マニラ空港のターミナル3のマッサージ屋 SM KENKOがおすすめです!時間潰しに最適です。

マニラ空港にあるマッサージ屋 SM KENKOについて解説します。生徒さんからマニラの移動について聞かれたとき、マニラ空港で時間を潰す方法としてSM KENKOというマッサージ屋を紹介しました。その内容がみんなに有益だと思ったので、記事にすることにしました。

マニラは渋滞がひどい

フィリピンは渋滞がすごいです。特にマニラとセブはヤバいです。通勤通学時間の渋滞がすごいんです。僕は、朝7時から10時、夕方は16時30分から19時は移動しないようにしてます。移動するときはバイクです。

マニラ空港への飛行機は、0時から1時ごろに到着するチケットを買うことが多いです。セブパシは深夜到着のほうがチケットも安いです。空港で軽食を食べて、マッサージ屋で3時間ぐらい時間を潰して、早朝5時ごろに空港を出ることが多いです。

時間を潰すときは、空港のマッサージ屋をよく使います。セブパシが発着するのはマニラ空港のターミナル3(NAIA3)です。その4階にSM KENKOというマッサージ屋が24時間営業しています。

SM KENKO SPA マッサージ NAIA3

SM KENKO SPA(SM健康スパ)はマニラのニノイ・アキノ国際空港ターミナル3(NAIA3)の4階にあります。

マニラ空港のターミナル3のマッサージ屋 SM KENKO

4階はレストランフロアです。右奥にシェーキーズ、ジョリビー、ミニストップがあるんですが、その近くにマッサージ屋があります。街中のマッサージ屋に比べると値段はちょっと高いですが、許容範囲です。

個室は2、3部屋しかないです。広間にマットがズラズラと並んでいて、そこで横になってマッサージを受けます。僕がいつも利用するのは、1時間足マッサージ、2時間ラウンジ滞在、トータル3時間で、780ペソのコースです。ラウンジといっても、マッサージをうけた場所で寝ているだけです。

SM KENKO SPA マッサージ NAIA3のメニュー
SM KENKO マッサージのメニュー(2022年9月撮影)

マッサージを受けずにラウンジだけの利用だったり、食事サービスもあるみたいですが、使ったことないです。値段やサービス内容はたまに変わってるので注意してください。

で、このSM KENKOは注意点が2つあります。

マニラ空港マッサージ 注意点1 WiFi

SM KENKO SPAのマッサージ屋は独自にWiFiを持っています。なので、いつも足マッサージを受けながら、ネットをしています。店員にネットを使いたいというと、パスワードを教えてくれるので聞いてみてください。問題ないときはサクサク使えます。だけど、運が悪いとお店のネットが使えないときもあります…。

でも、マッサージ屋のネットが使えなくても、マニラ空港には無料WiFiがあります。ただ、この空港WiFiも毎回状況が変わります。無料WiFiなんですが、たまに現地の電話番号がないと使えないときがあります…。ここ最近は電話番号が必要です。さらに、マッサージ屋の奥の方は空港のWiFiが届かないときがあります…。そういうときは、店の入り口のほうに移動してください。

ネットに関して、もう1つ注意点があります。空港の無料WiFiは3時間までです。なので、マニラ空港に入って、空港WiFiに繋げて、マッサージ屋に入ってダラダラしてると、店を出るころには、空港WiFiが時間切れで使えなくなってることがあります。マニラ空港での滞在時間が長くなりそうなときは、ネットの使い方に注意してください

マニラ空港マッサージ 注意点2 予約必須

SM KENKOは結構混んでいます。深夜でも混んでいてマッサージを受けられないときもありました。ここでマッサージを受けられないと予定が狂うので、僕はマニラ空港に到着したら、まっさきにSM KENKOに行って予約します。オンライン予約もできるみたいですが、空港に着くまで正確な時間がわからないので、僕はお店に予約しにいってます。

マニラ空港には簡易ホテルもあります。だけど、僕はホテルよりマッサージのほうが好きなので、SM KENKOをよく利用しています。セブの直行便もまだ少ないので、マニラで乗り換えする方も多いと思います。マニラ空港での時間潰しの方法として参考にしてください。

昔は、電車やジプニーをよく使ってました。電車は安くて渋滞がないです。だけど、スーツケースを持っていると、電車に乗るときに開けて中を見せないといけないし、渋滞時間は電車に乗るまでが大変。なので、最近は移動はグラブタクシーしか使ってないです。

フィリピン豆知識

必読のフィリピン留学体験談

中谷 よしふみ

中谷 よしふみ

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は103校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタント。著書:英語は「フィリピン」で学べ!

留学相談する