効果的な英語学習法、短期の海外留学生が知っておくべきこと!

セブで出会ったハッシーさんの英会話の勉強方法はとてもロジカル。英会話はスポーツみたいなもので、「勉強」と「練習」の違いを理解して、意識して「練習」すると効果的。この考え方は英語留学前に知っておきたかったです。英会話力をアップさせたい方は是非読んで欲しいです。

フィリピン留学で効果的に英会話力を上げる方法を語るハッシー

ハッシー、29歳男性、期間は2ヶ月(2009年)

効果的な英語学習法とは?

僕がフィリピン留学した時、英語学習に明確なビジョンがあって、1日8時間の授業の間ずっと練習してたんです。勉強じゃなくて練習に集中してたんです。

「その「練習」と「勉強」の違いを理解するのが重要なんですよね。ハッシーさんが留学した時に、2ヶ月で英会話の上達に満足したのに、同じように真剣に勉強してるけど、上達してない生徒もいたわけですよね。それで、何が違うのかと考えた時に、「勉強」と「練習」の違いに至ったわけですよね。」

そうですね。

「で、「練習」が「人と話す」とかではなくて、ちょっと違う位置づけなんですよね?」

簡単に言うと、英会話を勉強している生徒はたくさんいるけど、英会話を練習(プラクティス)してる生徒はあんまりいないですよねって話なんです。

「勉強って何ですか?」

別の言葉で言えばインプット。知識を得ることと解釈して良いと思います。インプットに対してアウトプットって考え方はきっと誰でも知ってると思うんです。たとえば、「勉強」と「練習」が大事ですよ、って言っても、そんなの「インプット」と「アウトプット」でしょって思われるかもしれないですけど、ちょっと違うんです。アウトプットは覚えた表現をちょっと使ってみてもアウトプットだし、友達とお喋りしてもアウトプットだし、何をしてもアウトプットだと思うんです。

「英語を話すのはアウトプットですもんね。」

はい。じゃ、なんで「アウトプット」じゃなくて「練習」って言うかというと、みんなが考えているアウトプットだと量が足りてないというのが僕の考えなんです。たとえば、英会話はスポーツみたいって考えがありますが、スポーツに大事なのは「勉強」じゃなくて、「練習」って誰でも分かるじゃないですか。

だけど、英会話では「練習」をやってる生徒が意外に少ないんです。たとえば、野球だったら素振りをしたり、とにかく反復練習をするでしょ。それがつまらないとかは別として。だけど、英会話学習では結構みんな「勉強」ばかりしてしまってる。「練習」が大事だよって言っても、「そんなの分かってます」って言う生徒も、実際やってることは練習になってないことが多いんです。で、僕は留学中の8時間、ほとんど練習してたんです。

「意識して?」

はい。練習って何かって言うと、知ってることをやるんです。新しい知識を学ぶんじゃなくて知ってることを反復するんです。それが効果的なんです。

「知ってることを言葉に出して定着させると。」

そうです。留学した時、僕より英語知識がある生徒が多かったんです。でも、その中には努力しても成果がでてない生徒がいたんです。じゃ、何が違うのかと言うと、たとえば、僕の知識が10段階で2だったとしますよね。僕はその2の知識を使えるように、毎日練習のために時間を費やしてたんです。だけど、5の知識がある生徒が、フィリピンに来て、さらに勉強しちゃってたりするんです。

「インプットをしてると。」

はい。教え方がうまい先生が人気があるわけです。それからも明らかなんですが、みんな英語を学ぶ気が満々なんです。それって良いことだし、否定はできないんですけど、冷静になって考えてみると、英語を学ぶ気が満々ってことは、英会話の練習時間を奪ってるんですよね。例えば、8時間を新しい知識のインプットに費やしてる生徒と、知ってる知識を使えるように練習してる生徒って英語の会話力には差がついてしまうんです。

「英会話においてですよね。もの凄いよく分かる。たとえば、カランメソッドって勉強方法はひたすら質問に答える勉強方法で、トレーニングとしては良いけど、単純なので面白くない。だけど、よく考えたらスポーツだったら素振りだから当然なんですよね。授業の中で、何回もコンプリートセンテンスで答えて体に染み付かせるんだけど、僕は疑問に思ったら質問しちゃうんですよね。」

