CNE1とストーリーシェアの学校比較、首都マニラと田舎ターラックの違い。

彼はウェブサービスやスマホアプリを作るIT企業に勤務してて、ベトナム駐在時に英語の必要性を痛感したようです。今回、転職が決まったので、次の会社に入る前に時間を作って、英語をスキルアップさせるためにフィリピン留学に来た。

フィリピン留学体験者のスグル

スグル、26歳男性、期間3ヶ月、社会人、IT企業勤務

IT企業で英語が必要

フィリピンでは、2つの語学学校に行ってて、マニラのストーリーシェアに1ヶ月、ターラックのCNE1に2ヶ月。なので、2つの学校を比較してもらって違いを聞いた。そして、マニラ(都会)とターラック(田舎)の違いについて語ってもらった。オモシロイ経験や危ない経験もしてて、引き出しが豊富ですが、それは割愛!

前の会社でWEB関係の仕事をしていました。スマホのアプリを作ったり、WEBサービスを作ったり。会社の拠点がベトナムで、ベトナムのエンジニアを使ってたので、1年くらいベトナムに駐在していました。

仕事で英語を使ってたの?

一応使いますけど、アジア人同士なので、そんなに英語は必要ではなかったです。ただ英語が分からないとナメられますから、ナメられないようにしたくて(笑)

ナメられるの?

そうですね。ベトナムで働いていてる時、ナメられている感じがしました。「アイツ英語も通じねぇぞ。日本語しか話せねぇぞ。そのくせに高いお金をもらっているし、これはフェアか?」みたいな感じの顔をしてくるんですよ。海外の人は、給料とか平気で聞いてくるじゃないですか、家賃は会社が払っているのだろ?とかいろいろ聞かれます。

こいつにこんな高い給料を払って、俺らはこんなに頑張っているのになんだみたいな雰囲気があって。まあ、僕が向こうの立場でも思うでしょうけどね。でも、国力なのでそこは仕方ないですし。だから、やっぱり上に立つと、英語ができないのはマイナスなんです。

ただ、ベトナムにいたのでフィリピンには抵抗がなかったですね。東南アジアは汚いとか、お腹を壊すとかのイメージが普通あると思うんですけど、僕はこの辺の国が好きなので。それでフィリピン留学も抵抗なく決めました。

英語を勉強しようと思って、すぐフィリピン留学にたどり着いたの?

そうです。ツイッターを見ていたら、ちょこちょこフィリピン留学が良いぞって流れてて。安いのが一番重要でしたね。留学を決意して、マニラのストーリーシェアで1ヶ月勉強して、いまはここ(CNE1)で勉強しています。2ヶ月滞在する予定です。

CNE1とストーリーシェアの違い

CNE1とストーリーシェアって全然違うでしょ。

全然違いますね。本当に驚く程違います。みんな言いますけど、CNE1は面白い生徒が多いと思います。ストーリーシェアは学生が多かったり、普通にワーホリでオーストラリアに行ったりとか、結構パターンが決まってます。ワーホリ組、学生、休学組、あと夏休みで来ている組。でも、CNE1は社会人で変な事をしている人とか頭がおかしいような人が多い気がします。「何をしているのですか?」と聞くと、「何もしていません。」とか(笑)。フラフラしてて安定感のない生徒が多いです。僕も含めて。良くも悪くも、それが面白いです。

若い人は変なオッサンと話すと刺激的かも。CNE1とストーリーシェアの特徴を教えて。

ストーリーシェアの良い所は、やはりマニラは人材が集めやすいから講師の質が高いです。あと、フィリピン留学は目的がいろいろあると思いますけれど、僕の場合、マニラに決めた理由はマニラで遊びたいというのもありました。いろんなお店がありますし。せっかく東南アジアに来たので、留学で勉強だけじゃつまらないから、普通にマニラで生活を見たり、ちょっと危ないところにも行ってみたりとか。そういう点では、マニラは楽しくエキサイティングでした。

