CIPとCNS2とクラークフィリピン留学院とストーリーシェアを比較。海外留学で効果的にTOEFLスコアアップ!

フィリピンのセブでお会いしたブライアンさんは6ヶ月で5つの語学学校を経験している留学達人(CIP、クラークフィリピン留学院、CNS2、ストーリーシェア)なので学校の違いを比較してもらったり、TOEFL、IELTS、TOEICの効果的試験対策や感想についてお聞きしました。あと2週間で留学が終わる終盤にお話を聞けました。

フィリピンの語学学校のCIP卒業式

ブライアン、30歳男性、期間6ヶ月、ITエンジニア

フィリピンの学校の違い

今まで行った学校は5つで、パンパンガのCIPとクラークフィリピン留学院、バギオのCNS2、マニラとセブのストーリーシェアですね。

学校の場所もバラバラでビックリ。フィリピンの中を飛び回ってて、リアルな学校比較情報が聞けそうです。そもそもなんでフィリピン留学しようと思ったのでしょうか。

もともとアメリカの大学院に行きたかったんです。自分が行きたい大学はTOEFLかIELTSのスコアが必要で、その試験対策にフィリピン留学が効率が良いと思ってたんです。そんな時に、会社で半年休みが取れたので行ってみようと思ったんです。

彼の仕事はITエンジニアなので、ネットでフィリピン留学について調べて問題ないだろうと思ったそうです。最初から5つの学校に行く予定だったのでしょうか。

いえいえ。当初は留学エージェントを使って、CIPとSEATTLEに申込んでいたんです。

「じゃ、そのSEATTLEは行くのを止めたんですか?」

最初は、TOEFLのスコアを上げるのが目的だったので、まずはCIPで英語に慣れて、それからTOEFL対策に力を入れてるダバオのSEATTLEに行くつもりだったんです。

でも、CIPにいた時に、他の生徒と話をしてたらTOEFLよりIELTSのほうが良いと思ったんです。試験の難しさは同じぐらいなんですが、大学に求められるスコアがIELTSのほうが少し緩いんです。

それで、ダバオのSEATTLEをキャンセルして、バギオのCNS2にしたんです。CNS2はIELTSの専門校なんです。

英語の試験は詳しくないので興味深いです。それではそれぞれの学校の特色について聞いていきましょう。

CIP(アンヘレス)の感想

まずは2ヶ月いた韓国資本のCIP。パンパンガですね。

CIPの2ヶ月は本当に楽しかったです。春休みだったのもあると思いますが、学生が多かったです。勉強と遊びを共立するっていう感じです。

CIPの生徒数は100人ぐらいで、7割ぐらいが日本人。一応EOPのようですが、そんなに厳格ではないようです。実はこのCIPはアンヘレスにあるので、僕はいろいろんな噂を聞いたことがあります。最近、エージェントを使って大規模に集客したから、学校がキャパオーバーで先生の質が悪い。もともとは韓国人ばかりだったのが急に日本人ばかりになったそうです。そのへんはどうなのでしょうか?

CIPは新しい日本人マネージャーが最近入って、日本人向けに情報発信を始めてますね。前は韓国人向けだったんですが、料理とかも変わっていってるみたいで、過渡期だと思います。

確かにCIPは先生は足りなくなってました。だから授業は9時から17時までだったんですが、8時とか18時とか本来授業が設定されてない時間に授業ができてました。

先生をフル稼働させるんですね。

そうです。そうするとその時間にあったフリークラスがなくなってしまうんです。ただ、そういうのは1ヶ月ぐらいで、その後は新しい先生が入っていってましたよ。短期間の人にはちょっとツラかったかもしれないですね。

うーん。なるほど。

IELTS専門学校 CNS2(バギオ)の感想

その次はバギオのIELTS専門学校CNS2で2ヶ月。IELTS試験対策をしたそうですがどうだったのでしょうか?

IELTSでスコアを求めている生徒にとっては、CNS2はすごい良い学校だと思います。ベテランの先生が多くて、ハマれば短期間でスコアアップすると思います。

マックス40人ぐらいで、7割ぐらいが韓国人だという韓国資本のCNS2。スパルタの授業って実際どんな感じなのだろうか。

CNS2は厳しい学校なので合わない人もいると思います。朝は授業がなくても強制的に起こされます。軍隊方式で、音楽が流れるんです。そして、毎朝7時30分から5分のリスニングテストがあって、それからご飯を食べるんです。テストを受けないと罰金もあります。

授業中は部屋には入れないです。授業がなくても自習室に行けっていうスタンスなんです。

CNS2ではIELTSのスピーキングとライティング対策がすごいそうです。詳しく聞いてみましょう。

CNS2は特にライティング対策がすごくて、全然書けない人でも、2ヶ月で9段階で6とか6.5を取れるようになると思います。独学でやるとすごい大変なんですが、学校にノウハウがあるので効果的に学べるんです。スピーキングもやみくもに勉強して喋れるようになるよりテスト対策としては効率的なんです。

厳しくて効果的に学べそうなCNS2を2ヶ月で止めたのはなぜなんですか?

