラーク(アンヘレス)、ターラック、スービック、サガタなどもルソン島。このエリアは基本的に長距離バスで移動します。バスは24時間走っててすごい安いです。2時間ぐらいの距離で、約100ペソ(約220円)から200ペソ。WIFIがあるバスもあるので、長時間移動の間も助かります。

以下に、僕が行った場所の特徴をまとめます。

マニラ

マニラでオススメの語学学校

優秀な先生が多い!

マニラは首都なので、人材が豊富です。大学も多いので、マニラには優秀な先生が多く、先生の質が高い。都会だからか田舎に比べるとガツガツ教える先生が多い印象。少し忙しい感じ。首都なので娯楽も多い。治安が悪いエリアがあるけど、普通に生活してれば問題ない。僕はあまり分からないが、田舎に比べると空気が悪いと言う人もいる。日本の東京みたいな感じ。ぜんぞくとかある人は避けたほうがいいかも。

セブ島

セブ島でオススメの語学学校

一番人気のエリア!

セブ島はビーチリゾートで有名。日本人に大人気のエリアでたくさんの語学学校があります。ただ、セブシティは街でキレイなビーチはないので注意してください。沖縄に似ていて数時間離れると素晴らしいビーチがあります。セブの空港があるマクタンにはキレイビーチがありますが、入場料が高い。あと、セブは比較的若い人が多いです。街なのでもちろん娯楽もあります。そして、ヨーロッパからの移住者が多いです。治安は悪くなってきてます。

バギオ

バギオでオススメの語学学校

本気留学向け!

バギオは高地で空気がキレイので避暑地として人気。服を忘れると寒いので、ダウンジャケットが必要。天気が悪い時期は雨ばかり大変。マニラからバスで7時間で遠いが、山なので食事に野菜が多く美味しい。韓国系のスパルタが多く、気候も涼しいので、本気で勉強したい人には良い環境。

ターラック

ターラックでオススメの語学学校

田舎で娯楽なし環境!

クラークから更に北に2時間行くとターラック。ターラックは田舎なのであまり娯楽はない。移動はバスで、のんびりしたエリアです。マニラからだとバスで5時間ぐらいです。ターラックにはMMBSとCNE1という学校があります。娯楽がないので、勉強に集中しましょう。

クラーク

クラークでオススメの語学学校

田舎と都会の間!

クラークはマニラからバスで北に約2〜3時間。パンパンガ州にアンヘレス市があって、アンヘレス市の中にクラークがある。語学学校はアンヘレス市にあるけど、だいたいクラークと記載されている。それはアンヘレスはアジアの歓楽街で有名なので、イメージが悪いから。でも、行ってみたら普通です。適度に田舎なエリア。クラーク空港があるので、飛行機でも行ける。都会すぎず田舎すぎず個人的に好きな場所です。ヨーロッパからの移住者が多いです。

タガイタイ

タガイタイでオススメの語学学校

避暑地で過ごしやすい!

リゾート地で第2の避暑地と呼ばれているタガイタイ。田舎で平和な街です。治安もいいです。娯楽がないので遊びたい人には向いてない。山や湖があるので空気はよいし、自然派な人はいいかも。朝と夜は肌寒いので上着は忘れないように。物価は少々高い。

ドゥマゲテ

ドゥマゲテでオススメの語学学校

ダイビング好き向け!

セブ島の南のドゥマゲテはノンビリした田舎。特に何もないが、シキホールやアポ島などのキレイなビーチがすぐ近く。プロテスタントで有名なシリマン大学もあって、学生が多い。娯楽は少ないが、ノンビリと生活するのに向いてる。ヨーロッパからの移住者が多い。

イロイロ

イロイロでオススメの語学学校

教育都市で英語本気の方向け!

教育都市イロイロは大学が多いが、語学学校が少ない。ので、経験豊富な先生が多い。田舎なので娯楽がない。穴場のエリア。

このように地域によって環境に違いがあるので、まず英語学習の目的を決めて、留学エリアを決めたほうがいいです。