講師の質が高いのはマニラ。でもそれは、学校というよりは場所の利点ですね。UPとかあるし。

そうですね。大学も良い学校がたくさんあるので、そこから先生を引っ張ってこれますから。勉強に集中するなら、カントリーサイドの方が絶対良いですね。マニラは誘惑がありすぎて、相当意思が強い人じゃないと、マニラで英語に集中とかは無理です。平日でも授業が終わって、遊びに行ってしまいます。マニラでは自制心を保つのはほぼ不可能かと。あとお金がかかります(笑)。CNE1は何もする事がないから、それは善し悪しですね。遊びたかったらマニラとかセブのほうが良いでしょうね。

でも、遠征して遊んでいる生徒も結構いますけどね。

毎週末マニラに行っている人いますね。でも、そうすると余計お金かかるので(笑)、それだったらマニラで勉強したほうが良いと思います。交通費も移動時間もバカにならないですから。

じゃ、英語が勉強したいなら、田舎のほうがおすすめ?

でも、意思が強い人は、マニラで良い先生で勉強したほうがいいと思います。どっちを取るかなんです。どちらがいいとかではないと思うんですよ。CNE1の先生も凄くよいですけど、ストーリーシェアの先生は凄くトレーニングをされていると感じました。

勉強に集中できること以外に、田舎のCNE1で良いところはありますか?

学校を出たら街があるじゃないですか。都市は都市で楽しいけど、田舎の暮らしを見るのも楽しいです。あとは、大学が近くにあるので普通の人と話すのも楽しい。先生と話すのも楽しいですけど、先生は多分特殊じゃないですか、性格も。フィリピン人を知るのは先生とだけ話してたら難しいのかなと思います。だから、近くに大学があったり、のどかな街はいいと思いますね。マニラの時のフィリピン人のイメージと、ターラックでのイメージは全く違いますからね。

マニラはどんなイメージ?

ファンキーな男が多くて、女の子は軽い。簡単に体を売る子も多いですね。普通のその辺の人でもですよ。ターラック(田舎)は凄く真面目で固い。首都だけで国を判断するのはダメだなと実感しました。CNE1は本当に平和です。ここほど平和な場所はないですね。(笑)

担当の先生でタガログ語を話せない人がいるでしょう。あの人はずっと海外にいたんですよね?

そうなんです。あの先生はロンドンに住んでたからフィリピンの言葉も文化も全然知らないんです。普通、先生と会話する時は、フィリピンの文化と日本の文化を比べますよね。でも、僕の場合は、ロンドンの文化と日本の文化なんです。それは面白い。ラッキーでした。

そんな先生が1人いると全然違う。フィリピンで会話をしてると、最初の自己紹介がパターン化されてきます。「何で英語を勉強するの?」「どれくらい滞在するの?」みたいに同じ会話ばかりだから、最初の1〜2時間は、同じ事を話してるので、当然喋れるようになった気がする。いろんな人と浅い話をするのと、1人の人と深い話をするのは全然違う。

そうですね。毎回、同じ会話をしましたね。How are you? Good.(笑)。僕はGood.しか言えないので、単語が少なくて怒られました。形容詞がGood と Badだけなので、全ての感情をGoodとBadで表しちゃう(笑)。それで、先生にもっと形容詞を覚えなさいと言われて、Goodが禁止になりました(笑)。

新しく来たインターンの方は、全然雰囲気が違うと言ってましたね。その方は、1年前くらい前にCNE1に3ヶ月留学していて、今週インターンで来たらしいのですが、一人も知っている人がいないし、先生も半分くらい入れ替わっていて、違う学校みたいだと話されていました。

学校はその時に集まる生徒がカラーを作る。日本人の生徒は2週間から3ヶ月ぐらいが多い。平均すると1ヶ月ちょっと。そうすると1ヶ月サイクルで雰囲気も変わる。ルームメイトも先生も選べません。凄く気の合うルームメイトと先生に出会えたら素晴らしい体験になるでしょうが、人との出会いは運みたいなものです。

フィリピンで病気

体調を壊した事はないですか?

