学校選びは留学の目的次第!英語?交流?QQEnglishとC2の比較!

セブ島留学で評判の学校のQQEnglish、日本人経営でセミスパルタのC2。この2つの学校を経験した大学生の体験談です。学校の特徴や違いがよく分かります。

セブ留学の語学学校QQEnglishとC2の体験談

シホ、21歳女性、期間6ヶ月、大学生

セブ島のQQEnglishとC2の留学体験談

大学を休学して、セブのC2で学生インターンをやってます。去年はQQEnglishのシーフロント校に留学してました。

「QQに留学してたんですね。なんでセブ留学しようと思ったんですか。」

春休みにアメリカに3週間旅行に行ったんです。すごい楽しかったんですけど、英語があまり喋れなくて…。英語を真剣に勉強したことないなって思って。

「大学受験で勉強してるでしょ。」

大学受験は受験勉強なので、会話の勉強じゃないですよね。英会話は勉強したことないから、やってみたいなって思ったんです。でも、お金があるわけじゃないから、安いセブ島にしたんです。

エージェントさんに、夏休みの3週間でセブで一番安い部屋をお願いしますって言ったら、QQのシーフロント校の6人部屋を教えてもらったんです。

「それが去年の夏休みですか。初めてのアジア?」

初めてでしたね。カルチャーショックでした。本当にこんな世界があるんだって…。

「例えば?」

QQはマクタンの田舎なので、夜に外に出たら子供が「ギブミーマネー」って言って集まってくるんです。危ない目にはあってないんですけど、話しかけられたり、ついてくるので、最初は怖かったです。

あとタクシーやジプニーでふっかけられたり。セブ島については調べていたので知ってたんですけどビックリしました。英語ができないと思ってるから、thirteen(13)って言ってたのに、途中で、thirty(30)に変えるんですよね。着いたら最初に言ってた金額の倍以上の値段を要求されたり…。事前に確認した金額と違うってちゃんと言いましたけど、これが途上国なんだと思いました。

最初の1週間はずっとマクタンにいたんですけど、初めてセブシティのアヤラモールに行ったときは、街並みが全然違って驚きました。

QQシーフロント校の授業

「QQでの英語の勉強はどうでしたか。」

間違いを指摘してくれるのでよかったです。アメリカに行ったときも、日本で留学生と喋ってたときも、ちょっと喋れたら、英語上手だね。って言ってくれる人が多かったんで。

「なんとなく会話できてたんですね。QQでは何コマ授業を受けてたんですか。」

マンツーマン6コマでした。

「教科は何を選んだんですか。」

授業は決まってました。1番安いライトコースだったので。

「ライトコースは授業が決まってるんですね。カランメソッドは受講しましたか。」

1番安いコースだったので受けられなかったんですけど、先生にお願いして2回ぐらい体験ささせてもらいました。

「どうでしたか。」

最初に、あなたには合わないと思うって先生に言われたんです。英語を喋るのが初めての人は、英語を口に出すことに抵抗がなくなるし、反射神経が鍛えられるからいいけど、ある程度の会話ができる私にはしんどいんじゃないかなって。

「しんどいから意味があるんですけどね…。QQのそういうところが残念です。」

実際、受けてみたんですけど、言う文章は決められていて、言いたいように言えないから。暗記みたいでちょっとつらかったです。コースを変えられないので2回だけ受けて、もとの授業に戻しました。

「初級でなくてもいいトレーニングになりますけど、退屈なのは確かです。」

はい。退屈だなと…。

「トレーニングですからね。授業以外では、どれぐらい勉強してたんですか。」

宿題を与えられたら勉強する感じでしたね。自分のテキストを持っていってないし。予習、復習もしなかったです。でも、楽しかったです。

「本気で勉強しかったんですよね?」

いえ、勉強半分、バカンス半分でした。初めてのアジアだし、夏休みの3週間だけだから、授業中は勉強して、それ以外はセブを満喫しようって思ってました。

QQEnglishのシーフロント校はビーチサイドでまさにリゾート留学という雰囲気がピッタリの環境

「じゃあ、セブを楽しんだんですか。」

週末はアクティビティですね。QQは旅行代理店と提携していて、学校でツアーに申込めるんです。だから、学校の友達とオスロブやボホールに行きました。予定通りバカンス半分、勉強半分で、時間の使い方は成功でした。楽しかったし、先生と離れるのは嫌でした。

