フィリピン格安親子留学は本気でオススメ!ドゥマゲテで子供に英語の楽しさを感じて欲しい!

親子留学の問い合わせがすごいあって、フィリピンの治安が不安、英語の訛りが心配とかいろいろ聞かれますが、僕は親子留学の体験がないので正直よく分からない。子供にとって本当にフィリピンが良いのだろうか。

子供は文法を勉強して英会話を学ぶわけじゃない。日常の中で学ぶ子供にとってはやっぱりネイティブ環境のほうが良いのではと思ってました。

フィリピンの親子留学のリアルな感想

安達由恵、36歳(当時35歳)女性、期間は5ヶ月(2012年)

そんな中、フィリピンのドゥマゲテに8ヶ月親子留学していた安達由恵さんを紹介してもらいました。旦那さんとはグアテマラで知り合って中南米横断をした旅人家族。世界20カ国(通算2年)以上を旅したようです。そんな家族が、子供の教育に選んだ場所がフィリピンのドゥマゲテ。そこで、最高の体験をした彼女は、その体験を電子書籍にして、親子留学の無料サポートをしてるそうです。是非話を聞きたいと思って連絡させて頂きました。

ドゥマゲテ親子留学体験談

「ドゥマゲッティは行ったことないんですよ。セブ島の南ですよね?」

そうです。

「リタイアの方が多いんですよね?フィリピンは英語が通じるから、英語圏の人がリタイヤして住んでますよね。他のエリアは女性目当ての年寄りが多いんですけど、ドゥマゲテはどうなんですか?」

同じかも(笑)。やっぱ女性目当てのリタイヤも多い。けど、移住してる家族も多いですよ。ドゥマゲテは国内移住者が一番多くて、外国人率が高い街でもあるんです。

「ドゥマゲッティじゃなくてドゥマゲテ?」

ドゥマゲテですね。

「教育に力を入れてる街なんですよね?」

ドゥマゲテは10万人の人口のうち、3割が学校関係者と言われてます。学園都市なんです。語学学校はまだ少なくて、大学が多いんですよ。だから、アジアからの留学生が多かったし、フィリピンの人の学生も多いです。

「イロイロが教育都市と聞いてたんですが、ドゥマゲテもなんですね。ほとんどの人がドゥマゲテを知らないと思うんです、ちょっと行きにくい場所ですよね?」

フィリピンで格安親子留学

セブ島の隣のネグロス島で、セブと同じビサヤ諸島です。セブ島の南部から30分ぐらいボートに乗れば行けます。

「でも、セブ島の南部に行くまで遠いでしょ?」

セブシティからだとバスで5時間ですね。飛行機だと30分ぐらい。ただ、セブからもマニラからもLCCのプロモを使えば1000円ぐらいで行けます。地方都市で名古屋みたいな感じ。

「日本資本の学校もポツポツできてきてて、僕は最近知ったんです。まだドゥマゲテってマイナーでしょ。どんな経緯でドゥマゲテに行ったんですか?」

親子で住む町を探してたんです。セブ、バギオ、クラーク、イロイロ、バコロド、ボラカイ、パラワンで探してたら、偶然ドゥマゲテを見つけたんです。旅の経験上、長期滞在者が多い町は住みやすいことが多かったので気になったんです。で、せっかくなら英語も勉強しようと思ったんです。

「それは子供の教育のため、それとも自分たちの英語学習のため?」

主人が英語を勉強したかったんです。子供は英語というより、楽しく過ごしてもらって、英語に慣れてもらいたいなって感じでした。それで、現地の幼稚園に入学しようと思ったんです。

「普通、親子留学と言うと、親子揃って語学学校に入学するイメージですけど、旦那さんは語学学校に入って、子供は現地の幼稚園に入ったと。」

はい。ただ、子供が2人いるんですけど、下の子は幼いから幼稚園に入れないんです。それで、ヤヤさんってお手伝いさんがいるんですけど、1ヶ月5000円ぐらいで、8時から17時ぐらいまで家事をやってくれるんです。洗濯、料理、ベビーシッターとか何でもやってくれるんですけど、家庭教師をお願いすることもできるんです。

「なるほど。」

私は英語が喋れるようになりたかったんですけど、文法は自分でやろうと思ったんです。

「世界中を旅してるから英語は喋れるでしょ?」

いや、doとdoseの違いも分からないし、りんごを持ってないも、I haven’t apple. みたいな感じで。全然文法を知らなかったんです。それも、何が間違ってるか分からなかったんです。旅行も半分ぐらいはスペイン語圏だったので。

