フィリピンのエリアの特徴!場所の特徴を知って地図から学校を探そう!

英語留学をフィリピンに決めた後に、次に考えないといけないのが、どのエリアに留学するかです。マニラ、セブ島、クラーク、ターラック、バギオなどたくさんの場所がありますので、エリアの特徴をまとめました。

ちなみに、フィリピンは台湾の少し先で、タイやベトナムなどの東南アジアより日本に近いです。日本からの飛行機が発着するのは、ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)、マクタン・セブ国際空港(セブ)、クラーク国際空港(クラーク)の3つです。

日本からマニラまでは、飛行機で4時間30分ぐらいで、時差は1時間です。

フィリピンの地図

フィリピンは7109個の島があって、大きく3つ群島に分けられてます。北から、ルソン島、ヴィサヤ諸島、ミンダナオ島です。ルソン島にニノイ・アキノ国際空港とクラーク国際空港があり、ヴィサヤ諸島にセブ国際空港があります。空港からは国内線の飛行機か、長距離バスで移動します。以下に、エリアの特徴をまとめます。

ルソン島

ルソン島のエリアは、マニラ空港かクラーク空港からタクシーや長距離バスで移動します。バスは24時間走っていて、値段は安いです。2時間ぐらいの距離で、100ペソ(約220円)から200ペソです。バスのランクで値段は違います。WIFIが使える長距離バスもあります。

マニラ

優秀な先生が多い!

マニラのマカティの街並み

首都マニラは日本から直行便で行くことができ、飛行機の便数も多いので移動は一番便利です。街としては発展していますが、渋滞がひどくて、空気はよくありません。一方で、娯楽が多く授業以外の時間も楽しめます。日本の東京みたいな感じです。 どこの国でも首都は産業の中心ですから、会社も多く、優秀な人材も集まります。有名大学も多いので、先生の質も高いです。首都にはキャリア志向の強い人が集まってくるので、田舎に比べると自信を持って堂々と教える先生が多い印象があります。韓国人はもともとマニラに学校を作り始めたので、外国人に英語を教え慣れた先生がたくさんいます。

気になるマニラの治安は、残念ながら悪いです。どこの国でも首都は一番治安が悪いものですが、マニラも同じです。危ないエリアには近づかないようにしてください。ただ、イメージほどは悪くないので普通に生活していれば問題ありません。マニラは危険なイメージが強くて敬遠されがちで人気がないエリアかと思いきや、先生の質は高いので案外穴場ともいえます。

マニラでオススメの語学学校まとめ

バギオ

山奥で本気留学!

バギオはマニラ空港からバスで北に約7時間行ったところにあります。最初は、こんな遠い山奥に誰が来るんだと思いましたが、1回行くと長距離移動にも慣れてしまうから不思議です。新鮮な野菜が豊富で美味しいですし、高地で涼しく、避暑地としてフィリピン人にも人気のエリアです。そのため、最近は交通渋滞もひどく、空気も悪くなってきています。それでも街から少し離れると空気はキレイですし、涼しいので過ごしやすいです。ただ、朝と夜は肌寒いですし、雨期は雨ばかりになるので、持ち物や服装には注意してください。

韓国系スパルタ学校が多く、本気で勉強したい人には良い環境です。あえて、辺鄙で娯楽が少ないバギオを選ぶ生徒は真面目な人が多い傾向にあります。ただし、最新は遊ぶ生徒が増えています。

バギオでオススメの語学学校まとめ

ターラック

田舎で娯楽なし環境!

マニラ空港からバスで北に4時間半ほど行ったところにある、のんびりした何もないエリアです。クラーク空港からは北に2時間ぐらいです。語学学校がなければ日本人が来ることのなかったエリアだと思います。田舎で娯楽はないので、勉強に集中したい人にお勧めです。

ターラックでオススメの語学学校まとめ

クラーク

田舎と都会の間!

