宿としても使えるフィリピン格安留学!宿として使える3つの安い学校!

格安学校を宿として使いながら、フィリピンに何度も行かれてる方の体験談です。旅行目的で学校を安宿として使ってる方も結構多いです。

旅の宿としてのフィリピン格安留学を使うポイント

匿名、39歳男性、期間3ヶ月

フィリピンでは3つの学校を経験しました。最初は2013年。アンヘレスのアジアンブリッジに1ヶ月行きました。

実は、中谷さんとは昔にお会いしていたことがあるんです。2015年にアジアンブリッジに行っていたときに、学校の送別会に中谷さんが来られていたんです。その時はお話はしてないんですが、学校オーナーに「あの人は誰ですか?」って聞いたら、「フィリピン留学に詳しい人」って言ってました(笑)。

そうなんですね(笑)。

軽い気持ちでフィリピン留学

どういう経緯で英語を勉強しようと思ったんですか?

英語の教員免許を持っているんですが、たまたま剣道の外部顧問みたいな形で学校に入って、中学や高校の部活指導をやっていたら、いつの間にか、剣道がメインになってきたんです。でも、いつか英語を教えたい気持ちもあって。それで、ちょっと時間のとれる時期があったので、留学してみようと思ってフィリピンに行ったんです。

プライベートなことをいうと、ちょっと日本での人間関係に疲れていたので、個の力を鍛えるために、1人になりたいという気持ちもありました。

2013年は、フィリピン留学の認知度はまだ低かったですよね。フィリピン留学にすんなりたどり着いたんですか?

「アメリカ?怖い。」「カナダ?寒い。」「ニュージーランドがいいかも。」みたいなイメージから入って…。学生だったら、オーストラリアにワーホリに行ってたかもしれないけど。もうワーホリの年齢じゃなかったので、いろいろ調べたんです。

そしたらマルタがでてきたけど、マルタは遠いでしょ。それで、パプアニューギニアとフィリピンが残ったんです。フィリピンは近くて、ジェットスターが安いらしいということで、お試しでフィリピンに行くことにしたんです。

小規模で「やるしかない!」みたいな学校がよかったので、「フィリピン 留学 家庭的 小規模」ってキーワードで検索したら、いくつか出てきた学校の中にアジアンブリッジがあったんです。エージェントは存在も知らなかったので、自分で調べました。本当にご縁です。

海外経験はありましたけど、全部ツアーだったので、知らないことが多くて、行く前は準備が大変でした。お金の引き出し方とか海外旅行保険について、一から勉強して。パスポートを取り直して、電子辞書を買って。

初フィリピンでは勉強のストレスで痛風になる

マニラ空港に着いたときはドキドキでした。ピックアップの日本人スタッフと一緒にアンヘレスに向かうんですが、アンヘレスがどこだかわかんないから、どこまで行くねん、って思いました。マニラからアンヘレスはすごく遠いんですよね。

アジアンブリッジは社会経験が豊富な日本人2人の共同経営の学校で。初期は2人とも常駐していたので、他の学校よりも安定感がありましたね。小規模で先生も2人ぐらい住んでいて、アットホームで。でも、残念ながら、潰れてしまいました…。当時は、生徒は何人ぐらいでしたか?

そのときは夏なのに、まだ5組ぐらい。たぶん、2013年1月ぐらいにオープンして…、まだ半年も経ってなかったです。

1日何時間勉強していたんですか?

6コマでした。

本気で勉強したんですか?

本気というか、お任せでした。ちょっと会話しようか、みたいな感じでテストをさせられて。じゃあ、授業を組んどいたからみたいな感じで。

どうだったんですか。そのときの感想は?

最初の1週間が大変でした。今でも覚えてるんですけど、1日6時間も頑張ってると、頭が痛いんです。英語脳を作らないといけないみたいな記事を見つけて、かなり頑張っていたんです。そしたら、本当に頭が痛いんです。痛い、痛いで、ストレスから体調不良でした。あと、ウンコも硬いんですよ。緊張して…。

食生活もあるでしょうけどね。運動不足になるし。

飯が合わなかった、まずかったわけではないんですけど。やっぱり食事は違うんだなと思ってたら、痛風になっちゃったんですよ。イテテテテテって。

ストレスで痛風になるんですか?