練習中に質問する生徒が多いんです。練習中にインプットしちゃってるんですよね。

「英語の知識は増えるけど、アウトプットの時間を削ってるわけですよね。ちゃんと理解してたら腑に落ちるけど、カランメソッドが英語のどこを鍛えてるとか分かってなかったです。勉強方法によって会話力の成長スピードに影響でる可能性があるわけですよね。」

やっぱりスムーズに英語が喋れるようになってる人って反復練習をかなりやってるはずなんですよ。理解できただけで英語がスラスラ喋れる人っていないと思うし、まあ、一部の天才はできるのかもしれないですけどね。だから、つまらないかもしれないけど、野球の素振りみたいなことやらないといけないわけですよ。でも、それを自分1人でやるのは過酷だから、フィリピンでマンツーマンで英会話のトレーニングをするのが効果的だと思うんですよ。

フィリピンは練習に使ったらすごい効果的なのに、実際は、格安とかマンツーマンって魅力で止まってるんです。もっと掘り下げて魅力を語ったほうが良いと思ってて、フィリピンは「英会話の練習」に使ったら効果的ですよ、って話なんです。

「でも、練習ってインプットがないとできないでしょ。だから、留学生の感想で、事前に文法と単語をやってたらよかったって多いんだと思うんです。フィリピンでインプットをやるともったいないって話ですよね。」

もちろんインプットは必要なんですけど、ただ根本的な部分で誤解があるんじゃないかなと思うのが、僕はもともとそんなに英語知識が多かったわけじゃなかったんです。もちろんものすごい初級者もいると思うんです。ただ、自分は知識がないと思い込んでる人も多いと思うんです。もともと持ってる知識を効果的に使える場所として使えばいいのに、みんなどうしても学ぶほうに意識がいってしまってるように感じるんです。学校も生徒も全体的に学ぶ雰囲気になってしまってる。

「インプットとトレーニングを分けて授業受けるのはすごい大切ですね。この時間はインプットと割り切って勉強するのはいいけど、この授業は素振りやと決めたら、徹底的に素振りするべきですね。」

「ゴルフって、本を読んで、打ちっぱなしに行って、コースをまわるわけじゃないですか。本を読むだけじゃうまくならない。英会話も同じなのに、実践してる時に、本を読んじゃうんですよね。」

仕方がないと思うんです。でも、そこを意識する。学校側がちゃんと認識してたら、生徒にアドバイスもできると思うんです。

「なんで、ハッシーさんはそこに行き着いたんですか?分析好きだったんですか?」

英会話ってなかなか伸びない人が多くて、何が効果的なのかずっと考えてました。フィリピンに行こうと思った時からです。

「留学の時にトレーニングするぞって気持ちで来たんですか?」

いや、その時はそこまで考えてなかったです。でも、行った学校が使ってた学習メソッドがトレーニングに適してたので、そのメソッドを生かそうと思って勉強したんです。で、1年後、一緒に頑張ってた仲間と再開すると、英語があまり上達しなかったって話も聞いて、何が違うのか、いろいろ考えてみたら、効果的なのは練習だって考えに行き着いたんです。

英会話成長スピードの差はインプットの差

「今年から留学斡旋してるんですけど、まさにインプットとトレーニングの違いで成長スピードに影響でてるんです。」

うんうん

「インプットがない生徒は成長スピードが遅いです。世の中の成功事例は、英語知識のインプットがある程度終わってて、フィリピンで徹底的にトレーニングした人。そんな生徒が短期間で結果出せてる気がします。」

1、2年留学できる人は、英語ゼロからでも喋れるようになると思うんですけど、フィリピン留学って短期留学が多いんですよね。2、3ヶ月で目に見える成果を出そうと思ったら、タイミングを合わせてくるのが大切だと思いますね。「短期間で成果を出す方法は?」って聞かれると、インプットをある程度終わらせて来ること。ただ、誤解して欲しくないのは、みんなが思ってるほどやることは多くないですよ。

