新型コロナウイルス状況下におけるフィリピン留学の学校の状況と、再開の目処

フィリピンのコロナウイルス(COVID-19)の状況についてや、語学学校の再開時期や生活状況などさまざまな問い合わせを頂いています。結論から言うと、新型コロナウイルスのワクチンや治療薬ができるまでは、フィリピンへの渡航自体をオススメしません!

フィリピンのコロナウイルスのワクチン状況

フィリピンの新型コロナウイルスの状況

フィリピンの新型コロナウイルスのワクチン接種会場の様子

https://cnnphilippines.com/news/2021/3/29/LIST-COVID-19-vaccine-registration-LGUs.html

フィリピンでもワクチン接種ははじまっています。日本に住んでいると、海外の状況は分かりにくいですが、フィリピンのコロナの現状はよくありません。マニラとセブでロックダウンをしましたが効果がでず、コロナの感染者数は増え続けています。経済的ダメージも大きく、失業者が増えて、治安も悪化しています。Googleニュースを見れば感染者数などの概要がつかめますので、ぜひ確認してください。

Googleニュース

https://news.google.com/covid19/map?hl=ja&mid=%2Fm%2F05v8c&gl=JP&ceid=JP%3Aja

コロナでフィリピンの語学学校は倒産?

実際、コロナでたくさんの語学学校やエージェントが倒産してます。すぐに閉校という発表をした学校もありますし、倒産という発表をしてないけど、実際は倒産状態の学校もあります。また、学校を閉じたいけど、オフィスの賃貸契約を解消できずに家賃だけ払い続けている学校もあります。大規模学校は、家賃も高いし、先生の数も多いので、コロナの影響をかなり受けています。一方、オーナーが学校に住み込んでいるような小さい学校は、コロナが過ぎ去るのをじっと待っているような状態です。

生き残るために、オンライン英会話のサービスを開始した学校も多いですが、すでに素晴らしいオンラインスクールが多数あるので、フィリピンの学校がオンライン英会話の市場で生き残るのはかなり難しいと思います。

アウターコロナ、フィリピン留学はいつから再開?

飛行機が普通に飛ぶようになれば、フィリピンへの渡航はできるようになりますし、生徒を受け入れる学校やエージェントもでてくると思います。しかし、入国できるようになっても、コロナの治療薬ができるまではフィリピンには行かないほうがいいです。

フィリピンは途上国です。留学すると、慣れない海外生活で下痢になったり、熱を出すことが多いです。そういうときに、医療現場で満足いくサービスをうけられない可能性がありますし、院内感染のリスクもあります。さらに、フィリピン人からコロナで差別を受ける可能性もあります。ですので、ワクチンだけでなく治癒する薬ができて、治安が安定するまでは渡航を見送ったほうがいいです。

それから、フィリピンの地方都市はコロナ感染者は少ないですが、感染者が少ないから安全というわけではないです。渡航再開時期を公開している学校やエージェントもありますが、コロナ禍で大丈夫だという根拠はないです。

残念ながら、2021年も普通に渡航できるようになる兆しはいまのところありません。2022年なら大丈夫とも言えませんが…。フィリピン留学をまたみんなにオススメできるような状況になることを祈っています。そのときは、またフィリピンを訪問したいと考えています。

コロナ情報のアップデート

  • 2020年7月7日 コロナで閉校した学校の情報を更新
  • 2020年8月14日 コロナで閉校した学校の情報を更新。オンラインサービスを開始した学校の情報を追記。オススメ学校の廃止。

フィリピン留学の語学学校の一覧表