セブ島の学校比較体験談!MBAとサウスピークとターゲット、そしてマレーシアの違い!

セブ島のサウスピークのグループクラスで一緒だったHさんの留学体験談。MBAとサウスピークとターゲットの3つの学校の比較、フィリピンのマンツーマンとマレーシアのグループレッスンの特徴を語ってもらいました。

セブのカントリーモール

H、33歳男性、期間トータル6ヶ月、社会人

セブ留学体験談

「どんな経緯で英語の勉強を開始されたんですか?」

海外で仕事したいなと思って、英語の勉強を始めようと思ったんです。1年半ぐらい前ですね。

「その時は日本に住んでたんですよね?いまはマレーシアのペナンでしょ。」

はい。その時は日本ですね。サラリーマンやってたんですけど、なかなか仕事と英語の両立ができなくて。

「なんで英語がやりたいと思ったんですか?」

妻がマレーシアで駐在で働いてるので、それがキッカケでですね。

「別居してたんですか?」

はい。日本とマレーシアで遠距離で付き合っていて、籍を入れたのをキッカケにどうしようかって話になって。妻が日本に戻ってくるか、私が向こうに行くか。僕も海外に興味があったので、僕が仕事を辞めて行くよって。

「なるほど。その時は全然英語できなかったの?」

その時はTOEICで300点ぐらいです。自分で問題集を買ってきてTOEICの勉強してました。でも、働きながらだと、なかなか勉強ができなくて。実際仕事を辞めるまでの半年ぐらいは、ほぼ伸びなかったですね。

「それで?」

マレーシアで語学学校に入るか、他の国に行くか考えたんですけど。いろんな国を調べてるうちに、マンツーマンレッスンのフィリピンを知ったんです。マンツーマンが日本人に合ってるってすごい感じたんです。

「でも奥さんはマレーシアに住んでたんですよね?マレーシア留学は検討しなかったんですか?」

もちろんマレーシア留学も考えたんですけど、マレーシアはグループクラスなんです。グループクラスは自分のレベルに合わせられないので効率が悪いなと思って。

「マレーシアの学校も見に行かれたんですか?」

フィリピンを2つ行ったあとにマレーシアの学校に1ヶ月入学しました。

「フィリピンに2回行って、マレーシア行って、今フィリピン?全部で4つ?」

4つですね。

「4つも学校に行ったの?奥さんは、英語の先生なんでしょ。教えてくれないんですか?」

生徒に教えるのはいいみたいですけど、やっぱり家族になるとイライラされちゃうんで(笑)

「なるほど。じゃ、順番に聞きたいんですけど、最初の学校はどうやって決めたんですか?」

セブのターゲットの感想

フィリピン留学のエージェントにどんな学校があるか教えてもらって、セブのターゲットに2ヶ月行きました。

「エージェントに紹介してもらったんですね。エージェントにはどう自分の要望を伝えたんですか?」

マンツーマンをやりたいっていうのと、あとは英語が全然できないので、喋れるようになりたいって伝えました。

「ターゲットはどうだったんですか?」

正直、喋れない状態で行く学校ではなかったと思っています。マンツーマンが8コマあって、それはメリットでもあるんですけど、8コマあるとインプットする時間がないんですね。

何も喋れなくて、単語もない状態で行っちゃうと、当然喋れないんですよね。アウトプットの場ですけど、結局インプットがないと何もできないし、正直あまり伸びないんですよ。2、3週間ぐらい経って、ちょっと厳しいかなって感じました。

「ターゲットではどんな授業を受けてたんですか?」

普通にスピーキングとか文法とか。あとは、トピックがあってそれを読んで、その内容について話すような授業ですね。でも、言葉が出ないですね。だから、どうしても単語で話す感じになっちゃいますね。

「ターゲットの2ヶ月で英語力の変化は感じられなかったんですか?」

英語を喋ることに対してあんまり怯えなくなりました。とりあえず何か言えば伝わるって感覚は得ましたね。

「ターゲットに来る前は違ったんですか?」

来る前は何を言っていいのかも分からない状況でした。あと2ヶ月間英語しかやってなかったので、ある程度インプットできたし、リスニングは少しは聞けるようになりました。一応卒業した段階でTOEICは500点ぐらいまで上がってましたので。

「じゃ、ターゲットの2ヶ月はアウトプットの学校をインプットに使った感じですね?」

インプットに使いましたね。

「英語の知識は整理できたけど、話すところまで行けなかったと。周りの英語レベルはどうだったんですか?」

ピンきりですね。喋れる人は喋れますけど。でもペラペラな人は、そんなにいなかったイメージがありますね。

「ターゲットって、どんな学校なんですか?」

フィリピン留学を代表するような日本資本の学校です。値段が割りと安くて、ドミトリーで、施設自体はそんなキレイじゃないですね。

メリットは、やっぱりアウトプットの時間が長いこと。インプットが整ってる人は良いと思います。1週間とか2週間の短期留学の生徒って、インプットしてる時間はないので、アウトプットに集中したい人にはすごい向いてると思います。

夜に追加で無料のグループレッスンが受けられますし、夜の10時まで先生が残ってるので、先生とフリートークができるんです。だからずーっと喋りたいって人に合うと思います。インプットが終わってれば。

「なるほど。その後は?」

どう考えてもインプットが足りないって分かりました。それで、すでに生活の拠点はマレーシアだったので、マレーシアに戻りました。

「フィリピン留学の前に拠点はもうマレーシアに移動してるんですね。マレーシアに戻って勉強したんですか?」

独学で2ヶ月ぐらい勉強していて、ちょっとインプットが整ったんで、もう1回フィリピン留学に行きました。

「どう学校を探したんですか?」

その時に感じてたのは、やっぱ8時間のマンツーマンはちょっと多いと。復習もできないし、インプットする時間も取れないので。あと、時期にもよるんですけど、僕がターゲットに行っていた時は学生が多い時期だったので、正直、社会人にはちょっと辛いところあって。

なので、次の学校ではビジネスマンがいて、ビジネスイングリッシュを勉強しようと考えたんです。で、MBAを見つけたんです。MBAはビジネスに特化してて、学生を受けいれてなくてビジネスマンだけなので。

セブのMBAの感想

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校

MBA (セブ島)

社会人限定のオトナ留学、ビジネス英語、異業種交流会、セブ視察にオススメ!

TARGET (セブ島)

セブで長時間マンツーマン!

クーポン
サウスピーク (セブ島)

発音矯正とTOEICに本気。反転学習。自習重視。日本語教材。遊びたいなら行くな!

この記事の関連口コミ

人気の口コミ