マニラ貧困地区のスタディツアー体験談!スモーキーマウンテンでゴミ山問題の難しさを感じた…。

マニラのパヤタススモーキーマウンテンを訪問しました。貧困問題を考えるスタディツアーです。マニラのスラム街と言われているスモーキーマウンテンに行って、ゴミ山に住んでいる人に話を聞きました。ストリートチルドレンも多く、いろいろ考えさせられました。

マニラのスラム街で住むストリートチルドレン

マニラ貧困地区のスタディツアー

ケソンシティにあるパヤタス地区は、約30ヘクタール(東京ドーム6.4個分)の巨大なゴミ集積場があります。毎日運び込まれるゴミは1200トンだそうです。そして、そのゴミの中から売れるものを拾って、販売して生活している「スカベンジャー」と呼ばれる人々がいます。約2000人がゴミを拾って生活していて、日給は150ペソから300ペソだそうです…。

スカベンジャー(Scavenger)。廃品回収業者、ゴミをあさって(有価物回収で)生計を立てている人。 差別的意味合いを指摘し、ウェスト・ピッカー(Waste Picker)と言い換える動きがある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/スカベンジャー

ゴミ焼却炉が作れない理由は3つありました。金がない、環境への配慮、ゴミ山の利権です。

移動するマニラのゴミ山

もともとマニラのトンドに有名なスモーキーマウンテンがあったそうです。それが1995年に閉鎖されて、このパヤタス地区に移転しました。しかし、このパヤタススモーキーマウンテンも2018年1月に閉鎖されました。最近です。この山にゴミが山積みされることはなくなりましたが、増え続けるゴミは消えません…。政府はまた、郊外にゴミ山を作っています。

ゴミ山を閉鎖してもどこかにゴミを捨てないといけない。だから、ゴミ山が移動しているだけなんです。

スモーキー・マウンテン(英語: Smokey Mountain)とは、フィリピンマニラ市北方に位置するスラム街のことである。名称の由来は、自然発火したゴミの山から燻る煙が昇るさまから名付けられた。かつては海岸線に面した一漁村であったが、1954年に焼却されないゴミの投棄場になった。それ以来、マニラ市内(マニラ首都圏)で出たゴミが大量に運び込まれ、その中から廃品回収を行ってわずかな日銭を稼ぐ貧民(スカベンジャー)が住み着き、急速にスラム化した。

1980年代後半頃から、フィリピンの貧困の象徴として扱われるようになった。政府は国のイメージが損なわれることを理由に閉鎖を決断し、住民は公共住宅をあてがわれて強制退去させられたが、一部の住民はパヤタス・ダンプサイト(スモーキー・バレー)をはじめとする別の処分場周辺に移住し、従来通りのスカベンジャーとしての生活を続けている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/スモーキー・マウンテン

パヤタスのスモーキーマウンテンでインタビュー

パヤタスのスモーキーマウンテンは拍子抜けするぐらい普通の街でした。子どもたちの笑顔は素晴らしく、危険な雰囲気はない。セブやマニラで出会うストリートチルドレンのほうが怖いです。スラム街というよりも観光地でした。

2000年7月、1週間大雨が続き、ゴミ捨て場が崩壊して、大規模な崩落事故が起きた。1000人の犠牲者が出たそうです。その崩落事故で右手を失った男に聞きました。彼は当時1歳だったそうです。

スモーキーマウンテンのゴミの山が崩壊して右手を失った男

「家族、お金、教育、仕事、家、最も望ましいものは何ですか?」

彼は少し考えて「教育」と答えました。この答えに感銘を受けた人もいるかもしれない。だけど、彼と信頼関係を築かなければ、本当の答えは聞き出せないと僕は感じました。ここにしばらく住んで、本当に仲良くなったら、同じ質問になんと答えてくれるのだろう。

教育支援を受けているのに、授業をサボっているフィリピン人を僕はたくさん知っています。スタディツアーはいろんな国で参加しました。仲良くなったある子供が言っていた言葉がすごく心に残っています。

「ここでこうやって生きていたら、お金を持った偽善な人がお金をくれるんだよ。彼らは僕らを心配しているじゃない。いいことをしている自分が好きなだけだよ。」

ゴミ山問題はビジネスであり、利権でもある。

スモーキーマウンテンという言葉は聞いたことあった。ゴミ山に貧しい人たちが住んでいて、スラム街みたいになっている。そんなイメージでした。今回訪問して、複雑に絡み合った社会問題なんだと感じました。

ゴミ山は社会問題だけど、大きなビジネスでもあります。土地所有者、政府、会社、そこで生きているストリートチルドレン。みんなが求めることは違います。居住者はゴミ山の犠牲者かもしれません。でも、ゴミ山から抜け出したいと思っているとは限りません。

ゴミ山に住んでいたら、スカベンジャーの仕事があるからです。都会に出て仕事を探さなくても、生活が安定しているんです。さらに、ゴミ山に住んでいたら、NGOやNPOがお金を落としていきます。

このスタディツアーでそんな現実を目の当たりにしました。正直、ゴミ山をなくすことは難しいと感じました。

スモーキーマウンテン訪問スタディツアーの詳細

参加したスタディツアーは1日ツアーです。参加費は5000ペソ。「パレットスクール」という学校と「NPO法人ソルト・パヤタス」が共同で行なっています。パヤタスのスモーキーマウンテンを訪問して、ゴミ山で暮らす人にインタビューして貧困問題を考えるツアーです。(食事代、移動費、NGO寄付金が含まれています。)海外ボランティアや貧困問題に興味ある方にオススメです。

体験談に出てくる学校

クーポン

パレットスクール (マニラ)

NPO法人が運営する途上国のリアルを学ぶ語学学校

ボランティア体験談

必読のフィリピン留学体験談

中谷 よしふみ

中谷 よしふみ

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は103校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタント。著書:英語は「フィリピン」で学べ!

留学相談する