フィリピン留学で先生が合わないと思った時にチェックすること

タガイタイのFace to Faceで楽天のプロジェクトマネージャーの方とお会いしました。僕も同じ職種だったので久々に仕事のような話で楽しかったです。先生をティーチャー、コーチ、ガイド、メンターに分類して、マンツーマンレッスンで、先生が合わない理由をロジカルに解説してます。

フィリピン留学で先生が合わない時のチェックリスト

アキ、40歳女性、期間3週間

英語の授業で先生が合わない時の解決方法

タガイタイのFace to Faceで勉強してます。留学期間は3週間で、いま2週間が終わって、あと1週間です。

もともと英語はある程度喋れたんですか?

ちょっとだけ話せました。

TOEICも自分で勉強してたんですよね?

TOEICは2年前に780点で、リスニングは450点、リーディングが330点ぐらいです。

楽天の業務で英語の必要性があって留学しようと考えたんですか?

そうです。

生徒と先生の相性のルール

あのー、生徒と先生のミスマッチを減らすフレームワークを発見したそうなので、詳しく聞きたいです!(笑)

(笑)まず、初日にレベルチェックをしました。ネイティブのマットとのスピーキングテスト、そのあとペーパーテスト。それで、自分の英語レベルを教えてもらって、自分のやりたい事を話しました。それで、授業が決まってジュンさんが先生を決めてくれました。で、翌日以降、2日間授業を受けてみたんですけど、合わなかったんです…。

何が合わなかったんですか?

そこが問題なんです。結論としては6時間をやめて4時間にしました。2コマ減らしたんです。で、一部の先生もやめました。だけど、「なんで合わなかったのかな?」って考え始めたんです。マットの授業は良いケーススタディの実践の場になっていたんですね。で、合う先生もいるのに、何が違うんだろう。そして、なんで合わない事を上手く説明できないんだ、って思ったんです。合わなかった理由が分からなかったんです。

良い先生なら私の違和感を上手く解決できるはずなんだけれど、その解決方法を教えてくれる先生にどうやったら会えるのか?みたいな、そんな話なんです。だからテーマはグッドコミュニケーター。何がグッドコミュニケーターで、悪いコミュニケーターは、どうしたらグッドコミュニケーターになるんだ、みたいな。

それは先生のことですか?

最初は自分自身について考えていたんです。どうしたら伝えられるのか。人と人のコミュニケーションじゃないですか。

理由が明確だったら状況も変えられるはず、ということですね?

そう。自分で納得できるし、理由が分かれば、たぶん他の生徒も「なんとなく、この先生は合わない気がする。」みたいに迷う必要がなくなるのかなって。

相性の見極め方がわかったらね。

そうです。で、そもそもティーチャーって何なんだ?と考えて、Teacherの定義を辞書で調べてみたんです。選んだキーワードは「ティーチャー」と「コーチ」と「ガイド」と「メンター」。Face to Faceはボーディングティーチャーがいるので、メンターって思想を入れました。本当は5個目にカウンセリングがあるんですけど、自分の領域外だったので外しました。で、4つの英単語の定義を辞書で調べてみたらすごくクリアになって、この定義のイメージをちゃんと持っていれば実はマッチングって上手く行くんじゃないかな?って思い始めたんです。

具体的に教えて下さい。ティーチャーは?

「情報を与える人」なんです。だから、ティーチャーは喋る量が多いんです。

マンツーマンレッスンで先生と生徒のミスマッチを減らす方法

辞書でそう定義されてるんだ。by giving information about it

一方、コーチは「プロセストレーニングをコーチする人」なんです。ジョブがより良くなるためにエクストラティーチングをしてくれるのがコーチなんです。

エクストラティーチングって?

