セブのストーリーシェアは運営に軸がないけど、文句が言える人には柔軟でいい学校

セブのストーリーシェアのショウヘイさんの体験談。9ヶ月の日本語校舎での留学生活を振り返ってもらいました。インタビュー2回目です!

セブ島のストーリーシェアの口コミ体験談

ショウヘイ、38歳男性、期間9ヶ月

ストーリーシェア体験談

楽しい留学期間がちょっと短くなってしまいました。あと3週間ぐらいで日本に帰ります。

1年予定だったけど、9ヶ月で終わるんですね。お金が尽きてきたんですか?

そうですね、一番の理由はお金ですね。

英語学習ももういいかなって感じですか?

そうですねぇ。ストーリーシェアに来てから、CLメソッド1、2しかやってないですからね。あとサイドバイサイドの1と文法。

メソッドを永遠に繰り返して。もう暗記してるんでしょ。

はい。もう覚えちゃってるので、質問される前に答えを言っちゃう時もありますね。テキストの順番通りなら答えは先に言えちゃうくらいには覚えてますね。

だから、先生が順番を変えてるらしいじゃないですか。

はい。ランダムで出してくれたりして。

すごい成長しているって、みんな言ってますね。

スタートラインが酷かったですからね。

もうセブで生きるには困らない?

と思いますね。先生が言ってることは7割くらいですけどね。CLメソッド1、2しかやってないんで。分かんない単語はありますけど、前後を読めばほぼ分かります。

9ヶ月って早かったですか?

早かったです(笑)、楽しいことは早いですね!本当に。

いまは寂しい気持ちですか?

いや、寂しくはないですね。日本帰ったら日本帰ったで、日本食が食いてえなとか、それなりに欲求はありますから。

でもショウヘイさんはセブで結構日本食を食ってるでしょ。

いや、でも本当の日本食じゃないので。例えば、卵かけご飯が食べたいとか。

あ、ITパークの卵かけ御飯を食べに行くの忘れてましたね。日本めっちゃ寒いですよ。

かなり憂鬱ですね。冬の洋服を持ってないんですよ。暖かい時に来て、暖かい時に帰る予定でしたから。雪も降ってるらしいですね。

セブはやりきった?

いや、英語は奥が深いので、まだまだです。けど、僕はビジネス目的じゃないので、そこまで必要ないかなってのは正直ありますね。

だって元々旅行でも不自由なかったんですもんね。セブで学習して、手応えはあるんですか?

会話が好きなので、会話を弾ませることが自分にとっての目的なんです。それにはタイミングがすごい大事で、パッと瞬間的に返せるかどうかがすごく重要だと途中から思い出したんです。CLメソッドはパッと言われてパッって返す、その繰り返しじゃないですか。だから、その効果は明らかにでてるなと感じますね。

そうですよね。日本語と同じで、グイグイ笑かしにいってますもんね。

まあ、簡単な会話ですよ、本当に。そういうのはもう全然できます。中谷さんも仰ってましたけど、どの学校に行っても自己紹介をしてるから、自己紹介はもう大丈夫で、あなた上級者ね!って言われるって。

何回もやったことは出来る。

それと同じような感じですよね。日常会話を盛り上げたり、笑わせたりするのを何度もやってたら慣れるんですよ。だから、外でもCLメソッドやってるような感じですよ。新しい人と出会って、また同じような会話を繰り返してるだけなので。

フィリピン人はパターンで笑わせられるくらいシンプルですからね。

そうですね。

留学期間中に気分の波はありましたか?

ありましたよ。フィリピンが大っ嫌いの時もありましたし。周りの生徒に、つまんないつまんない、暇すぎて死ぬとか。悪態ばっかりついて。皆さんにご迷惑おかけしました。

どうやって克服したんですか?

フィリピン人の友達ができたりすると、新たに喋る内容も変わってきますし。特に何かをするわけじゃなくて、本当に波ですね。あと生徒にもよります。気の合う生徒がいたら楽しいですし。

1人の時もありましたもんね。

ありましたね。1人の時は自然にEOPになって英語の勉強としてはよかったんですよ。先生しかいないので、フィリピン人とビリヤード行くとか。

生徒が少ないと先生との距離も近くなるんですね。先生とめっちゃ仲いいですもんね。もう先生と生徒の関係じゃないですよね!

そうですね、結婚式に出たりとかもしてますし。

ビサヤ語(セブの現地語)も喋れるんでしょ。

いや、全然喋れないですよ(笑)。

ちょっとは喋れるでしょ?

下ネタぐらいですよ。下ネタは言われるから覚えただけで。基本的には外には英語の勉強で行ってるつもりなので、覚える気もないですから。面白いことは覚えちゃいますけど、それが限界です。ジブニーに乗っても全部英語ですし。

セブはどこでも知ってますもんね。

僕の師匠が素晴らしい方だったので。いろいろ学びました。

ノウハウを継承していってるんですね。

そうですね。せっかくこれだけ情報を持っているのでね。人に合うかどうかは別にして、知ってもらって楽しければ続けてもらえばいいと思いますし。シェアするべきかなと。ストーリーシェアだけに。

おお、ドヤ顔が出た(笑)

ストーリーシェアだけに!

わははは。長期間セブにいたので、更に深くストーリーシェアを知ったと思うんです。どういう人にオススメですか?前は万人にオススメって言ってたと思うんです。変わらずですか?

