セブ留学の価値は、街中で英語を使わないと半減します!

セブのストーリーシェアで勉強しているフィジーさん。留学前に相談を頂いてスカイプでアドバイスしたんですが、セブでお会いする機会があったので、効果的な英語の勉強方法を聞いてみました。超慎重な方です。

セブ留学のストーリーシェアのリアルな体験談

フィジー、35歳男性、期間2ヶ月半、社会人

セブ留学で効果的な英会話勉強方法

セブのストーリーシェアに来て3週間です。1年前くらい前から、フィリピン留学を調べてました。英語の勉強はずっと続けていたので、参考書を買いに、よく本屋に行ってたんです。あるとき、ある雑誌で、フィリピン留学の特集が3ページくらいあって、フィリピンを知ったんです。そこからネットでフィリピン留学について調べたんですけど、表側に載ってる情報って、広告なので良いことだけなんです。参考にならないと思って、体験談とか口コミとか生に近い情報を一生懸命探してたんです。YouTubeの授業風景も参考にしたんですが、すぐに中谷さんのラジオに行き着いたんです。でも、当時は文字起こしもなかったんです。

だいぶ初期ですね。

はい、これは大変だなと思いました。インタビューは1時間とかあって。既に30個くらいあったから。30時間かと思って。

全部聞いたんですか?

聞きました。僕は実家がちょっと離れてて、運転して実家に帰るのに5〜6時間かかるんです。年に4、5回帰るので、その間に集中して聞きました。

運転中に体験談を聞いてたんですね(笑)

はい、眠気覚ましにもなるし。聞きたい情報だったから眠たくならないし。

有益でした?

ものすごい有益でした。多少不満も言ってるし。途中からは複数の学校を経験してる生徒もいたので。正直言うと、最初の頃って中谷さんの質問は固定されてて、同じ質問でしたよね。学校どうですか?フィリピンはどうですか?とか。僕はフィリピン留学はもう決めてたから、フィリピンがどうだとかは正直要らなかったんですけど、全員が「イメージより全然よかった」って言ってたんですよね。

ぜひ行ったほうがいいです、ってみんなが言ってるんです。ネガティブなことも聞いてると免疫になってくるのです。何回も言い方を変えて聞いてるから精度が上がる。これくらいだなって想像ついて、それが安心材料になって。その後は、もっと学校のことを知りたくなったけど、当時、紹介してる学校は少なかったので。

最初は学校の紹介するつもりなかったんですよ。だって、僕が学校を数校しか知らないのに、この学校オススメって言っても説得力ないでしょ。2012年はCNE1とストーリーシェアぐらいしか知らなかったから、学校名をあまり出してないです。あの時はフィリピン留学のイメージをちゃんと伝えたかったんです。ただ、だんだnいろんな学校に行く機会が増えて、学校に詳しくなってきたので、学校も紹介するようになったんです。

そうだったんですね。1月から4月くらいの間に聞いてたんですけど、ストーリーシェアとCNE1の感想が多くて、みんな満足されてたし、中谷さんは直接言ってないですけど、なんとなくストーリーシェアが良さそうだと少しずつ刷り込まれていって、ここしかねえなと思いました。で、「ストーリーシェア ネポボーディングハウス」に決めて、一旦探すのをやめたんですよ。

聞くのも、探すのも時間かかるので。英語の勉強に使ったほうがいいなって思ったんです。それで夏になって、予約しようと思ってサイトを見たら、学校が潰れましたと…。リンクが貼ってあって、セブとバギオはやってます。ってなって、やべえ、どうしようってなったんです。

当時セブはあまり行きたくなかったんです。若い人が多くて、遊びに来てる人が多いってラジオで言ってたし、他のサイトにも書いてあったので。けど、もうセブしかねえと。バギオもあったけど、当時はネガティブな情報が結構あったんですよ、湿気が多いとか、超ストイックですとか。で、すごい悩み始めて。

その頃なんですよ。アジアンズブリッジとかFace to Faceとか他の学校の情報が追加されてて。80個ぐらいあって、めっちゃ増えた!って思って(笑)。その時は文字起こしもされてたので、文字も読んでたんですけど、文字だと本当の感想が伝わってこないんですね。それで、またラジオを聞かなきゃって!

超慎重ですね!