要はティーチングの更に上のチップスをくれて、その生徒がより良くなるために一緒にプロセスの面倒を見てくれるのがコーチです。

なるほど、コーチが上のレイヤーなんですね。

そうなんです。で、次がガイドです。ガイドはティーチもコーチもしません。生徒に与えるのはアドバイスやヘルプだけ。Giving advice and helpって書いてるので、方向性をガイドするだけで、教えるとは書いてないんです。

Having strong influence。気付きを与えるみたいな感じですね。

そうです。で、最後にメンタニングは、この3つとは違って、期間がもっと長くて、学校の教育だけじゃないんです。Performance drivenって書いているので、生活に適応するためにメンターするだとか、スタートアップするためにメンターする、みたいな。特定の領域だけじゃないジェネラルな領域に対してサポートすることなんです。

英語に限ったことじゃないんですね。

そうです。こうやって分類したら自分の欲しい先生がだんだん見えてきて、これがミスマッチを作ってるんじゃないのかなって思ったんです。よくよく考えてみたら自分の取った先生はタイプが全然違ったんです。残念だけど合わなかった先生はティーチタイプなんですけど、私はコーチとかガイドが好きだったんです。

英語レベルが初級じゃないから?

英語レベルとの相関関係がわからなかったので、さらに調べてみました。他の生徒さんたちに言葉の定義を説明した後に、「この4つの定義の中で、あなたが今必要なものってなんですか?」って質問をして、1番から4番まで優先順位を聞いたんです。そして、生徒の年齢と性別、英語レベルも書きました。スピーキングのレベル、文法・単語のレベル。

マンツーマンレッスンで先生と生徒のミスマッチを減らすため、生徒のニーズの分析

これはレベル試験の時のですか?

そうです。でも、生徒の英語レベルと生徒の要求には関連性は見つけられなかったんです。

人によって違うんですね。

このデータの取り方がちょっと曖昧なので、データはあんまり使えないかなと思ったんですけど、ひとつひとつのケースで見ると面白いことがわかりました。例えば、自分の場合、一番欲しいのは「ガイド」でディレクションが欲しかったんです。英語は多少出来るので、自分のダメな癖を矯正してくれるコーチが欲しかったんです。必要な時だけティーチングが欲しくて、メンターはいらない。

で、先生にも言葉の定義を説明して、同じ質問をしてみたんです。「あなたの好きなティーチングスタイルって何ですか?」って。

なるほど。

そしたら、この先生はガイディング、次はメンタリング、その次ティーチングってやっぱりみんな違うんです。

面白い!

マンツーマンレッスンで先生と生徒のミスマッチを減らすため、先生のモチベーションを分析

ちなみに、私はマットとヘイゼルは大好きなんですが、彼らはガイディングとコーチングが好きなんです。自分の要求とピッタリなんです。そして、合わなくて変更した2人の先生はティーチングタイプなんです。

先生自身がティーチが好きなんですね。

例えば、この先生はずっとティーチャーです。傾向を全部読み解いて、全部頭に入れた後にトレーニングしていこうってタイプ。私はアウトプットしたいと思ってたので、この先生とはもともと合っていなかったんです。

なるほど。

これが分かればセルフアセスメント(自己評価)をすれば、先生選びは失敗しないから、具体的な内容はコーチと一緒に決めていけばいいわけです。ただ、生徒のニーズは、時期によって変わるんです。レベルによっても。

確かにそうですね。

だから、本当はタイミングごとに先生を変えていかなきゃいけないんです。

ヒアリングしてアップデートしていかないとダメなんですね。先生のニーズはあまり変わらないかもしれないけど、生徒のニーズは変わりますもんね。

そうなんです。で、その面白い例がこれで、この生徒は最初はティーチャーが欲しかったんですけど、今はコーチが欲しいって言ってました。だから、レベルや慣れとか、成長していく過程によってニーズが変わってきます。

特に初級の人はすごい変化がありそう。

そうなんです。ただ、自分がコレをわかりさえすれば、合った先生を選ぶだけなんです。そしたら、モチベーションが落ちることもない。

絶対かは分からないですけど、精度は上がりそうですね。

そうなんです。このフレームワークを使えば先生も楽だし、生徒も楽。理由を理解できるから。

相性が悪いわけじゃなくて、ニーズがズレてるんですね。

はい。感情は入れないです。

教育スキルか人間関係か

これはマットと一緒にケーススタディをやった時のマッピングで、テクニカルリレーテッドか、リレーションリレーテッドか、ってマトリクスなんですね。一般的に英語レベルの低い初級の生徒には、ティーチングが必要だと言われていて、テクニカルもリレーションも必要。で、だんだんエデュケーションが上がっていくとテクニカルもリレーションも薄くていいから、方向性だけ欲しくなってくるんです。