「コミュニケーションはできたけど、英語はめちゃくちゃだったと。」

そうなんです。

家庭教師との英語学習

「で、ドゥマゲテで家庭教師を雇ったんですか?」

はい。家庭教師とベビーシッターをお願いしたら、一日中家にいるじゃないですか。

「旦那さんは学校に行って、ご自身は家で育児しながら、家庭教師で勉強したと。」

はい。ひたすら喋り続けました。買い物に行く、乗り物に乗る、ゴミを捨てるとか日常生活を全部英語でサポートしてもらうんです。常に先生が近くにいるから、生活を通して勉強ができるんです。

「8ヶ月いたんですよね?」

ドゥマゲテは5ヶ月です。残りの3ヶ月はフィリピン国内を旅してました。

「じゃ、ご自身は学校には入ってないんですか?」

行ってないです。お手伝いさんとずっと喋ってました。

「文法は自分で勉強してたんですか?」

はい。行く前に「英文法のトリセツ」を3冊を読みました。あと、瞬発力を養うようなCDとか聞いてました。英会話なるほどフレーズって本ですね。それで、現地で使いそうなシーンの単語をピックアップしたんです。家を借りたり、幼稚園に入れたいとか、値切ったりとか。そういうシーンの英語を準備しました。行く前の3ヶ月間ぐらいで詰め込みこみましたね。

「しっかり準備したんですね。それでドゥマゲテに乗り込んできて、喋りまくったと。でも、お手伝いさんは英語の先生じゃないんですよね?」

ただ、雇ったお手伝いさんはフィリピンの大学のトップ3に入ってる学校を卒業してて、アメリカのコールセンターでも働いてた経験もあるんです。だから、先生として遜色なかったです。

「手伝いさんはどうやって探したんですか?」

家を探してる時にたまたま出会ったんです。子供の面倒をすごい見てくれてたので、電話して、うちでバイトしないってスカウトしたんです。

「個人的にお願いしたんですね。」

ドマゲテで家庭教師兼ベビーシッターをお願いしたリッザ(男性はリッザの彼)

実は、最初は1週間だけ家庭教師をお願いしたんです。でも、下の子供がまだ2才で、すごい手がかかったので、落ちついて勉強ができなかったんです。これは無理だなと思って、お手伝いをしてもらうことにして、生活の中で、私の英語が間違ってたら、どんどん直してもらうようにお願いしたんです。そしたら、すごく指摘してくれて、ノートにびっちり問題を作ってくれたりしたんです。

「その熱心さはスゴイな。いい人に巡り会えたんですね。」

フィリピンの幼稚園

「上のお子さんは幼稚園なんですよね。幼稚園ってどれぐらいの期間から入れるんですか?」

私たちは3ヶ月でしたけど、幼稚園には1ヶ月から入学できますよ。

フィリピンのインターナショナル幼稚園に通う子供達

「現地の幼稚園の生徒はどこの国が多いんですか?」

フィリピン人もいるし、外国人もいます。学校によって違うんです。私の子供はインターナショナルに入学しました。フィリピンの学校はパブリックとプライベートがあって、パブリックは基本的にフィリピン人しか入れないんです。けど、外国人が入れるパブリックもあります(笑)。

「さすがルールがあってない国のフィリピン。でも、値段が全然違うんでしょ?」

外国人はどうか分からないですけど、パブリックは無料です。で、プライベートは1ヶ月800ペソぐらいからあります。

「1ヶ月2000円もしないのか。安いなあ。」

費用が格安なんですよ。うちらのインターナショナルは月2000ペソでした。4才からで、授業内容は、算数、ライティング、リーディング。いきなり勉強が始まるんです。

フィリピンのインターナショナル幼稚園。4才からで、授業内容は、算数、ライティング、リーディング。

「お金持ちがくるんですか。外人もいるの?」

いましたね。移住してきたイギリス人とか。でも、メインはお金持ちのフィリピン人。上の子はハローも言えない状態で幼稚園に入れたんですが、2週間後にはちょっと英語を喋るようになってました。友達と遊んで「待って」って言ってたのが、「Wait for me」に変わってて。子供は馴染むのが早いです。8ヶ月終わった時は、15個ぐらいのセンテンスで話してましたね。

フィリピンのインターナショナル幼稚園で遊ぶ子供達

「幼稚園はインターナショナルだから全部英語ですよね?タガログとかビサヤ語とか使わないですよね?」

パブリックは休み時間は現地の言葉で喋ったりしますが、プライベートは現地の言葉を喋ると罰金の学校もありますね。

「クラスメートにネイティブもいるんですよね?」

基本的にフィリピン人のお金持ちです。その中に、数人ネイティブがいる感じです。値段とか学校によっては、外国人100%もあります。私の学校は、先生はフィリピン人で英語で授業でした。

フィリピンのインターナショナル幼稚園

「2週間で英語を喋りだしたなら、5ヶ月もいたら結構も喋れるようになりますよね?」

はい。例えば、ボートに乗って、シュノーケルにするじゃないですか。珊瑚は踏むと死んじゃうんだよって教えてあげると、急に周りの人に怒りだして、「Don’t stamp coral because it will dead」って言ってました。

