山中博氏に逮捕状!学校乗っ取り事件?セブ島のベイサイドの刑事裁判まとめ!

ベイサイドイングリッシュセブの情報が定期的に入ってきます。山中博氏(東進ハイスクールの元英語講師)が佐々木綾子氏(ベイサイドの元オーナー)に刑事告訴されており、恐喝(脅迫)、サイバー犯罪の罪で逮捕状が出ています。学校乗っ取りは刑事告訴の受理待ちです。(2019年7月に佐々木綾子氏が告訴を取り下げています。)

山中博に逮捕状、恐怖のセブ島のベイサイドの刑事裁判

山中博氏の刑事訴訟はセブでは有名ですが、日本には浸透していないため、いまでもベイサイドに留学してる生徒がいます。新たな被害者をうまないため、一連の流れをまとめました。

山中博氏の刑事訴状概要

山中博氏が佐々木綾子氏の語学学校(ベイサイドイングリッシュセブ)を乗っ取り、個人資産6600万円を横領。さらに、山中博氏の指示で、松井元輝氏と土原裕人氏が佐々木綾子氏を脅迫。佐々木綾子氏は自殺未遂するが、一命を取りとめて刑事告訴。

しかし、逮捕状が出る前に、被告人はセブから出国したため、真相が明らかにならないまま時間が過ぎています。

ベイサイド刑事裁判の関係者

佐々木綾子 ベイサイドイングリッシュセブの元オーナー

佐々木綾子

元ベイサイドイングリッシュセブオーナー。日本で約16年間、看護師として働いた後、2011年に息子と一緒にセブ島に移住。山中博氏をセブで刑事告訴(2018年7月3日)

山中博 (東進ハイスクール)

山中博(元東進ハイスクール)

被告人。東進ハイスクールの元英語講師。国際ボランティア団体「誰でもヒーロー – DAREDEMO HERO」代表、元セブ日本人会幹部

松井元輝 ベイサイドイングリッシュセブ

松井元輝

被告人。ベイサイドイングリッシュセブの日本人スタッフ。インフラエンジニア

土原裕人 ベイサイドイングリッシュセブ

土原裕人

被告人。ベイサイドイングリッシュセブの日本人スタッフ。特別支援教育が専門

事件の時系列


ベイサイドイングリッシュセブが閉鎖


夏休みに団体生徒がベイサイドに留学していました。満員です。しかし、団体の受け入れは2019年で終了するそうです。


佐々木綾子氏のサイトの、示談に関する記事が復活(詳細


山中博氏と佐々木綾子氏が示談して、一連のやり取りは終結を迎える。山中博氏が示談金として1250万ペソを支払う。佐々木綾子氏は一連の記事を削除して、告訴を取り下げる。佐々木綾子氏のサイトに詳細が書かれていたが、記事は一瞬にして削除される。


佐々木綾子氏のサイトから今回の事件に関する記事が削除されました。


留学情報館から連絡をいただく。同会社が運営する「ママ・赤ちゃん留学」がベイサイドの記事を削除されていることを確認しました。


RCPキャンパスでサマーキャンプが行われる。リピーターの団体客です。RCPキャンパスは、日本の学校、韓国の学校、ホテルの用途で運営されてるようです。7、8月は日本人が100名、中国人100名でほぼ満員。日本人スタッフも常駐。スタッフや生徒の中には事件を知ってる方もいるようです。


ベイサイドRCPが、ホテルサイトに掲載されていることを発見。HYEONLEE GARDEN HOSTEL(マクタン)。学校敷地内に一般の旅行者も滞在していることになる。 (詳細


山中博というtwitterのbotアカウントができる (詳細


山中博がフィリピンの情報サイト「マナビジン」で執筆(過去記事が更新) (詳細


ある韓国人がベイサイドプレミアムキャンパスに訪問。生徒は1人だったそうです…。親切な日本人スタッフが対応してくれたそうですが、そのスタッフがベイサイドの事件を知っているのかは不明…。


学校の食事の野菜が腐っている…。生徒からのクレーム後、食事は改善される。


大手企業の研修学生30〜40名がベイサイドに留学


まにら新聞が「山中博に逮捕状がでたこと」を紹介 (詳細


留学情報館が運営する「ママ・赤ちゃん留学」がベイサイドを紹介 https://mama-ryugaku.com/bayside/


山中博が広島修道大学で講演。大学の公式サイトにその様子が掲載されたが、すぐに削除される。


裁判所が逮捕状を発行。山中博はセブ州高等裁判所、松井元輝と土原裕人はラプラプ地方裁判所が発行 (山中博被告の逮捕令状


入管管理局によると、11月4日の土原裕人被告の出国を最後に、山中博、松井元輝、土原裕人、3名の容疑者は、フィリピン国外に逃亡。これ以後、ベイサイドは責任者不在で運営されている。


