【前編】バギオのHELPロンロン校とマーティンス校の違い

バギオの日本人経営BONDSと、韓国人経営スパルタ校のHELPを経験した社会人の体験談です。HELPでは初級向けロンロン校と上級向けマーティンス校を経験してるので全部で3つの学校を経験されてるのでそれぞれの違いを聞いてみました。

バギオのHELP体験談、ロンロンとマーティンス校の違い

Maiko、31歳女性、留学期間HELPに3ヶ月、BONDSに2週間

HELPのロンロン校とマーティンス校の違い

Maikoです。バギオのBONDSとHELPのロンロン、マーティンス校に行ってました。最初は2年前にHELPに行きました。2014年の雨季ですね。5月ぐらいかな。

「なんでフィリピン留学しようと思ったんですか?」

ちょっと色々ありまして、仕事がクビになって…。やろうと思ってたことができなくなってしまったんです。ずっと英語の勉強をしたかったので、時間ができたから留学しようと思ってたので、フィリピン留学が気になったんです。費用が安いし、近いし、アジアが好きだったので。それで調べて行きました。

「仕事で英語が必要だったんですか?」

いや、そのときは必要なくて、単純に旅行が好きで、色々な所に行ってたんです。けど、英語が喋れない負い目みたいなのをずっと感じてて、だから、いいキッカケだし1回、一生懸命勉強したら納得できるかなと思って。

「旅行では英語を使えてたんですよね?」

んー…、今思うと全然使えてなかったと思います。

「どうやって学校を探したんですか?」

インターネットです。でも、2014年当時は全然情報がなくて。本を読み漁って。とりあえず場所を決めたんです。涼しいバギオにしました。

それで、バギオで学校を調べてたら、わけが分かんなくなっちゃって。1番古い学校にしようと思って。

「それで歴史があるHELPを選んだんですか。」

はい。HELPのエージェントに問い合わせしたんです。で、途中で面倒くさくなっちゃって、もうHELPで良いかなって感じで決めました。

「じゃ、初級向けのHELPロンロン校にしたんですか?」

それが、当時ちょうどカリキュラムが変わるときで、日本人はマーティンス校にしか入れなかったんです。

「そんなことがあるの?HELPのマーティンス校は上級向けじゃないですか。」

エージェントにマーティンスしか駄目って言われたんです。私が申し込んだ何カ月か後に、今度は英語力のない人はロンロンにしか入れなくなっちゃったんです。だから、本当に運が悪かったっていうか…。

「そのとき、英語力は?」

全然喋れないです。

「入学試験なかったんですか?」

ないです。

「えー。じゃあ、最初の留学はHELPマーティンス校なんですか?」

そうです。3カ月で行きました。

「僕は初級には絶対オススメしない学校ですよ。」

私もオススメしないです…。

「バギオはどうでした?」

私はタイのバンコクに住んでたので、アジアはなんとなく分かってました。特に問題はなかったです。それに、HELPは韓国のスパルタの学校なので、外に出れないんです。正直バギオの街を感じる機会は少なかったです。治安はよかった。

フィリピンの避暑地バギオの街並

「HELPの授業はどうでした?」

最初の1カ月をマーティンスでやって、ついていけなさすぎて毎日ストレスだったんです…。

それで、マーティンス校は私には無理だってマネジャーに相談したら、特別にロンロンに編入することになって、残りの2カ月はロンロンで過ごしたんです。

「入るときはロンロンに行けないのに、編入だったら行けるんですか?」

特例だったんですかね。分かんないですけど、とにかく「ここでは無理です。」って必死に訴えました。

「そのとき、ロンロンに日本人はいたんですか?」

いました。でも、結果的に2つ知れたので良かったです。

HELPマーティンス校

「マーティンスに行ったときのレベルは?」

1番下でした。最初にレベルチェックをヘッドマネジャーがやるんですけど、本当に簡単な受け答えですね。

「TOEICはそのとき何点でした?」

TOEICは全然興味がなくて受けたことないんです。

「マーティンス校の1カ月は、どんな感じで過ごしたんですか?」

とにかく環境に慣れるのと、テストや宿題をこなすのに精一杯。基礎がないのに難しいことをやらなきゃいけないストレスと闘ってました。

「勉強内容がレベルにあってないと本当に非効率ですよね。」

はい。良くなかったと思います。先生は「基礎がない子でも、1カ月、2カ月やってるから、あなたもやればできるよ。」みたいに励ましてくれるんですけど、基礎からやりたいのにそんな授業はないし、先生も用意してないんですよね。中級の生徒ばかり教えてるから。

「どんな授業をしたんですか?」

マンツーマンクラスとグループクラスがあるんですが、マーティンスは教科書がないので、先生と会話しながら模索です。こんな授業やってみようかみたいな。1番楽しかったのは、英語の歌の授業。先生と一緒に歌詞を見ながら勉強するのが1番楽しかった。とにかく楽しくできる授業を模索してました。テストは全部パスしました。

