MMBS、プレミア、サウスピークでの1年間のフィリピン留学、超初級からスタートした大学生の体験談

ターラックの初級向けMMBS、セブの格安プレミア(Premier)、TOEICアップのサウスピークの3つの学校に留学した大学生の体験談です。超初級からスタートした1年間で、文法基礎、カランメソッド、発音矯正を頑張っています。

MMBS、プレミア、サウスピークでの1年間のフィリピン留学体験談

木村 太一、21歳男性、期間1年、大学生、休学

MMBS、プレミア、サウスピークの比較体験談

セブのサウスピーク、オリジナル校で勉強してます。木村です。大学2年を終えて1年間休学しています。

「今、聞いてびっくりしたんですけど、3つも学校に行っているんですね。どんな経緯で留学しようと思ったんですか?」

大学1年生の春休みにベトナムにインターンに行きまして。ホーチミンにあるベンチャー企業で教育事業に携わったんです。そこで2週間ぐらい活動したんですが、まったく英語を喋れない自分にガッカリしまして…。

「なんでインターンに行ったんですか?」

大学に入学してから、学生団体で活動していたんです。それは、他の大学生、アジアの留学生、福岡を含めた九州の地場企業が三位一体になってる団体だったんです。ただ、そういう活動をしながらも、まったく英語が使えない自分に腹立たしい気持ちがあったんです。

「それでベトナムに行ったんですか。」

大学のプログラムだったんですが、16人程選抜されて。幼児教育がテーマの教育系のベンチャー企業に配属されたんです。当時英語をまったく喋れなかったんですが、市場分析が担当で、地元の大学にアンケートを50枚取ってくるとかしてました。

「英語ができなくても、業務はこなせるの?」

たまたま運良く日本語学科の方と知り合いになって。多大な支援をいただいて。なんとか乗り切りました。

「それで、英語をやりたいと思ったんですか?」

そうですね。そのときの悔しさが1番の理由です。中学校3年間、高校3年間、大学2年間の合計8年間も英語を勉強しているのに、まったく英語が喋れないのが悔しくて。それで休学して、1年間かけて必死に勉強しようと思いました。

「それで、フィリピン留学しようと思ったんですか?」

アメリカ、シンガポール、フィリピンを検討してました。周りに短期間でフィリピンに行った方もいて。ネットと人づてに情報を集めていろいろ調べていくと、費用対効果が抜群に素晴らしいのがフィリピンだと気づきまして。決断しました。

「どうやって学校を探したの?」

2つ程、日本で説明会に行きまして。あと人づてに行った方にアポイントを取ったり、ネットで模索しながらです。

「どんな学校が出てきました?」

3校に行ったんですが、僕の場合、1年間使って英語の勉強をしようと思っていたんで、それぞれ目的を作ろうと思いました。それでサウスピークも以前の学校も調べてました。

「最初の学校に求めたのは何ですか?」

MMBSの文法コースで英語基礎作り

そのとき、僕が使えた英語は、自分の名前を言う、OKの2点だけだったんで。初めの学校に求めたのは基礎から叩き込んでくれることでした。そして、韓国資本ではなく、ある程度日本人のいる学校で勉強しようと思って、MMBSにしました。

「MMBSは韓国資本でしょ。」

学生は8割以上が日本人ということだったんで。

「日本人の生徒が多い方が良いと思ったんですか?」

そうですね。あとMMBSには初級向けのグラマーコースがあるんです。1日4時間のマンツーマン、4時間のグループクラスで、かなり厳しく文法に特化してるんです。そのコースを最初の1カ月目で取って、基礎固めをしたいと考えました。

「英語の基礎づくり。それに合うのがMMBSだと思ったんですね。他に候補はなかったの?」

かなりの数のフィリピンの学校を調べました。約200校あるとネット上に書かれていたんですが、その中でもbe動詞を含めた基礎文法を叩きこんでくれるのは、MMBSしかないと考えました。

