【ターラック観光スポット】でっかいキリスト像があるモナステリオはブラジルみたいでした。

フィリピンのターラックは田舎です。なんもないです。道路と畑だけ。もし語学学校がなければ、日本人が行くことはなかったエリアだと思います。そんなターラックにも、ちょっとだけ観光スポットがあります。

ターラックのモナステリオ

山の上にあるモナステリオ

1つが山の上にあるモナステリオです。Monasterio de Tarlac (モナステリオ・デ・ターラック)。クラークに滞在していたときに、学校の先生が誘ってくれました。「週末にツーリングで行くけど一緒に行くか?」って。それで、バイクの後ろに乗せてもらって10人ぐらいで行きました。

クラークから向かったので、そこそこ時間がかかりましたが、バイクのツーリングははじめてだったので楽しかったです。

途中、警察に捕まりました。ヘルメットはしてたので、二人乗りだから?理由がわからない。でも、先生が警察と交渉してくれて見逃してもらいました。ハラハラドキドキ。そういうのがフィリピンっぽい。

山の上にあるので、道のりは結構な山道でした。到着すると、さすがに見晴らしかがいい。天気がよかったので、特によかった。

ターラックの観光地からの見晴らし

山の上にでっかいキリスト像があります。ブラジルのコルコバードのキリスト像みたい。写真をアップすると、「ブラジルにいるのか?」と言われました。絶対行くべき場所とは思わないけど、機会があれば立ち寄ってみてもいいと思います。こんなデカイのに、誰が作ったのかよくわからない。

その後、2018年には教会ができたようです。

フィリピンの旅行に役立つ情報

トラブル体験談

中谷 よしふみ

エンジニアベースの元コンサルタント。2012年にフィリピン留学を体験。自身の体験をシェアするため、このサイトを作ると、サイトが有名になる。圧倒的に詳しくなったので書籍を出す。体験した学校は105校。TOEIC845(リスニング450、リーディング395)。年間半分以上は海外で生活しているノマドクリエイター。日本から出て視野を広げて、英語を身につけて視野を広げてほしい。そんな思いでエージェントをやっています。

留学相談する