「毎日のテストはパスできるんですか?」

やるフリだけ。やっても無駄だと思いました。自分にとって、テストは一切必要なかったので。

「でも、朝、夜のテストは英語の勉強にはいいんじゃないの。ディクテーションとか。」

でも、単語のテストは自分には難しすぎて。レベルがあってなかった。

「周りの生徒のレベルは高かったですか?」

人によりますね。

「初級だけど紛れ込んでしまった生徒は他にもいたんですか?」

いました。みんな苦しんでました…。

「何で入学させるのかな…。」

そのときは、マーティンス校にしか日本人は入れなかったんです。

「そのルールが意味が分からないですよね。生徒にとって、いい理由はないし…。エージェントの都合かもね。韓国人はレベルが高いんでしょ?」

高いです。日本人は凄くレベルが高い人と、私みたいに紛れ込んじゃった人がいました。

「マーティンスでは1日何コマ取っていたんですか?」

マンツーマンクラスを4個か5個で、グループクラスが1個で、フリークラスが1個ですね。1日中、勉強していました。平日は外出できないし。

「土日も?」

日曜は友達と買物に行く位ですね。でも、本当に缶詰で勉強してました。みんな勉強してます。マーティンスの生徒はみんな本気です。

「マーティンス校では、泣いてる生徒がポツポツいるんですけど。」

私も泣きました。自分ができなさすぎるのが、情けなくて…。

「やっぱり泣くんだ…。まわりと比べちゃうんですか?」

やっぱり比べちゃいますね。あとレベルテストがあるんですけど、本当にできなくて、泣きました。先生の前で、できないですって…。

「先生はなんて言うんですか?」

大丈夫だよって慰めてくれました。日本人のマネジャーさんもすごいよかったです。凄く相談にのってくれました。

「マーティンス校の1カ月で変化は感じられたんですか?」

正直、全然でした。模索です。勉強の仕方が分からない。

HELPロンロン校

それでロンロンに見学に行ったんです。

「韓国人ばっかりでしょ?」

韓国人ばっかり。当時、日本人の受け入れが始まったばかりだったんです。200人位中の10人位の日本人。

「他の初級の生徒も一緒にロンロンに行ったんですか?」

いえ、私だけです。たぶん、私だけが行きたいって言ったんだと思います。私は基礎から勉強したかったんです。

見学に行ってロンロンで勉強しようと思いました。雰囲気が凄く良かったんですよ。「学校」みたいな。自然豊かなところも気に入って。

バギオのHELPロンロン校のグランドにはバスケットゴールあり

「ロンロンはちょっと街から離れますけど、本当にキャンパスですね。」

良かったです。英語が喋れないことを受け入れてくれる環境なので。

「マーティンスは受け入れてくれないんですか?」

英語が喋れる前提で先生が授業をやるんです。カリキュラムも違います。マーティンス校ではグループクラスで下のレベルに入れてもらっても、先生が黒板に書く単語がすべて分からない…。

「ロンロンでは、易しく説明してくれるんですか?」

そうです。ABCから始める生徒が集まる学校なので。でも、ロンロンでもちょっと問題が起きたんです。

私はマーティンスから来たから、ちょっとできると思われて。マーティンスで少し勉強してるので、ちょっと難しい単語とか知ってるんですよ。最初のテストでちょっと喋れるから、結構レベルが高いクラスに入っちゃって。

ロンロンのレベルは5段階で、みんなは最初は1とか2からなんですけど。私はレベル3に入れられたんです。そこでもちょっと辛かった。基礎からやりたかったので。

でも、そのときの先生やグループクラスの子が凄く良くて、みんなが助けてくれて、私も頑張ったので、結果は良かったですね。レベル3のクラスは私よりできる生徒ばかりだったので、必死について行きました。

バギオで評判のHELPロンロン校に留学した生徒の体験談

「2カ月頑張ったんですか?」

頑張りました。面白かったのが、マーティンスだと先生に日本語英語が通じるんです。先生が日本人に慣れてるから。

でも、ロンロンは全然通じない。ロンロンはまだ日本人が少ないから日本人の英語に慣れてないんです。だからロンロンでは凄い発音を直されました。授業中も先生が凄い丁寧に指摘してくれました。

ロンロンでもマーティンスでも、先生が授業中にノートを取ってくれて、あとで渡してくれるんです。すごいよかったです。最初の1カ月位は結構発音を直されました。

「発音に変化は表れたんですか?」

んー…、そうでもないような。やる順番が逆でした。初級は絶対にロンロンから行ったほうが良いと思います。

「マーティンスの授業は、明確なカリキュラムはなくて、生徒と先生が授業を決めていく感じでしょ。ロンロンの場合は指定されるんですか?」

ロンロンも同じでした。ただ、帰国する2週間前か3週間前に、急に教科書ができたんです。いきなり買わされて「これでやりなさい。」みたいな。先生も凄く困惑してて、なんで急に変わるのかなみたいな感じでした。