「be動詞から分からなかったんですか?」

そうです。

「大学に行くときに、受験したでしょ?」

僕は中学校のとき…。かなり駄目人間で。高校は野球だけを必死にしてたんで。勉強してなかったんです…。

「でも、大学に行ったんですよね。受験していないのですか?」

受験はしましたが、僕の場合、推薦だったんで。野球を含めた実績を評価されました。

「なるほど。本当に英語をちゃんと勉強したことがなかったんですね。」

まったく、その通りです。

「MMBSは初級の生徒には日本人スタッフが教えてくれるじゃないですか。あれはオプションですか?」

いえ、週に数回は僕達のグループクラスに日本人のスタッフも来てくれて。英語で意思疎通できない僕らをサポートしてくれたり、アドバイスしてくれたりします。

「入学したときに、周りと比べて英語力は弱かったんですか?」

圧倒的に弱くて。僕は下から2番目。be動詞があやふやなレベルでした。

「何段階あったんですか?」

プレビギナー、ビギナー1~3、インターミディエット1~3、アドバンススチューデント3段階です。僕は下から2番目でした。

「基礎から勉強したんですね。」

そうです。

「MMBSに何カ月行ったの?」

3月1日から9月までの6カ月と少しです。

「初フィリピン、ターラックはどうでしたか?」

1番最初に言いたいのは、ターラックはド田舎だということです(笑)。勉強するために多くの学生が来ていますし、田舎で周りに誘惑がないのも素晴らしい環境だったなと思います。

ターラックのMMBSのキャンパス内のグラウンド

「当時は日本人が何人位いましたか?」

夏休みの多いときで100人近く。韓国人が20~30人とか。

「初めてフィリピンで授業を受けてみてどうでした?」

自分の感情を英語でまったく表現できないので、苦手意識をまず改善しなきゃいけなかったんですが、フィリピン人の講師は陽気で楽しいクラスをしてくれるので、日々苦手意識も消えて、英語の勉強意欲も生まれてきました。

「MMBSは比較的、厳しい学校ですよね。でもスパルタ校ではないですよね。」

スパルタ校ではないです。外出もできます。

「MMBSで1日何時間受けたんですか?」

マンツーマンクラスが4つと、ディスカッションクラスが4つ。1日合計8時間。あとは個人で自習です。

「どれ位、自習していたんですか?」

夕方6時に始めて、夜は10時か11時まで自習に取り組みました。

「授業8時間で、自習も4、5時間やっている訳ですよね。13時間やっていて。周りもそんな感じなんですか?」

そうですね。特にグラマーコースは、僕が特別な訳ではなく、みんなそれぐらい勉強してました。

「ストイックに勉強しているんですね。グラマーコースはグラマーが多いんですか?」

グラマーコースはグラマーだけをやります。be動詞から始まります。

「喋らないの?」

グループディスカッションの中で、ゲームやディスカッションをするので、その中でアウトプットはする感じです。

「6カ月ずっと文法をやるんですか?」

1カ月間で完全に終わるコースなので。

「なるほど。1カ月集中して文法を詰め込むんですね。手ごたえを感じたんですか?」

そうですね。僕はあまり物怖じしないタイプなので、失敗を怖がらないという点において、少しアドバンテージがあったかなと思います。英語を喋ることの苦手意識は1カ月で消えました。

「元々、苦手意識はあったんですか?」

そうですね。母が日本語教師で英語を流暢に話せんですが、僕は20歳になってもまったくできないのでコンプレックスがありました。でも、1カ月でそのコンプレックスは解消されました。

「2カ月目からはどんなコースにするのですか?」

文法コースが1カ月で終わった後は、授業を自分で選んで、文法やスピーキングを取ってました。高校レベルの文法をしたり。

「自分でカスタマイズするようになるんですね。そこから、スピーキングの授業を取るようになったんですか?」

そうですね。ただ僕は、最初の3か月間はインプットに重きを置いていたんで、文法を多めに取ってました。

「MMBSは毎月レベルチェックがあるじゃないですか。1カ月経ったときのレベルチェックでどうなったんですか?」

下から2番目のビギナー1から、インターミディエット1に。2つステップアップしました。がむしゃらに勉強してました。

「MMBSは勉強する環境ですからね。勉強しなかったら怒られますからね。」

そうです。

「ダレなかったですか?」

僕の場合、受験勉強を体験したことがなかったんで、勉強の仕方を模索しながらだったんで、毎月コツや効率的な勉強方法が出てきたんで楽しかったです。

「メキメキ成長している感じだったんですか?」

はい。元々が赤ちゃんのような英語力だったんで、日々成長を感じることができてモチベーションに繋がりました。

「インプットの3カ月が終わった時のレベルは?」

3~4カ月を終了して、インターミディエット3まで上がりました。一応、中級です。

「凄いじゃないですか。それで、コースも変えたんですか?」

MMBSのTOEICコース

4カ月に進んだときに、誰もが分かるバロメーターを日本に持って帰りたいと思いまして、TOEICコースに変更しました。

「MMBSはTOEICにも力を入れてますからね。」

はい。すでに、ある程度点数を取れるのではないかと思ったんですが。思い切り勘違いでした…。

「何点だったんですか?」

大学1年生の秋頃に受けた、初めてのTOEIC IPテストが、かなり悲惨たるものなんですけど265点で。それで、MMBSの模擬テストが310点でした…。

「現実を見せつけられたんですね。」

そうです。

「それで、TOEICコースに変えて、残り2カ月頑張ったんですね。」

はい。ただ、結果的にTOEICコースでも成果を得ることができず、かなり模索の毎日でした。スピーキング力がイコールTOEICの点数ではないのだなと、ヒシヒシと感じました。