ストーリーシェアの問題点

自立できてない人はやめたほうがいい。自立できてない人はストーリーシェアに限らず、やめたほうがいいと思います。サウスピークとかだと、また変わってくるのかなと思いますけど、ストーリーシェアは自立できていれば全く問題ないかな。

ただ、プチアクシデントが続々と起こるので、ハテナはいっぱい出ます。だから、そこをうまく大人として割り切れる人ですね。日本人の感覚で、細かい問題が起きた時に、なんだよー!ってなる人は辛いかもしれないですね。

ショウヘイさんは、なんだよーとはならなかったんですか?

僕の場合、1回ビッグアクシデントがあったので、そのときはオーナーさんにブチギレて、やっつけましたけど。そこも論破できるレベルだし、常識の範疇でぶつかれば、相手もちゃんと対応してくれるので。ただ、文句が言えない人とか、言いなりになっちゃうとか、そういう人は厳しいと思いますね。

短所としては経営面に関しては芯がないんですけど、逆を返せば、柔軟に使えば長所でもあるわけですよ。英語の授業もCLメソッドしかない、これが基本ですって言われてても、こういう勉強がやりたい、こういう使え方を覚えたい、って言うと柔軟に対応してくれますし、先生も柔軟に対応できるレベルです。本当に使い方だと思いますね。僕にはめちゃくちゃマッチしてました。自分で上手くやれる人、自分で問題点を見つけられて、それを解消できる人は全く問題ないと思います。

もう喋れてる感はあるわけですよね?

でも、来る前は、1年経ったらものすごく喋れるようになると思っていたんですけど、やっぱりそこまでは難しい、全然いってないですね。

何がまだ弱いんですか?英会話において。

やっぱり単語が少ない。あと、リスニングですかね。

聞き取れない。

色んな声の高さとか発音とか、色んなバージョンがあるので。学校の外でそれに気づきますね。先生は綺麗な英語で、ちゃんとしたセンテンスで言ってくれるので聞き取れますけど、外に行ったら、あれ?あれ?ってなることがあります。そこでまた気づいて、どうやって修正すればいいかを考えて、それの繰り返しですね。

学校で喋れても外で通じない

単語を増やすのが今後の課題?

はい。ストーリーシェアに限って言うと、先生は英語が喋れる日本人だと思うんですよ。

マインドは日本人みたいな先生もいますね。長いですもんね。

だから、学校の中で英語が喋れる気になるのは絶対やめたほうがいいです。ただの誤解なので。勘違いしたらダメです。あくまで学校の中なので。結構聞くじゃないですか、ネイティブだったら全然ダメだったとか。フィリピン人以外だったら全然喋れなかったとか。でもまぁ、夜遊びに行くとネイティブとも知り合う機会が多いんですけど、ちゃんと喋れるようになってきているなとは思います。

セブは色んな西洋人がいますけど、話す機会あるんですか?

そうですね。とりあえずトライはしますね。分からなくて、わーーーって言ってることもありますけど、でもまぁ半々くらいですね。

向こうからしたらこの日本人英語できるやんって感じなんでしょ?

最初に言いますけどね、「I can’t speak English well.」って。けど、そのまま一緒に2軒目3軒目に行ったりしてます。これも慣れだと思います。西洋人は文法ちゃんと言わないことが多いじゃないですか。それを知らない時点でアウトなんで。でも学校ではそれを教えてくれないんで。

学校の英語は正しい英語ですからね。

そうなんですよね。ビジネスは別だと思うんですけど、生活面に関しては正しくない英語が溢れてるので。フィリピン人の先生に、「家では英語で話すの?」って聞いたら皆ビサヤ語で話してるんです。この間に結婚した先生もやっぱりビサヤ語なんですって。なんで英語じゃないの?って言ったら、旦那の文法が間違ってると気になって言いたくなるんですって。旦那も注意されるとイライラしてくると。だからもう英語は使わないって。

先生は授業で日本人の英語を指摘してるからね。

職業病ですよね。コンプリートセンテンスじゃないと許せないみたいです。

それでイライラするからビサヤ語にするんだ。それだけ一般人が間違ってるってことですよね。

ですね。あと、先生も疲れるみたいですね、英語を使ってると。

面白い。また3回目の収録をいつかしましょう。セブ生活は楽しめたようで本当によかったです。今回はこれで終わりたいと思います。

次はタイで撮れるといいですね。

タイでやりましょう、ぜひ。ありがとうございました。

(2015年1月31日(土)セブのストーリーシェアにて)

まとめ

2012年に僕がはじめて留学した学校がストーリーシェアです。いいモノ持ってたので応援してしてました。軽く20回以上訪問してます。でも、進歩してないです。毎回同じ問題が起きてます。スタッフも定着しません。日本人経営の老舗ですが、正社員ゼロでインターン運営です。業界Noのポテンシャルがあっただけに残念です。ずっと応援してましたが、もうよほどでないとオススメしてません。ストーリーシェアのセブ校に興味ある方は公式サイトへどうぞ。

ストーリーシェアのセブ校公式サイト

インタビューの音声は下で聞けます。

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

体験談に出てくる学校

ストーリーシェア セブ校 (セブ島)

会話力アップの独自メソッドを開発して、mixi口コミで広がった学校

この体験談の関連口コミ

アバター
クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は101校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタントで、本気の方には留学相談やエージェントもやってます。著書:英語は「フィリピン」で学べ!
留学相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。