オーストラリア留学して、ファームのワーホリで稼いで、自転車で横断して思ったこと!

フィリピン留学後、オーストラリア留学して、ワーホリのファームで稼いで、自転車でオーストラリア横断した大学生の感想

オーストラリア留学の学校BROWNS

アツ、22歳男性、期間3ヶ月、大学生

オーストラリアで語学留学(BROWNS)

フィリピン留学の後は、まずブリスベンに行って、3か月間、BROWNSという学校に入りました。最初の1か月はホームステイしながら学校に通って、そのあと2か月間はシェアハウスしながら通いました。

オーストラリアの語学学校はどうでした?

そこそこコミュニケーション取れるな、って感じましたが、もちろん他の生徒に比べたらしゃべれない、日本人だな、って思いましたね。

クラスメイトに日本人はいなかったんですか?

いなかったです。生徒の国籍は本当にバラバラです。南米のブラジル、コロンビア、韓国、台湾、あとヨーロッパ系のスペイン、スイス、イタリア、本当にいろんな国でしたね。

グループクラスではやっぱり発言しにくかった?

僕はお喋りなので普通に話してたんですけど、アジア人で発言できる人は少なかったと思います。1クラスに15人ぐらいいるので。

アジア人って日本人に限らずですか?

日本人に限らずです。韓国、台湾、香港もそうですね。アジアの人たちはヨーロッパの軍団の中では、発言はできないと思います。彼らは先生が話してる途中から話し出すから。南米人も

英語は本当にヘタクソなんですよ!文法嫌いな僕が言うのもなんですけど、僕が聞いても「こいつ文法めちゃくちゃだな。」と思うぐらいヘタクソなんですけど、ただすっごいしゃべるんです。

そういうヤツ、いっぱいいるよね。

はい。でも、英語はコミュニケーションツールでしかないから、正しい英語を喋ることが目的ではないって思うキッカケになりました。

そんな中でガンガン行ったんですか?

僕はそこそこいったと思います。日本代表として頑張りました(笑)

(笑)じゃ、3か月で英語力の成長は感じられたんですか?

いや、正直、オーストラリアの学校では成長してないです。

どこで成長したの?

ホームステイもあんまり楽しくなかったんです。運が悪くて、ホストファミリーが超ドライで、子供もペットもいなくて…。ホストファミリーと一緒にご飯も食べられなくて。だから、シェアハウス選びはしっかりしようと、日本人が絶対にいないシェアハウスを探しました。ブリスベンで外国人とのシェアハウスを探すのは難しいんですけど、運よくフランス人とイングランド人とのシェアハウスが見つかって。しかも、フランス人の2人は4か国語も喋れる人で、イングランド人はネイティブ。

その人たちは何をしている人?

ワーホリで働いてます。

超初級の日本人はそんなシェアハウスに入れないですよね?

正直言って、入れなかったと思います。フィリピン留学に行っていて良かったな、と思いました。

オーストラリアでは英語環境のシェアハウスに飛び込んで、生活の中で英語を成長させたと?

はい。それが一番大きかったと思います。常に彼らと動いて、英語環境を作ることを意識しました。スピーキングはすごく伸びたと感じます。

最初から聞きとれたんですか?

聞けないというよりも、単語や表現を知らなかったです。それが一番大きいです。ネイティブと非ネイティブは使う表現が違うんです。どんな意味かインターネットで調べて、ネイティブの表現が勝手に頭の中に入って来るようになると、聞き取りも楽になって。聞き取りが楽になったら話すことも簡単になって。好循環になりました。

オーストラリアでは時間がある時にちょこちょこノートにメモをしてました。ネイティブが使う表現とか、フレーズとか。本を持ってきたワケでもなかったので、壁にぶちあたっては、よじ登り、を繰り返しました

それで、3か月後に、ワーホリで働き始めるんですね。

オーストラリアのタリーのバナナファーム

オーストラリアのワーホリは何をしたんですか?

ケアンズの近くのタリーって町のバナナファームで働きました。60キロとか70キロとかのバンチって呼ばれるバナナの房があるんですけど、それを担いでトレーラーまで運ぶ仕事です。週5で、3か月半やりました。

オーストラリアのワーホリでバナナのファーム

もうえぇわ!ってならないんですか?

僕はセカンドホリデービザ目的でファームに行ったので、最低でも3か月はやろうと思い、余裕をもって3か月半行ったんです

ワーホリは1年間だけど、88日働いたら1年延長できるのがセカンドホリデービザですよね。同じ仕事を88日やらなきゃいけないの?

オーストラリアのワーホリでバナナのハンピングチーム

違うファームでもいいんですけど、1つのファームだったら休みの日もカウントされるんです。ただ辞めちゃったら平日しかカウントされないんですよ。だから、1つのファームで頑張りました。

ワーホリの時には英語に対するコンプレックスはもうなかった?

