フィリピンでDMEメソッドで学べる学校セガ!日本人経営で門限がなくてアットホーム!

フィリピンでDMEメソッドで英語が受けられる学校のセガ。門限がなく自由、小規模でアットホーム、日本人オーナーが常駐!セブで勉強してる社会人の体験談です。

フィリピンでDMEメソッドで学べる学校セガの体験談

匿名、38歳男性、期間1年、社会人

セブのセガの体験談

セブのセガで勉強してます。実は2回目で、前回は6ヶ月。今回も6カ月で、今ちょうど5ヶ月経ったところです。

「長期ですね。前回はいつ来られたんですか?」

2014年の9月です。で、2月の末に一度帰国しました。

「海外留学のキッカケは?」

セブに来る前に1年間くらい転職活動してたんです。ただ、年齢もありまして、なかなか希望の就職先が見つからない。何社も回っても採用されない状況が続いたんです。

その時、英語が使えたら現地ステイで採用できると言われた会社がありまして、いろいろ考えたんです。

私の年齢ですと、まだあと30年くらい働きますので、1年くらいは英語を学ぶ期間を作ってもいいんじゃないかと一念発起して会社を辞めて、海外で英語を学ぶことにしたんです。

「どんな仕事なんですか?」

音楽業界です。

「音楽業界に英語のニーズがあるんですね。」

そうですね。外資系で英語が中心な会社も何社かあります。

「それで、フィリピン留学を探したんですか?」

英語力に全く自信がなかったので、まずどこかで英語の基礎を学ぼうと思いました。基礎を日本でやるか、海外でやるかを考えまして、調べる中でフィリピン留学に行きついたんです。お金がかかりますので、貯金との兼ね合いがあり、英語の基礎を学ぶのにフィリピンを選びました。

「今まで、仕事で英語を使ってたんですか?」

仕事では全く使っていませんでした。だから、英語を勉強したのは学生時代が最後です。大学受験で英語は勉強しましたが、得意ではありませんでした。

「どうやって学校を探したんですか?」

ネットで情報サイトを検索しまくりました。2チャンネルも見ました。それで、セガを見つけたら、ネガティブな口コミが1つも見つからなかったので大丈夫じゃないかなと。実は、セブの後にすぐオーストラリアに行くつもりでしたので、ネットの参照程度で大丈夫かなと思ってました。セブは英語の基礎作りで考えてましたので。

「すぐセガに決めたんですか?」

いえ。すぐに国際電話をしました。オーナーの小仲さんが対応してくれたんです。

現場に張り付く日本人オーナー。家族でセブに住む。学校設立前にCNE1とかいろんな学校で実際学んだそうです。
現場に張り付く日本人オーナーの小仲さん。家族でセブに住んでる。

電話の印象で即決いたしました。対応がものすごく丁寧で、このオーナーの学校だったら、信用できるだろうなと。

「セガはオーナー自ら対応していますからね。他の学校はインターンが多いですけど、オーナーが最前線でやってるから安心感がありますね。」

そうですね。それで半年で留学を申し込みました。

学校の感想

「初めてのフィリピン、初めての英会話学習だったんですよね。最初どんな印象だったんですか?」

先生は日本語を話せませんので、私の語学力では、正直な話、最初の1週間はものすごく戸惑いました。

ところがですね、受付スタッフに、フィリピン人の女性で日本語ペラペラの方がいらっしゃいまして、その方が、本当に親身になってサポートしてくださいまして。

授業がわからない時は、その方に通訳してもらって、少しすつ馴染むことができました。そこからは順調な留学生活を送ることができています。

「授業は何時間受けているんですか?」

最初は毎日8時間取っていたんですが、2週間やってみて、私には少し多いと感じまして、6時間に減らしました。そこから6ヶ月は6時間で授業を受けました。

「自習はどのくらいしていたんですか?」

9時から18時まで8時間授業を取っていたんですけど、それを10時から17時に切り替えまして、その空いた朝の9時から10時までの間に予習。17時から18時までに復習。その後、食事をしまして、平日は、19時くらいから21時~22時くらいまでですかね。間違いなく3時間以上はやっていた気がします。

