セブ島短期留学で日本人経営セガの1ヶ月体験談、授業時間を減らしたら効率が上がった!

セブでDMEダイレクトメソッドで学べる日本人経営セガ(CEGA)の社会人留学体験談。日本の不動産会社も中国人のお客さんが増えてきて英語が必要なようです。授業時間を減らしたほうが、自習含めた学習時間は増えたようです。

セブの日本人経営セガの美味しい晩ご飯

チャーリー、44歳男性、期間1ヶ月、社会人、不動産業

セブ留学体験談

セガに2週間前に来ました。実はセガは2回目なんです。

「リピーターなんですね。1回目はいつ来られたんですか?」

去年の10月に1カ月間セガに来ました。

「前回よかったから、また来たんですか?」

そうですね。

「なぜ留学しようと思ったんですか?」

仕事上どうしても英会話が必要になったので。

「どんなお仕事なんですか?」

以前は不動産関係です。ちょっと仕事かえたんですけど。

「外国人のお客さんが増えてきたから、英語が必要になってきたんですか?」

はい。

「完全に、外部環境の変化ですね。中国人とかめちゃ来るんですか?」

来ますね。

「じゃ、中国語も必要かもしれないですね。」

中国語ももちろん必要なんですけど、いろんな外国の方に対応したいんですよね。それに、中国の方って結構英語を話せるので。だから、英語をまずマスターして、余裕があれば中国語も感じです。

「不動産業界で働いている方は、英会話を勉強する人が増えているんですか?」

どうですかね。私の周りでは、外国人のお客様を扱っている人があまりいないですね。専ら国内だったので。私の周りでは珍しかったです。

「留学は自分で来られたんですか?それとも会社から?」

自分で。

「これからは不動産の仕事も英語が必要だと思って、セブに行こうと思ったんですか?」

もともとはオーストラリアで考えてたんですけど、いろいろ人の話を聞いたり、自分で調べたりして、フィリピン留学が安いんじゃないかと。

「周りに行っている人がいたんですか?」

いました、はい。

「で、感想聞いたらよさそうだなと。」

値段が安いですね。

「オーストラリアに比べると半分ぐらいですかね。それでセブにしようと思ったんですか?」

はい。フィリピンもたくさん学校があると思うんですけども、一番心配だったのはやっぱり治安ですよね。フィリピンは治安が悪いと聞いていましたので。それでセブ島はフィリピンの中でも治安が良いし、あとリゾートのイメージですよね。

「周りの人もセブに行っている人が多かったんですか?」

フィリピン入学を経験した知人は1人だけだったんですが、彼がたまたまセブ島だったんです。

「知り合いがセガに行かれたんですか。」

はい。

「来てみてどうやったんですか?」

いろいろ調べていく中で、フィリピン留学はあまりよくないってよく聞いたんです。例えば、先生の質があまりよくなかったとか、あと生活の面ですよね。やっぱり東南アジアのクオリティなので。

「施設とか、食事とか?」

そうですね。ですけど、私の中では、不満はなかったです。

セブのセガの施設と食事には満足

「それは国としてですか?」

国としても、学校としても、両方です。だから、セガに2回目来たんです。他の学校も見てみたい気持ちもあったんですけども、冒険して失敗するのは嫌だったので。

「前の学校の方がよかった。って思いたくない。」

ですね。貴重なお金と時間なので。消極的な選択じゃないですけども、セガさんは不満もなかったので選んだんです。他の学校も良いかもしれないですけど、悪いかもしれないので。

