フィリピンの治安が心配な方へ!マニラやセブの2017年最新情報

2016年6月にフィリピンの大統領がロドリゴ・ドゥテルテ氏になりました。麻薬犯罪者を殺していってます。たまにドラッグをやってる留学生がいますが、絶対しないでください。

2017年のフィリピンの治安情報です。2012年から2017年に何度もフィリピンに行ってます。行った場所はマニラ、アンヘレス、セブ、ターラック、タガイタイ、ドゥマゲテ、バギオ、イロイロ、バコロドです。渡航回数は15回ぐらいです。

大統領がドゥテルテ氏になってから、治安はよくなっているのですが、その過程でいろいろと問題が起きてます。彼は犯罪者に懸賞金をかけるので、「嫁が殺し屋になってしまった」なんて笑い話も起きています。自首する犯罪者が多くて、収容所がいっぱいだったり、口止めのために犯罪者を殺そうとする政治家がいたり、フィリピンらしい話が尽きません。ドゥテルテ氏については賛否両論だと思います。自分自身も複雑な気持ちで見ています。ただ、腐敗と汚職の国の中で、国民がいろいろ葛藤しつつ彼を選んだのは事実です。投票前にたくさんのフィリピン人に話を聞きましたが、投票に行かないものもいましたし、ドゥテルテ氏の男尊女卑は嫌いだけど、彼しかこの国を変えることはできないという女性もいました。

フィリピンにいる方々は治安はよくなってると言います。僕は年に何度もフィリピンに行ってますが、僕自身は特に変化は感じてません。昔と変わらず、最低限のことを気をつけていたら問題はないです。ただ、以下のようなトラブルを聞かなくなったのは本当によかったと思います。

参考情報
マニラ空港でカバンなどに銃弾を仕込まれ、空港職員に口止め料を要求される恐喝事件が多発。マニラ空港銃弾仕込み事件の詳細

もともとあり得ない話ですが、実際被害にあった日本人もいますので、当時はマニラ空港を使うのは面倒な気持ちでした。管理体制は厳しくなってるので、治安はよくなっています。なので、空港のチェックインが時間がかかるようになっています。特にマニラの空港が厳しくなっています。

留学生で治安を心配される方にとっては、こういった現状はかなりネガティブかもしれませんが、普通に生徒として勉強してる限りは何も問題ないです。行くべきでないところに行かなければいいのです。

フィリピンの治安は確かに悪い

アンヘレスのサリサリストア

フィリピンの治安は悪いです。特にマニラは治安が悪くてトラブルをよく聞くので注意して下さい。スリ、美人局、睡眠薬、自白剤などの被害者に会いました。ジプニーのスリが多いです。財布、iPhoneが盗まれます。手口はパターン化してます。iPhoneの盗難はアジア全体で多発してますので、地球の歩き方などのガイドブックに載っている被害例は目を通しておいてください。

ただ、トラブルにあう方は危機管理ができてないことが多いです。日本ほど治安の良い国はないです。安全と言われているマレーシアでも1ヶ月滞在したら、子供が誘拐されてたり、駐在員が襲われたりする話を聞きます。タイでも数年ごとにテロが起きてます。留学は海外に長期滞在するので、しっかり自己管理してください。

マニラの治安

マニラはもちろん安全な場所ではないですが、マニラの治安イメージは悪すぎます。僕はマニラに何十回と行ってますが、危険な目にあったことはないです。どの国でもそうですが首都は人口が多いので、犯罪発生数は高いです。観光客を狙った盗難も多いです。観光地、首都はどこでも治安は悪いです。

フィリピンは他の国に比べると治安は悪いので、治安が最重要でしたらフィリピン留学は止めたほうが良いと思いますし、マニラも避けたほうがいいでしょう。海外慣れしてない方は特にです。

大統領が変わってからマニラ空港付近の取り締まりが厳しくなっています。空港到着早々に禁煙エリアでタバコを吸って罰金を払った生徒もいます。注意してください。

セブ島の治安

セブ島はみんなが思ってるほど安全ではないです。「セブ=安全・キレイなビーチ」のイメージを持ってる方も多いですが、現実は違います。セブ島は縦に細長い島です。空港は埋め立て地のマクタンにあり、セブ島には橋で渡ります。語学学校があるのは主にセブ島のセブシティです。セブシティは汚いエリアもありますし、ストリートチルドレンも多いです。

危機意識が低い旅行者が増えるにつれてトラブルも増えており、間違いなくマニラの次に危険です。過剰に心配する必要はないですが、日本のような危機意識でいると危ないです。トラブルで多いのは盗難。ストリートチルドレン。夜中の強盗などです。危ないところに行かない、ケンカしないなど当たり前のことに注意しましょう。ちなみに、セブ島のキレイなビーチはセブシティからバスで3、4時間です。

