CIPの学校情報

フィリピン・クラークで評判のCIPの留学体験談や口コミ、学校情報、学校の写真、費用。CIPはクラークにある韓国資本の語学学校。ネイティブの先生もいるので、ネイティブの授業が評判のようです。欧米留学、ワーキングホリデーを準備する学生が多い。

学校名CIP (Clark Institute of the Philippines)
学校設立日2007年
生徒規模100名
建物タイプキャンパス
門限門限あり

CIPの口コミ(7)

経験者にリアルな感想を聞いてみました。できるだけ複数の学校を経験した生徒にインタビューするようにしてます。フィリピン・セブ留学はまだ歴史が浅いので、学校は変化します。口コミの評判を鵜呑みにせず、体験談は参考程度に!

CIPの感想

留学エージェントの中谷
2013年から2015年の間にいろんな噂を聞いたが、なぜか良い噂を聞かない。一貫してる噂は、先生のマネジメントがヒドい。エージェントがパワーがあって集客力がスゴイ。運営システムや教科書は揃ってる。先生の入れ替わりが激しくて、CIPを辞めて他の学校で活躍してる先生が多い。たぶんマネジメントさえ良くなればもっと先生も定着して評判がよくなるように思う。でも、今のままでもビジネスとして機能してるんだと思います。合わなかった生徒も、このインタビューは匿名性が低いので、公開NGばかり(笑)。不満を持ってる生徒や先生にはそれぞれ軽く10人以上会ってますが、もちろん満足してる生徒とも会ってます。ネイティブの先生も何人かいて、どんな授業なのか、すごく気になる不思議な学校です。なぜか経験した生徒や先生にたくさん会います(僕はクラークによく行くので)。

詳しくは、

「CIP」公式サイトをチェック!

当サイトではエージェントサイトではなく学校公式サイトにリンクしてます。

CIPの場所

学校情報に間違いがありましたら、ご指摘ください。

クラークの語学学校まとめ