ガイディングになっていくんですね。

で、マットの思想で言うとティーチング・コーチング・ガイディング・メンタリングって順番なんです。メンターって日本人のイメージだと、生活をスタートアップさせるためにメンターが必要って考えるけど、実は英語では、すべての説明を受け、英語ですべてスタートアップさせるって、結構ハイスキルなんですよね。

今ってフィリピンの先生たちが日本語を覚えたりして、上手く盛り上げてくれてるけど、それはパーソナリティーの問題。アメリカに行ったら誰も日本語で教えてくれないし、誰もメンタリングできない。相談することもできないので、レベル的にはマットの思想が合ってるかなと思います。

メンターが一番上のスキルなんですね。

でも、ここって人によってレベルがあるんですよ、テクニカルレベルとかメンタリングレベルとか。それはパーソナリティだと思うんですね。スキルはあるけど喋るのはシャイな人もいれば、スキルがなくても喋るのは得意な人もいるし、マインドかなと思っていて。そのパーソナリティの違いに適応してくれるのが先生のスキルなのかな?って。

このフレームワークがあれば結構いけるのかな、と思ってて。まず自分自身をセルフアセスメント(自己評価)して、問題を小さいコンポーネントに分けます。小さいコンポーネントとは「そもそも何が欲しいの?」「ゴールに向かってどれが必要なの?」みたいな単位です。

で、Open Environment はコミュニケーションするための場を用意します。ティーチャーでも、カウンセラーでもいいと思います。ただ、カウンセラーはティーチャーじゃないでしょ。でも、最終的にパーソナリティの問題を授業で微調整するのは先生なんですね。だからやっぱり先生と一緒にやった方が良いですね。

最後は、ティーチング・コーチング・ガイディング・メンタリングっていう彼らのスキルと、今までやって来たエデュケーションレベル、ティーチングのスキルとかテクニカルを使って問題を解決する様なフレームワークを皆が持てれば、たぶんすごく成功すると思うんです。

まず分析するでしょ?これも仕組化して生徒は月一回とかするわけでしょ。

はい。

で、これ。 create communication schema for avoiding a miss communication は、定期的な会議体を作るってこと?

例えば「なんとなくしっくり来ない。」って時に「何がしっくり来ないのか?」を自分自身でちゃんと理解して、教え方の問題なのか、方向性なのかを自分で分析するんです。まず、自己分析して、それをガイドが出来る人に相談するんです。それはカウンセリングのケースもあるしティーチャーかもしれません。最後は見つけた問題に対して、彼らのテクニックとパーソナリティーを持って解決していく。これを繰り返して。

このパターンのマッチングだけで、ある程度、機械的にできるワケですね。

そうです。

それでも誤差が生じるのはパーソナリティとスキルで対応するということですよね?

そうです。この概念がみんなに共有されれば先生と生徒のミスマッチが減ると思います。私のイメージは先生は結構分かってます。でも、わかってない先生もいる。自分自身が何をどうすればいいのかわかってなくて、ティーチばかりする人もいるんですよ。それは学校が教育すべきだと思う。それに自分自身を分かっていない生徒も結構いっぱいいる!

