ストーリーシェア セブ校の学校情報

フィリピンで評判のストーリーシェア セブ校の留学体験談や口コミ、学校情報、学校の写真。ストーリーシェア セブ校(セブボーディングハウス)はmixi口コミで広がり、独自の語学メソッドを駆使した評判の日本人経営学校。完全EOP校舎で英語漬けもできる。

学校名ストーリーシェア セブ校
学校設立日2014年
生徒規模30名
建物タイプボーディングハウス
EOPEOP校舎あり(2014年12月現在)
住み込み先生2名ほど。関係ない外人もたまに住んでいる。
トイレ紙はゴミ箱に捨てるタイプ
門限門限なし

学校スタッフ

現場は主にインターンで運営しています。が、たまにスタッフになってる人もいます。

  • オーナー 松本 文夫 (ミオ)
    オーナー 松本 文夫 (ミオ)
    カランメソッドを日本人向けにアレンジした独自のサイクルラーニングメソッドを開発。基本的に所在地不明。2014年後半以降は学校経営にはほぼ関与してない。たまに学校にいる。ヒアリングせず、EOPと長時間授業を薦めてくるので注意
  • オーナー クリスティ
    オーナー クリスティ
    バギオ出身のフィリピン人オーナー。優秀で人とのコミュニケーションを大切にしてる真面目な女性。すごいよく働くワーカーホリックっぽいフィリピン人。珍しいタイプです。従業員を大切にする優しい人。2017年に学校運営から離れました。
  • マネージャー Lorie
    マネージャー Lorie
    フィリピン人マネージャーのローリーはもう日本人みたい。授業も担当している。

ストーリーシェア セブ校の口コミ(14)

経験者にリアルな感想を聞いてみました。できるだけ複数の学校を経験した生徒にインタビューするようにしてます。フィリピン・セブ留学はまだ歴史が浅いので、学校は変化します。口コミの評判を鵜呑みにせず、体験談は参考程度に!

ストーリーシェア セブ校の感想

どれぐらい知ってるか?

2013年に初訪問。マネージャーのマッキーさん(当時)の話を聞いて、丸1日体験レッスンを受けました。その後、当時インタビューしたトモさんがスチューデントマネージャーになったので1週間勉強したり、セブに来る度に飲んでます。
留学エージェントの中谷
ストーリーシェアは僕がはじめて留学した学校。mixi口コミで人気の我が母校です。セブの日本語校舎とEOP校舎で授業を受けました(2013年)。カランメソッドをベースにしたサイクルラーニングメソッドという勉強方法を作っています。スピーキングに特化した初級に効果的な授業です。 この学校の問題点は明確で、運営体制がないことです。ヒドい時はスタッフがいません。そういう状況を見かねた卒業生が学生インターンとして頑張って、数ヶ月して去って行きます。2012年からその繰り返しです。完全EOP校は徹底してるけど、運営体制がないので、スタッフが監視してるわけではなく、チクリが入ると厳しく罰則する感じなので、その時の生徒次第です。1年半周期ぐらいでEOP校舎は潰れて、また復活してます。だから、行く時期によって、印象が変わります。生徒に恵まれればEOPは機能してますし、いい体験ができるでしょうが、偶然の価値だと思います。

関係者がファンばかりでちょっと宗教っぽい一面もある。先生の教育には力を入れてるし、授業も良い。業界No1になるポテンシャルもあったけど、マネジメントがダメで永遠のアマチュア。卒業生だし大好きなので、ずっと応援してました。生徒もたくさん送ってます。だけど、ネガティブな事実も書くので敵みたいに見られてる、不思議な学校です(笑)。2012年からずっと見てきて思うのは、パイオニアだし、授業は斬新だったけど、進歩はしてない。そして、おそらく永遠に進歩しない。だから、応援するのは止めました。とても残念ですが、もうオススメはしてません…。他の学校は進歩してるからです。

気になる方はお問い合わせください。書けないことが多い…。(昔はセブボーディングハウスという名前でしたが、今はストーリーシェアセブ校と呼ばれています。)

詳しくは、

ストーリーシェア セブ校公式サイト

エージェントサイトではなく学校公式をチェック!

ストーリーシェア セブ校の場所

グアダルーペというエリアです。まわりは静かです。

学校情報に間違いがありましたら、ご指摘ください。

セブ島の語学学校まとめ