【よくある質問】フィリピン留学のSSPって何ですか?

フィリピン留学費用に含まってるSSP(Special Study Permit)についてです。

SSPとは?

SSPは「特別勉強許可証」で、観光目的で入国した外国人がフィリピンで勉強する為に必要なビザの一種です。

発行元はイミグレ(フィリピン法務省管轄の移民局)で、短期間でも必ずSSPが必要となります。

まず学校がSSPを取得してないと違法なんですが、この違法学校が案外多い。2013年ぐらいからSSPの取得が難しくなって、1年以上待ってる学校もあります。イミグレはエリアごとにあるので、エリアによって状況は少し違います。結果、待ちきれず営業開始してしまうケースもあるようです。悪質な学校だと、SSP費用を生徒から取って、国に申請せずに着服してます。

また、2013年ぐらいからSSP取得の際にTESDAが義務付けられました。昔はSSP単体で取得できたのですが、今はまずTESDAを取らないといけません。

ちなみに、このTESDAはフィリピンのハローワークのような団体です。内容的には日本人の英語学習にはあまり関係ないです。なので、帳尻合わせのように書類を揃えてTESDAを取ってます。こういう事情のため、学校設立に時間がかかるようになってしまいました。

SSPを取得してない違法学校で勉強してて摘発されると、その学校の生徒は強制送還です。過去に韓国の語学学校が摘発された事例がありますし、そして、たまにSSPが問題で潰れる学校もあります。SSPについては知らなかったでは済まされないので、気をつけてください。SSP費用は高いので生徒にとってはツライです。学校を転校するたびに必要です。

よく読まれてる質問

関連記事

よくある質問一覧