英語超初心者にオススメの勉強法は簡単な昔話を何度も音読することです。

タガイタイのFace to Faceに3ヶ月留学した超初心者のノブさんの体験談。初心者は簡単な昔話を音読する勉強法がオススメだそうです。横浜でレザークラフトの会社を経営してる経営者

フィリピン留学で先生と思い出の記念撮影

ノブ、45歳女性、期間3ヶ月、経営者

英語超初心者のフィリピン留学体験談

「日本で相談を受けて今回いろんなミッションに取り組んでいただいたんですけど、最初はフィリピンを考えてなかったですよね。」

はい。他の国を考えてました。

「だけど、フィリピンの情報をお伝えしたら、じゃ、フィリピンにしますってなって、タガイタイのFace to Faceに辿り着いたんですね。」

そうです。

「フィリピンはイメージと違いましたか?」

全然違います。

「やっぱり危険なイメージでした?」

うん。汚い、臭い、危ない。

「まぁ、間違ってないですよね。」

あと虫。でも、虫は思ったほどいなかった。

「危険はどうでした?」

タガイタイは平和なところでした。

「でも、道を歩いてたらおっさんに声かけられるのが嫌やったんでしょ。」

アニョハセヨーって言われるんですけど、ガン無視です。

「悪い人じゃないと思いますけどね。そのへんにいる肉体労働者でしょ。」

悪くないですね。なんかフィリピン人、誰でも声かけてくる。すごいです。ただ私は英語が喋れないんで、拒絶反応が出るんです。

「でも、最後の方はちょっと喋れるようになってきたんでしょ?」

はい。だから、次はアニョハセヨって言ったらノー!って言ってあげようと思ってたら、誰も声かけてくれなくなった(笑)。

「ずっと無視してるからね(笑)。じゃ、タガイタイでは危険な目にもあわず?」

日本と変わらないです。平和です。

「でも夜1人で外を歩いたりしないでしょ?」

はい。夜はみんなと一緒です。

タガイタイFace to Faceの思い出の夜の道

「タガイタイ以外では危険な感じがしましたか?」

マニラは危ない。

「危ない目にあった?」

何もあいません(笑)。でも、シュン君とかみんなが、ちゃんと捕まっててくださいね!みたいな。

「はぐれたらヤバイぞってこと?」

そう。シュン君の腕を持ってました。シュン君とはぐれたら、はじめ君の腕を持ってました。

「はじめ君はまだ17歳の生徒さんでしょ。実際危ないことがあったんですか?」

何にもないです。フィリピン人の先生が言うんです。マニラは危ないから、カバンは絶対前。で、肩にかけろ。で、アクセサリーは絶対つけていかない。

「マニラに何回行ったんですか?」

4、5回ですね。

「結構行ってますね。気をつけてたら普通なんですか?」

普通です。何にも怖い目に合いませんでした。あ、でもタクシーはヤバイです。

「鬱陶しいですよね。」

タクシーはすごいですね。ぼったくり。もう交渉がすごいです。100ペソくらいで行けるところを500ペソみたいな。鬱陶しい。本当に。

「留学最後はマニラに数日滞在するんでしょ。どうするんですか?」

ノープラン。タクシーはダメですね。タクシー乗る場所には行かない。歩いていける範囲か、ジプニーに乗ります。

「ジプニーは乗れるんですか?」

バッチリです。ジプニーは大丈夫。8ペソ渡せばいい。

「ジプニーはスリも多いから気をつけてください。汚い臭いはどうですか?」

汚いですね。私は元々ダメだったんですが、慣れました。強くなりましたね。

「英語はどうですか?」

聞き取りはたぶんバッチリだと思います。

「だいぶ聞こえるようになった?」

知らない単語を言われると分からないですけど(笑)。先生の言ってることは分かりますね。来て1週間で泣きましたけど。

「留学中に何回泣いたんですか?」

先生が最後の授業で泣かすんですよ。3ヶ月前はこうだったね、ああだったねって、楽しかったねみたいな。

「そうしたら泣くんや。」

バーって。

「こんなに泣く大人はいないですよ。僕に連絡が来るんですよ。泣いてますって。その報告を聞いてどうしたらええの。泣かないでください。」

分かりました。

「来た直後に、涙が止まりませんってメールをくれたでしょ(笑)。英語ができなすぎて辛かったんですか?」

そう。1週間経ったけど、先生が何を言っているのか分からないし、授業はどんどん進んでいくし、1つも覚えられないし、何をどう勉強して良いのか分からない。そしたら、もう人の顔を見るたびに涙がでる。辛かった。ジュンさんに、日本に帰りたいって言ったんです。

