フィリピン・セブ島に子供と親子留学する時の注意点

セブのハッシーさんの英会話上達論。雑談してたら、子供の英語教育や親子留学に話が及んだので、ササッと録音しました。英語学習における「フィリピン留学の効果的な使い方です」。子供との親子留学を検討されてる方に参考になります。

子供の英語教育に親子留学する際の注意点

ハッシー、29才男性。期間は2ヶ月(2009年)


フィリピン人はネイティブに通用する英語力を持ってるけど、フィリピン人と一緒に勉強しても、彼らと同じレベルになれるわけではないんです。

「フィリピン人はネイティブから学んでいるからですよね。」

もちろん、勉強の過程で彼らもフィリピン人からも学んでいると思うけど、彼らは、子供の時から映画や音楽を聞いてネイティブ英語に親しんできてるんです。それで、高いリスニング力を身につけているんです。

僕のスピーキング力はフィリピン人と同じレベルにある、って先生に言われるんですけど、でも、僕がずっと彼らと勉強してたら、ここまで来てなかったと思います。僕はマニラでの勉強を終えてからは、ネイティブ英語に標準を合わせて勉強してたんです。

「フィリピンで英語学習すべてができるわけじゃないんですよね。」

でも、できることは確かにあるから、そこを活かしていけばよくて。どう使うかが大事がと思ってるんです。

「なるほど。」

だから、子供の留学もスピーキングを学ぶのは良いけど、リスニングを学ぶならネイティブも視野に入れてたほうが良いと思いますね。

「夏休みに親子留学の問い合わせがくるんですよ。実際、親子で勉強してた生徒も見たし、いろんな学校にも聞いたんです。でも、子供の英語学習にフィリピンが良いのかどうか自信が持てなくて、ずっと親子留学は引っかかってたんです。」

「英語はスポーツみたいなものって話があったでしょ。英語もスポーツも「インプット」「練習」「実践」ってステップで大人が学ぶと考えたとき、子供は学習プロセスは違うでしょ。」

そうですね。

「小さい子供は大人みたいにインプットせずに、実践の中で学ぶでしょ。それが子供の学習の可能性だと思うし。そう考えると、子供はネイティブ環境のほうがいいのかなと?」

ええと、大人の生徒にも言うんですけど、留学で英語学習すべてを終わらせようとするのはちょっと違うんですよね。人によってゴールは違うけど、留学は英語学習の一部分であって、留学だけで英語がペラペラになろうっていうのは、期待が高すぎるんですね。

「なるほど。」

でも、大人は短期間で英語のレベルアップを求められるじゃないですか。僕もそうだったし、誰だってできるだけ短期間で身につけたい。だけど、子供の場合は、結構時間の余裕を見れるじゃないですか。だから、子供の学習プランは長期で考えたほうがいいと思いますね。

誤解されなくないんですけど、子供や親子にとってフィリピンはダメで、ネイティブが良いって話じゃないんです。

フィリピンも使ったらいいんですけど、どのタイミングで、どういう風に使うかだと思うんです。

「すごくよく分かりました。」

みんなが上手にフィリピンを使ってくれたら嬉しいですね。

「親子留学や子供の英語学習に参考になる話だと思います。ありがとうございました。」

(2014年8月27日(水) セブのマリオットホテルにて)

親子留学のまとめ

前回のハッシーさんの話で英会話はスポーツのようなものだとありました。これが僕にはすごく腑に落ちた。これは、第2言語のフィリピン人が教えるのが上手い理由でもあると思う。

スポーツが上手な人が教えるのが上手なわけじゃない。別のスキルですもんね。僕が日本語を教えられないのと一緒。そう考えると、ネイティブに学ぶのが良いって一概に言えないと思う。

ネイティブの先生もフィリピン人の教育スキルはアメージングだと言っておりました。フィリピン人はネイティブよりも上手に基礎英語を教える。初級から中級ならアメリカ留学はお金の無駄使いだ。

Learning to use English words: Filipino teachers are better. Learning to sound American: Native speakers are better.

Filipino teacher are amazing for beginner student to upper intermediate. Because they are very good at explaining English basic.

英語を喋れる帰国子女が上手に英語を教えられるとは限らない。特に、幼少の時に言語会得した人は、年を取ってから英語を学ぶ気持ちは理解できない気がする。子供と大人で学習ステップは明らかに違う。

子供はロジックで納得したいわけじゃないので、真っ白な状態ならネイティブのほうが良いんじゃないだろうか。子供の英会話学習はまだ僕の中でも情報が少ないので、もっといろんな親子の事例を見て調べていきます。費用が格安というのも大事だけど、どのタイミングでフィリピンを使うか、これはすごい重要だと思います。親子留学もレベルと目的と、そしてタイミングが大切ですね。

このインタビューの生音声は下の再生バーで聞けます。

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

この記事の関連口コミ

人気の口コミ