HELP ロンロン校の学校情報

バギオのHELPロンロン校の口コミ体験談。HELPは1996年にフィリピンで最初に設立された韓国人経営のスパルタ英語学校。歴史ある質の高い学校として不動の地位を確立しており、この学校指定でフィリピン留学をする学生も多い。ロンロンキャンパスは初級・中級向けで、英語学習中級以下の方がスムーズに学べるようカリキュラムが組まれています。また、生徒数が多いため、入学時期に応じて3つにグループ分けされ様々な活動が行われます。こうして一人一人のフォローができるよう配慮されています。

学校名HELP ロンロン校
学校設立日1996年
生徒規模200名
建物タイプキャンパス
EOPあり
トイレ紙はゴミ箱に捨てるタイプ
門限門限あり

学校スタッフ

日本人スタッフと日本人インターンが常駐。インターンは定期的に変わっていくんだけど、なぜかマトモなヒトが多い。

  • オーナー Husky
    オーナー Husky
    20年の歴史があるHELPの韓国人オーナー。もともと留学生。英語の情熱があるので現場にも出てくる。人望ある雰囲気を出してるビジネスマン、バギオのボス
  • マネージャー 森 章二(Shoji)
    マネージャー 森 章二(Shoji)
    本気で良い学校を作ろうとしてる。若いのにしっかりしてる。ただ、尖りすぎてる一面も。日本語講師になるのが目標。2017年3月に学校現場から離れたので、HELPをオススメ学校から外します。

HELP ロンロン校の口コミ(4)

経験者にリアルな感想を聞いてみました。できるだけ複数の学校を経験した生徒にインタビューするようにしてます。フィリピン・セブ留学はまだ歴史が浅いので、学校は変化します。口コミの評判を鵜呑みにせず、体験談は参考程度に!

HELP ロンロン校の感想

留学エージェントの中谷
HELPロンロン校はバギオの市内から少し離れている。生徒はほぼ韓国人で、キャンパスの雰囲気は韓国。日本人を避けたい日本人がたまに入学する。通常日本人はクラーク校を選ぶようです。クラーク校かロンロン校でレベルが上がると、試験して、マーティンス校にステップアップする仕組みは素晴らしい。英語教育に熱意を感じる学校の1つです。
バギオ留学エージェントの藤田

バギオ留学エージェント
藤田

日本人学生マネージャーと定期的に交流をしており、折に触れ学校を訪問しています。元祖スパルタ式の学校で学習量も多めです。バギオ中心部は意外と都会で交通量も多いのですが、ロンロンキャンパス周辺は、360度緑に囲まれた勉強に集中できる環境です。ここをステップに基礎力をつけ、中級・上級のマーティンスに転校していくというパターンが多いです。

詳しくは、

「HELP ロンロン校」公式サイトをチェック!

当サイトではエージェントサイトではなく学校公式サイトにリンクしてます。

HELP ロンロン校の場所

学校情報に間違いがありましたら、ご指摘ください。

バギオの語学学校まとめ