あります。お腹を壊しました。僕はベトナムで大分壊していて免疫があったから、大丈夫だと思ってたんです。でも、マニラでお腹を壊して1日30回ぐらいトイレにいって、土日が丸つぶれになりましたね。あとは、蚊に刺されるのがちょっとストレスですね。

ずっと蚊とハエを観察してたら、蚊にかまれた所にハエが止まってるんです。それで大きく腫れたりしてる気がする。デング熱とか怖いですもんね。

そうか、あれは合わせ技なのか、コラボか。あいつら知っているのですね、お互いの強さを。

わはは。デング熱になった生徒います?

フィリピンではまだ見てないです。でも、前にベトナムにいたときに会社の人がデング熱になりました。本に書いてるとおりで、血が噴き出してくるんですよ。1週間、熱が40度くらいで、入院して、その人は帰ってしまいました。もう二度と来るかって言ってました(苦笑)。持ち物として虫除けとか大事なんでしょうけど、そんなのずっとやってられないですよ。

2ヶ月で英語の上達は感じてるの?

多少上達しました。表現は増えたし、聞き取りも。でも、思っていたほどではないですね。50%くらいです。だから大満足ではないです。3ヶ月もいればペラペラになるだろうと思ってましたけど、実際はそんなに甘くない。語学はやっぱり道が長いですね。フィリピン留学は、キッカケというか、最初の1歩みたいな感じですね。

英語学習に終わりはないとみんな言う。先生もずっと勉強しています。先生が教えるモチベーションは、自分の英語を上達させるため。僕からみたらペラペラな先生たちがまだまだ学ぶ事があると言って勉強してるのを見てると本当に終わりがないんだなと思います。終わりがない勉強を2週間や2ヶ月でできるわけがない(笑)。

あいつイケてるな、くらいには多分なれますけれど、外国人からみたらこんな奴とは話せないぜ、みたいなレベルですよね。3ヶ月とかだと。

どのレベルを目指すかもあると思う。アジアならいいけど、ネイティブは厳しいでしょうね。

ですね。フィリピン人の英語は聞き取りやすいですね。

アジア英語は全体的に聞き取りやすい。マニラでヒューレットパッカードで働いているマネージャーと話をしたら、何を言っているのか全然わからなかった。フィリピンは最初の1歩なんです。

ネイティブってはっきり言わないのですよ。前の会社にアメリカ人がいたんですけれど、アメリカ人と話すよりも、第2言語のベトナム人と話すほうが楽でした。簡単な単語で表現してくれるので。ネイティブは容赦なく長い単語とか使ってくるじゃないですか。

韓国ではフィリピンで英語慣れしてから、ネイティブ国の語学留学する合わせ技が一般的ですね。

本気で英語を習得したいのであれば、合わせ技は不可欠ですね。

あと1ヶ月でしょ。英語勉強に飽きたりしなかったですか?

10日ぐらいで飽きました。最初はすごくやる気なんです。ペラペラになったらいいなと。でも途中で無理だと気づくんです(笑)。ゆっくり一歩一歩進もうと思って、それでせっかくフィリピンに来たのだから、外に出て遊ぼうと。やっぱり楽しいのは重要ですね。

フィリピン留学はオススメですか?

オススメですね。旅行だとフィリピン人と絡むのが難しいじゃないですか。でも、学校だと先生と話したり、色々できるので、旅行の延長で留学しても良いと思います。来ないほうが良い人は、スゴく潔癖な人。東南アジアは汚いとか、住めないと言う人はやっぱりこういう所で生活するのは辛いと思います。トイレとか決してキレイではないですから。3ヶ月で英語はペラペラにはならない!フィリピン留学はキッカケ!

すごく参考になると思います。ありがとうございました。

(2012年7月5日 CNE1にて。2ヶ月経ったとき。)

このインタビュー後、彼はデング熱になったそうです…。CNE1に興味ある方は公式サイトへどうぞ。

CNE1公式サイト

このインタビューの音声は下で聞けます。

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

体験談に出てくる学校の他の口コミ

CNE1 (ターラック)

口コミで広がった人気校。初級向け日本語教材あり。授業の選択肢が豊富!

この体験談の関連口コミ

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は95校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタントで、本気の方には留学相談やエージェントもやってます。
留学相談する