「分からないですからね。」

セブの感想

「セブはどうですか?」

まず、セブシティはビーチないですね。

「細長いセブ島の端っこの方はキレイなビーチありますけどね。」

マクタン行ってもプライベートビーチがあるぐらいで、ビーチって感じはなかったです。

「前回はビーチにも行ったんですか?」

パブリックビーチのバノビーチに行きました。

「どこですか?」

マリゴンドンってところです。

「知らないです…。どうやったんですか?」

汚かったです…。プライベートビーチは高いので、安いビーチに行きました。できるだけ安いビーチに。

「節約したらボロかったんですね。」

はい。湘南とあまり変わらなかった…。

「去年は何月に来られたんですか?」

10月から1カ月です。

「じゃ、夏休み終わって、学生は減っていたんですね。」

セブのセガのDMEダイレクトメソッド

「英語の勉強に関しては、1回目どんな印象を受けたんですか?」

私自身あまり英語を話せなくて、普通に大学で習った、読み書き程度だったんですけど、話すことや聞くことに対する抵抗が大分下がりました。

「慣れたんですね。セブに来たときの英語レベルは?」

セガの学校のランクでは、エレメンタリーです。聞いたら話したりは多少できるかな、程度。

「何段階目なんですか?」

5段階ぐらいあって、下から2番目ぐらいですね。

セブ島の日本人経営語学学校セガの校舎は地元大学の中

「日本に帰って、仕事には変化が生まれたんですか?」

話すことに対する抵抗感はなくなりました。英語が話せるというよりも、話そうって気持ちになって、そこが一番大きかったです。

「ちょっとビビってしまっていたのが、できないなりに頑張れるようになったと。」

そうなんです。街で外国人の方を見かけても、ちょっと話したいなと。今までは、話しかけてくれるなって気持ちだったんですけども、逆に何か話したいなって気持ちになりました。

「それは大きいですね。」

かなり大きいです。

「そういう変化があったから、また来ているんですよね。満足いく体験が得られたわけですね。」

そうですね。

「でも、まだ足りないと。今回はどれぐらいの期間ですか。」

ほぼ1カ月です。あと2週間です。

「1回目とは違う準備はしたんですか?」

1回目に失敗したなと思ったのが、語彙力が全くないままで来たんですね。そうすると、本当にもう授業が全部空回りで。すごく時間がもったいないと感じたんです。なので、今回はなるべく語彙力を用意としようと思って、準備していきました。

「この何カ月間は、日本でコツコツ勉強されたんですか?」

単語帳ですね。少しでも語彙力を高めようとしました。

「単語を日本で覚えてセブに来たら、変化があったんですか?」

ありましたね。

「事前に単語を覚えてたことで、勉強のスピードが加速するみたいな。」

そうですね。いい感じで勉強できてます。

「セガって、ダイレクトメソッドを使ってますけど、留学前にダイレクトメソッドがどういう勉強方法が理解してましたか。」

全然分からなかったです。初めの頃は、ただ単に反復練習の作業をしている感じだったんです。何をしているのかさっぱりわからない。だんだん後半になるに従って、英語の瞬発力。パっと返す瞬発力ですね。これはやっぱり繰り返すことによって高まっているなと感じました。

「1回目の留学で?」

はい。本当に後半の方ですけど。スポーツでもそうじゃないですか。同じ単純な動きをすることによって、体に染みついていくんです。そんな感じを個人的には受けました。

「1カ月で変化を感じられたのは大きいですね。メソッドの効果を感じられなかったら、ずっと何やってんのやろ。って思う人もいるかもしれないですもんね。」

そうですね。

「1日何時間受けられているんですか?」

当時(去年)が6時間受けていました。今回3時間です。

「授業時間を減らしたんですね。なぜですか?」

1日マンツーマン6時間って、本当にきついんですよ。後半はもう何やっているのか、分からなくなりまして、頭がついていかない。

私の年齢もあると思うんです。私、44才なんですけど、この年齢でマンツーマンで1日6時間ってかなりきついです。

「前回6時間マンツーマン受けた後、どれぐらい自習やっていたんですか?」

正直ほとんどやっていないです。授業でいっぱいいっぱいでした。

「今回はその経験をもとに授業時間を3時間にしたんですね。ちょっと少ないですけれども、どうなんですか?」

前回は本当にいっぱいいっぱいだったんですけど、今回余裕を持って授業も受けれてますし、自習もいろいろできてます。

「3時間授業を受けた後、どれぐらい自習されているんですか?」

4、5時間ですね。

「授業時間を減らしたことで、トータルの学習時間は前より長くなっているんですね。」

はい。

「長時間の授業を受けたほうが成長すると思っている生徒は多いんです。集中できたらいいんですけど、集中できないと頭に入ってないので効果がないんです。その人の年齢にもよるし、集中力も個人差があるけど、長時間が良いわけじゃないです。ただ、8時間授業を受けた時に、自分がどうなるかイメージ分かんないんですよね。それで僕がよく言うのが、日本で仲の良い友達と8時間喋ることをイメージしてもらうんです。英語でやるんですから、疲れるに決まっているんです。特に普段から言葉数少ない人は、それだけで体力使うので。」

