フィリピン留学のSSPって何ですか?

フィリピン留学費用に含まってるSSP(Special Study Permit)についてです。

SSPとは?

SSPは「特別勉強許可証」で、観光目的で入国した外国人がフィリピンで勉強する為に必要なビザの一種です。

SSPはイミグレーション(フィリピン法務省管轄の移民局)が発行します。語学学校はイミグレーションからSSPを取得して、留学する生徒もSSPが必要となります。短期間でも必要です。留学生がSSPの料金を払う際は、だいたい学校に払って、学校がイミグレーションに払います。

学校がSSPを取得してないと違法なんですが、この違法学校が案外多いです…。2013年ぐらいからSSPの取得が難しくなって、時間がかかるようになりました。取得しようと1年以上待ってる学校もあります。イミグレーションはエリアごとにあるので、エリアによって状況は少し違います。待ちきれず営業開始してしまうケースもあるようです。ただ、悪質な学校だと、SSPを取得してないのに、取得していると言っていて、SSP費用を生徒から取って、イミグレーションに払わずに着服してることもあります。

また、2013年ぐらいからSSP取得の申請条件にTESDAが義務付けられたことから、学校はTESDAも必要になっています。ですので、昔はSSP単体で取得できたのですが、今はまずTESDAを取らないといけません。

ちなみに、このTESDAはフィリピンのハローワークのような団体です。内容的には日本人の英語学習にはあまり関係ないです。なので、帳尻合わせのように書類を揃えてTESDAを取得している感じです。こういう事情のため、学校設立に時間がかかるようになってしまいました。

SSPを取得してない違法学校で勉強してて摘発されると、その学校の生徒は強制送還です。SSPについては知らなかったでは済まされないので、注意してください。過去に韓国の語学学校が摘発された事例があります。そして、たまにSSPが問題で潰れる学校もあります。SSP費用は学校ごとに必要なので、学校を転校するたびに必要です。

TESDAについては以下でご確認ください。

TESDAとは?フィリピン政府公認はいい学校なの?

PR

アバター
クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は103校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタントで、本気の方には留学相談やエージェントもやってます。著書:英語は「フィリピン」で学べ!
よくある質問一覧