フィリピンでタクシーに乗る時の危険度を下げるために知っておくべきこと

僕が始めてフィリピンに行ったのは2012年。マニラのタクシーが危険で最悪だと思いました。メーター使わないし、ぼったくりがヒドい。

フィリピンのタクシートラブル対策

最近トラブルにあわなくなりましたが、それは僕が慣れたからなのか、治安が良くなってきてるか分かりません。ので、僕がタクシーに乗る際に、注意してることをまとめます。マニラだけでなくセブでもタクシートラブルが増えてきてるので注意してください。

タクシーに乗る際の注意点

  • タクシーが走ってすぐにメーターが動かなければ、メーターを使って下さいと言う。(英語に自信なければ、メーター、メーターと言って、メーターを指差せばいいです。)
  • メーターを使わなかったり、追加料金を要求してきて、面倒だなと思ったらすぐに降りる。(人通りがないところで降りると余計面倒なので、すぐ判断する。)
  • メーターが40ペソから始まってることを確認する。(セブで140ペソから始まってるタクシーに乗ったことがあります。)
  • メーターが異常な速度で上がらないように、たまにメーターを見てるアピールをする。(ごく稀に、メーターをドライバーが上げられるように改造してるタクシーがあるそうです。僕は遭遇したことないです。)
  • スーツケースはトランクでなく、できれば座席に置く。(トラブルの時にトランクを開けないドライバーがいるため。)
  • 小銭は絶対用意しておく。(500ペソで払うと、お釣りないと言うドライバーが多い。)
  • GPS付きのスマホが使えるようにして、現在地を確認できるようにしておく。
  • とにかくフィリピンを褒める。彼らは中学生みたいな感じです。仲良くなればトラブルの可能性は減ります。
  • ヘンなことを言ってきたら笑う。えっ、冗談でしょ?みたいな感じで。トラブルになっても冷静に対応する。絶対怒らない。ケンカしない。(逆上したら怖いので。)
  • タクシー料金の相場は調べておく。

フィリピンを褒める英語(例)

僕はタクシーでは英語で話すようにしてます。仲良くなればトラブルは起きません。褒めまくってください。英語が間違ってたらすいません。

This is not my first time to come here. I came here to study English 3 years ago. To be honest my image about Philippines was very bad. Because everybody said Philippines is very dangerous. But after I came, The image was changed. So Filipino is very kind and have hospitality. Right?

この体験談の関連口コミ

関連記事

よくある質問一覧