海外旅行保険の注意点、警察の被害届は◯◯でないと保険がおりない!

タイとフィリピンで盗難の被害にあった方の体験談です。海外旅行保険の注意点です。

アジアンズブリッジ留学のリアルな口コミ体験談

アイス、26歳男性、期間3ヶ月

海外旅行保険の注意点、警察の被害届は…

恥ずかしい話なんですが、タイで夜中に1人で歩いてたら、デカいオカマ3人に囲まれて、携帯と財布を盗られました…。カードとパスポートは大丈夫だったんですが、財布には4万円ぐらい入ってて、被害届を出してもらうために警察に行ったら、なかなか被害届を出してくれなくてケンカしました…。

なんで警察が被害届を出してくれないの?

観光客の盗難被害は日常茶飯事みたいで、「現行犯で警察を呼ばないお前が悪い。」って言われたんです。頭にきて3時間ぐらい口論して、なんとか被害届を書いてもらいました。でも、被害届がタイ語で書かれていたから、保険会社が読めなくて、結局保険金はおりなかったんです…。

そんなことあるのか…。フィリピンも盗難は多いけど、東南アジアはどこでもだね。セブもiPhone盗難が多すぎて、警察が被害届を書いてくれないみたい。

盗難にあって、海外旅行保険を使う時は、警察の被害届が必要なんですが、その被害届は絶対英語で書いてもらってください。じゃないと、海外旅行保険で保証されないので!

フィリピンでも盗難は日常、海外旅行保険は必要

フィリピン留学はイメージ通りだった?

行く前から、途上国だって知ってたけど、残念なことも正直ありました。アンヘレスでお金も盗られたし(笑)。

フィリピンでも盗難にあってたね(笑)。あの時の被害額は?

8000円ぐらい。中谷さんにメールしたら、良い経験だって言われました(笑)。

ケガもなかったし、よかったよ。どこを歩いてたの?

アンヘレスのバリバゴのゴーゴーバー。アジアの歓楽街で有名なウォーキングストリートは毎日賑やか

アンヘレスのウォーキングストリートの大通りを歩いてたら、フィリピン人が日本語で話しかけてきたんです。弟が沖縄に住んでて、日本が大好きなんだって言うんですよ。うまいメシ屋を知ってるから、一緒に行こうって言われてついて行ったんです。日本語ができる外国人が初めてで、心を許してしまったんです…。その後に、裏通りで囲まれてお金を盗られました。バカでした…。

知らない人について行かない!日本語で話しかけてくる外国人は怪しい人が多いので本当に注意してください!

(2015年1月10日(土) 新宿のカフェにて)

まとめ

海外留学中に病気になって入院する人や、盗難にあう人は多いです。海外慣れしてないなら海外旅行保険には加入しておきましょう。東南アジアでは財布やiPhoneの盗難が頻繁に起きています。貴重品の管理には気をつけましょう。被害にあったとき、海外旅行保険を使うには警察の被害届が必要です。英語で記載されていることも確認しましょう。

海外旅行保険についてはよく質問を受けるので、以下でまとめています。

フィリピン留学時の海外旅行保険について

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

この体験談の関連口コミ

アバター
クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は101校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタントで、本気の方には留学相談やエージェントもやってます。著書:英語は「フィリピン」で学べ!
留学相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。