海外の大学のビジネスサークルでスタートアップを学ぶ!ニュージーランドの大学生に聞きました!

海外の大学のスタートアップサークル
20代男性、期間1年

ニュージーランドの大学ではサークル活動も頑張っています。スタートアップサークルで仕切らせてもらってます。スタートアップを学ぶサークルです。それがすごく大変です(笑)。海外の人はみんなすごく主張があるんです。それをまとめるのが難しいですし、しっかり自分の主張を伝えるのも難しいです…。また壁にぶつかってます…。

ニュージーランドの大学は比較的真面目なサークルが多いです。社会に出たときに役立つようなサークルが多くて、大学や企業と提携しています。硬いイメージがありますね。遊ぶ系のサークルもありますけど、少ないです。大学の授業とは関係ないけど、生徒が運営しています。

日本の大学だったら、サークル勧誘とかあるでしょ。そういう感じですか?

いえ、ビラを作って勧誘とかはないです。サークルに入らなくてもいいです。大学には学生用のウェブサイトがあるんですけど。そこにサークルやクラブの情報ものっているんです。自分はそれを見て、スタートアップサークルに問い合わせました。

サークルは誰でも入れるわけじゃなくて、インタビューがあります。落とされることもあると思います。ちゃんとしたメンバーを集めたいんだと思います。

サークル活動をしていると就職に有利なの?

レジメには書けます。日本の大学生がインターンをやる感じかもしれません。コネクションを作るためにサークルに入る生徒もいます。

インターナショナルスチューデントのクラブもあります。そっちはみんなで集まって遊ぶ感じです。楽しい系もあります。でも、わいわい系よりITサークルとか投資サークルとかのほうが多いです。すごく勉強になります。

希望すれば生徒がサークルを作ることもできます。それでメンバーを募集して、メンバーを揃えていくんです。以前は日本人の集まりのサークルもあったそうですけど、いまは誰も管理してないみたいです。だから、学校スタッフに「やってみる?」って言われたけど、断りました(笑)。

コンピューターサイエンスを専攻している生徒は課題が多くて忙しそうです。内容も難しくて。そういう人はサークルに入る余裕もないかもしれないです。

スタートアップサークル

いま僕が入っているのは、スタートアップサークルだけです。みんな卒業していくので、人が入れ替わっていくんです。いまは8人ぐらいの少人数で、動いているのは自分含めて3人だけです。みんな真面目で、意識が高い人が多いです。

発起人は就職したので、今はマットという人が代表をやっています。自分はマットが主催したイベントに行って、いろいろ手伝っています。

具体的には何をするんですか?

どういうイベントをするか決めて、大学に確認して、スタートアップ企業にコンタクトを取ります。イベントが決まったら告知ポスターを作ります。ニュージーランドに戻ったらすぐやらないといけないです(笑)。

いまはそういうイベントがメインです。どのようにスタートアップするか学ぶ感じです。でも、内容を変えることも可能です。自発的にやればなんでもできます。

イベントは半年に2、3回開催していて。30人から50人です。起業家にオファーしたら、大学での公演は無償でやってくれるんです。だいたいお礼にワインを渡してますね。でも、大学側がお金を出してくれる場合もあります。

スタートアップの内容は専門性が高くて難しいです。修羅場をくぐってきている人ばかりなので話は難しいです。でも、すごく刺激をうけられます。英語ができないとできないですね。自分はまだわからないことが多いです…。

正直、イベントを運営するのが精一杯で、内容にはついていけてないです。でも、それでも価値があると思っています。いい経験ができていると思います。

ニュージーランドでは就職するより起業するほうがメジャーなんですか?

そんなことないです。いい学位をとって、就職するほうがメジャーです。日本と同じです。スタートアップの情報も研究しつつ、いい就職をしたい人が多いと思います。

集まる生徒を見ていると、ニュージーランドから出たことない現地人より、海外から来たインターナショナルな生徒のほうが将来のことを真剣に考えています。現地の人はノホホンとしていて、あまりシリアスじゃない傾向がありますね。

(2022年9月15日 セブ)

編集後記

日本でも積極的に動けば同じような経験はできると思います。ただ、海外でやると間違いなく英語が鍛えられますね。お話を聞いて関心することばかりでした。

体験談に出てくる学校

EV Academy (セブ島)

フランス人経営の老舗で本気のスパルタ校!英語漬けを望むならオススメ!

海外大学の留学体験談

必読のフィリピン留学体験談

中谷 よしふみ

中谷 よしふみ

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は103校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタント。著書:英語は「フィリピン」で学べ!

留学相談する