はい。仕事柄、すごく慎重なんです。音声を聞くと、ポロッと言ってたり、感情こもった言葉があるから本当の情報が分かりやすい。それで、全部聞いて、少人数の方が合うかなって思ったんですけど、もう差が分からなくなってきたんです。あと、ビックリしたのが、サイトを見たら、「ストーリーシェアは今は手放しではオススメできません」って書いてあったでしょ。マジか!と思って。中谷さんにしたら母校なのに、そんなことをあえて書くのは何かあるんだろうなって不安で。それで、問い合わせをさせてもらったんです。

マニラ校が潰れてバタバタしてた時期ですね(笑)。他にはどうやって情報収集してたんですか?

留学セミナーで情報収集

他のサイトも見ましたし、ネポがなくなったって分かった瞬間に、留学セミナーにも行きました。

国内でやってる留学セミナー?

はい。エージェントはいろいろ知ってるだろうから、直接聞こうと思って、セミナーに3つぐらい参加しました。名古屋でセミナーを受けたとき、セミナー後に、時間潰してみんなが帰るのを待ってたんです。スタッフが片付けてる時に質問しました。そしたら、セミナー中には聞けなかったネガティブなことも教えてくれました。

僕が行ったエージェントには学校を評価するマルバツ表があって、100個くらい項目があったんです。大きい学校には○がいっぱいついてるんです。ストーリーシェアは全部最低(笑)。

エージェントの学校ランキングではストーリーシェアは全部ダメってこと?(笑)

はい。小さい学校はだいたいそうなんです。何でですか?と聞いたら、経営が安定しませんと。しょっちゅう出来て、潰れてますと。先生が生徒より少なかったり、サポートがなかったり環境も良くないですとか言うんです。

そういう一面はありますね。

でも、セミナー中は言わないです。少人数の学校が好きな人もいます。小さい学校の方が良いこともあります、って感じで、悪いことはやっぱり言わない。ただ、僕は小さい学校に行くつもりだったから、ネガティブなことを全部知りたかったんです。ネガティブ情報を全部受け入れてから行けば、もう不安とかギャップもないでしょ。で、質問したら、結構ポロポロ教えてくれたんです。その内容はそんなに違和感はなくて、ラジオでも感じてたから、そんなもんなんだと。安心できたんです。で、4つくらいに絞ったんです。

そこで僕に問い合わせをしたんですね。

はい。候補が全部繋がりがあるところだったんで。それにいつの間にかサイトに問い合わせ欄があったから。

お問い合わせページを途中から作ったんですよね。

で、ワーっと書いてメールを送ったんです。人によってあう学校は違うから情報がないとオススメできる学校を決められないってラジオでも言われてたので。鬱陶しいくらい細かく書きました(笑)。

めっちゃ長いメールだったので(笑)、気合入ってるなと思いました。

で、送ったら、最初のメールの返信で、「スカイプしましょう」と(笑)。

話したほうが早いと思ったんです。

質問が長いし、忙しいって分かってたんですけど。ビビりましたね。留学を検討してる人からすると、多少有名なサイトじゃないですか。あと、僕は旅道場も買ってたんで。芸能人とは言わないですけど、ちょっと有名人だからビビったんですよ。いきなり電話しましょうって返信が来て、しかも今日すぐに、って。

すぐでしたっけ?(笑)

はい。もうその日に。今日できますかって言われて。マジか!と思って、スカイプをやったんですよ。で、その時にマシンガントークで。1時間は話しましたよね。

スカイプは誰と話しても確実に1時間いきますね…。たしか、メールを頂いた時に、ストーリーシェアはもうランク外になってたんですよ。

そうそう。

でも、もともとはストーリーシェアを検討してたって書いてたから、ちゃんと伝えたほうがいいなと思ったんです。

あの時はもうストーリーシェアは外してましたね。最後の抑えくらいに思っていたので。

で、独学でTOEIC710点でしょ。メールを見てすごく準備してるのは分かったんですよ。目的は英会話力だったから、やっぱりストーリーシェアが合うかもとも思ったんですよ。他の選択肢は何で消したのかな?

たしか、アジアンズブリッジとタガイタイ?