QQシーフロント校の施設

「QQのシーフロント校の環境はどうでした。」

初めてのアジアだったので、施設は厳しかったです。やっぱりトイレで紙を流せないのはツラい…。

マクタンのシーフロント校にあるキレイなプール

「QQのシーフロント校の施設は綺麗なほうだけど、初アジアの方には厳しいのか。」

フィリピンの人は便器の上に足を載せるので、基本、靴の跡がついてます。だから、共用トイレは使わずに、部屋のトイレを使ってました。

「フィリピンの人は便器の上に乗るから、便座が割れてるか、便座がないことが多いですね。でも、フィリピンだから仕方ないですよ。」

トイレで水で洗うのも慣れなくて、日本に帰りたいと思いました…。生活面は厳しくて、3週間がすごく長く感じました。

QQシーフロント校の食事

「シーフロント校の食事は?」

駄目でしたね…。ご飯の味付けが濃くてあわなかったです。食事に力を入れてますって書いてたんで、大丈夫かなと思って日本食を持っていかなかったんですけど、頻繁に外食してました。

QQシーフロント校の食事

「シーフロントの食事はフィリピンの学校の中では美味しいほうですよ。種類も多いし、野菜も多い。何が駄目なんですか。」

QQEnglishのシーフロント校の食事は美味しいです。

いろんな噂を聞いちゃって…。サラダは水道水で洗ってるから、お腹を壊すよとか。ウォーターサーバーの水も怖くて飲めなかったです。

「ウォーターサーバーは大丈夫でしょ。」

QQはウォーターサーバーを業者に頼んでるんじゃなくて、自分で作ってるんです。ウォーターサーバーの水でお腹をこわした生徒がいるらしいよって噂があったんです。私もずっとお腹の調子が悪かったです。

「お腹を壊してたんですか…。途上国なのでアジアが初めてな人は壊してしまうのかも。」

たぶん、周りからの情報で気持ち的に体調を崩しちゃったと思います。周りもお腹こわしてる人が多くて、みんな病院に行ってたから、やっぱり海外旅行保険は大事だなって思いました。私は病院にかからなかったんでラッキーでした。

QQシーフロント校の生徒層

「授業以外の時間はどうされたんですか。」

日本人の生徒と過ごすことが多かったです。バッチメイトは20人ぐらいで、台湾人の生徒も数人いるんだけど、ほとんど日本人なので、日本人との交流が多かったですね。

「どんな生徒が多いんですか。」

ちょっと海外に行ってみようって人ですね。旅行みたいな感じ。だから、短期の人が多いです。

「旅行と留学がセットみたいな方ですね。半分リフレッシュ。」

そうです。私みたいに勉強しながらリフレッシュ。仕事を辞めてきた社会人が多かったです。私が仲良くしてもらった人は、みんな社会人で。資格を持ってるからいつでも職場に戻れるって言ってました。

「3週間で英語力の変化は感じられたんですか。」

感じました。帰ってすぐにTOEICを受けたんですけど、TOEIC対策をしたわけでもないのにリスニングだけで100点くらい上がってました。耳が英語に慣れたんだと思います。

「何点?」

フィリピンのあとは750点です。リスニングのほうがよかったです。

「対策せずにスコアが上がったのは素晴らしいですね。セブに滞在してる間は、英語力の変化を感じましたか。」

はい。日常会話で言いたいことが伝えられるようになりました。最初と比べたらかなり伝えられるようになったと思います。

「QQってオンライン英会話もありますけど、帰国後にやりましたか?」

帰ってすぐはやらなかったんですけど、今年の4月から9月まではやってましたよ。1番安いプランで週に2回受けてました。

「留学してたときの先生を取れるんですか。」

取れます。自分の英語力を知ってくれてるのでよかったです。懐かしいし、モチベーションも上がりました。日本にいると、なかなか英語を喋る機会がないのでオンライン英会話はよかったです。

