セブのITパーク付近で日本人が撃たれる事件発生…。バイクタクシー強盗に100ペソ渡したらブチギレられた

セブ島で日本人が撃たれました。バイクタクシーに乗ったら、全然違う場所に連れていかれて、現金を要求されました。ほとんど現金を持ってなかった彼が100ペソを渡すと、「そんなわけないだろ!」と強盗犯は逆上。そして、右太ももを撃ったそうです。治安がいいと言われているITパーク付近でした…。

セブで強盗に100ペソ渡した日本人が撃たれる

セブで日本人が撃たれた事件の概要

24歳の日本人男性です。この男性はセブの有名学校の手伝いをしていたそうです。彼がバイクタクシーに乗ったサリナスドライブは、ITパークの前の道路です。ITパークは治安がよいと言われている場所です。学校もたくさんあります。

近くのモールに行くように伝えたけど、連れて行かれたのはサン アントニオ ビレッジ。裏道で使われる人通りが少ないエリアです。それでお金を要求されたようです。つまり、語学学校があって、日本人留学生が普通に歩いているようなところ起きた事件です。セブでは、運が悪いとこのようなトラブルに巻き込まれます…。

セブで日本人が撃たれた事件の地図
青いピンは学校

渋滞が多いセブではバイクタクシーはすごく便利なんです。安いですしね。セブに慣れてくると留学生も利用します。ただ、事故もありますし、料金は乗車時の交渉なので、軽いボッタクリは日常茶飯事です。今回のような大きな事件は今までなかったので、業界関係者もショックを受けています。

万が一、セブで強盗にあったときは大人しく現金を渡してください。現金を持ち歩かないのが一番よいのですが、今回のように100ペソ渡して逆上されると最悪ですね…。難しいですね。海外に慣れた方は、強盗に襲われたときのために別の財布を携帯しています。

この事件は日本語ではニュースになっていませんが、セブのニュースでは取り上げられています。

バイクタクシーのトラブルはセブのニュースでも取り上げられています。

For giving only P100 Japanese shot by robber

By Ma. Fatima R. Secuya/FPL (The Freeman) | Updated July 21, 2015 – 12:00am

CEBU, Philippines- A Japanese national was injured after an angry robber shot him in the thigh Sunday afternoon for giving only P100 during a robbery incident in Barangay Apas, Cebu City.

Kota Lijima, 24, of Nogano Togakushi, Japan, was held at gunpoint by unidentified robber who demanded cash and valuables from him. However, Lijima only pulled out P100 bill from his pocket and gave it to the robber.

The angry robber refused to get the money and demanded more but the victim cried for help alerting the people nearby. This prompted the robber to shoot Lijima in the left thigh before he left on board a motorcycle.

Police Officer 3 Edward Escultor, of the Theft and Robbery Section, said the victim was walking along Salinas Drive in Barangay Lahug when the robber offered him a ride. Thinking that it was a motorcycle-for-hire, the Japanese national boarded and asked the driver to bring him to a mall nearby. However, the man brought him instead to San Antonio Village in Barangay Apas where the alleged robbery happened.

“Basin nagtuo to siya nga jackpot kay foreigner man,” said Escultor.
Freeman ( Article MRec ), pagematch: 1, sectionmatch:The victim is now in stable condition at the Cebu Doctor’s University Hospital.

Meanwhile, an unknown person carted away over P60,000 worth of cash and valuables from the administration office of the Vicente Sotto Memorial Medical Center. The unidentified burglar scaled into the hospital’s administration office and took an iPad, cellphone and P300 cash owned by Sonia Dejacto. A government-owned Lenovo laptop worth P33,500 was also taken. Chief Inspector David Señor, chief of the TRS, said the burglar went around the four sections in the administration office, taking away valuable items.

Security officer Albino Parba discovered the burglary at 8 a.m. yesterday and reported the incident to the police.Police investigators eye an inside job because of a duplicate key left by the burglar. (FREEMAN)

http://www.philstar.com/cebu-news/2015/07/21/1479293/giving-only-p100-japanese-shot-robber

セブ島に関連する体験談

トラブル体験談

中谷 よしふみ

中谷 よしふみ

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は103校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタント。著書:英語は「フィリピン」で学べ!

留学相談する