少人数でアットホームで自由。あと、都会が良いって言ってましたね。

そうですね、多少は外に出て学びたかったし、新興国の文化も知りたかったんです。会社の出張とかじゃ行けないような密なところも見てみたかったので、あんまり田舎の平和なところに行っても微妙だなと思って。都市がいいと思ってたんです。その時は、マニラかクラークで探してましたね。

TOEICのベースもあって、しっかり勉強したいって言ってたので、サウスピークもオススメしたと思うんですよね。そしたら門限が厳しいので、ちょっと違います、と。

そうです、門限とか。強制自習とか。完全に縛られるのは、ちょっと自分には違うなと。

サウスピークは実際は強制自習ではないんですけどね。ただ、自分のペースで自由にやりたいって強調してましたね。

はい。確か、EBとアジアンとストーリーシェアの3つになってたと思います。

それで、色々ヒアリングして、僕は旅道場がポイントだと思ったんですよ。旅道場、トリカゴ放送が好きな生徒がストーリーシェアにいたから。ショウヘイさんと気が合うかなと思って。

ラジオを聞いてるだけで、僕の中でショウヘイさんはすごい有名人になってました。ストーリーシェアの経験者の感想で絶対に名前が出てきますから。どんな人なんだろうと(笑)。

ショウヘイさんは面倒見もいいし、セブが長いから、僕の中ではもうスタッフなんですよね。街中で英語を使うなら、セブに詳しくて街中で実践してる見本がいたほうがいいし。僕はストーリーシェアは運営面においては気になるところもあるけど、ショウヘイさんがいる間は良いかもと思って。

まさにそれで決定しましたね。

ストーリーシェアは門限もないし自由ですから。って伝えたら、もう分かんないからストーリーシェアにしますってなったんですよね。

散々調べたけど、分からないし。スカイプのオンラインレッスンの勉強方法も人に聞いたけど、フリートークしてるとか、あんまり定まってない印象だったんです。だったら、最初に行くにはメソッドとかあったほうが良さそうだなと思って。自由で快適な環境。あとは面白そうな人がいるし。それが決め手でした。

学校が決まるまで長かったですね。

長かったです。スカイプも3回くらいやりました。紹介される学校も結構変わったんですよ。b.E.Campがもうすぐ出来るからキャンペーンやってますとか言われて、b.E.Campに決めようと思った時もあったんですよ。それで問い合わせしてもらったら、まだダメですって言われて…。最後に話した時に、ショウヘイさんに賭けてみるのもいいんじゃないですかって感じだったから、そうしようと思って決めました。

セブのストーリーシェアの感想

ストーリーシェアに来てみてどうでしたか?

全部聞いてたとおり。すごい情報の精度でした。例えば、運営面でちょっと気になるところがあるって聞いてたけど、初日から、「ああ、なるほどね。」ってことが出てくるんですよ。致命的なことはないですけど、日本人向けのサービスって考えると、気になるところはいっぱいある。

残念なところがチラホラあるんですよ。ただ、それは細かい話だし、ラジオを聞いてても具体的には何かは分かんないんですよ。ちょっと不安だったけど許容範囲でした。社会人やってたら、たぶん誰でもすぐ気付くような問題がいくつかあって。ちゃんとやれよってのはありますね。

セブのストーリーシェアの様子

ショウヘイさんはどうでした?

そこだけが唯一想定外で。ショウヘイさんは想定以上でした。ほぼ現地人。ローカルガイドぐらいの情報を持ってたんで、ビックリしました。本当に予想以上で、すごい嬉しかったですね。滞在が長くて詳しい生徒はどの学校行ってもいるだろうし、それくらいの感覚しかなかったんですよ。でも、ちょっと詳しいってレベルじゃなかったです。地域に密着してましたね。最高でした。

セブのストーリーシェアのメソッド

授業は良かったですか?

メソッドは良いですね。これこそみんなと一緒で、他を受けてないから比較できないですけど、フリートークよりは絶対に良いと思います。特に初級者は、メソッドで決まったフレーズを繰り返せば、そのスレーズは絶対に身につくので。

ストーリーシェアらしいエピソードと思ったのは、授業でIs thereやりまくった日は、外に出たらIs thereを使いまくってたんですよね。

そうなんですよ。Is thereをやった日にレストランに行くと、その辺の人にIs thereを使ってました。フィリピンのIs thereを聞いた後に、日本のThere isを言うんです。ひたすら。ただ、Is thereだけじゃ10分くらいしかもたないんです。その後はグチャグチャな英語になるのでフラストレーションなんですよ。

それで、2つ思うのは、It thereは身についてると。ちゃんと伝わってると。ただ、やっぱりやった分しか使えないんだなと。だから、やっぱりインプットが大事。みんなは授業はアウトプットって言うけど、僕は授業はアウトプットじゃないと思うんです。

授業が、メソッドかフリートークかによっても違いますね。

たしかに。文法もIs thereとかThere isだって文章で書いてあれば一瞬で分かるんですけど、会話の時は出てこないでしょ。There areなのかisなのかとか簡単に間違えちゃう。doesとかdoも。それはある意味インプットですね。アウトプットを繰り返して、そういう脳を作るインプットだなと。