「しっかり自習もやってたんですね。英語力の変化を感じたのはどのタイミングですか?」

3ヶ月経ったくらいですね。英語を話すことに少し自信がついてきました。

「どんな授業を受けているんですか。」

日常会話を強化する授業と、イディオムの授業と、単語の授業と、スピーキングを強化する授業、あとDMEメソッドですね。

フィリピン留学でDMEメソッド

「DMEメソッドは取られていたんですね。」

もちろん取っています。

「DMEメソッドを受けてみてどうですか?」

DMEメソッドは非常に難しい授業です。反射的に答えなければいけないので、日常会話にものすごく役立つと感じております。

「難しいですか?」

即答することの難しさを肌で感じてます。でも、少しずつ出来るようになりますし、何よりも、リスニングの力が身につく、DMEメソッドはそういう授業だと感じました。

「英語に集中してコツコツやってきたんですか?」

そう申し上げたいんですけど、勉強ばかりだとストレスが溜まりますので、週末は生徒のみんなと島に行ったり、飲みに出かけてました。

セブで評判のセガはアットホームな語学学校。週末はアクティビティ

「生徒間の交流も結構あるんですか?」

はい。小規模で、ものすごくアットホームな学校なので。

「勉強するには、アットホームがネガティブに働くこともありますよね?」

そうですね。自由な環境なので、メリハリを付けられる生徒があうと思います。

「遊びに流されちゃう人はいるんですかね。」

やっぱりいます。そういった生徒さんも見てきました。

「手ごたえを3ヶ月で得て、残り3ヶ月はどんな感じでしたか?」

3ヶ月経ちまして、少し英語をしゃべる事に自信がついてきましたので、夜に飲みに出かけて、学校で習った英語を外で使いはじめました。

「実践で英語を学んだんですね。」

はい。学校の先生は日本人の英語に慣れていますので、会話は成り立つんです。けど、外に出て英語を使うと、全く通じないんです。セガは門限がないので、外に行く機会が作りやすかったです。ものすごく効果を感じましたし、すごく自信がつきました。

「どこで英語を実践したんですか?」

セガは立地がものすごくよくて、マンゴースクエアも歩いていけるんです。マンゴーのディスコでフィリピン人に声かけてもいいですが、外でお酒を飲んでると、だいたいフィリピン人が話しかけてくるので話してましたね。

「学校の生徒と行くんですか?」

みんなで行くときもありますし、1人で行く時もありました。

学校の環境

「学校の食事はどうですか?」

基本日本食なので、フィリピン料理が不安な方にとっては非常に良いと思います。食事は問題ないです。

「外では食べられました?」

はい。数えきれないくらい外食しました。

「外食するフィリピン料理はどうでしたか?」

セブの日本人経営のセガの食事は日本食料理

味がしっかり付いています。悪い言い方すれば、味が濃いです、ただ日本人には向いていると思います。私は学校の食事も外食も問題なかったです。

「学校の施設はどうですか?」

静かですし。全く問題はありません。私はどこでも適応出来るタイプなんです。

CEGAの宿泊ホテルはフィリピンのクオリティーでは良いほうだが、日本基準で見るとボロい。

「僕も泊ったんですけど、施設がツライと言う生徒がポツポツいますよね。」

正直な話、綺麗だとは言えないです。でも、汚いかというと汚くはありません。安いシティホテルという感じですね。

「オーストラリアには行ったんですか?」

いえ、止めました。長くセブにいますので、既にオーストラリアに留学した生徒さんとも会いまして、経験者とお話しする中で、私にはフィリピンが合っているのかなと思いまして。

