アメリカ、マレーシア、フィジー、フィリピン留学の違い

留学マスターMr.Kさんに、アメリカ、マレーシア、フィジー、フィリピン留学の違いを比較してもらった。フィリピンも、ドゥマゲテ、バコロド、ダバオを経験。ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド旅行もしてて経験豊富すぎ。本音の体験談です。ドゥマゲテのSPEAで感想をお聞きしました。

アメリカとフィリピン留学を比較

Mr.K、42歳男性、期間1年、元公務員

フィリピン留学体験談

ドゥマゲテでは勉強する暇がないくらい、くつろいでますね(笑)。

「と言いつつ、実は、勉強してるじゃないですか。」

ここ2日は自習してますね。もう5、6回フィリピン留学してるので。フィリピン人の先生に教えられるのがちょっと飽きてきたので。

「今まで何回も留学してるんですよね。どういう始まりなんですか?」

元々公務員だったんですよ。ワーホリとかしたいと思ってたんですけど。

「公務員じゃ無理でしょう。」

まあ、辞めないですよねぇ。居心地が良いんで、公務員続けてたんですけど、仕事で行き詰まって、ちょっと精神的に病んできて。このまま定年を迎えた時に、自分の人生が何やったんだろうって思うのが嫌で。辞めたんです。それで、自分のやりたかったことをやろうと思って。だけど、ワーホリはもう行けなかったので、英語留学をしたんです。

「いつの話ですか?」

36歳の時だから6年前。留学先はフィリピンとフィジーで悩んだんですけど、フィリピンは危ないイメージがあって、フィジーにしたんです。フィジー留学のエージェントが大阪にあるんですよ。

フィジー留学

行ったら、カウンセラーが面白そうに話してくれるんですよ。それで、1年でお願いしますって言ったら、「飽きますから8ヶ月くらいでどうですか?」って言われて、8ヶ月にしたんですよ。

フィジーはグループクラスなんですけど、生徒が少ない時は、7、8人で、そこそこ楽しかったんですよ。英語以外禁止とかそんなルールもあって、勉強してたんです。

「生徒は日本人ばっかりですか?」

90%が韓国人ですね。

「フィジーって若い生徒が多いんですか?」

20代~30代前半が多くて、たまにリタイアした人という感じですね。女性と男性の比率は6:4くらいですね。僕がいた時は。

「英語力は上がったんですか。」

最初は全くダメだったんで、ある程度は伸びたと思います。ただ、全部グループレッスンです。夏休みになると大学生が来て、クラスが13人くらいになるんですよ。そしたら、ほとんど何もしないで終わるような感じです。

先生はフィジー人です。フィジーの英語はすごいクリアです。分かりやすくて、聞き取りやすい。けど、日本人同士で英語で喋っても、いまひとつですね。

「街中は?」

そこそこ喋る人はいますね。ただ、フィリピンみたいな感じで、ローカルの人の英語はそんなにキレイじゃないです。

「住居は?」

インド系フィジアンのところにホームステイしてたんですよ。ヒンドゥー語みたいなのを喋ってて、ずっとインドの映画見てますね。ずーっとですよ。最初の方は一緒に見てたんですけど、面白くないんで部屋に引きこもりました。

「ホストファミリーとの会話はあまりなかったんですか?」

あまり英語が喋れなかったから、疎外感を感じて引きこもってましたね。

「そんな性格なのに引きこもってるとつらいでしょ。ご飯はカレーですか?」

3食カレーですよ。うまかったんですけどね。頑張りました。

「フィジー留学の費用ってフィリピンと同じくらいですよね?」

フィジーの方が高いですね。8ヶ月で当時100万ちょっと。航空券も高いし。

「遠いですからね。でも、留学費用はフィリピンもそれくらいかかるでしょ?」

今はかかりますか?

