フィリピンの衛生状態

フィリピンの衛生状態は日本と比較すると当然悪いです。不衛生がダメなキレイ好きの方や、初アジア旅行の方にはツライと思います。ゴキブリ、ハエ、アリはいっぱいいますし、トイレも日本のようにキレイではないです。そのつもりで旅行や留学して下さい。

空気

空気が合わなくて、咳が止まらない人とか、じんましんが出てた人もいました。特にマニラは交通渋滞で空気が悪いので、器官系が弱い人は避けたほうが良いです。マニラで咳が止まらなかった人がバギオではまったく咳が出てなかったので、場所によって大きく違うようです。僕も器官系は強くないですが、僕はマニラでも大丈夫でした。

トイレ

あと、衛生面で気になるのがトイレ。トイレが流せない学校もあります。そういう場合は、紙はトイレの横のゴミ箱に入れます。インドのように紙がないわけじゃないですが、不衛生がダメな人はトイレットペーパーを携帯してたほうが良いでしょう。大丈夫だろうと思ってトイレの紙を流して詰まらせて悲惨な目に合ってる方も多いです。

蚊・ハエ

僕は現地で蚊に噛まれたところが長い間グチュグチュして治らなかったので、日本に帰ってから病院に行きました。デング熱もあるので怖いですね。蚊やハエが多いので、衛生環境を気にする方は虫除けスプレーは持ち物としてマストでしょう。衛生面でのオススメ持ち物でよく聞くのが、アリの巣コロリとか、コンバットとか虫対策が多いです。

そういうわけで、靴下は長いのがオススメです。足首防御のために。

たくさんの日本人が行ってるので、衛生面を過剰に心配する必要はないですが、潔癖性の人は心してたほうが良いと思います。韓国人経営と日本人経営の学校を比較すると、日本人経営の学校のほうが衛生面は良いことが多いです。とはいえ、フィリピンは日本とは違います。過剰な期待はやめましょう。

ほとんどの人が衛生面には慣れると思いますが、衛生面は心配無用と言ってる人は、勧誘する気持ちが強すぎる人か、日本で平気すぎる強い人だと思いますので、気になる人はしっかり衛生面も対策を準備しておきましょう。