「オーストラリアに留学して全然ダメで、フィリピンに来てる生徒がいっぱいいるので、そういう生徒を見て、オーストラリアを止める人が多いんです。フィリピンのほうが、英語の勉強の効率は良いと思って。」

私もその一人です。オーストラリアにはマンツーマンレッスンがありませんので、日本人は基本シャイなので、他の国の学生に発言権を奪われて、全然しゃべれずに留学が終わったという話をする生徒さんもいらっしゃいました。

「ただ、英語力が上がったら、ネイティブのグループレッスンで鍛えてもいいと思うんですよ。最初の半年で、手ごたえを得たようなので、オーストラリアでチャレンジしようって考えはなかったんですか?」

そこまでの自信はなかったです。

「オーストラリアから戻ってきた生徒の英語力と自分の英語力を比べて、この人がオーストラリアでダメだったのなら、もう少しセブで勉強したほうが良いって思う人は多いですね。」

おっしゃる通りです。

「それで帰国するんですか?」

一度帰国して、2ヶ月ほど日本におりまして、それで、またセブに戻りました。もともと1年英語を学ぶつもりで仕事辞めましたので、半年だと、当然仕事では使えませんし、まだまだ勉強が必要だなと。

フィリピン留学2回目

「それで、またセガ行こうと思ったんですか?」

はい。3ヶ月で申し込みました。で、延長延長で、今、5ヶ月経ちました。

「前回とは、英語レベルも状況も違うじゃないですか。今回の留学の目的は?」

2ヶ月日本に戻って、足りないものが見えてきました。スピーキングを強化したいです。対話のテンプレートが少ないので、いつも同じ文法を単語だけ変えて喋ってます。それが私の弱点だとはっきりわかってましたので、バリエーションを増やしたいなと。

「どうやって増やしていったんですか?」

授業の中で、会話したい内容を先生に相談しました。そこでどういった表現がノーマルでユースフルなのかを聞いて、それを1日何パターンか習いまして、少しづつ覚えていきました。

セガの良いところは、何でも生徒の要望は聞いてくださいます。そこが1つ強力な強みです。

「柔軟なんですね。1日6時間ですか?」

5時間に減らして、自習時間を増やしました。どの辺をフォーカスして勉強するかだいたい見えてきましたので、5時間が私にはベストかなと。

「だんだん、勉強の仕方が変わってきてるわけですよね。全体的な勉強時間は、前と同じくらいキープできたんですか?」

そうですね。基本的には前と同じくらい勉強してまして、ただ、前回と少し違うのは、外に出てお話しする時間を増やしました。

「授業の構成は変えてないんですか?」

授業も変えました。前回は発音の授業を取り入れてなかったんですけど、発音の授業をいれました。

「みんな途中で発音が大事って気づくんですよね。」

外に出たら、発音が一番重要だと思いますね。

「発音はすごく重要なんですけど、最初みんなスピーキングだけ取って、発音はやらないんですよね。最初から発音をやったほうがいいんですけどね。」

そうですね。

「3ヶ月高いモチベーションで頑張れたんですか?」

はい。セガの良いところは、少人数ですので非常にアットホームなんです。あと、門限がありませんので、本当にストレスが溜まった時は、存分に遊ぶことができます。私はモチベーション維持することができました。

セブでアットホームな語学学校セガの集合写真

「伸び悩んだり、迷走したことはないんですか?」

正直何回かありました。

「どうやって克服したんですか?」

遊びまくりました。勉強したくなるまで、不安になるまで、毎日遊びました。

「そしたら、また勉強したくなってくるんですか?」

勉強したくなってきました。外では円滑な会話はできませんので、悔しい思いをします。日本語だと簡単なことが、英語で出来なくて悔しくて。それで、家に戻って調べようと、またモチベーションが出てきます。

ネイティブスピーカーの方たちとの会話の中でも、どういう言い回しが必要なのかが分かりますので、次回はもっと深い話ができるように単語を調べようとか、言い回しもこれでは稚拙だなとか、考えるんです。