「オンライン英会話とセブ留学で同じ先生の授業が受けられるのはいいですよね。」

休学してセブの学校でインターン

「なぜセブにまた来たの?」

QQの後にオーストラリアでボランティアしたんですけど、いろんな人と話して、将来プランが変わってきたんです。それで予定してた大学院を辞めて、1年休学しようと思ったんです。

「学生インターンで英語を勉強しようと思ったんですか。」

英語より働くことが目的でした。会社で働く経験をしたくて。それと同時に英語が勉強できたらいいなって思って。1年間留学するお金はないけど、学生インターンなら行けるかもって思ったんです。

「仕事が学びたいなら、いろんな国にいろんな職業があるでしょ。なんでフィリピンの語学学校でインターンをやろうと思ったんですか。」

実は、フィリピンのあとに、海外企業でインターンをしようと思ってます。会社はまだ決まってないんですが、そっちをメインと考えているんです。だから、それまでに英語を勉強しつつ、その期間を無駄にせずにインターンとして働きたいなって思ってます。

「今は海外インターンの準備期間なんですね。語学学校はセブにたくさんあるけど、なんでC2のインターンを選んだんですか。」

完成されてる学校でインターンしても、仕事がルーチンワークになってて、得られるものが少ないと思ったんです。それだったら、新しい学校で発展していく手助けになりたくて。

「QQは選択肢に入らなかったの?」

入らなかったです。先生と仲よかったので、戻りたい気持ちはあったんですけど。遊んでる生徒が多かったので、自分も遊んじゃいそうだと思ったんです。

「流されるタイプなんですか。」

流されちゃうかな…。

「QQは完成してる学校に見えたんですか。」

見えました。インターンが学校に何かを提案して、学校をよくしていくような雰囲気は感じられなかったです。学校側の人と生徒さんがくっきり分かれていて、生徒さんから不満が来ても、柔軟に対応しようって雰囲気ではなくて、ルールに従って対応する感じです。

「どうやって学校を探したんですか。」

「セブ島 インターン」で検索しました。そしたら、NILSとターゲットがすぐ出てきました。調べてくうちに、韓国の学校のほうが、英語力が上がるんじゃないかな、って思ってきたんです。日本人の生徒ばかりだと仕事で英語を使う機会はまずないので。それで、韓国資本の学校も探したんですけど、なかなか見つからなくて。

「韓国の学校は、必死に日本人インターンを探してるんですけど、なかなか見つけられないみたいですね。」

英語でも調べましたけどダメでした。そのときに、あるエージェントさんのページに、UBECのインターン募集のページがあったから問い合わせたんです。けど、もうUBECは潰れていたんです。だけど、UBECを調べたら、オーナーが日本人に変わってて名前も変わってたんです。それがC2だったんです。

「それでC2を知ったんですね。でも、C2はもう日本人経営でしょ、なんでC2に興味を持ったんですか?」

ホームページを見てたら、未完成なのが目立ってたんです…。こんなこと言ったら怒られちゃうんですけど、C2のホームページのニュースが3ヶ月ぐらい前で止まってて更新されてなかったんです。本当にこの学校はやってるのかなって思ったし。学校を調べてる人には新しい情報が大切なので、ホームページの更新は重要だと思ったんです。