クラークはマニラ空港からバスで北に約2〜3時間。パンパンガ州にアンヘレス市があって、アンヘレス市の中にクラークがある。語学学校はアンヘレス市にあるけど、だいたいクラークと記載されている。それはアンヘレスはアジアの歓楽街で有名なので、イメージが悪いから。でも、行ってみたら普通です。適度に田舎なエリア。クラーク空港があるので、飛行機でも行ける。都会すぎず田舎すぎず個人的に好きな場所です。ヨーロッパからの移住者が多いです。

クラークでオススメの語学学校まとめ

タガイタイ

避暑地で過ごしやすい!

マニラ空港からバスで南に約2時間。リゾート地で第2の避暑地と呼ばれているタガイタイ。田舎で平和な街です。治安もいいです。娯楽がないので遊びたい人には向いてない。山や湖があるので空気はよいし、自然派な人はいいかも。朝と夜は肌寒いので上着は忘れないように。物価は少々高い。

タガイタイでオススメの語学学校まとめ

スービック

アメリカ人が多い穴場

クラーク空港から南に1時間ぐらい。アジア最大のアメリカ海軍基地だったスービックはアメリカ人が多い。インフラも整備されていて、治安がよく、海も近くて、道路事情も良い。学校も少なくて穴場だけど、行きにくい。

スービックでオススメの語学学校まとめ

ヴィサヤ諸島

ヴィサヤ諸島のエリアは、セブ空港から国内線の飛行機で移動します。長距離バスや船で移動することも可能です。

セブ

一番人気のエリア!

セブ島は日本からの直行便があるので便利です。セブはビーチリゾート地として有名で、日本人に大人気のエリアなのでたくさんの語学学校があります。ただ、学校があるセブシティというエリアは、キレイなビーチではないので注意してください。沖縄のビーチリゾートが主要エリアから離れた場所にあるのと同様、セブシティから北か南に数時間離れたところに行かないと素晴らしいビーチには出会えません。セブの空港があるマクタン島にもキレイなビーチがありますが、入場料が高いです。

セブは娯楽が多く、ビーチのイメージが強いため、最近は旅行半分で行く若い人が増えています。一部の人は治安の良いハワイと同じように安全だと思いこんでセブに行くので、格好のカモになってしまい軽犯罪が増えて治安が悪化しています。セブはフィリピンでマニラの次に治安が悪い場所です。そして、マニラ同様、渋滞がひどくなってきています。ただ、学校の選択肢も多くて、生活するには便利です。街もどんどん発展してきていて、留学生に一番人気のエリアです。

ドゥマゲテ

ダイビング好き向け!

セブ空港から飛行機で1時間ぐらい。セブ島の南のドゥマゲテはノンビリした田舎。特に何もないが、シキホールやアポ島などのキレイなビーチがすぐ近く。プロテスタントで有名なシリマン大学もあって、学生が多い。娯楽は少ないが、ノンビリと生活するのに向いてる。ヨーロッパからの移住者が多い。

ドゥマゲテでオススメの語学学校まとめ

イロイロ

教育都市で英語本気の方向け!

教育都市イロイロは大学が多いが、語学学校が少ない。ので、経験豊富な先生が多い。田舎なので娯楽がない。穴場のエリア

イロイロでオススメの語学学校まとめ

ボラカイ島

ビーチ好きにオススメ!

ボラカイ島の人気観光スポットのホワイトビーチの夕日がキレイすぎて感動

観光地のボラカイ島は間違いなく海好きにオススメのエリアです!

ボラカイでオススメの語学学校まとめ

フィリピンの地図

フィリピンの語学学校を地図から探せるようにしました。

フィリピン行きの格安航空券

日本からフィリピンへの格安航空券(LCC)は、ジェットスターセブパフィフィックです。サーチャージ込みで往復5万ぐらいですが、プロモだと往復2万円ぐらいです。ただし、持ち込み荷物の制限が厳しいので注意してください。

地域によって環境に違いがあるので、まずエリアを決めるのもオススメです。