最初の1~2週間でなりました。僕はスリムなんですけど、痛いから、何かなと思ったら、痛風でした…。ラッキーなことに、先生がみんな優秀で、アンヘレス大学の看護師さんが多かったんです。フィリピンの人達は医者に行かないから、薬で何でも治しちゃうじゃないですか。薬をくれるんですけど「薬は不安だから。」って言ったら、「この薬草もいいんだよ。」って。学校の庭に生えてた雑草みたいなのを持ってくるんです。それを煎じて飲んでいたら、よくなったんですよ(笑)。

庭の草を食べていたんですか?

そう。「その草じゃない、これこれ。」って言われて。その草をずっと食って、水を飲んで、草を食って、水を飲んでたんです。製薬会社の人達には「水を飲んだから治ったんじゃない?」って言われましたけど(笑)。

それからは大丈夫でした。フィリピン生活でストレスは感じてなかったんですけど、自分が意外とストレスに弱いんだな、って思いました。

2週間が経ったころに、英語で話すことにちょっと慣れてきました。小さい学校だったので、先生と外に遊びに行く機会が多かったんです。先生と外出したときに、言葉を半分ぐらい理解して、状況から「こういうことなんだな。」ってわかってきたんです。

そのときは、1ヶ月で帰りました。自分でマニラ空港まで帰ったんですけど。当時のマニラのタクシーが面倒くさくて…。ちょっと面倒な運転手に当たったんです。だけど、それでも帰れたのが、自信にはなりました。今、考えたら、あのレベルで自信もってたのかって話ですけど。1回目はかなりポジティブな印象で終われました。

クリスマス時期に留学したらイベント三昧

気に入ったからクリスマスに10日間ぐらい行ったんです。勉強しにいったつもりだったんですが、クリスマスの時期に行くと…。イベントばかりで。勉強はあまりできませんでした(笑)。

でも、先生の実家に招待されて。クリスマスとかニューイヤーを体験できて、フィリピンの文化に触れられて楽しかったです。日本の人間関係に疲れていたので、フィリピンのオープンなところが居心地よかったんです。勉強だけでなく、休息でもあったので。

それで、もっと勉強したくなってきて仕事との兼ね合いをつけて、次の年の2014年7月にまた行きました。3ヶ月です。

1年経って学校の雰囲気は変わってましたか?

変わらずでしたね。ただ、親子もいて、前よりも人数が増えていました。留学って、1、2ヶ月の単位と思っていたんですが、週末だけの超短期の方もいました。

あのときは、僕は長いほうだったので、学生の枠を超えてやらせてもらってました。雇用されていたわけじゃないんですが、スタッフみたいになってました。面白かったです。生徒のプレゼンテーションを聞いて、フィードバックしたり。

先生を採用するときは、僕も面接に入ってました。僕が選ぶんじゃないですけど。「この人は美人だからいいんじゃないですか?」って(笑)。

英語は?

いいたいことはたくさんあるけど、まだ蛇口は小さくて。その蛇口をだんだん広げていく感じでした。少ない単語で伝える能力は身について、コミュニケーションはできるようになってました。今考えたら、拙い言い方ですけど。

1泊200円の格安宿を経て、短期留学へ

その後、剣道のおかげで、フィリピンに行く機会が定期的にできたので、格安ホテルに泊まってました。フィリピンの友達がゴーホテルズをオススメしてくれたんです。悪くないんですけど、僕は、マニラで1番安い宿に泊まってやろう、みたいなタイプなんです。

マニラの格安ホテルのゴーホテルズ

いくらで泊まっていたんですか?