「MMBSを卒業するときのレベルは?」

アドバンスの1までいきました。

「すごい。でも、TOEICスコアは上がらなかったんですか?」

半年間終わったところで、535点でした。

「上がっているじゃないですか。」

でも、僕の中ではかなり悔しくて。満足してません。

「MMBSのTOEIC対策コースは、過去問をやってその内容をレビューする感じですか?」

インターミディエットコース、アドバンスコースではやり方が違っていて。インターミディエットコースでは、グループの授業が8時間で、先生と生徒で1つ1つの問題を解いていくスタイルで。アドバンスクラスでは、毎日1つの公式TOEICに似たマテリアルを解いて、それを復習するやり方になっていました。

「生徒のレベルによって、やり方が違うんですね。」

そうですね。600点が1つのボーダーでした。

「そのときは600ないから、みんなで解くやり方でやっていたんですね。」

そうです。

「周りの生徒は上がっているのですか?」

僕と同じときに入った生徒で300点から800点まで伸びた学生もいました。

「MMBSは日本人以外の生徒もいますが、他の国の人との交流はしたんですか?」

もちろん、授業外では英語を使って談笑したり。たまには一緒にご飯も行ったりしてました。

「学校のご飯はどうでした?」

正直に言うと、他校の方が圧倒的に美味しいです。

「日本人と韓国人で食事が分かれていますよね。でも、日本人向けの食事も他の学校に比べると、見劣りする。」

正直に言うと、そうです。

「MMBSの特徴を聞かれたら、どんな学校だと答えますか?」

他の学校と違うなと思うのは、1つ目は、学校の周りに誘惑されるような施設や場所が少なく、勉強に集中できる環境。

2つ目は、高いレベルの講師陣が揃っています。おそらくTESOLという英語教育法の資格を多くの先生方が持っていますので。

「先生のレベルが高いと授業を受けていて感じるんですか?」

そうです。

「どういう瞬間に感じるのですか?」

最初、自分はOKとしか言えない状況でしたが、それでも会話を引出してくれたり、献身的に待っていてくれたり、臨機応変に対応していただいた点が、今でも感謝しています。

「MMBSは元々半年と決めていたんですか?」

いえ、延長しました。たまに耳にするのが、はじめに長期契約で申込んで、フィリピンでの生活や学校の雰囲気に合わずに途中で帰国する方もいるということだったんで、リスクヘッジとして3カ月で申込みました。

「それで、大丈夫だったんで延長したと。」

セブ留学を検討!

「半年のMMBSが終わって、どうなるのですか?」

元々はアメリカの東部でインターンシップをしたかったんですが、スタート地点が他の人に比べてかなり低かったんで、勉強に1年間集中することが僕の未来の可能性を広げると考えました。それで、あと半年間フィリピンで過ごすことを決断しました。

「1度日本に帰るんですか?」

いえ、1度も日本に帰っていません。

「それで学校を探すんだ。どんな条件で探すんですか?」

フィリピン留学といっても、僕が行ったターラックはかなり地方都市です。帰国したときには、フィリピンという大枠でものを話せるようになりたいなと考えたんで、ターラックを離れてみようと思いました。それでセブに来ました。

「セブ以外にもいっぱいあるじゃないですか。マニラとかバギオとか。なんでセブ?」

正直、資金面を考慮して費用が安い学校を探しました。それで、セブのプレミアという学校に行きました。

「僕はプレミアって学校は知らなかったんですが、地方のほうが授業料は安くないですか?他に候補はなかったんですか?」

もちろん、ありました。大きな決め手だったのが、僕が尊敬する先輩がMMBSからプレミアに移ったんです。その先輩と一緒に勉強を続けたかったんです。それが大きかったです。

「プレミアは1カ月いくら位ですか?」

1カ月9万円を切る値段です。

格安プレミアでカランメソッド

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

MMBS (ターラック)

初級向け文法講座とTOEIC対策が人気!ワーホリ前の生徒が多い!

Premier (セブ島)

カランメソッド対応の格安学校!学生にオススメ!

クーポン
サウスピーク (セブ島)

発音矯正とTOEICに本気。反転学習。自習重視。日本語教材。遊びたいなら行くな!

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。