ちょっとでも知識があれば、その知識を使えるようにしたら良いんです。ちょっと知ってるのに、全然知らないと思い込んで、英語を学ぼうとすると、いつまで経ってもインプットって終わらないですから。僕もいまでもインプット終わらないですから。

「いま自分が持ってるインプットをまず使えるようにするんですよね。もうちょっと練習について掘り下げたいんですけど、どんな授業がトレーニングに良いんですか。カランメソッド?」

効果的な英語学習法はカランメソッド

2人でやるならカランメソッドが一番最初に思いつきます。とにかく僕が意識してたのは英語を喋ること。英語を聞くだけで喋れるようになることを完全否定はしないですけど、留学に手を出してるなら、喋る環境があるんだから、とにかく喋って喋って喋ることが大切だと思います。

カランメソッドはうまくいけば1時間の授業の半分喋れるし、先生がうまければ、もっと喋れるから良いと思います。

フリートークは喋る練習にはならないですよね。喋れない生徒がフリートークやっても喋れないから、先生が喋って終わる。勉強してるつもりになってるかもしれないけど、生徒にタイマーを持たせて、喋ってる時間を計ったら全然喋ってないはずなんです。とにかく、授業中にどれだけ喋るか、その量が多い授業が練習には良いと思いますね。

効果的な英語学習法はシャドーイング

「他に意識してやってた勉強方法はあるんですか?」

全員に合うわけじゃないんですが、ぼくはシャドーイングやってました。シャドーイングは1人でもできるから。

「シャドーイングは聞いた音声をマネするんですよね?勉強方法は詳しくないんですが、音声を聞いて止めて、繰り返すんですか、それとも、聞きながらズラしながら言うんですか?」

ズラしながらですけど、最初は止めても良いと思います。普通はシャドーイングは止めずになぞっていく感じで復唱するんです。で、慣れてくるとオーバーラッピングといって同じスピードでやるんです。

さっきカランメソッドだと1時間の50%話せるって言いましたけど、シャドーイングなら100%話せるんです。練習にはとてもよくて、僕もいっぱいシャドーイングをやりました。一番英語が伸びたのはシャドーイングをやりまくった時なんですよね。

「何を教材にするんですか?」

最初は教材で良いんですが、教材英語って音がクリアすぎるんです。だから、ある程度上達してくると、教材英語ではリスニング力が上がってこないかもしれない。そうすると、ネイティブがネイティブに手加減なしで話してるのが良いです。

「そんな教材があるんですか?」

教材じゃなくて、映画とかテレビとかYouTubeの動画とかです。ネイティブが手加減なしで喋ってるものなら何でも良いと思います。

「それをシャドーイングするんですか。ハードル高くないですか?」

そうそう。だから、シャドーイングは全員に合うわけじゃないんですよ。で、僕が提案してるのが、ある程度高いレベルを求めてるのだったら、ネイティブのシャドーイングをゴールにしたら良いんじゃないかってことなんです。英語学習って目的を決めないと終わりがないでしょ。シャドーイングを目標にすれば、留学後に学校に頼らなくても、自分で勉強していけるので。

「でも、シャドーイングは会話じゃないですよね。会話力を鍛えるのに効果的なのはカランメソッドですか?」

言葉を発するのは相手がいなくても練習できるので、シャドーイングはすごいいいと思います。

だけど、英語が喋れても、コミュニケーション能力がないとダメでしょってのは最もで、コミュニケーション能力は人と喋って鍛えるしかないです。ただ、カランメソッドって普通の会話じゃなくてパターンなので、コミュニケーション能力がつくかというと微妙だと思いますね。

「記憶力なところもありますもんね。」

ですね。カランメソッドは練習のイメージのほうが僕は強いですね。中上級者は、ディスカッションとかフリートークでコミュニケーションは鍛えられると思うんですけど。

「フリートークの授業ってどうなんですか?」

英会話でフリートークの授業は効果的でない

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

この記事の関連口コミ

人気の口コミ