「かかりますよ、だんだん高くなってるから。フィジーってビーチなんですよね?」

何百と島があって、メインのナンディはビーチあるんですけど、めちゃくちゃ汚いんで、離島に行かないとダメ。空気もめちゃくちゃ悪いですよ。

「フィジーって空気良さそうですけど?」

めちゃくちゃ汚いですよ!ボロいバス走ってたら、黒煙で向こう側が見えないです。子供たちもアイス食べた後にそこら辺に捨てる。汚かったですよ。ただ、離島はめちゃくちゃ綺麗です。

「フィリピンも同じですね。街は汚いけど、離島はキレイですもんね。発展してくと汚れちゃうんですよね。一生懸命勉強したんですか?」

スーツケースにパンパンに英語の教材を入れて行きました。けど、だんだんマンネリ化しますね。5ヶ月でドロップアウトです。3ヶ月残して辞めました。

「辞めたのか。でも、5ヶ月頑張ったんですね。で、どうしたんですか?」

オーストラリアとニュージーランドに旅に出ましたね。

「旅に出た(笑)。」

オーストラリア・ニュージーランドへ旅行

「オーストラリアはフィジーから近いですよね。」

3時間くらいですよ。チケットも安かったですよ。安い航空会社あるんで、それ利用して。武者修行ですよね。

「フィジーで学んだ英語はオーストラリアで通用したんですか?」

全くダメです。めちゃくちゃ早いし訛ってるんですよね。

「オーストラリアの英語は訛ってるって言いますよね。」

でも、ニュージーランドは綺麗だったんですよ、分かりやすい。意外とイケたんですよ。ちょっとした成果が見れて嬉しかったです。

「オーストラリアはどこ行ったんでしたっけ?」

1ヶ月間かけてほぼ縦断しました。ニュージーランドは2週間くらい。

「ニュージーランドはどこに行ったんですか?」

南のクライストチャーチとクイーンズタウン。フィジーで出会った友達が、ニュージーランドに留学したんですけど、人も優しいし、オーストラリアに比べるとだいぶ安いって言ってました。料金を聞いたら1年間で400万くらい。結構飲み食いして。

「英語が通じる時もあって、進歩を感じれたと。」

一番進歩を感じれたのは、外国人に対する恐怖心。英語を喋る恐怖心が薄らぎました。それは一番大きなところでした。

「フィリピン留学でも慣れるけどネイティブが出てきたらビビるでしょ。フィジーで勉強してて、オーストラリアに行ったらビビらないんですか?」

ビビりましたね。欧米人や白人に対するコンプレックスがあったんです。なんかヤバイと思って。

「旅の中で慣れていったんですか?」

まわりはみんなオーストラリア人なので、良い意味で開き直ったんです。フィジー留学した後にオーストラリアにワーホリに行く子が多かったんです。でもみんな、オーストラリアの人は何を言ってるか分からへんって言ってましたね。フィジーの英語は聞き取りやすいけど。

「フィリピン英語みたいな感じなんですか?」

いや、フィリピンのほうが英語は綺麗なんですけど、フィジーの方が聞き取りやすかったです。先生にお願いして、個人的に放課後マンツーマンレッスンやってもらってたんで。それで伸びた部分もあると思うんです。グループレッスンだけでは遊びみたいなもんでしたね。

「それで?」

フィジーに戻って、何週間か観光して、日本に帰ったんです。

「フィジー留学前は、海外旅行に行く機会はあんまりなかったんですか?」

結構行きましたね。公務員はカレンダー通りに休みなんですけど、年休とか、自分の仕事の段取りつけて休めたので。

「じゃあ海外旅行では、英語は適当に喋ってた感じなんですか?ボディランゲージとか。」

日本で語学学校に通ったりはしてたんで。

「日本でも勉強してたんですね。」

でもすぐ辞めますね。

「英会話学校?」

とかね。でも、日本は費用が高いからね。駅前留学とかまだなかったし、結構な金額でした。だけど、1週間に何回か行って喋れるようにはなれないし、まぁいっかと思った。

バコロドのイールーム

で、次がフィリピンなんです。フィジーで出会った韓国人が、日本語も喋れるんですけど、英語もペラペラ。学校のレベル分けが9段階だったんですけど、トップクラスの9だったんです。勉強の仕方を聞いたら、フィリピンで勉強したって言うんです。それでフィリピンに行かなアカンって思ったんです。

