セブの語学学校Winningの食事!ビュッフェを食べる食堂がカフェレストランになってました。

セブの語学学校Winningには生徒を送っているので定期的に訪問しています。3月に行った時に学校の食堂をレストランにする話があったんですが、5月後半に訪問したらもう完成してました。行くたびに学校が変わっています。

レストランが学校の食堂になりました。

セブの学校のカフェテリア

Winningの生徒は隣のディプロマット ホテルに滞在するんですが、ホテルの1階にレストランがあります。このレストランがずっと営業してなかったんですが、その場所を学校がリニューアルしたんです。

セブの学校のカフェテリア

カフェはリニューアルされて学校の食堂になっています。Winning Cafeという名前でした。

セブの学校Winningのカフェメニュー

カフェメニューがあったので毎日飲みました。おいしかったです。コーヒーとラテは砂糖の量を調整できるのがうれしい。

コーヒーは酸味があってフルーティー系です。僕は深煎りコーヒーが好きなんですが、おいしかったです。使っている珈琲豆を聞くと、そんないい豆を使ってるの?と驚くようないい豆でした。浅煎りのコーヒーが好きな人にはめちゃお得です。ヨーグルトドリンクがあるのもうれしい。さらにすごいのは、学生は4割引きなんです。

カフェが生徒の国際交流の場

このレストランが生徒の交流の場になっていました。この学校はサウジアラビアとかクエートとか中東の生徒がいるんですが、イスラム教の生徒は食事が違うので、食べるものも食べる場所もわかれていたんです。

セブの学校Winningのカフェテリアは交流の場所

この時もテーブルはわかれてましたけど、同じ空間で食べるようになったので、生徒が行き来してコミュニケーションが増えていました。多様な国籍の生徒が交流する場所になっていて、空間って大事だなと改めて思いました。

学校の食事

食事はいままで通り、台湾料理のビュッフェ、毎食6品ぐらいです。僕はこの学校の食事が好きです。3日間で食べた料理の写真を並べておきます。

3日間滞在したんですが、帰ってくるのが遅れた日があってご飯がもう終わっていたんです。やってしまったー、と思っていたら、台湾人のシェフがでてきて、「牛肉麺でよかったら作ってやるぞ!」と言うんです。もちろんオーケーですって言ったら、本格的な牛肉麺がでてきた。

セブの学校の食事 牛肉麺

この牛肉麺がめちゃうまかった。麺もスープも台湾の味。ちょっと感動しました。実は6月に台湾に行ったんですが、台湾で食べたのよりおいしかった。毎回こんなラッキーなことはないと思いますが、小規模な学校はこういうことがたまにあるのがうれしい。カフェメニューはいまはドリンクだけですが、軽食も入れる予定だそうです。牛肉麺が入ったら夜食に最高ですね。

このカフェはいまは学生しか使えません。でも、将来的には生徒以外にも開放するのかもしれません。

(2024年5月27日から29日滞在)

体験談に出てくる学校

WINNING (セブ島)

台湾人経営の語学学校

WINNINGに関連する体験談

トラブル体験談

中谷 よしふみ

エンジニアベースの元コンサルタント。2012年にフィリピン留学を体験。自身の体験をシェアするため、このサイトを作ると、サイトが有名になる。圧倒的に詳しくなったので書籍を出す。そして、留学エージェントになる。体験した学校は105校。TOEIC845(リスニング450、リーディング395)。年間半分以上は海外で生活しているノマドクリエイター

留学相談する