「外で話をすると、まだフラストレーション溜まるんですか?」

正直、溜まります。

「1年がもうすぐ終わるじゃないですか。想定した英語レベルにたどり着けたんですか?」

正直たどりつけていません。

「最初は初級でしょ。昔に比べると、会話できるようになっているけど、微妙なニュアンスが難しいんですか。」

そうですね、会話はもう成り立ちます。相手も言いたいことも分かりますし、こちらの言いたいことも伝えられます。でも、プラスアルファができない。

「もともと、就職活動で英語の必要性を感じて勉強を開始したわけでしょ。まだ道のりは遠いですか?」

はい、まだ勉強が必要です。

「1年間本気で頑張って、アウトプットしまくっても足りないんですね。」

そうですね。語学は難しいですよね。

「残り1ヶ月で何を改善したいですか?」

発音ですね。

「たぶん、発音は永遠に学ばないとダメなんでしょうね。」

そうかもしれません。今も毎日2コマ発音を取ってます。

「留学が終わったら日本に帰国されるんですか?」

はい、一度帰国します。本当は帰って就職活動しようと思ってたんですが、またセブに来たいと思ってます。乗りだした船ですので、納得いくところまで勉強したいなと。あとはもう貯金との相談です。

フィリピン留学の注意点

「英語学習において、フィリピン留学で感じたネガティブなことはないですか?」

これといってネガティブな面は思い当たりません。

「いろいろな生徒を見てきて、セブがあわないタイプはありますか?」

日本と比べたら、セブは綺麗な国ではありませんので、汚いのが苦手な人には、少し厳しいかもしれません。

「成果を出している生徒に共通するパターンとかありますか?」

積極的な生徒は成果が出ているような気がします。学校では先生と英語で話す。授業が終わったら外でまた英語をしゃべる。フィリピン人の友達をたくさん作って、英語をしゃべる環境をうまく作れるタイプはものすごく伸びている印象を受けます。

あと、セブ留学のイメージって、ビーチがあって、白い砂浜があって、トロピカルドリンクを飲みながら英語の勉強をしてる印象の人もいると思いますが、そうではないです。ただ、住めば都じゃないですが、夏が好きな人にとっては、ある意味天国だと感じてます。

「もう一回留学するなら、セガに来るんですか?」

もしチャンスがあれば、セガを選ぶと思います。アイ・ラブ・セガですね。

「すごいですね。参考になりました。貴重な時間ありがとうございました。」

(2015年9月30日(水)セブのセガにて)

まとめ

セガはフィリピンの語学学校の中でDMEメソッドが受けられる学校です。英語力を上げるために、勉強するのはもちろん大事。その知識を実際に使うのも大事。その後、本人から補足メールが届いたので追記しておきます。

先生のレベルも高いけど、一番はオーナーの小仲さん。聞く耳を持ってるし、柔軟に対応してくれる。ニルスやSMEから来た生徒もいたけどセガのほうが良いと言ってた。僕は比べられないけど、セガに不満はない。リピーターが多いし、遅刻もない。管理できる規模だし、仕組み化できてる。最初は、学生ばかりじゃないかと不安もあったけど、セブに来て性格が変わった。アグレッシブになった。大学生活にタイムスリップしたみたいで本当に楽しかった。
セブのCEGAはダイレクトメソッドを利用したマンツーマンレッスンが特徴。お得なクーポンは1日1コマ無料追加!
セブのCEGAはダイレクトメソッドを利用したマンツーマンレッスンが特徴。お得なクーポンは1日1コマ無料追加!

セブのセガに興味ある方は公式サイトへどうぞ。DMEメソッドに興味ある方にもオススメです。

セガ公式サイト

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

クーポン
CEGA (セブ島)

門限なく、自由にマイペースで英語学習したい方にオススメ!大学付属でDMEメソッド!

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。