「逆に日本語は?」

普通に喋ります。家では私は日本語なので。

「じゃ、日常生活は日本語も英語も問題なくなったんや。小さい子は?」

ルー大柴みたいになってましたね。「Be careful it’s 痛い」とか、そんな感じ。

「わはは。それで、日本に帰って、日本の幼稚園に入れたんですか?インターナショナル?」

いえ、普通の学校です。今は全然英語を使ってないので英語はどこかにいってしまいました。けど、ドゥマゲテでできた友達が日本に来たり、スカイプで連絡をもらったりするので、そういう時は英語で喋ってますね。

「英語を使う機会は全然ないけど、残ってるんですね。」

だけど、努力しないとダメなんです。ちょっと面白い話なんですけど、私の周りは通訳とか翻訳とか英語の仕事をしてる方が多いんです。だけど、小さいころに勉強してた方は見事にいないんです。それで、どうしたら英語が喋れるようにようになるの?って聞いたら、努力しないといけないって言うんです。幼稚園ぐらいまでカナダで過ごしてた友達は、英語は全部なくしたって言うんですね。日本にいると、努力しないと消えちゃうんです。ただし、面白いのが、小さい時に楽しかった記憶があるので、大きくなってからもう一度自分で勉強するんです。

「なるほど!」

意識が外に向くのが大事だと思うんです。

「すごい重要だと思う。日本人って未経験のことにメンタルストップがかかってると思うんです。でも、一度経験すると外れるでしょ。僕も、昔はフィリピンに来るのは大冒険だったけど、今は東京から関西に帰るのと同じですよ。香港に友達がいたら、香港に行くのは自然。行動エリアが広がるし、海外が特別なものじゃなくなる。幼少の時に英語が喋れても、忘れるなら意味ないって考える方もいると思うけど、僕はすごい価値あると思う。外国人とのコミュニケーションの楽しさが残ってる人は、その後に勉強したときに絶対上達すると思う。」

親としては子供が英語を喋れるようになったら嬉しいけど、そこまで期待してなくて、楽しんで、英語が好きになることが大切だと思うんです。息子は恐竜が大好きなんですけど、ナイル川周辺のスピルザウルスが大好きなんです。スピルザウルスの骨を探したいから、エジプトのナイル川に行かないといけないと思ってて、そのためには、この言語が必要だって考えをもう持ってるんですよ。本当にやりたかったら、本人がやると思うので、そういう気持ちで親子留学をサポートしたいと思ってるんです。

「すごい良いですね。留学って英語が目的だけど、それ以外の価値もありますからね。子供にとって英語が好きになるって、すごい価値がありますよね。英語学習は留学だけで終わらないから、ちゃんと理解して行くのは大切と思う。安達さんは旅スキル高いと思うので、みんなが現地の幼稚園に行けるか分からないけど、語学学校行くより現地の幼稚園に行くほうが子供にとっては価値があるように思いますね。」

また友達に会いたいって言いますからね。

出産祝いはパスポート

「世界中を旅してたから、もともと旅行英語はできたわけでしょ。留学の効果はあったんですか?」

英語アレルギーがなくなりました。英語の文章を見た時に、読む気持ちがおきなかったんですけど、抵抗がなくなりました。中学校の基礎英語もなかったので、本当に分からなかったんです。だけど、基礎が分かって、あとは単語だと思ったんです。ある程度文法を覚えたら、どんどん使って、慣れるのが大事と思って。それで、自分の必要なことや、興味あることをやってました。音楽がすごい好きなので、好きな音楽を永遠にシャドーイングしてたんです。

たとえば、子供は「アナと雪の女王」が好きなんですけど、車を運転しながら、ずっと聞いてるんです。とにかくシャドーイング。そしたら子供も歌えるようになってるんですよ。で、後で、歌詞を見たり、分からない単語を調べたりしてたんです。ワンピースが好きなので毎週英語のワンピースの漫画を読んで、分からない言葉を日本語のワンピースを読んで確認したり。

「それって、自分で編み出した勉強方法?それとも、楽しいことをやってたら英語学習に繋がったの?」

どっちだろ。ドゥマゲテにいる間は英語を勉強したいと思ってました。たとえば、CATVが無料で見れるんですけど、1日中ディズニーのアニメがやってるんですよ。子供もアニメだったら見れるから、一緒にテレビを見てたら、いつの間にか英語のクイズに子供が英語で答えてるんです。

「英語が溢れてるから、その環境をうまく使ったんですよね。性格もあると思う。」

親子留学サポート

「親子留学の相談をやってるんですよね?」

グローバル化って自然に入ってくることだと思ってるんです。子供に英語を学んでもらうのも大事なんですけど、子供の中から出てくる興味を引き出してあげることが大事だと思ってるんです。だから、世界を楽しんでもらいたいんです。