「未完成なのをポジティブに受け止めたんですね。それで問い合わせしたんですね。」

はい。3校ぐらい同時に進んでて、C2が最初の面接でした。面接した時に、やりたいことがやらせてもらえそうだと感じました。

「面接でどんな話をしたんですか。」

私は2年半ぐらい居酒屋のアルバイトをやってたんですね。それを面接で話した時に、接客ができるんだったら、その力を貸してほしいって言われたんです。接客業をやっていた経験は自分の武器だと思ってたので、学校が評価してくれたのが嬉しくて。面接の中で、意見することも受け入れてくれそうだと感じたんです。結局、それでC2に決めたので、他の学校は面接しなかったんです。

C2の印象

「C2に来たときの印象はどうですか。」

田舎だと知ってたので。来てみたら意外とお店があってビックリしました。生活には困らないです。QQシーフロントと比べるとお店は多いですね。

「QQシーフロントはマクタンなので。マクタンはセブシティに比べるとお店が少ないですね。」

セブの語学学校C2の外観

「C2の施設は?」

こんなこといったら失礼ですけど、予想より綺麗でした。

「ネットの口コミにC2の建物はボロいって書いてるの?」

ネガティブな口コミを見たわけではないんですけど。QQはホテルを改築しましたって書いてるから綺麗だろうなって期待しますよね。でも、C2はセブの住宅街って書いてるだけなので、きっと古い建物なんだろうと思ってました。

C2のインターンの業務

「1日4コマ授業を受けて、それ以外はインターン業務をしているんですよね。インターンは何をするんですか。」

キッチンの担当してます。ご飯のメニューを考えて、フィリピン人のキッチンスタッフに伝える仕事です。

「えっ、そんな仕事なんですか?事前に聞いてたんですか。」

知らなかったです。セブに来たら、あなたはこれからキッチンの仕事をやってもらいますってインターンの人に言われて。びっくりしました。

「インターンに言われるんですか。半年ずっと食事やるんですか。」

おそらく、そうですね。

「インターンでイメージしていた仕事内容と違うでしょ。大丈夫なんですか。」

大丈夫です。確かに、QQのインターンはピックアップとか掃除とか卒業式の司会とかをしてたので、そういう仕事をイメージしてました。けど、インターンとして仕事を与えられるのは想定してたので、何でもやります。

「与えられた仕事をやりつつ、やりたいことをやろうって感じなんですね。時間はあるんですか。」

あります。早くレシピを作れば時間は作れます。

「エライですね。学生インターンは、英語の授業を受けたい人が多いから。言われたことしかやらない人が多い気がします。」

私は、インターンは社会人になるための練習期間だと考えてるので何でもやりたいです。自分に足りない部分がいっぱいあるから、それを補うために来てるし。なんでも経験してスキルアップしたいので。

「体育会系?」

そうです。中学校の時だけ部活は運動部でした。

「やっぱりそうか。体育会系はしっかりしてる人が多い。素晴らしいと思います。」

ありがとうございます。

セブ留学の語学学校C2のインターン生

「インターンで働くようになると、生徒のときに見えなかったことが見えてくると思うんですけど。驚いたことはありますか。」

生徒の時は、WiFiを使えるようにして欲しいとか、ご飯が美味しくなってほしいとか、いろいろ要望があったんです。けど、学校側の人間になると、全員の要望に応えられないじゃないですか。若い生徒の要望にこたえるのか、会社員で40代の方の要望にこたえるのかとか。誰の満足度をあげるかによって行動も変わってきますよね。そういう難しさを初めて知りました。

「プライオリティをつけないとね。誰かの要望に応えると、別の方の不満を生むことがありますからね。」

QQとC2の授業の違い

「QQとC2の授業は違いますか?」

授業は先生によりけりですね。

「先生のスキルに差があるってこと?」

スキル差もありますけど、生徒への接し方が違います。学校に言われた授業をしようとしてるか、生徒のニーズに合わせようとしてるかは、先生によって違うと思います。どちらかというとC2の先生は、生徒のニーズに合わせようとしてくれます。