授業の中でね。

はい。街中で状況に合わせてどれ出すかが本当のアウトプット。外で話してるとモチベーションも上がるし。

見本もいるし。ショウヘイさんもめっちゃやってるし。

そう。ショウヘイさんは英語ができないって言うけど、面白いこと喋ってる。タクシーに乗ったらタクシーの運ちゃんのプライベートに入っていくし(笑)。あれはすごい。フィリピンってその辺の警備員とかも、話を聞いてくれるじゃないですか、こっちの人って仕事そっちのけでしょ。前に中谷さんと行ったレストランでも、ウェイターの人とちょっと話したら、戻らずにずっと笑いながら話してたでしょ。

最後ハイタッチしてましたね。僕がみんなにフィリピンをオススメするのは、街中で英語を使えるからなんです。タクシーも行き先を言って降りたらそれだけですけど、こっちが話せば、乗ってる間、ずっと英語で話せるでしょ。めっちゃ盛り上がるんですよ。

ですね。笑いのツボがめっちゃ浅いから、会話が弾むんですよね。めちゃくちゃ笑う。

みんな中学生みたいで。すぐ爆笑。だから、どんどん街中で話せばいいと思うんです。タクシーでもお店でも。向こうは日本人に興味あるから、ぐいぐい来ますから。ただ、近くに見本がいたほうがいいですね。

見本がいると全然違います。

現地に溶け込んでる人を間近で見ると、こんな風に会話すればいいんだって良い見本になるんです。僕は旅道場の時にヤマモトやムシゾウさんが見本だったんです。何気ない会話で現地の人と遊んでいて。でも、自分はできないから羨ましいし、劣等感を感じる。それがモチベーションになるんです。でも、身近に見本がいないと、授業で勉強して、現地と絡まず日本に帰るかもしれない。

確かに。さじ加減も分かってくるんですよね。デパートに店員は死ぬほどいるじゃないですか。彼らもたぶん暇なんですよね。勤務中だだから、あんまり話しかけると悪いなって最初は思ってたんですけど。全然働いてないし、ずっと喋ってるから。これはいいんだなと思って。無料だし、生の会話だし。

輪になりますからね(笑)

フィリピンに来たら先生と授業外で日常会話をするのかなと思ったんですけど、先生もしんどいじゃないですか、メソッドで単純なことをずっと言い続けてひたすら訂正してて。だから、授業外は当然休んでるんですよね。仕事だから終わったら帰るし、授業外ではそんなに話す機会はない。気を使っちゃうんで、あんまり積極的に話しかけてないんですよ。だけど、外に行くと無制限。それが相当良かった。中谷さんにもショウヘイさんにめっちゃ感謝。

環境と使い方と。

それと学び方、生活の仕方を含めていろいろ学べた。

セブ留学でビリヤード

街中のアウトプットはどこの学校行ってもできるけどね。

そうですね。話せばいいんですよね。

効果的な勉強方法は実践

授業で英語を仕込んで、外で話せばいいんですけど、学校の中に籠ってる生徒がほとんどだと思う。僕はフィリピン留学は街全体で学んで欲しいんですよね。

セブに着いた初日から連れられて外に行きました。でも、外出しない生徒もいます。ただ、学校外を使う使わないで、英語の学習効果は全然違うと思いますね。

人それぞれの勉強方法があるから、全員にオススメするわけじゃないけど。ただ、僕の中でパターンがあって、トリカゴとか旅道場から来た人は外で話すのが好きなんです。旅が好きだからラジオを聞いてるわけでしょ。だから、問い合わせの時に旅道場とかトリカゴ放送って書いてあったら、実践型の先輩がいるところを探してます(笑)。

それが良いです。そして、その環境はストーリーシェアは整ってます。門限がないのは結構でかいです。門限23時とか言われると外での会話は制限されますから。ただこのやり方の一番つらいのは体力がものすごい要る。

疲れてくるんですよね。

マンツーマン6コマとグループクラス2コマの8コマなんですけど、授業後に、外で飲んでるとなんだかんだで12時とかになって、朝になって、ってやってると結構しんどい。復習しないと忘れるから、空き時間に復習をしてるんですけど、眠くなっちゃって、それが一番厳しいです。

遊びに行く回数を減らしたらいい(笑)

わはは。バランスをね!

