水も電気もない生活はオーガニックライフだった。田舎の人は自給自足で健康的な生活をしている。

セブ島の南にアレグレア(Alegria)という場所がある。モアルボアルのちょっと下です。そこに廃墟になっている家がある。2021年の台風で壊れてしまったんです。コロナで人も住まなくなって、もう使っていない。

水も電気もないアレグレア田舎生活

目の前は海。電気はない。水もない。壁もない(笑)。

セブの田舎の自給自足生活

クーラーはないけど風はある。門番としてフィリピン人が住んでいる。そんな話を聞いて、泊まってみた。

水、電気、壁がない家で自給自足

壁はないけど、天気がいいから気持ちがいいー。

非日常で楽しかった。ただ、やっぱりサバイバルな生活です。この日は一睡もできなかった。蚊のせいです…。

蚊で寝れない

痒くて痒くて一睡もできなかった。蚊が耳元でブンブンいってるし、手足も顔が痒くて寝れない。しかし、僕以外の人はみんなスヤスヤ寝ている。

暑いから、海際にあるハンモックに移動した。

夜中に海際ハンモックに揺られる

ハンモックでゆらゆら揺られていたら、風が気持ちよい。放し飼いの犬がやってきて僕の隣に腰をおろす。

だけど、しばらくしてまた蚊に食われる。蚊がいないところを探して動き回ったけど、そんな場所はどこにもなかった。僕が移動するたびに、犬がついてくるのでまたハンモックに戻った。

真夜中の海と満月

寝るのは諦めて海を見ていた。月と海がキレイだった。雨でなくてマジでよかった。

ザザーン

波の音を聞きながら穏やかな気持ちになるとまた蚊に食われる。

かゆい。

朝焼けのセブの海

長袖、長ズボン、靴下を履いて、首から下をシーツでぐるぐる巻きにしてミイラ状態になった。ミイラ状態でハンモックに揺られる。その姿を撮りたかったけど、自撮りでは不可能。

かゆさと暑さの戦いだ。

だんだん明るくなってくる。

田舎の子供が早朝に釣り

明るくなってくると、フィリピン人の子供が海で魚を釣りはじめた。放し飼いの鶏が叫び出す。

「コケコッコー」

眠れなかった夜は終わった。「蚊のせいで寝れなかった。」とみんなに言うと、「え、蚊なんているの?」ってフィリピン人に笑われました。

蚊と人間って共存できるようです(笑)。

水がないとトイレとシャワーが不便

電気はないのはなんとかなった。だけど、水がないのが辛かった。フィリピンではたまに断水がある。田舎のほうがよく起きます。ここではそれが日常だ。水が出ないと不便なのがトイレです。水道は出ないので桶に水を貯めています。その貯めている水で流すわけです。

(トイレの写真を撮り忘れた。)

シャワーも大変!電気はないから水シャワー。青空シャワー。隣に住んでいるフィリピン人のシャワーがこちらです。

天然シャワー

結局浴びてない(笑)。

自給自足のオーガニックライフは健康的

フィリピンの田舎の人は健康な生活をしていた。自給自足、エコライフ、オーガニックライフ。呼び方はなんでもいい。毎朝目の前の海で魚を取る。鶏が大きくなったら食べる。暗くなったら寝る。みんな健康的な体をしていた。子供も大人も細い。生活の中に運動がある。100歳ぐらいまで生きる人も多いそうです。

少し豊かになると、美味しいものが食べられるようになる。美味しく感じてもらうために、調味料、添加物、保存料、人口甘味料などが使われる。加工食品はうまい。食べ物を集める必要がなくなって運動不足になる。そして、不健康になっていく。おまけに無駄なモノを購入して、捨てる。

もっと豊かになると、お金と時間にゆとりが出てくる。高いオーガニックの食材を選び、スポーツジムに行って運動する。セレブはオーガニックが好きだ。だけど、金持ちにならなくても、田舎にはオーガニックな生活があった。

ハンモックにユラユラと揺られながら、そんなことを考えていた。セブの田舎での話です。連泊するつもりだったけど、次の日はホテルに泊まりました。痒いからね。

フィリピンに行っても、日本クオリティを探す人が増えている。だけど、全然違う環境に飛び込んで、何かを感じるほうが僕は好き。

次は、蚊帳を持ち込んで泊まります。

(2023年7月31日訪問)

セブの観光情報

フィリピンの文化を学べる記事

トラブル体験談

中谷 よしふみ

エンジニアベースの元コンサルタント。2012年にフィリピン留学を体験。自身の体験をシェアするため、このサイトを作ると、サイトが有名になる。圧倒的に詳しくなったので書籍を出す。体験した学校は105校。TOEIC845(リスニング450、リーディング395)。年間半分以上は海外で生活しているノマドクリエイター。日本から出て視野を広げて、英語を身につけて視野を広げてほしい。そんな思いでエージェントをやっています。

留学相談する