「スカイプでやるんですか?」

はい。自分で親子留学をやってみたい方を対象にスカイプで相談にのってます。家とかお手伝いさんを探したりするのは難しい人には、サポート付きのパッケージもあります。

「相談されたら、カウンセリングをするの?」

そうですね。時期と何がしたいのかをまず聞きます。留学したいのか、移住したいのか?遊びたいのか、英語が喋りたいのか。

「2週間とか短期もあるんですか?」

短期もありますね。一番多いのが夏休みの親子さんですね。

「現地の幼稚園を提案するんですか?」

人によります。1、2週間なら語学学校のほうがいいですね。入口として。

「その場合も、学校で英語を勉強するというより、英語を楽しむみたいなスタンスなんですか?」

そうですね。一番は子供に英語が好きになってもらうこと。子供が続けたくなることだと思うので。それが、親としての気持ちなので。とにかく子供に楽しんで欲しい。逆を言えば、楽しければ何だってできると思うので、子供が楽しいことを考えます。

「親子留学向きの学校ってあるんですか?」

ありますね。学校に聞くしかないんですけど、紹介できるのは知ってる学校だけです。でも、基本的にサポートだけですね。

「子供って日本で勉強してから来るんですか?」

まちまちですね。インターナショナルに通ってて、夏休みに英語を伸ばしたい子供もいるし、まったく英語ゼロで外国を知ってもらいたくて来る親子もいます。本当にまちまち。

「他は、何をヒアリングするんですか?」

英語レベルとその子の性格ですね。うちの子供は人見知りはないんですけど、2ヶ月ぐらい孤独な時間を過ごしてる子供もいます。だから、性格によっても変わりますので、お母さんに子供の性格も確認しますね。

「今日会うまでは、フィリピン親子留学はちょっと懐疑的だったんですけど、親子留学いいかもしれないですね。だって、韓国では親子留学は当たり前でしょ。実績はもうあるし、やっぱり使い方次第ですね。」

フィリピンに行く韓国人の留学生は年間10万人なんですけど、その半分が小学生とお母さんの親子留学なんです。それは、ホストファミリーや学校を紹介するサポートが整ってて、来やすいからなんです。でも、日本人のエージェントは語学学校を紹介するだけが多いんですね。私がやりたいのは、韓国のように生活の中に英語を組み込むことなんです。現地の学校に入学して、足りない部分を語学学校で補うんです。

「語学学校がメインじゃないんですね?」

はい。現地の学校に入学するんです。幼稚園、小学校、中学校、高校。外国人が現地の学校にいきなり入れるのは、世界でもすごい少ないんです。それが出来るのがフィリピンなんです。

「だとしたら、日本人の高校生とか大学生も語学学校じゃないほうがいいの?」

ただ、その場合は英語力が必要になるんです。小学校を越えると英語証明書が必要なんです。でも、幼稚園は大丈夫なんです。

「なるほど。勉強なるわ。」

小学校で全然英語が喋れないと、現地の学校は難しいので、その場合は語学学校を薦めてるんですよ。

「それを聞くと、小学校前に経験して欲しいね。」

そうなんです!

「どれぐらいの期間がオススメなんですか?」

できれば最低でも1ヶ月。難しい場合は2週間。1週間は短いですね。2週間だったら楽しんで帰ってもいいんじゃないかな。夏休みとか使って。問い合わせも夏休みが多いです。

「治安を心配する方も多いと思うんですが、ドゥマゲテは治安がいいんですよね?フィリピンの中だとドゥマゲテがオススメなんですか?」

はい。フィリピン国内を13カ所ぐらいまわったんですが、ドゥマゲテはダントツで住みやすい。インフラが整ってるんです。イミグレや24時間の大学病院がある、イオンみたいなスーパーで日本食を買える。交通手段も24時間稼働してるんです。

「夜中も?」

夜に2時まで飲んでても、トライシクルは絶対に拾えます。例えば、私と2人の子供の弱小3人で夜の10時にドゥマゲテの街を歩いてても危険を感じないです。

「そんな場所がフィリピンにあるんですね。」

世界安全指数っていうのがあるんですけど、ドゥマゲテは東京よりも安全なんです。フィリピン全体で見ても、都会はやっぱり悪いですけど、田舎はそんなに悪くない。

「フィリピンに限らず都会は治安は悪い傾向がありますね。マニラやセブはトラブルをやっぱり聞きますけど、田舎はおっとりしてますよ。」

ドゥマゲテのロクシン語学学校

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

クーポン
SPEA (ドゥマゲテ)

実践的な英語をドゥマゲテの街中で学んで脱初級を目指せ!

ロクシン (ドゥマゲテ)

通学可能な小規模学校

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。