CNE1とストーリーシェアは全然違ったが、英会話初級にフィリピン格安留学は効果的!

フィリピン留学体験者の中谷よしふみ

中谷よしふみ、37才男性、留学期間はネポボーディングハウスに2週間(2012年6月4日から)、CNE1に2週間(2012年6月23日から)。フリーランス


ストーリーシェアのネポボーディングハウスに2週間、CNE1に2週間。僕自身の感想がヨリミチラジオにあるので、その音声を紹介させてもらいます。フィリピン留学は英会話に慣れるにはすっごいいいと思います。短い期間でしたが、英語力は上達したと感じてます。ただ、同時に英語学習に終わりがないことも分かり、短期留学ってあくまでキッカケなんだと感じました。

僕からのメッセージは、

フィリピン英語留学は初級に効果的!日本人は外に出て、アジアを見て感じて欲しい。ただ、日本より安全な国はないので、ちゃんと危機管理はして。

音声とは関係ないですが、フィリピンでの生活をもっと知りたいという人が多いので、簡単に解説させていただきます。2つの学校を経験したので、主観ですが、語学学校の違いを比較したいと思います。

CNE1(ターラック)

まずは、2012年に勉強したターラックのCNE1という語学学校。生徒数は約70人で、9割が日本人。

2012年に渋谷でフィリピン留学フェアがありました。説明会ブースは韓国資本の語学学校ばかりで、日本資本の学校はなかったのですが、CNE1共同経営者の井坂さんが来られていたので、お話を聞きました。その時の印象がよくて、CNE1に行くことを決めました。

CNE1の外観
CNE1の外観

CNE1の外観はこんな感じ。同じ敷地に、フィリピンの小学校、中学校、大学があるので、現地のフィリピン人と友達になれます。でも、交流してる人は案外少なかった。

CNE1ではこういう感じでみんな話してます。
CNE1ではこういう感じでみんな話してます。

CNE1には庭があって、休み時間や空き時間にはこんな感じでみんなで話してます。やっぱりバスケのほうが盛んですが、たまにサッカーしてました。もちろん、部屋や自習室で勉強している人もいます。

CNE1の部屋と、掃除してくれる人たち
CNE1の部屋と、掃除してくれる人たち

CNE1では、お掃除の人が部屋を掃除してくれます。僕は4人部屋で、3人が日本人、1人がロシア人でした。ちなみに、洗濯もしてくれます。他の学校では洗濯は別料金か、自分でランドリーに行くのがほとんどです。

ただ、どっちも一長一短で、洗濯をしてくれるのは便利だけど、たまに服がなくなるというデメリットもあります(笑)。

敷地内に先生の部屋があって、先生の部屋でマンツーマン授業を受けます。また、CNE1はグループレッスンの部屋もあります。

ネポボーディングハウス(アンヘレス)

次は、ネポボーディングハウス。生徒数は約15人で、全員日本人。

オーナーのミオさんが表参道で開催した無差別飲み会に参加して、参加者の満足度が異常に高くて驚き、自分で見てみたいと思って行くことを決めました。

ネポボーディングハウスの部屋(1人部屋)
ネポボーディングハウスの部屋(1人部屋)

アンヘレスにある語学学校のネポボーディングハウスの部屋はこんな感じ。僕はサントスハウスの1人部屋でした。2012年の様子です。自分の部屋に先生がやってきてマンツーマンレッスンを受けます。

ネポボーディングハウス付近のネポモール
ネポボーディングハウス付近のネポモール

付近には、ネポモールという小さなジャスコみたいなんがあります。学校から歩いて5分から10分。

ネポボーディングハウスの食事
ネポボーディングハウスの食事

2012年時の学校の食事はこんな感じでした。悪くもないがよくもない。ただ、2013年に行ったときは、おかずの種類が増えて、野菜も増えててよくなってました。

週末観光やアクティビティ

ビーチで有名なのはセブですが、その他にも海がキレイところはたくさんあります。語学学校は週末は基本的に授業がないので、ビーチに遊びに行ってる人も多いです。飛行機でセブ島やボラガイ島に行くのもいいですし、日帰りや1泊で近場のビーチに行くのも楽しいと思います。

ビーチに行くと、アイランドホッピングというのをするのが一般的です。船を借りて小さい島を巡るのです。島でのんびりしては、また違う島へ移動するのです。シュノーケルしたりするのが好きな人にはたまらんでしょうね。

僕は昔に漂流したことがあり、海が怖いので、あんまり海は好きでないのですが、スービックとハンドレッドアイランドに行きました。

ハンドレッド・アイランドのアイランドホッピング
ハンドレッド・アイランドのマルコス島のイメルダケーブでは、みんな飛び込んでます。

ハンドレッドアイランドはマニラから北に250km。ターラックのCNE1からさらにバギオのほうに向かいます。結構遠い。
僕はアンヘレスからレンタカーで向かったので、5時間以上かかりました。(僕は運転はしてませんが、運転するときは危ないので気をつけて!)

スービックのアイランドホッピング
スービックのアイランドホッピング。フィリピンにしばらくいると、船を借りて、島巡りするアイランドホッピングを経験してもよいでしょう。

こちらは、スービックのアイランドホッピング。ハンドレッドアイランドもスービックの2つに行ったんですが、大した違いはなかったので近いほうでいいと思います。天候に恵まれると最高です。

スービックの夜景
スービックの夜景

スービックは先生と行ったので宿泊しました。夜景がキレイ。

(下の音声は、2012年6月27日 CNE1で1週間経ったとき。)

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は84校。23カ国に渡航して、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタントで、本気の方には留学相談やエージェントもやってます。
留学相談する

この記事に出てくる学校の他の口コミ

CNE1 (ターラック)

口コミで広がった人気校。初級向け日本語教材あり。授業の種類が豊富

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*