リスニングのスコアが伸びなかったんです。CNS2は先生がフィリピン人だったので、フィリピン英語では限界かと思って、ネイティブの英語に触れたくなったんです。

やっぱり第2外国語の英語は、音が落ちたりしないので聞きやすいんです。でも、ネイティブは音を落としたりブレンディングさせたりするので。

なるほど。そして、また学校が変わるわけですね。僕はバギオに行ったことがないのでどんな場所か気になります。

一応フィリピンの軽井沢と言われてますが、マニラと変わらずうるさいですよ。バギオは雨の時期は一日中雨ですし、台風がとどまる場所なので雨だと大変なんです。でも、CNS2は3階が学校で、6階と7階に生徒が住んでるので、外に出なくてもいいんです。学校内で完結するのはいいですね。

雨が多いバギオで、校舎と宿舎が離れていると大変ですね。最後に、ずっと気になってる質問をしてみました。「あのー、バギオはお化けが出ると聞いたのですが…。」

全くないです。聞いたことないです。デマじゃないですか?(笑)。

マジですか!恐れていたバギオお化け説が一気にグレーになってしまった。ちなみにバギオのメシは安くてうまかったそうです。

クラークフィリピン留学院(アンヘレス)の感想

「次はアンヘレス(パンパンガ)のクラークフィリピン留学院に1ヶ月ですね。ここは先生が全員ネイティブなんですよね?」

はい。実は、カナダに行こうかと思って調べたんですが、フィリピンの中にネイティブの学校があるならいいかと思って。

英語のリスニング力をアップさせるために別の国に行くことも考えたのはすごい。学校を変える際に、試験対策の目標も見直したようです。

目標をIELTSからTOEIC対策に変えました(笑)。期間内にIELTSのスコアを達成するのが難しいと考えてレベルを落としたんです。

試験の難易度は、TOEFL、IELTS、TOEICの順っぽいですね。そういえば、この学校の先生がオジイちゃんばかりという噂を聞きましたが?

そうなんです…。ホームページを見ると若い先生がいるんですが、実際は僕が行った時は、オジイちゃんしかいなかったです。ホームページが最新化されてなかったんです。オジイちゃんなので、あんまり早く喋れないんで、聞こえるんです(笑)。

授業もあまり体系化されておらず、先生次第な進め方で、統一感はなかったそうです。それで、授業数を減らして自らTOEICの試験対策に取り組んだそうです。

この学校は試験教材が豊富でよかったです。リスニングは成長を実感できました。ただ、授業がよかったのか、自分で必死に勉強したからかは分からないです(笑)。

環境はどうだったんですか?

学校と宿舎が別だったので雨の時は移動がちょっとイヤでしたが、環境は一番よかったですね。SMクラークの近くです。食事はYUFUINです。施設もキレイでした。

アンヘレスでYUFUINと言えば、誰でも知ってる日本料理屋です。YUFUINと提携してるなんて羨ましい。

先生は全員ネイティブなので、発音を高いレベルで調整したい上級者には良いと思います。ただ、TOEIC900以上とかじゃないとうまく使いこなせないかもしれません。

実は、ALCという先生がネイティブの学校があって、ALCで学んだ生徒がクラークフィリピン留学院を作ったようです。まだ出来たばかりの学校なので、先生は5人ぐらい。生徒は全員日本人でマックス10人ぐらい。まだまだ整備中の学校そうです。ただ、施設や食事はかなり良さそうですね。

ストーリーシェア(マニラ)の感想

この後は、マニラのストーリーシェアに3週間行くんですね。なぜこの学校になったんですか?

たまたまtwitterでフォローしている方が、2週間のフィリピン短期留学を伸びを感じた。って書いてたんです。ブログを見ると、TOEICが800ぐらいで、アメリカの公認会計士のUSCPAの受験生でもあって、レベルが僕と似てたので、メールしてみたんです。

それで、どうだったんですか?

その方は、ストーリーシェアのマニラ校に行ってたんですが、CLメソッドがすごいよかったって言ってたんです。

また、ストーリーシェアのミオさんをフォローしてたんですが、ちょうどその時に、無料授業をネポボーディングハウスでやるって呟いてたんです。近くにいたので連絡して受けさせてもらったんです。

どうだったんですか?

よかったです。音楽を使った授業を4時間受けたんですが、面白いしタメになるし、記憶に残る授業でした。面白い授業をやる先生はたくさんいますが、しっかり知識として残るのがすごいと思いましたね。

いろいろ調査した結果、ストーリーシェアに決めたそうですが、次はマニラ、セブ、ネポ、バギオのどこで学ぶかを悩んだそうです。ミオさんや経験者に聞いて、彼が絞ったのは2つ。誰もが講師の質が高いと言うマニラ校と、完全EOPで有名なセブのロンドン校。

マニラ校とセブ校に問い合わせした結果、マニラに2週間、セブに3週間で申し込みました。

両方に行くことにしたんですね。それでマニラの授業はどうだったんですか?

すごいよかったです。CLメソッドが確立してて、先生のバラツキがなくて、引き継ぎがスムーズなんです。体系化されてるのはやっぱりいいですね.復習もしやすいですし、自分には合ってました。あと、ノボルさんのシラブルの授業がすごいよかったです。

ノボルさんのシラブル授業を受けた生徒はみんな、あの授業は受けてよかったと口を揃える。ノボルさんの授業をもっと受けたい彼はマニラの滞在を2週間から3週間に延長する。その後、セブに行かずにマニラに留まることも検討したが、ノボルさんが急遽1週間マニラを離れることになったため、3週間でマニラを終えて、完全EOPのセブに向かったそうだ。

セブボーディングハウスの感想

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は87校。23カ国に渡航して、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタントで、本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

留学相談する

この記事に出てくる学校の他の口コミ

CIP (クラーク)

ネイティブ講師がいる韓国人経営の語学学校

CNS2 (バギオ)

バギオのIELTS専門校

クラークフィリピン留学院 (クラーク)

先生が全員ネイティブ、上級にオススメ!食事は日本食!

ストーリーシェア セブ校 (セブ島)

会話力アップの独自メソッドを開発して、mixi口コミで広がった学校

この記事の関連口コミ

人気の口コミ