最近ちょっと外出が多いんじゃないですか。たぶん、僕が来てるからですよ。

あー、それもありますね。

僕が来てるし、ショウヘイさんも終わりが近づいてるから。

ショウヘイさんがいる間が重要なんですよ。いかに彼から吸収するか。だから誘われたら全部行ってます(笑)。

セブに来てどれくらいですか?

10週間のうち、3週間が終わりました。1ヶ月で申込んでたんですけど、1ヶ月延長しました。最初はショウヘイさんがいる間だけ予約してたんだけど、色々教えてもらってるし、ひとりでもイケるかなって。

全然大丈夫だと思います。次にトリカゴ放送とか旅道場に興味ある生徒から問い合わせが来たら、フィジーさんいますって紹介するかもです(笑)。そうやって世代交代していったらいいんじゃないかって。

オモロイですね。

英会話は手応えを感じてるんですか?

それがまだ…。やっぱり、3週間だと…。どっかで喋れるって思った瞬間があるって言う人は結構いますけど。その瞬間は来てないです。でも、外国人と話す耐性、ビビリとかはなくなりました。全然大丈夫です。

だってめっちゃ喋ってるやん。

成長は感じてないですけど、もしかしたら少しは上がったのかな。

前から英語で話せてたんですか?

いや、前は全然話せなかったです。

今はその辺の人と喋ってますよね?

薄い会話ならできます。今まではちょっとつまづいたら、もうめんどくさくなってたけど、今はもうなんでもいいやって思うようになった。多少単語も増えて、慣れてきたのかも。

上がってるんでしょうね。

でも、中谷さんも言ってたけど、「みんな1ヶ月くらいで喋れるようになると期待して来て、実際そうじゃないことに気付くんでしょ。」僕もまさに感じました。1週間だけ来る人いるけど、僕の感覚だと1週間じゃ何も見についた感じしないですよ。外国人と話すことには慣れるけど、英語が身についた感覚はなかったです。キーポイントになる単語が1個でも分からないと結構繋がらなくなったり。気になったりするじゃないですか、そういうのがガンガンでてくるから。エンドレスな道だなと思いました。

残り7週間。また、僕がセブに現れたら、その後どうですか?って是非聞きたいですね。

その時どうなってるか楽しみです。

感想も絶対変わってますよね。学校はイメージ通りだったようでよかったです。

イメージ通りでした。唯一言えるとしたら、ストーリーシェアに来るんだったら中谷さんに聞いてから来たほうがいいですね。サイトに書いてないことをいっぱい教えてくれるので。僕はちゃんと理解してたから、後悔はしてないけど、気になることはいっぱいありました。致命的な問題はないです。小さい問題がいっぱいいっぱいあるだけです(笑)。

今来てる生徒はみんな社会人で結構経験を持った人ばかりです。学校はルールも全然ないし、はっきり言ってフワフワだけど。生徒がいいのでモラルがあります。みんなの経歴も面白いです。

大人の人ばかりですからね。大人なら我慢できると思いますよ。僕も笑えましたもん。

ハテナがいっぱいですよ。仕事ではウィンウィンに慣れてるので。こうすれば良いだけなのに…、とか。短期的な視点で見るとそうだけど、長期的に見たらこうじゃないの…とか。でも、我慢できるレベルだし、人間は慣れます。だけど、若い学生が友達をいっぱい作りたいのなら、大きい学校で仲良くワイワイやったほうがいいかもしれないですね。

分かります(笑)。またセブに来る機会があったら、よろしくお願い致します。

是非よろしくお願いします。中谷さんとショウヘイさんに、本当にありがとうございましたと言いたいです。ほんまに感謝。

よかったです、引き続き頑張ってください。

(2015年1月31日(土)セブのストーリーシェアにて)

まとめ

ストーリーシェアや、カランメソッドの授業がある学校では、生徒が英語を喋る時間がある程度保証されるので、会話力アップが目的の生徒にはオススメしてます。ただ、繰り返しなので退屈です。僕が留学した時は、メソッドの意図が分かってなくて、退屈過ぎて止めました。なので、トレーニングだと割り切って、授業では出来るだけ言葉に出してください。そして、フィジーさんのように実践で使うと効果的です。

インタビューの音声は下で聞けます。

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

体験談に出てくる学校の他の口コミ

ストーリーシェア セブ校 (セブ島)

会話力アップの独自メソッドを開発して、mixi口コミで広がった学校

この体験談の関連口コミ

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は96校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタントで、本気の方には留学相談やエージェントもやってます。別の顔として、オジ旅32号、スーパーコンシューマー運営者
留学相談する