フィリピン留学でお金のトラブルを避けるための注意点!

フィリピンでお金のトラブルを避けるための注意点。フィリピン人との距離の取り方。セブ島に半年留学した生徒からフィリピン留学の注意点を教えてもらいました。

フィリピン留学の注意点!先生に奢ると当たり前になる!セブに半年滞在した生徒の体験談

カズ、30歳、期間6ヵ月、大学生

フィリピン留学でお金のトラブルを避けるための注意点!

お金を奢らない

セブ留学の注意点はありますか?

フィリピン人の特徴だと思うんですけど、みんなフレンドリーで、ちょっと調子が悪そうだと、どうしたの?と声をかけてくれます。

半年もいたら家族みたいな感じですか?

ある先生からアニキと呼ばれてました。ビサヤ語だと「クヤ」って言うんですけど。慕ってくれるんです。だけど、先生との距離感は注意しないといけないです。飯を食いに行った時に安いレストラン、例えば、ジョリビーとかジョニスだったら100ペソくらいで食べられますよね。でも、日本食レストランだと1人500ペソくらいだから、先生には高いんです。だから、生徒が誘った場合は、先生の分を生徒側が負担する必要があるんです。

それはそうでしょうね。

記念日なら分かるんですけど、何もない時に生徒が100ペソぐらいと思って奢ると、先生が奢ってもらうことに慣れてくるんです。僕はそういうのを恐れて注意していたんですけど、他の生徒さんは安いからって気軽に奢るんです。払った人は2ヶ月で帰るからいいですけど、僕は5ヶ月半いたので、その生徒が帰った後もその名残が残っていて、僕と一緒に行くと奢ってもらえる雰囲気になってきたんです。そして、それがエスカレートして、飯だけじゃなくて、アイランドホッピングのフェリー代とかも負担しなければいけない状態になってきたんです。

フィリピン人はお金を払わない?

困った顔をして、こっちの善意に訴えて甘えようとするんです。僕らと島へ行ったある先生は、学校へ帰ってから、「カズマサが奢ってくれた」って話すんです。そしたら、他の先生達が「私も行きたい!」「あいつも誘いたい!」「彼女も連れて行きたい!」とか言い出すんです。フィリピン人って皆で遊ぶのが好きなんです。で、僕がお金を出すのが当たり前な雰囲気になってるんですよ。流石に断ったんですけど。先生との距離感は難しいです。

フィリピンあるあるですね。フィリピン人はフレンドリーですが、距離の取り方を注意しないとストレスになっちゃいますね。日本人と考え方が違いますから。お金のトラブルは起きないように注意しないと。

彼らは、日本人はアドバンテージがあると考えてるんですよ。日本円の価値はフィリピンペソより高いので、日本人は仕事をすれば高い給料をもらえる。日本人がフィリピンにきたら金持ちになれるから、日本人が金を出して当たり前、日本人とはアンフェアだから、日本人にお金を出してもらってフェアになると考えている。

日本食を食べに行きたいと留学生が先生を誘うなら、「お金を払って」と先生が言うのは理解できます。

でも、エスカレートしてくると、彼らにとってはどっちが誘ったかは関係なくなってきて、何でも払ってもらって当然と考えだすんです。でも、俺の金はお前の金じゃないって思うんですよ。

フィリピンに限らず途上国の人達はそういう考えを持ってますね。

そういう点でフィリピン人は厚かましいです。もちろん全員じゃないです。奢ってもらうのは良くないからと来ない先生もいます。本当に人それぞれなんです。

これはこの学校に限った話ではないですね。フィリピン人の先生は、フレンドリーで友達になりやすいんですけど、距離の取り方は大事。フィリピン留学をする人は注意して欲しいです。

タクシーの注意点

タクシーの運転手や観光地の物売りでも日本人プライスを提示してくるんですよ。それがボッタクリじゃなくてタカリみたいになってくることがあります。何かと理由をつけて、遠いからとか、渋滞するから追加料金って。

セブで言えば、セブ市内から空港があるマクタン島は橋で繋がってて、その距離はフィリピン人の感覚では遠いんですよね。だからプラス50ペソと言われたりします。よくある話ですね。

本当によくある話です(笑)。タクシーでは色々トラブルを聞きます。自分じゃないんですけど。セブに来たばかりの生徒がオランゴ島へ遊びに行ったんです。その時にタクシーの運転手に、「友達がバンカーボートを持ってて4000ペソで借りられるぞ。」って言われたみたいなんです。オランゴ島なんてパブリックの船で行けば20ペソとかで行けるんですけど。でも、英語がよくわからないので、4000ペソ払ったみたいなんです。そこで終わればまだよかったんですけど、タクシーの運転手が帰りまで待ってて、一日中待ってたんだからタクシー代として3000ペソ払えって言われて、めちゃくちゃ揉めてましたね。学校の前まで来てました。

全員じゃないですけど、そういうフィリピン人もいますね…。

ジプニーの注意点

キッチンスタッフのフィリピン人はジプニーの中でホールドアップにあってスマホを盗られたと言ってました。

Howdyのオリエンテーションでは、ジプニーに乗らないように言ってますね。学校はちゃんと説明してるので、生徒が守るかどうかだと思います。

日本に比べると治安は悪いです。けど、セブの事をわかってくると、注意するポイントが分かってきて普通に生活できます。実際は、他の場所に比べると治安はいいかも(笑)。

日本と比べるとオーストラリアの治安も悪いですよ。

海外は日本とは違うので注意しないといけないですね。

そうですね。参考になりました。ありがとうございました。

(2016年9月30日(金)セブのAYALAモールにて)

まとめ

フィリピン人との距離の取り方は非常に大切だと思います。同じようにお金のトラブルを経験をされた生徒さんにも会いました。お金を払うと当たり前になることがあるので、注意点として参考にして頂けたらと思います。

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

セブ島にて語学学校のマネージャーとして9ヶ月赴任後に、もっと海外を知ってほしいと思い、セブ島に残って留学学校や観光資源の情報発信!渡航した国の数は40ヵ国を越え、オーストラリアのワーホリも経験あり!海外へ渡航する際の第一ステップとしてフィリピン留学は最適な道!

留学相談する

この記事に出てくる学校の他の口コミ

Howdy (セブ島)

セブで日本クオリティを追求する英会話学校、食事はダントツ!

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*