参考情報
フィリピンセブはやっぱり危険?!強盗に100ペソ渡した日本人が撃たれる

バギオの治安

バギオの治安はいいですが、治安がいいと思って軽卒に行動する方も増えてきています。日本のように安全な場所はないので注意してください。2016年はバギオで日本人生徒がレイプされています。詳細は発表されてないですが、朝方まで1人で行動していたようです。女性は注意してください。

アンヘレスの治安

アンヘレスの治安はマニラやセブに比べると全然大丈夫です。ですが、夜に出歩くときは注意はしてください。特に女性。男性でも夜1人で歩いてて囲まれてお金をとらえた人を何人も知っています。アンヘレスの歓楽街に行く男性は多いですが、慣れるまでは夜は1人では出歩かないほうがいいでしょう。ただ、僕は深夜でも1人で行動してますが、アンヘレスでトラブルは全くないので、自分としては危険な場所だとは思ってないです。

上の映像は、アンヘレスのネポモール付近に深夜に行った時の様子です。

その他のエリアの治安

イロイロ、バギオ、ドゥマゲテ、ターラックなどの地方都市はのんびりしてます。日本でも、東京と田舎は違います。同じような感じです。フィリピンでも地方のほうが治安はよいです。一方で娯楽はなくインフラも整備されてないことも多いです。

トラブル事例

タクシーでのぼったくり

一番多いのがタクシーでのトラブルです。ついてないと悪いタクシードライバーと遭遇します。メーターを使わない。追加料金を要求する。お釣りを返さないなど。タクシーに乗ったらメーターが動いているか確認して、動いてなければメーターを使うようにお願いしましょう。どうしても使ってくれない時は降りてください。

参考情報
フィリピンでタクシーを安全に乗るために知っておくべきこと

スリ・盗難

財布を盗んでもお金が入ってないかもしれませんが、iPhoneは高く売れるので、iPhoneがすごく狙われてます。混雑してる乗り物でよく盗難が発生していますので、人ごみの中では十分注意してください。

ストリートチルドレン

ストリートチルドレンは集団で現れます。近づいてきて体をベタベタ触られているうちに貴重品が盗まれてしまいます。可哀想と思って近づいたりしないでしてください。

オーストラリア人詐欺師

マニラ空港で日本人を狙ったオーストラリア人詐欺師が出没しています。オーストラリア人が話しかけてきてこんなことと言います。マニラ空港で荷物をなくして、バタバタしてる間にマニラからシンガポールの飛行機を乗り過ごした。けど、空港も誰も相手にしてくれない。この国は最悪だ。財布も失くしたから飛行機のチケットを買えないから、金を貸してくれ。必ず返す。パスポートのコピーも渡す。知らない人にお金を貸さない。

参考情報
マニラ国際空港に出没するオーストラリア人詐欺師

トランプ賭博詐欺

モールとかで、片言の日本語が話せるフィリピン人が話しかけてきます。昔に日本で働いていたとか、親族が日本にいるなど言ってきて、立ち話でいろいろ話してるうちに仲良くなります。そして、自宅に誘われます。食事の歓迎を受けた後に、トランプ遊びを誘われます。「金持ちの友達がこれから来るから、一緒にカモにしてやろう!」と誘われて、結局自分がカモにされるのです。定期的に誰かが引っかかってます。僕もモールで声をかけられることはありますが、1人で知らない人について行かなければ大丈夫です。賭博は違法なので、もし被害にあって警察に行くと、罪に問われることもあるので注意してください。

参考情報
セブ島におけるトランプ賭博詐欺に関する注意喚起

トラブルを避けるための注意点

  • 知らない人に付いていかない
  • 金持ちそうな格好をしない。重要!
  • もらったものを食べない
  • ジプニーとか乗り物で混雑してきたらポケットに手を入れる
  • 危険な場所に行かない
  • 夜に1人で歩かない
フィリピンでは盗難防止のためリュックは人ごみでは前に背負う
フィリピンでは盗難防止のためリュックは人ごみでは前に背負う

リュックは盗難防止のため、フィリピン人も前に背負ってますよ。特に人ごみの中ではね。経済的には、日本と比べると貧しい国ですから、お金がある素振りを見せれば、集まってきます。これはアジアならどこでも同じです。

僕が心配してるのは、危機意識が全くない方がフィリピンに行って何かに巻き込まれて死んじゃうことです。そうなったらフィリピン留学のブームは終わるでしょう。日本ほど安全な国はないと理解して海外に行って欲しいです。

参考情報
外務省のフィリピンの渡航情報

普通に危機管理してたら考えてるほど危険じゃないです。僕は毎晩出歩いてましたが、夜でも被害にあったことはないです。トラブルはだいたいお金か女性問題です。留学生が被害にあうのはだいたい可愛い子に付いて行った時なので、夜遊びには注意してください。