やっぱりマンツーマンが大きいと思うんです。私も初めマンツーマンレッスンがどんな感じか分からなかったですが、本当に疲れます。こんなに英語を話すんだという、そこが大きかったです。それを生かすも殺すも自分の体力次第というか。

「体力はありますよね。前回の留学後に、周りからフィリピンについて訊かれたりしなかったんですか?」

聞かれますね。

「行きたい人は現れないんですか?」

やっぱりフィリピン留学に対するイメージがまだよくないですね。フィリピンって英語話せるの?って言う人はまだ多いです。説明してもなかなか納得してくれないですよ(笑)

「留学後に自信持って喋ってるのを見ても、先入観が払拭できないんですね。御自身は最初はオーストラリアで調べていて、周りの意見を聞いてフィリピンに辿り着いた時に、不安な気持ちはなかったんですか?」

もちろんあったんですけど、私は値段を重視していたので。あと、知り合いでフィリピン人がいたんですけども、彼女は英語を普通に話していたんです。それで、ああ、なるほどと合点がいったというか。

「つながったわけですね?」

はい。その時まで、彼女が英語を話せることに対して、別に深く考えてなかったんです。でも、フィリピン留学の話を聞いて、ああ、だからかと。

「確かにフィリピン人の友達がいる人はイメージできるみたいですね。今回英語力がアップして帰ったら、職場の人に訊かれるかもしれないですね?」

(笑)

「でも、仕事で英語の必要性があるから、かなり大きいですよね。」

はい。

「円安進めば、もっと外国人のお客様が増えそうですからね。」

そうですね(笑)

「高いモチベーションのまま突っ走っている感じなんですか?」

前回はちょっと後半ダレてきました、体力的にきつかったので。最後には頑張ったんですが、波がありました。今回は体力的に余裕があって突っ走っている感じです。あと半分、頑張るぞと。

「今回の留学で、ある程度やり切れそうなんですか?」

どうですかね。英語って何だかんだ言って、自分の勉強だと思うんです。なので、留学でやり切ったとかって感じじゃないと思うんです。

「実際、英語の勉強って終わりがあるものではないですからね。」

はい。なので、今回で終わりというより、今回セブに来て、また話す環境を得たことで、もっともっと頑張ろうって気持ちになりました。

「日本に帰っても、仕事で英語を使う機会があるのがいいですよね。」

ただ、四六時中外国人の方がいるわけじゃないんで、話す機会が全くない時もあるんですよ。それで今回、もう1回話したいな。

「お客さんってどこの国が多いんですか?」

中国人、シンガポール人が多いです。

「中国の英語とシンガポールの英語はちょっと癖があると思うんですけど、問題なかったですか?」

私はそんなレベルじゃないですもん。本当に片言なので。

「なるほど。もうハートで喋る感じだから、些細な発音の違いも気にせず。」

留学前は恥ずかしかったんです。間違っていたらどうしようとか、そういう気持ちがすごく高くて、なかなか話せなかったんですけども、それはなくなりました。もちろんビジネスなんで、無礼があってはいけないんですけども、ある程度通じればいいかなと。