「QQは融通が利かないんですか。」

1日でここまで終わらせようって決まってる気がします。

「授業が仕組み化されてるんですね。」

そうですね。QQの先生は担当と違う授業はやってくれないです。QQにいた時は感じなかったですけど、C2に来てそう感じました。

「一長一短だと思うんですけど、どっちがいいですか。」

どちらかというと、私は決めてもらったほうがやりやすいです。特に3週間の短期だったんで、QQがあってました。でも、もしも半年行くんであれば、融通が利くC2のほうがいいですね。

「期間も大切ですけど、英語レベルによっても変わってくると思うんです。初級者は何を勉強したらいいか分からないから、引っ張ってもらったほうがやりやすい。でも、レベルが上がってくると、自分の弱点も分かってくるし、目標も明確になってくる。そうすると、柔軟に対応してくれる学校のほうがいい。だから、QQで基礎を作って、C2で柔軟に対応してもらってるから、順番的によかったですね。」

そうですね。

「他にも違いはあります?」

C2では、生徒ごとに担当の先生がつくんですけど、生徒を把握しようって気持ちが凄いんです。入学テストの結果は担当の先生からもらうんですけど、試験結果を見ながら授業を考えるんです。他の先生もテスト結果を見せてって言ってきて「あなたはここが弱いから、スピーキングに特化しようね。」とか、「スピーキングは何がしたいの?発音?」みたいな。

生徒のレベルを認識して、その人のレベルに合わせた授業をしようとしてくれます。私はマンツーマンが3人なんですけど。すべての先生から、熱意を感じられました。すごいよかったです。

「僕もC2に1週間いましたけど、同じ感想です。自分の担任が入学試験の結果を持ってきてフィードバックしてくれました。不思議なことに、入学試験のフィードバックがない学校がほとんどなんですよ。絶対フィードバックしたほうがいいですよね。」

何で英語を勉強したいのかを聞いてくれたのはよかったです。「英語を勉強して何がしたいの?」「スピーキングの何がしたいの?」って。

「でも、目的が明確じゃない生徒は、その質問に答えられないでしょうね。目的によって英語学習のアプローチの仕方も変わってくるけど、曖昧なまま授業を受けてる生徒は多いですね。でも、仕方ないと思う。」

だから、学校の違いというより、先生による差が大きいと思うんです。運なところがあるなぁって感じてます。生徒さんが先生に求めてることと、先生のスタンスとのマッチングだと思うんです。私は今の先生と仲良しで楽しいんですけど、もし先生が文法をしっかり直したいってスタンスだったら、食い違っちゃてたかもしれないです。

「先生とのコミュニケーションで解決できないんですか。」

できる場合もあると思います。でも1対1なので、性格の不一致は絶対あると思います。自分にあう先生をどう選ぶかみたいな感じ。あう先生に巡り合えたらラッキーだし、あわなかったら、早く先生を変えたほうがいいと思います。

「じゃ、学校はどこでも同じってことですね。」

いや、本当に英語を勉強したいなら、QQよりC2のほうがオススメです。

「なぜですか。先生の相性だけなんでしょ。」

生活環境は大事ですよね。私のイメージなんですが、QQは遊びに来る生徒が多いから、夜に飲みに行くことが多い。でも、C2は毎日単語テストがあるし、門限もあるから、平日出かけることは少ない。だから勉強するならC2のほうが集中できます。

「QQとC2では集まる生徒が違う?」

違うと思います。QQは交流重視の生徒が多い。C2はどちらかというと勉強重視です。実際にみんなが勉強してるわけではないんですけど、あえて門限がある学校を選んでるので、真面目な生徒が多いです。