いや、ワーホリの時の方がコンプレックスが強かったです。僕はバナナのハンピングチームといって、バナナのバンチを担ぐチームだったんですけど、そのチームがイングランド人3人とオーストラリア人3人だったんです。どれだけ英語が喋れようが彼らの会話にはついていけないんですよ。

オーストラリアのワーホリのバナナのハンピングチームはネイティブ集団

だから必死に勉強しました。土日も勉強しました。映画をずっと見てたり。平日は朝5時ぐらいに起きて仕事なんですけど、16時ぐらいに帰ってきてご飯を食べて、次の日の弁当を作って、ルームメイトやイングランド人と話してたんです。23時ぐらいに消灯なんですが、そこから深夜2時ぐらいまで勉強してました

どんな勉強をしてたんですか?

単語やフレーズを書いて覚えてました。あと、本を読みまくってました。その環境でできる事を工夫してやってました。

ブツブツ言いながらやってるんですか?

言えなかったです。部屋には10人住んでて、みんな寝てましたから。だから、その日に習った英文法を書くかチェックするかですね。いろんな表現をみんなに教えてもらってました。

やっぱりネイティブは英語を喋れる友達が欲しいと思うんですよ。彼らは英語を学ぶ必要がないので、僕みたいな日本人と友達になる必要がないんですよね。だからプライドを捨てて頑張ってたんですけど、3か月後に疲れちゃったんです。最後の2週間ぐらいはへこたれてしまって、勉強できなくなってました…。

常に誰かと話すようにしてましたが、自分の中の本気さが少しずつ減っていくのを感じてました。彼等と一歩の壁を越えられなくて…。もっと近くなりたいのに、あと「一歩」が近づけない。壁を感じました…。

ネイティブとの「一歩」の壁は時間が解決したんですか?

今でも解決できていないです。「すごく仲の良い友達」って言えると思うんですけど、「すごくすごく仲の良い友達!」とは言えない。親友って呼べる感じではない。

言語が問題なんですか?

わからないです。言語以外の問題もあると思いますけど、問題の1つは言語だと思います。

ワーホリは稼げました?

3か月半で80万貯めました。結構稼ぎました。

自転車でオーストラリア縦断の一人旅

ワーホリのあとは?

自転車でオーストラリアを旅しました。3か月かけてブリスベンからパースまで縦横断。テントや寝袋やマット、自転車を買って。キャンプしながら。

テントで野宿なんですか?

基本的に野宿です。たまにバックパッカーも使ったりしました。

オーストラリア横断の一人旅はテントでキャンプ

3か月か。ケツがめっちゃ痛いんでしょうね。

最初はしんどかったですね。スーパーで買った自転車でしたし(笑)

旅の間も英語は使ってるの?

いや、英語はそんなに使ってないです。旅で出会う人はネイティブばかりでしたけど、英語で話す機会はだいぶ減りました。

自転車でオーストラリアの横断の一人旅

「自分の甘さ」を克服するために、「自分を追い込むしかない。」って感じで自転車の旅をしたので、自転車に興味があったワケではないんです。

追い込めたんですか?

追い込めましたね。しんどかったです。何回も途中でやめようって思いました(笑)

オーストラリア横断の自転車一人旅

それで、パースに辿り着いたんですね。それがオーストラリアの最後のミッションだったんですか?

はい。それで、オーストラリアの旅を終えて、日本に帰って来ました。セブ留学が3か月、オーストラリアが10か月で13か月。

オーストラリアでセカンドビザを取得したのに、なんで1年で日本に帰ったんですか?

旅中に色々と考えて、経済的に自立したい気持ちが強くなって帰国しようと思いました。

英語学習の目的は達成出来たんですか?

達成できたとは思ってないです。ここから継続できるかどうかですね。まだまだ足りないですが、さわりは出来たと思ってます。日常会話はもう問題ないです。

何が足りないんですか?

最終的な目標は字幕なしで映画を見る事ですが、今はせいぜい50%しか理解できない。50%以下かもしれない。それで、旅の最後にもう一回フィリピンに戻ろうって思ったんです。

なんで?

セブの想い出がすごく良かったんです。ビジネス英語を学びたいと思ったのと、あとは面白い学校で情報収集をしようと思って。ちゃんと学校を選べば出会いはあると思って。

オーストラリアやイギリスの人とガンガン喋ってたから、フィリピン人の英語は「遅っ!」って思わないの?

スピードは遅いと思います。単語を知らないことはありますけど、どれだけ訛りが強くても聞き取れます。他の訛りも経験してきてるので。ただ、TOEICの点数が欲しいんです。あとは、情報収集ですね。

人脈か。英語の勉強ではないんですね。

やるからには英語の勉強だけど、「面白い学校に行ってみたい!」って好奇心の方が強かったです。セブには面白い大人がいっぱいいたから、人脈が欲しいと思って。また学校を探したんです。

セブのクロスロードの感想

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

体験談に出てくる学校

クーポン
クロスロード (セブ島)

世界一周した夫婦が経営する旅人のための英会話スクール

この体験談の関連口コミ

アバター
クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は101校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタントで、本気の方には留学相談やエージェントもやってます。著書:英語は「フィリピン」で学べ!
留学相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。