ほんで、エージェントのフィリピン留学.comに行ったんです。家から自転車で行けるんですけど、対応も良かったんですね。で、セブは嫌です、って言うと、バコロドのイールームって学校をオススメしてくれたんです。スタッフに経験者もいて、聞いていくうちにもうイールームにしようって。

「なんでセブは嫌だったんですか?」

都市は費用が月に2、3万高いんです。大都会より田舎のほうが過ごしやすそうだし。薦められるままに決めました。2月末に日本に帰って、4月にバコロドに行きましたね。

「すぐですね。イールームにはどれくらい行ったんですか?」

3ヶ月間で申込みました。でも、1週間も経たないうちに気に入ってしまって、2ヶ月延長しましたね。めちゃくちゃ良かったんですよ。

「イールームってどんな学校なんですか?」

まず、授業のカリキュラムがしっかりレベル別になってます。先生の質も良いです。わかりやすく根気よく教えてくれる。で、若い綺麗な先生が多いんですよ。キャバクラみたいでしたよホンマに。可愛くて、これはアカンなーって。

「韓国資本なんですか?」

韓国資本です。

「何人くらいの規模なんですか?」

マックス100人ぐらいで、その時は、日本人が7、8人で、7、80人がコリアンでした。その時の女性のマネージャーが昔イールームの生徒だったんです。彼女が日本人第1号だったんでイールームの歴史を知ってて、すごい面倒を見てくれて。

ただ、後半の2ヶ月は飽きましたね。たぶん3ヶ月がベストです。同じ学校は飽きるんちゃうかなと思いますね。

「前半3ヶ月で英語の成長はどうだったんですか?」

勉強しましたね。結構先生と話せるようになってました。自習室で頑張ってたんですよ。ただ、次の2ヶ月は遊びましたね。飽きたんです、やっぱり。

「バコロドってどんな街なんですか?田舎なんですよね?」

バコロドは結構都会なんですよ。規模的にはドゥマゲテの2倍で、ネグロス島最大の街だと思います。遊ぶところも多くて、歩いて行けるところに酒場があるんです。ほぼ毎日通ってましたね。

「酒場でその辺の人と話してたんですか?」

そうですね。あとジムに通って、トレーナーと喋ってました。やっぱりフィジーと一緒で、ローカルの人の英語はちょっと聞き取りにくかったです。体重は減りましたね。10何キロ減りましたね。途中からボクシング留学になったんで。体を絞りましたね。

それで日本に帰ったんですけど、しばらく日本におるとまた行きたくなる。イールームにまた行きましたね。

「またイールームに行ったんですか?」

はい。次は工夫しようと思って、イールームに1ヶ月行って、その後は、向かいのイロイロ島に留学しようって決めたんです。ところが、バコロドのイールームで勉強してると、居心地が良くて、イロイロをやめてバコロドを延長しました。

「麻薬みたいな学校ですね。」

居心地が良いんです。あと先生と再会すると、よう来たなーって歓迎してくれるんですよ。「イロイロ行くの?延長してよ、イールームの方がずっと良いよ。」って。ちょっと流されやすいんです。

「そん時はダレなかったんですか?」

勉強しようという心構え、気構えを持って行かなかったんで飽きなかったんだと思う。

「友達に会いに行くみたいな感じですね。」

そうですね。公務員時代の貯金があったんで、バカンス的に行けたんですよ。

「じゃ、イールームは2ヶ月延長して、トータルで7ヶ月ですね。」

ですね。その次はアメリカに行きます。

「アメリカ?」

アメリカ留学

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

E-Room (バコロド)

バコロドの格安語学学校!費用重視の方ににオススメ!

クーポン
SPEA (ドゥマゲテ)

実践的な英語をドゥマゲテの街中で学んで脱初級を目指せ!

この記事の関連口コミ

人気の口コミ