山中博が常翔学園中学校・高等学校を訪問 (詳細


山中博の起訴取消の訴えが却下 (詳細


八尾ロータリークラブで山中博が「DAREDEMO HERO」の活動を報告 (詳細


山中博の弁護士が佐々木綾子の弁護士に示談交渉。条件は、返金(6600万円うち4400万円)するので、刑事告訴の取り下げと、ブログの消去。更に、佐々木綾子は事件は双方の誤解であったと公表しなければならない。佐々木綾子は却下 (示談申し入れメモ


まにら新聞が「山中博の起訴」を紹介 (詳細


セブ島初の日本人医師常駐のセブ・ジャパニーズ・クリニックがMAAYOホテルにオープン。そのグランドオープンの式典に山中博、松井元輝が出席


検察は、山中博を恐喝(脅迫)、サイバー犯罪で起訴。松井元輝、土原裕人を恐喝(脅迫)で起訴 (起訴状

(フィリピンの刑法では、起訴後15日以内に裁判官によって、被疑者逮捕の判断がなされる。裁判所より逮捕令状が出されると、被疑者は15日以内に管轄の警察に自首しなければ、フィリピン警察によって逮捕される。)


工学院大学附属中学校・高等学校がDAREDEMO HEROを訪問。山中博の話を聞く (詳細


山中博がセブ在住日本人を介して示談交渉。条件は、返金(6600万円うち6000万円)するので、刑事告訴の取り下げと、ブログの消去。佐々木綾子は却下


山中博が反論陳述書を提出 (反論陳述書


佐々木綾子がブログを公開


佐々木綾子の刑事告訴をラプラプ地検が受理告訴状


ベイサイドに留学していた日本人女性学生がレイプされる。発見された学生は泥酔状態、下半身裸で野原で横たわっていた。バルハバル(バイク便)に乗って帰る途中に被害にあう。


佐々木綾子が山中博を刑事告訴、告訴状を検察に提出


佐々木綾子が日本に帰国


山中博が佐々木綾子をLINEで「明日日本に帰るか、死んでください。」と脅迫 (詳細


松井元輝と土原裕人が佐々木綾子の自宅で「日本に帰らないと子供が死ぬ」と脅迫 (脅迫音声


山中博が作成した経営権移行の契約書に佐々木綾子がサインをする。


学校の運営資金として、佐々木綾子の個人資金をベイサイドの法人銀行口座に入れる。11月7日、11月8日、12月19日、1月9日の合計4回で、約6600万円


経営再建のため、松井元輝が佐々木綾子に山中博を紹介、マクタン島の日本食レストランで3人で会う。その際、佐々木綾子は山中博に助けを求め、経営権の移行を提案


佐々木綾子はベイサイドRPCキャンパスを閉鎖することを決定。学生、職員全員をベイサイドプレミアムキャンパスに移転し、RCPキャンパスの生徒受け入れは2017年3月5日までと設定


ベイサイドRPCキャンパスの生徒規模は300名。しかし、繁忙期の9月の予約が27名、経営難に陥る


佐々木綾子と山中博が出会う。

ベイサイドの学校乗っ取りまとめ

現在、ベイサイドRPCキャンパスはSSPやTESDAの認可を失効してます。また、ベイサイドのプレミアムキャンパスの海辺の学生寮は建物の使用許可も消防許可もない状態です。さらに、佐々木綾子氏は詐欺(会社乗っ取り)の刑事告訴状を提出して、受理待ちです。

事件後、ベイサイドのウェブサイトやFBの更新は止まっていますが、閉校していません。セブの方やエージェントはこの事件には触れないので、留学する生徒がまだいるようです。生徒は中国人が多くて、繁忙期に団体客が来て、閑散期はスカスカのようです。

この事件が気持ち悪いのは、逮捕状が出ているのにも関わらず、山中博氏は普通に日本で講演していることです。DAREDEMO HEROも普通に活動しています。しかし、山中博氏もDAREDEMO HEROも何も発表をしないので、事件に関しては佐々木綾子氏のブログの情報だけが一人歩きしています。

僕は山中博氏、松井元輝氏、土原裕人氏には会ったことがありますし、誠意ある活動をしていたのも知っています。特に、松井元輝氏、土原裕人氏はすごく優しそうな人達でした。だから、反論がでてくるのを待ってましたが、何も起きません。残念ですが、こんな状況のベイサイドに生徒を送るエージェントもいるみたいなので、経緯をまとめることにしました。

この記事の情報は佐々木綾子氏のブログを参考にしています。この事件を知る唯一の情報源です。興味がある方は、佐々木綾子氏のブログを見てみてください。

佐々木綾子氏のブログ リベンジ(再起)

事件の内容に間違いがありましたら、ご指摘頂けたらすぐに対応します。ベイサイドに留学された方からの情報提供もお待ちしてます。山中博氏にも取材したいと思っています。

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

この体験談の関連口コミ

アバター
クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は101校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタントで、本気の方には留学相談やエージェントもやってます。著書:英語は「フィリピン」で学べ!
留学相談する