1泊200円ぐらい。

安い!そんな安い宿があるんですか。

もちろんドミトリーでしたけど、「空いてるから1人で使っていい。」って言われて1人で部屋を使ってました。フィリピンは安宿がいっぱいありますよ。

僕が知る最安ホテルは500ペソぐらいです。ベッドはあるんですよね?

もちろんあります。でも、シャワーは共有です。290円?面白いな、どんなところだろうって、行くようなタイプなんです。何でも1人行動ですし、もともとアドベンチャーなんでしょうね。

でも、最初は、すごく慎重だったでしょ。慣れたんでしょうね。

そうですね。それで、フィリピンで宿に泊まるんだったら、短期で安い学校に入ろうと思って、プチ留学を始めたんです。剣道はだいたい夕方からなので、フィリピン留学ってちょうどいいんです。日中に英語を勉強して、夕方ぐらいから出かけて。剣道の後はみんなでご飯を食べて、帰りは夜12時頃。

今は、英語学校を宿として使ってるんですね。

そうですね。英語もブラッシュアップできるから、一石二鳥なんです。ご飯もついてるし、洗濯もしてくれるからありがたいです。

どうやって学校を探してるんですか?

剣道をやりにいってるので、門限が厳しすぎたり、融通がきかない学校はダメです…、相談にのってもらえる学校じゃないと、こっちも申し訳ないので。だから、小規模の日本人経営の学校にしています。大きな学校だと、ルールがしっかりしてるみたいなので。

剣道の活動的には、マニラのケソンシティが便利なんです。だから、ケソンシティで探してます。アジアンブリッジのあとに、EBに行って、今回はMITに行きました。

Quoollも興味はあったんですよ。ナントカメソッドがありますよね。ある程度喋れるんだけど、更にレベルを上げるためには壁を越えないといけないでしょ。ナントカメソッドは基本的な授業みたいなので、いいんじゃないかなって。僕、ああいうの好きだし。でも、Quoollは、たしか月曜以外の入学は駄目っていわれたんですよ。

ほとんどの学校は日曜に入学して、月曜から授業スタートですね。融通がきくことが大事なんですね。

そうですね。あと、ベーシックイングリッシュキャンプも少し考えました。あそこもナントカメソッドってありますよね。でも、ケソンから遠いんですよね。

格安EBに短期留学、施設は古い!

それで、結局EBを選んだんです。2018年です。バタバタと4日間くらいだけ滞在させてもらって。7コマ受けてたかな。短期だったので、詰め詰めでした。EBはご飯がビュッフェスタイルで選べるし、おいしかったです。

スピーキングメソッドは受けましたか?

受けてないです。授業はおまかせしたんですが、メソッドは受けてないですね。発音の授業はよかったですよ。短期滞在だったからメソッドはなかったのかな?

たしかに、4日間だとメソッドは受けなくていいかもしれないですね。

日本人の仲間も楽しかったし、先生も楽しかった。だけど、8人部屋は結構厳しかったですね。

格安の部屋ですね。8人もいたんですか?

いや、4人ぐらいでした。それでも、人口密度が高い。寝るだけだからいいんだけど。長期の生徒は物も多いから、どうしても密集度がすごい。

ネガティブなイメージじゃないんですよ。自ら格安の宿に泊まるぐらいですからね。ただ、当時のEBの8人部屋は、ホームページだけ見ていくと、「えっ?」と思う人はいると思います。施設はEBは一番古かったです。

格安MITに短期留学、生徒が少ない

その次は、2019年にMITです。日本語を全然喋れない環境にしてみようと思って、韓国人経営の学校に行ったんです。

門限はないんですか?

全然わからずに行ったんですよ。でも、厳しいルールはなかったですよ。

日本人には、まだルールないんでしょうね。

わかんないですけどね。

授業は?

1日6コマ受けてました。

MITの生徒は何人くらいでしたか?

