セブの韓国人経営の学校ELSAの授業の紹介!マンツーマン4コマ、グループ4コマ受けた感想

セブの学校で1週間授業を受けたのでまとめておきます。ELSAという韓国人経営の学校です。月曜日から金曜日まで授業を受けたので、1週間の流れを解説します。

月曜日はオリエンテーション

ELSAでは、初日の月曜日は授業はありません。月曜日の流れはこんな感じです。

ELSAの初日のスケジュール

午前中はオリエンテーションです。韓国人スタッフが学校のルールを説明してくれました。その合間にレベルチェック試験。20分ぐらいのスピーキング試験がありました。お昼ご飯を食べたら、13時に学校を出発してSMに行きます。

SM City Consolacion

13時30分から16時までフリータイム。両替と買い物です。両替するときはパスポートが必要でした。

学校に帰ってきたら、17時から夕ご飯。その後はフリータイムです。子供たちはプールで泳いだり、バレーボールしたりしてました。

19時になると、授業のスケジュールが発表されました。

セブ留学の時間割

授業は8コマ。マンツーマン4コマ、グループクラス4コマです。授業は1コマ45分です。

セブのELSAの教科書

教科書も渡されます。月曜日は即寝でした。

グループレッスン

火曜日から授業です。8コマはちょっと多いと思いましたが、グループクラスが4コマあったので、ちょうどよかったです。この学校は休憩が5分なので、移動で終わります。だから、15時25分からは部屋に戻って休憩していました。

グループクラスは4コマ。スピーキング、ディスカッション、カランメソッド、発音です。1クラスは2名から4名。みんな英語が上手でした。日常会話は不自由しないレベルです。

セブのELSAのグループクラス

この学校は、親も絶対授業を受けないといけないので、クラスメイトは全員韓国人のお母さんでした。みんな親日ですごく親切。日本によく来ているし、日本のことをよく知っている。韓国人のお母さんたちと、いろんな話をできて楽しかったです。

韓国人のお母さんはもう英語が話せるし、子供の付き添いです。だから、授業はシリアスな感じではなかったです。発音授業の教科書はアメリカンアクセント。いい教材だけどほぼ使わなかった(笑)。会話を楽しむ感じ。

グループクラスでカランメソッドを受けたのははじめてでした。ステージ6です。4日間だけでは効果はわからないですね。ただ、僕はマンツーマンレッスンでのメソッド授業の経験が豊富なので、グループクラスのカランメソッドは正直物足りなかったです。

リーディングやディスカッションは面白かった。韓国人の英語に慣れられるし、そんな言い方もあるのかと学びがある。ディスカッションでは想定外の意見もでてくる。ある程度話せるようになると、グループクラスは得るものが多い。トピックは、リスキービジネス、模倣犯、英語の歴史、安楽死などで、楽しかったです。

韓国人のお母さんはフィリピン留学経験者

みんな英語がペラペラなので、「どうやって英語を勉強したの?」と聞いたら興味深かった。お母さんたちは20年ぐらい前にフィリピン留学を経験しているんです。あるお母さんはイロイロの学校、あるお母さんはバギオのPINES。フィリピンで英語を勉強した後は、ネイティブ国に留学してました。そして、20年経って、母親になって子供をつれて来ているんです。

ヨーロッパに行ったとき、当時は、誰も韓国という国を知らなかった。アジア人と言うと、「日本人?中国人?」って聞かれるの。英語が話せないから韓国のことを説明できなくて悔しくて、もっと英語を勉強しようと思った。

20年間で韓国の状況は大きく変わりましたね。日本は出遅れてます。そういう現実にも気づけます。

ディスカッションは育児テーマが多い

お母さんが多いので、ディスカッションの話が育児になっていくことが多かったです。例えば、罰についてディスカッションしていたとき、フィリピン人の先生が、「子供が悪いことしたら、口にチリを入れるよ!と叱るけど、みんなの国ではどんな叱り方がある?」と聞いてきました。

韓国人は、「チリなん罰にならないよ!」と言う。国ごとに罰は違いますね。ちなみに、その子供がキレたときに、別の子供の口にチリを入れたそうです…。グループクラスには文化の違いを知る機会がたくさんあります。マンツーマンレッスンとの違いですね。

マンツーマンレッスン

マンツーマンクラスは4コマ。リーディング、文法、ボキャブラリー、スピーキングを受けました。文法の教科書はEnglish Grammar in Useです。

セブ留学の文法授業

僕は、リーディングやスピーキングの授業が好きでした。しっかり授業をしようとする真面目な先生が多かったです。

金曜日は卒業式

金曜日は卒業式です。スピーチしている子供たちが可愛らしかったです。

セブのELSAの卒業式

先生は歌を歌ってました(笑)。

ELSAの卒業証明書

授業は一通り揃っているので、スタッフと相談して、自分に必要な授業で構成するのがよいと思います。あと、僕が行ったときは、韓国人の親子ばかりでしたが、今後は生徒層も変わっていくと思います。

韓国人は仲間意識が高い。だから、子供をみんなで育てる。大家族のようです。この輪に入れたらすごく楽しいと思います。子供、親子、学生、キャンプ好きの大人にオススメです。

(2023年4月滞在)

体験談に出てくる学校

ELSA (セブ島)

セブの子供向け語学学校

親子留学の体験談

トラブル体験談

中谷 よしふみ

エンジニアベースの元コンサルタント。2012年にフィリピン留学を体験。自身の体験をシェアするため、このサイトを作ると、サイトが有名になる。圧倒的に詳しくなったので書籍を出す。体験した学校は105校。TOEIC845(リスニング450、リーディング395)。年間半分以上は海外で生活しているノマドクリエイター。日本から出て視野を広げて、英語を身につけて視野を広げてほしい。そんな思いでエージェントをやっています。

留学相談する