「2014年当時はまだ教科書が整備されてなかったのかな。今は、ロンロンはカリキュラムがあると聞いてますね。」

当時はレベル毎に教科書があって、リーディングやりたい、ライティングやりたいって選んでました。

「ロンロンではどんな授業を選んだんですか?」

わたしはスピーキングだけです。でも結局、やりたいことをやらせてもらってたような気もしますね。極秘で。

「ロンロンの2カ月で進歩はみせたんですか?」

最終的にレベル4までいきました。

HELPロンロン校とマーティンス校の違い

私は初級だったのもありますけど、ロンロンは規模が大きいので居心地よかった。マーティンス校は規模が小さいから人間関係がちょっと面倒でした。

「マーティンスのほうが英語レベルは高いですか?」

高いです。マーティンス校でやってるのは基礎が全部終わった人がやる授業なので。

「ロンロンに行ってたときと、マーティンスに行ってたときで、勉強に対するスタンスって変わりました?」

全然、変わりました。マーティンスのときは「勉強しなきゃ。」みたいな。義務みたいな感じでした。全然、楽しくなかった。

でも、ロンロンに行ったら「とにかく楽しくやることが重要だ。」みたいなことを先生が言うんです。それで、できなくてもいいや、って思うようになって。英語をできなくて当たり前なんだよ、ってところから教えてくれるから、心が楽になって楽しくなりました。

「自分のレベルにあった授業を受けるのは本当に大事。」

あと、マーティンス行って、ロンロンに行ったら、英語の勉強は量じゃないんだなって思いました。たくさん勉強すれば伸びるわけじゃないって自分では思った。

「量じゃないなら何なんですか?」

自分にあったやり方で、楽しくストレスなく勉強することが、私にとっては良かったのかな、と今は思ってます。

「重要なことは楽しむことってことですか?」

そうですかね。

「1日の勉強量は同じ位ですか?」

ロンロンよりマーティンスの時のほうが、たぶん勉強してた。寝る間も惜しんで勉強してました。みんなやってるので。マーティンスでは当たり前。

「ロンロンになると、もうちょっとリラックスしながら?」

まず決めたのが、授業を受けたら、その日に絶対に授業の復習をする。ロンロンは余計なテストとかないので、復習に集中してました。後は映画を観たり、友達とお喋りしたり、そういう時間を大切にしました。

「日常会話ができる人が、もしフィリピン留学するなら、ロンロンよりマーティンスのほうが良い?」

マーティンスのほうが良いと思います。というのは、周りの生徒が喋れるから。次の段階に行きたいなら、マーティンスがオススメです。

「HELPで残念なことはなかったんですか?」

あまり感じないですね。良かったことのほうが多くて。でも、やっぱり、なんで最初にマーティンスに行っちゃったんだろうって思いますよね。でも、行って良かったなと凄い思います。今も思ってます。

留学後、サクラホテルに就職

「HELPの3カ月で手ごたえは得たんですか?」

帰ってきて、今はここ(池袋のサクラホテル)で働いてるんですけど。英語を使う仕事を受けてみようって思えるようになりました。

「元々サクラホテルで働いてたんですか?」

違います。日本に帰ってきてからです。本当はホテルの仕事を海外でしようと思って、タイでインターンしようと思ってたんです。

でも、色々あって、サクラホテルは憧れの場所だったので、一か八で応募したんです。英語面接に通ったので、留学の効果はあったと思います。

「バギオに行く前なら、サクラホテルに申し込もうとも思わなかった?」

思わないです。

「サクラホテルでは何してるんですか?」

ホテルのレセプションです。サクラホテルは外人がいっぱい来るんです。9割が海外からのお客様です。働き始めてちょうど1年経ちますね。

「外国人旅行者に有名ですよね。」

そうですね。私も知ってたので。ちょっと憧れのホテルみたいな。

「英語で対応してるんですよね?」

やってます。

「仕事の中で英語力の進歩は感じられたんですか?」

んー…、たぶん傍から見たら、伸びたねって言われると思いますけど、自分の中では全然です。英語って勉強すればするほど、分からないことが増えるじゃないですか。

何年も英語圏にいたスタッフが多いのでペラペラなんです。それに比べて、私は3カ月なので…、やっぱり無理が出てきて。分かるんだけど凄く簡単なことが出てこないのがストレスで。それで、冬休みが2週間もらえたので、もう1回バギオに行ったんです。

「その間は日本で勉強してたんですか?」

やってたと言いたいですけど…。やってなかったですね。2回目のフィリピンに行って帰ってきてからのほうが勉強してます。

「就職したら仕事に慣れるのも大変ですからね。それでもう1回、勉強しようと思って留学したのが昨年末?」

今年です。2016年1月。

(2016年2月11日(木)池袋サクラカフェにて)

2回目の留学はバギオのBONDS、発音授業とオリジナルメソッドがよかった!

このインタビューの生音声は下の再生バーで聞けます。

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

クーポン
BONDS (バギオ)

超初級に対応した独自の日本語教材とメソッドが評判!発音重視!格安!

HELPマーティンス校 (バギオ)

英語に集中できる中級向けスパルタ校、入学条件はTOEIC680点以上、IELTS対策にオススメ

HELPロンロン校 (バギオ)

初級に教えなれた先生が多いスパルタ校、生徒は韓国人ばかり

この記事の関連口コミ

人気の口コミ