「じゃ、聞き取りは何とかできるってことですね?」

そうですね。

「すごく大きな進歩ですよね。今、ちなみに3コマ、どんな授業を受けられているんですか?」

ダイレクトメソッドと発音2つです。

「前回は?」

前回はいろいろです。文法や日常会話、いろいろです。

「今回は、前回の経験のもとに、発音をまず矯正するのと、反射力を鍛えるダイレクトメソッドなんですね。」

セブのセガの食事

「フィリピンの食事はどうですか?」

食事は基本マズイです。東南アジアっておいしい料理が多いんですけど、フィリピンは一番マズイと思います…。

「そう思います。適当に店に入ると、甘いしオイリーだし。僕も初めてフィリピンに来た時の感想は同じでした。セガは3食ついているけど、外食する機会もあるんですか?」

あります。

「学校の食事はどうなんですか?」

学校の食事はおいしいです。実は前回よりもかなり進歩しまして。かなりパワーアップしてました。食事はかなり日本食っぽくなってます。

セブ留学で安心のセガは食事も日本食で美味しい

「食事は問題なし?」

不満はないです。

「前に、納豆があって驚いたんですよね。今もあります?」

ありますよ。

「セガの施設はどうですか?」

そうです。ペンションに関してはちょっと、やっぱり、私は…。

「僕はアジアばっかり行っているから、感覚がマヒしてきてるので、フィリピンの中でセガの宿泊施設ならいいかなと思うんですけど、決してキレイではないですね。」

セブ留学検討者にアドバイス

「セブ留学検討者にアドバイスお願いします?」

繰り返しになりますけど、語彙力ですね。日本でできることは、できるだけしてきた方がいい。本当に時間がもったいないです。

「どうやって単語の勉強をしました?」

普通に単語帳を買って。

「本屋さんで自分に合う単語の本を買って、ひたすら書くんですか?」

いや、読むだけです。

「音読していたんですね。それは音源がついている単語帳ですか?」

はい。

「じゃ、CDで聴きながら、音読ですか?」

聴くと時間がかかるし、自分のペースでできないので、聴くことはあまりなかったです。読むだけにしました。

「読んで、覚えると。日本でひたすらそれを頑張っていたと。」

そうですね。あと、大切なのは、何を目的とするかだと思います。そして、英語の勉強というより英会話の勉強をする気持ちで来た方が良いと思います。

「英語と英会話は違いますからね。」

だから、個人的な感想なんですけども、例えば、文法とかTOEICの勉強なら、別にセブに来る必要ないです。それを目的に来て、どれだけ成果が出るのかは、ちょっと疑問です…。

「ご自身の場合、目的が明確ですもんね。仕事上の必要があるので。」

はい。

「いろんな学校行っていてすごく思うのは、目的が明確な生徒って少ない気がするんです。他の生徒さんは明確な目的持ってますか?。」

ないですね。とりあえず英語勉強したい、とりあえずって方が多いですね。

「セガは生徒間の交流は多いんですか?」

交流は多いですけど、勉強の話はほとんどしないです。どこ遊びにいく?とか。食事後に、よく友人と飲みにいったりします。私は行かなかったですけど、先週土日も学生さん同士でオスロブに行ってましたね。

「ジンベイザメ?」

はい。

「メリハリつけて勉強している生徒が多いんですか?」

はい。

「すごく参考になりました。ありがとうございました。」

(2015年6月30日(火)セブのセガにて)

まとめ

セブの日本人経営のセガの良いところは、決済権があるオーナーがずっと学校にいることだと思います。ほとんどの学校がスタッフやインターンに任せています。彼らに何か言っても結局何もできません。でも、セガでは小仲さんは家族でセブに住んでいて学校に張り付いてます。これは日本人にとっては安心ですね。食事も日本食だし、英語学習のダイレクトメソッドも雑談よりは話す量が確保されるので良いです。
(厳密に言うと違うのですが、ダイレクトメソッドはカランメソッドと解釈してもらって良いです。)

門限などのルールもないので自由で、それを求めてくる生徒も多いです。意思が弱い生徒は遊んでしまうかも。環境をうまく使える人にオススメです。

セブのCEGAはダイレクトメソッドを利用したマンツーマンレッスンが特徴。お得なクーポンは1日1コマ無料追加!
セブのCEGAはダイレクトメソッドを利用したマンツーマンレッスンが特徴。お得なクーポンは1日1コマ無料追加!

セブのセガに興味ある方は公式サイトへどうぞ。

セガ公式サイト

このインタビューの生音声は下の再生バーで聞けます。

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

クーポン
CEGA (セブ島)

門限なく、自由にマイペースで英語学習したい方にオススメ!大学付属でDMEメソッド!

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。