ほとんどの生徒が分かってないと思います。

そもそも、この質問に答えられない生徒もいたんですよ。

いるでしょうね。

でも、それはダメ。自己分析できないと絶対に伸びないと思うんですよ。だから、自己分析をまずやらせる事が必要で、先生が合わなかったら「何が合わなかったのか?」を一緒に解決できるのがすごく良い学校。その際には、たぶんレベルは関係なくて、教科書やテクニックの問題だと思います。話題がビジネスなのか、日常なのかって違いなので。ある程度、フレームワークだけで解決できるのかな?っていうのが私の思想。

みんながこういう考えを取り入れたら良いですね。定義を調べたのがすごいですね。ティーチングがギブ インフォメーションって思ってなかった。もっと高尚な意味と思ってた。

英語の辞書はすごくロジカルでわかりやすいですね。なんでも解決してくれます。

これ、卒業したらまとめてください。このサイトからリンク貼りますので(笑)

(笑)このメソッド、結構イケると思うんですよね~。

イケる。次に想定される問題としては、「ガイドが何人いるんだ?」とかですね。ティーチができる先生を集めるのは簡単だと思うんですよ。でも、コーチングとガイディングまで出来る先生が充実してるかは、学校によって違うでしょうね。ティーチングしかできない学校は多いと思うんですよ。

ティーチのニーズはあると思うので、先生がガイドできなくてティーチだけでも良いと思うんです。大事なことは先生が「自分はティーチャーとして頑張るんです!」って専門領域を決めることだと思うんです。それがわからないで「なんか外された…」とか、そんな会話をしているのは非生産的だと思います。原因がぼんやりしているから、お互い変な解釈をしてしまう…。で、それを日本人的に「優しい心で解決しましょう」っていうのはおかしいと思うんです。

逆に言うと、すごいマッチングしているのに「先生が合わない!」と簡単に先生を変更するのも不自然ですね。

そうですね。絶対に合わない事はないはず。それは方向性が間違えているか、自己分析をもう一回やればいいだけ。あとは微調整で、教材を変えるとかでなんとかなる。マヤちゃんにも試したんです。

マレーシアで働きたいから頑張っていたんです。それで、自分のレベルより少し上の内容をやっていたみたいで、分からない事がいっぱいあるから、すごくしんどかったんです。先生を変えてもらって授業内容も変更したらすごく楽しくなりました。

マヤちゃんはコーチング・ティーチング・メンタリング・ガイディングの順番だったので、最初はコーチングを要求してたんです。でもよく考えたら、必要なのはティーチかもね、って話をしたんです。それか、方向性がわからないから、まずガイドだよね、って話になってジュンさんに相談に行ったんです。それで、ティーチングに変えたんです。まだインプットしないといけない状態だったんです。

なるほど。でも、生徒の要望に柔軟に対応できる学校ばっかりじゃないですからね。

そう。だから、Face to Faceはすごく良いものを持っているけど、その良さをちゃんと伝えてないと思うんです。

何かあった時に柔軟に対応できる体制もあって、対応もしてくれるわけですからね。このマッティングはロジックがハッキリしてるからみんなが腑に落ちるから良いですね。ただ、難しいのは「生徒が自己分析できるのか?」だと思うんです。案外自己分析って難しいでしょ。マヤちゃんは最初は違ったワケですし。

そうなんです。本当は第三者が必要ですね。

カウンセリング力が必要かも。今回は運用したアキさんに能力があったから出来たのかもしれない。フレームワークを与えても運用する人が全然能力がなかったら、うまく機能しないかも。

う~ん…。

言葉の定義の違いをちゃんと理解してもらって、正しく自己評価してもらうのって、ある種スキルなので。紙に印刷して「はい、やって下さ~い。」ってやったら、違う自己評価になるかも。でも、参考にはなりますね。

はい。

フィリピンの学校は全部このフレームワークを取り入れて欲しい。ただ、自分の学校の先生をチェックしたらティーチングしかできない(笑)、なんてこともあり得ると思うんですよ。

それは言えてますね。「ガイディングが得意です」みたいに言う先生も、実はガイディングじゃなくてティーチングだよ、みたいな場合もあるんですよね。

先生側の自己認識の間違いもあるでしょうね。自己評価のギャップは絶対あるんですよ。

だから、第三者評価が本当はいいですよね。

管理できる経験がある人が一人いたらすごい機能すると思います。

英語中級のフィリピン留学の感想

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は78個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

クーポン
Face to Face (タガイタイ)

口コミで広がった語学学校。海外就職に強い!

この記事の関連口コミ

人気の口コミ