「QQは門限はないけど、C2は門限が夜10時で、10時に毎日単語試験があるんですよね。確かに遊びたい生徒は門限がある学校を選ばないからね。」

悪く言うと、勉強の足を引っ張る人が少ない。

「流される日本人は多いですからね。C2に来てから遊びに行ってないの?」

学校の週末アクティビティのアイランドホッピングぐらいです。まだ全然出かけてないです…。

C2のアイランドホッピングはインターンが計画する

「生徒の年齢層は違います?」

時期によって違うので、一概には言えないんですけど。私がQQにいたときは、ほとんどが20代後半から30代で、社会人の女性の方が多かったです。

C2は休学してきてる大学生が多いですね。QQより若くて、みなさんすごい仲良しです。滞在期間が長い生徒が多くて、昨日の卒業式では、1番長くいた人は8カ月でしたね。

「QQは遊んでる生徒が多くて交流重視。C2は単語試験があってストイックに勉強してる。だけど、QQでも短期で伸びたって言ってる生徒もいたんですよね。」

はい。

「じゃ、英語の本気度と、英語力の伸びは関係ないってことですか。」

最初のレベルが低ければ、もちろん上がります。英語が喋れる人からしたら、まだまだだなって思うかもしれないですけど、本人はすごい満足してるかもしれないですよね。

「生徒の英語レベルはC2のほうが高いですか。」

それはわからないです。QQはマンツーマン主体ですし、他の生徒さんが英語を喋ってる場面を見る機会はないんです。だから、実際どれぐらい喋れるかは分からないんですよね。

「QQは卒業試験とか卒業スピーチとかないんですか。」

長期滞在の生徒と、スピーチ希望者だけスピーチしてますね。だから、QQでは他の生徒の英語を聞いて刺激を受ける機会はないですね。

「本気度と英語の伸びの関係性は気になるな。リラックスして勉強したほうが効果的なのかもしれないし。」

どこを目指すのか次第だと思います。QQで英語が伸びましたって言っても、海外旅行で困らない程度かもしれないですよね。それはそれでいいと思います。でも、C2の生徒がそこを目指したら、すぐに達成できるかもしれないです。

「英語が伸びたって言っても、自己評価でしかないので、比較が難しいんですね。」

比較はできないと思います。

「どちらでも生徒は満足してるから、自分がどういう環境を望むかですね。」

セブ留学検討者へ伝えたい注意点

「経験者として伝えたいことはありますか。」

フィリピンは絶対にオススメします。マンツーマンだから。

「どうやって学校を選んだらいいと思いますか?」

真剣に英語を勉強したいのか、バカンス半分で行きたいのかによって学校選びは変わりますね。いろんな学校を調べるのがいいと思います。

あと、グループレッスンも大切だと思いました。QQで英語を話すのに慣れてきたのに、C2のグループクラスでは最初は英語を喋るのに抵抗があったんです。先生には下手な英語を話すことに抵抗はなくなってたんですけど、周りに喋れる生徒がいると恥ずかしかったんです。まだまだだなって思いました。

「マンツーマンとグループは鍛える部分が違いますからね。マンツーマンばっかりやってたら、マンツーマンでしか喋れなくなる。だから、レベルや目的に合わせてグループクラスも受けたほうがいいです。だけど、本当の初級なら、マンツーマンが多いほうがいいでしょうね。」

そう思います。QQはグループがなかったですけど、C2はあるのでグループクラスを受けて分かりました。

「わかりました。参考になると思います。貴重なお話をありがとうございます。」

ありがとうございました。

(2016年10月29日(土)セブのC2にて)

まとめ

フィリピン留学の学校選びはいくつかのポイントがあります。英語レベル、滞在期間、性格、目的などです。しかし、留学前に自分の英語レベルを理解するのは難しいし、学習目的を明確にするのも容易ではありません。そして、快適な環境や楽しい授業が英語力を上げるとも限りません。「望むもの」と「必要なもの」が違うことがあるからです。

セブで日本人経営のセミスパルタ学校のC2は毎日夜に単語試験がある特徴的な学校です。真面目に勉強したい若い生徒にオススメです。C2に興味ある方は公式サイトへどうぞ。

C2公式サイト

このインタビューの生音声は下の再生バーで聞けます。

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

C2 Ubec (セブ島)

日本人経営のセミスパルタ学校、毎日夜10時に単語試験!

QQ English シーフロント校 (セブ島)

ビーチサイドでセブ留学!カランメソッド正式認定校!食事うまい

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。