「ジュンさん困ったやろうな。」

そしたら、観覧車に乗りに行きましょうか。って言ってくれたんですけど、台風だったんですよ、そん時。

「優しいなあ。それで授業の構成を見なおしてもらったんですよね?」

はい。フィリピンの先生たちって対応が早いんです。

「マンツーマンだからですよ。グループレッスンなら1人のために授業を変えれないですから。」

そうですね。私に合わせて授業を変えてくれたんで、すごくやりやすくなりました。

「でも世の中ではやりにくい人とも話さなきゃいけないんですよ。みんなそんな優しくないですからね。ただ、来た時は全然喋れなかったと聞いてます。過去最低レベルかもと聞きました(笑)。」

未だに言われます。

「でも楽しそうだと。」

ハローとバイバイしか言えませんよ。

「超初心者なのに3ヶ月留学したら喋れると思ってたんでしょ?」

ネイティブ並みにペラペラになると思ってた。

「留学前に言ったでしょ。絶対3ヶ月じゃ無理って。」

だって英語って簡単だと思ってたから。たいして勉強もしてないのに、旦那も子供も喋れるので。

「昔は勉強したんでしょう。それで、甘くみてたら、1週間経っても全然分からなかったから涙が止まらなかったんですね。案外そんな人多いと思います。」

いると思います。

「期待値が高すぎるんです。変化を感じ始めたのはどのくらいの時期ですか?」

あ、聞き取れるーみたいな。1ヶ月くらい経ってからかな。覚えた単語だけ。

「1ヶ月で聞こえるようになったんや。言葉はでるんですか?」

出ないです。

「1日何時間でしたっけ。」

5時間です。

「1日5時間受けて、自習はしてたの?」

してました。2ヶ月自習してました。授業が終わったら夜にずっと。ひたすら勉強。

「夜は出歩いてませんでした?お酒飲んだり。」

土日はね。平日じゃないです。

タガイタイ留学でFace to Faceのベランダ

「平日は遅くまで勉強してたんですね。毎日何時間やってたんですか?」

4時間ぐらい。1日の復習を。

「復習?」

そう。だって宿題を出してくれないんですよ。

「宿題出して下さいって言ったらいいやん。」

泣いたら、宿題がでなくなっちゃったんです。

「なんで宿題で泣くんですか?」

違います。全員の先生から1週間宿題が出てたんですよ。で、パンパンになって、ガーって泣いたじゃないですか。そしたら次の日から誰も宿題を出さなくなっちゃって。

「普通、大人は公の場で泣かないですから。泣いてたら先生びっくりするでしょ。」

なんかねぇ(笑)。未だに言われます。来た1週間後に泣いたよねって。英語が喋れるようになってよかったねって。

「どのくらい喋れるようになったんですか?」

文法は言えないです。単語です。

「それは喋れるって言わないです!まだよちよち歩きじゃないですか。」

そうですね。這ってる感じです。はいはいの状態です。

「でも、街中で英語を使うのは躊躇なくなったんですか?」

もうガンガン話せます。

「ほんまかな。でも、まだ声は小さいでしょ。」

気持ちではガンガン言ってるんですけど。

「次の目標は、声を大きくして、3単語ですね。ちょっとずつですね。」

そうですね。でも、病院でナッシングって言った時は結構普通のトーンで言ってました。ナッシングー、って。

「1単語だからね。」

フィリピン留学で骨折して病院でレントゲン

「ノブさんはトイレでこけて脇腹を骨折したんですよね。我慢して病院に行かなかったんですけど、1週間してもまだ痛いって言うんで、病院でレントゲンを撮ったら、骨折してたんです。で、支払いの時にお金を持ってなかったんですよね?」

持ってました。

「持ってたのにナッシングって言ったの?!悪い奴やなぁ!」

600ペソだったんですけど、400か500ペソしか持ってなかったんです。

「600ペソは1500円でしょ。それぐらい持っていきなさいよ。」

600なんて持ってないからナッシングーって言って財布を開けたんですよ。青い100ペソが3枚あったんで、とりあえず3枚出して、3枚しかないって言って。

「海外の病院で値切ったわけね。ちなみに昔は値切れなかったの?」

できないです。何か言われたらどうしようどうしようって。

「ただ、病院は1人で行ったんじゃないでしょ。護衛がいたから強かった?」

まっちゃんだけですよ。

「1人で病院に行って、ナッシングってできます?」

…言ってたかもしれない。

「フィリピンに慣れたからできたの?」

たぶん。2回目の病院だったし。

「じゃ、良かったじゃないですか。今回は英語だけじゃなくて、病院も行ったし、ダイビングのライセンスも取ったし、お酒も覚えたし、タバコやめたし。いっぱい経験したんですよね。他にもあります?」