僕が行ったときは韓国人が4名で、日本人は僕を入れて2名。韓国人しかいないと思ってたら、韓国人生徒もあまりいないんですよね…。でも、夏は子供とか親子が多いらしいです。

マニラの格安学校MITのマンツーマン授業の教室

MITの滞在場所は2つあって、女性は金院長が住むキャットハウスで、男性は樫原さんの家だと思います。韓国料理がダメな女性は樫原ハウスになるかもしれないですね。キャットハウスがいいなと思っていたのですが、僕は樫原さんの家でした。

樫原さんの家は2019年に引っ越ししたばかりなので、あそこに滞在した生徒は、まだ6人ぐらいじゃないですかね。だからなのか、融通が利いてよかったです。飯もおいしかったですよ。エバーモールも近いし、EBも近所でした。

MITは寮と学校が少し離れているんです。僕はブラブラ歩いて帰りたいんだけど、樫原さんが気を遣ってくれて「寮まで送りますよ!」って言ってくれて。「そこまでしてもらえるの?」って感じでした。

韓国の学校は、基本的に生徒は子供なんです。トラブルがあってはいけないので、学校はキャンパスタイプ、そうでなければ送迎が基本ですね。でも、日本人生徒は、自由を望むほうが多いですね。送迎時間を気にして生活するのはちょっと面倒なので。部屋は、個室ですか?

安いドミトリーでよかったんですけど、生徒がいないので個室を使わせていただいてました。MITはドミトリーでも2人部屋とかなので、大所帯にならないし。キツキツで落ち着かないとかはなかったです。

中谷さんの記事通り、金院長はすごくいい人でした。いろんな話をしました。キャットハウスを期待していたと言うと、招待してくださって。お伺いしました。金院長の家は、女性には素敵なところだと思います。

樫原さんはどうでしたか?

事前に、中谷さんのサイトは、いちおう見ましたよ。オーストラリア帰りの女性の記事を見て、MITや樫原さんのイメージはつかめました。あの記事を見たときに、関西にいる我が強い、個性が爆発してるような人なんだろうな、って思いました。でも、誰かが「個性は強いけど、頑張ってくれる。」って言ってたでしょ。

そうですね。頑張ろうとはしてますね。

頑張ろうとしてるなら、僕は大丈夫かなと思ったんです。それで、LINEでやり取りしたら、イメージ通り、距離が近い(笑)。それに、まとめてメールを書いてくるんじゃなくて。思ったことをその都度ワーって送ってくるんですよね。だから、「馴れ馴れしいな!」と思う人はいるかもしれないですね。でも、僕は人間関係でいろいろあったから。そこの奮闘ぶりが、寅さんを見ているようで、好感をもてました。

留学ラジオで事前に得ていた情報と違いはなかったですか?

イメージ通りでした。僕は問題なかった。僕は西日本出身で、母親の親戚が大阪のほうだから。あの手の人はよく見てきたんです。あと、僕は気になるタイプなんですけど、海外生活を繰り返す間に、受け入れる機能が備わったんです。だから、面白いと思えました。

だけど、どう捉えるかですね。唐突だなって思う人には、唐突感がある。特に、繊細な女性は、事前によくやり取りしたほうがいいですね。

3つの学校を経験して、違いはありましたか?

それぞれよかったですよ。僕は、融通がきいて、値段が安かったら、万々歳なんです。EBもMITも安いですからね。フィリピンに旅行するなら、短期留学するのがオススメです。宿として使っても、いろんな人に出会えるし、面白いと思いますよ!

(2020年1月18日 新宿にて)

編集後記

格安学校を宿にして、フィリピンを楽しむのもいいですね。施設の許容範囲が広い方には、格安学校はコスパ高いですよ。MITはエムケーサというエージェントからのみ申し込みできます!

MITのエージェントサイト

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

体験談に出てくる学校

EB (マニラ)

英語学習の費用対効果No1を目指し、マニラで最安値・高品質を追求!

MIT Language School (マニラ)

マニラのケソンシティにある小規模な格安学校

この体験談の関連口コミ

アバター
クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は103校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタントで、本気の方には留学相談やエージェントもやってます。著書:英語は「フィリピン」で学べ!
留学相談する