セブ島のQQEnglishと国際ボランティア団体「誰でもヒーロー」の体験談!

セブ島で評判のQQEnglishの留学体験談です。カランメソッドで勉強して、海外国際ボランティア団体「誰でもヒーロー」でインターンしたそうです。

セブ島のQQイングリッシュと海外国際ボランティア団体「誰でもヒーロー」の体験談

福永 翔子、21歳女性、期間2ヶ月、大学生

セブ留学体験談

QQEnglishのITパーク校で勉強してました。セブには3か月前に来ました。

「どういう経緯でセブに来られたんですか?」

私はトビタテ留学JAPANに応募して受かって、QQEnglishに来させていただいてます。

トビタテ!留学JAPANとは?
意欲と能力ある日本の若者が、海外留学に踏み出すことを目的として、文部科学省が2013年10月にはじめた留学促進キャンペーン。東京オリンピックの2020年までに大学生の海外留学12万人(現状6万人)、高校生の海外留学6万人(現状3万人)を目指してる。
http://www.tobitate.mext.go.jp/

「何でそれに申し込もうと思ったのですか?」

大学で国際協力を専攻してまして、フィリピンで国際協力や貧困の問題について学びたいなって思ったんです。トビタテ留学JAPANって自分でプログラムが決められるので応募したんです。

プログラムは英語だけではなくて、インターンとかのボランティアを計画に入れなきゃいけないんですね。貧困地域でのボランティアだったり、子供の貧困問題の解決だったり、国際協力についてもっと学びたかったので。

「ボランティア団体はたくさんあるけど、どうやって選んだんですか?」

子供と教育と貧困に興味があって、それを大学の教授の先生に言ったら、セブの「誰でもヒーロー」を紹介して頂いたんです。

誰でもヒーローとは?
セブ島の海外国際ボランティア団体。子供の家 Hero’s House(ヒーローズハウス)では、勉強したいが家庭環境や学費が原因で勉強できない子供たちを支援をしている。その子供たちが将来、貧困問題を解決する一員になるように教育していきます。http://daredemohero.com/

「誰でもヒーローは、セブの貧困層から300年後に大統領を出すこと目標に、子供たちに教育の機会を与えてるボランティア団体ですね。子供たちはすごい優秀って聞きます。」

すごい優秀です。

「QQEnglishで英語を勉強して、授業が終わってからボランティアするんですか?」

はい。特別プランで週3回勉強させていただいて、それ以外がインターンです。

「どこに住んでるんですか?」

誰でもヒーローの宿舎です。QQEnglishには通ってました。朝にQQに来て、勉強して夕方に帰る感じですね。

「もともと英会話の勉強はされてたんですか? 」

外国が好きで、けっこう友達と海外に行ったり、1人で海外行ったりする機会はあったんですけど。英会話は一切駄目で、大学で受けたTOEICはなんと300点で(笑)。全く英語は話せなかったんですよ。フィリピンにいれば英語が話せるようになるだろうって思ってました…。でも、違いますね。

「TOIECは取れないけど、コミュニケーションは出来たの?」

できるって思い込んでたんです。

「でも出来てたんでしょ?」

すごい片言なんですよ。旅行英語ってある程度決まってて、ここに行きたい、あれ乗りたいって、ちょっと喋れればなんとかなっちゃうんですね。だから英語いけるだろうって思ってて。セブに来て全くしゃべれないことに気付いたんです。インターンでもフィリピン人スタッフがいるんですけど、意思疎通が全く出来なくて。

「英語ができなくてもインターンは出来ると思ってたんですね?」

セブにくればなんとかなるだろうと。

「誰でもヒーローのインターンに応募するときに英語力って問われないんですか?」

英語力、成績は一切問われないんです。

「重要なのはやる気?」

やる気と計画内容ですね。計画書を書くんです。何でインターンをやりたいのか、何を目的としているのか、どういう経緯でこれをやりたいと思っているのか。それを本気で書きました。

「旅行好きって言ってたけど、どこの国に行ってたんですか?」

高校3年生のころネパールに。カトマンズからポカラっていうヒマラヤの近くで、トレッキングしました。その後は、タイとラオスとインドネシア。あと中国に1人で行きました。

「じゃあ、アジアは免疫があったんですね。セブは全然違和感なかった?」

そうですね、セブはけっこうキレイだなって感じました。

「セブの治安は?」

私の住んでるところは治安も良いので大丈夫です。

「生活も問題はなく?」

そうですね。生活は問題ないです。インターン先には日本人スタッフもいるんで、日本のような感じです。

QQEnglishの授業

「QQEnglishに来て2か月が経つんですよね?」

QQで2か月経ちました。

「授業を受けてみてどうでしたか?」

日本にいるときは漠然と英語がしゃべれるようになったらいいなって思ってたので、先生とずっと話してれば話せるようになるだろうって思ってたんです。セブに来て先生と話してるうちに耳がだんだん慣れてきたんですけど、話せるようになるには自分自身の努力が必要不可欠なんだなって感じました。

「ずっと授業の構成は変えずに2か月やってるんですか。」

はい。

「授業は1日何時間ですか?」

9時から5時くらいまで。でも、休憩時間が2時間あったんで、授業は6時間。

「6コマはどんな授業を受けてたんですか?」

カランメソッド、単語の授業、スピーキングとか。でも、基本的にQQの先生は自由にやらせてくれたので、私がこれやりたいって言ったらやってくれる感じでした。

セブのQQイングリッシュでの英語の授業の様子

例えば、インターンする時にフィリピン人スタッフ全員で会議があるんですね、その会議で分からなかった単語や、分からない文法をノートに書いて、次の日に先生に見せて教えてもらったり。自分が言いたいけど伝わらなかった表現とかを先生に教えてもらったり。

「英語が必要だったから分かりやすいですよね。」

そうですね。インターンで必要としてることを先生に聞いてました。

あと、11月の頭にセブで英語の国際会議があったんですけど、それに呼んでいただいて、15分間英語でスピーチをしなきゃいけなくなったんです。その時に、先生も一緒になって考えてくれて。スピーチの内容から、発音や、立ち位置までサポートしてくれたんです。

「先生と一緒にスピーチの準備をしたんですね。スピーチはどうだったんですか?」

納得のいかない部分もあったんですけど、QQの先生方がすごい手伝ってくださったんでなんとか出来たって思ってます。

QQイングリッシュのカランメソッド

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

QQ English ITパーク校 (セブ島)

オンライン英会話を持つ学校、カランメソッドでトレーニング

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。