フィリピン留学でダイビングライセンス取得

ハロウィンパーティーでコスプレ。

「コスプレやってた。いい年してよくやるわと思いました。」

フィリピン留学でハロウィンパーティー

はい。やりました45歳で。

「今回の体験談は他の人とちょっとカラーが違いますね。」

そうですかねえ。

「いや良いと思います、らしさがでてて。」

本当に色々体験しました。良かったです。

「今回ノルマがあったんですよ。僕が勝手に決めたんですけど。ノルマは、毎日ブログを書くことと3つのミッション。」

「歌が好きと言うから、英語で歌いましょうと。」

「料理が好きって言うから、フィリピン料理の作り方を覚えて、それを英語で解説しましょうとか。」

「そして、レストランの注文。今までレストラン行ったら周りの人が注文してくれて、英語で注文したことないと言うから。レストランで注文できるようになりましょうと。」

「でも、1ヶ月目はそれどころじゃなくて毎日泣いてるって感じだったから、ミッション関係なしに基礎英語やってもらったんです。で、最後の1ヶ月でそういうのやりだしたんですよね。」

そうですね。

「で、何とか全部出来たと。でも、最終日に映像をチェックしたら、カラオケは全然声が聞こえない。更にカラオケなのに歌も流れてるんですよね。口パクやんと思った。」

思いましたよ。私も歌いながら、あれ私すっごい上手!って。

「歌ってないでしょ。」

歌ってます。

「料理の注文の映像では、ちょっと話せてましたね。でも声が小さいです。」

カメラがあるから緊張するんです!結構頑張ったんですけどね。

「次に旦那さんと海外に行った時は、自分で注文してください。」

はい。フィリピンに来て、人に注文してもらったの一番最初だけです。あとは何十回も自分で頼んでます。

「じゃ、レストランで注文するのはもう慣れたんですね。」

慣れました。でも、2週間前マクドナルドで、クリスピーチキンバーガー頼んだのに、全然違うものが来ました。

「違うと言わなかったんですか?」

言わなかった。だって、レシートもその名前があったんで。アンジェラが、ノブさんのミステイク、って。

「注文間違え?じゃ、まだダメやん…。英語を喋らないで、あれ!って指を差してるんじゃないですか?」

英語喋りました。

「ファーストフードだと、持ち帰りかどうか聞かれるでしょ?もう慣れました?」

はい。テイクアウト?ヒア?

「指さしてるんですか?ホンマに英語喋ってんのかな。」

喋ってる!20年以上ぶりの勉強だから、最初はどうやって勉強したらいいか分からなかったんです。先生にも勉強をするな。書くな書くな喋れ喋れって。

「だって喋らないから、今日も卒業式で言われてたでしょ。最初2週間は喋らずにみんなをじーっと険しい顔して見て、去って行ってたって。」

超人見知りなんで。

「言葉数が少ない人はやっぱり会話の伸びが遅いと思うんですよ。未だに英語で喋ってるイメージないですもん。」

えー、喋ってますよ。

「日本語でも言葉数が多いほうじゃないですもんね。」

自分からはあまり喋らないですね。先生には、勉強し過ぎだから勉強するなって言われてました。

「勉強するのは良いですよ。ただ、バランスなんです。勉強して喋ってるならいいんですけど、ノブさんの場合は部屋に籠って勉強してて、話してる時も聞き役に回ってたりするから、喋れって言う先生の気持ちは分かりますね。」

先生には常にリビングルームに来いと。どんどん先生の間に座れと。でもそんな勇気ないですよね。

「もう大丈夫でしょ?」

今でも勇気がいりますよ!よいしょ!みたいな。でも、座ってしまえば誰かが話しかけてくれるので、そっからパーッといけますけど。

「道のりが長いなあ。タイに行ったらタイ人の英語が最初分からない気がする。そしたら、しゅんってなって。旦那お願いしますみたいな。そうならないように頑張ってくださいね。」

頑張ります。

Face to Faceの感想

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

クーポン
Face to Face (タガイタイ)

口コミで広がった語学学校。海外就職に強い!

この記事の関連口コミ

人気の口コミ