海外でパスポートを紛失したらどうなる?海外渡航時には戸籍謄本を持っていこう!旅券法が改正!

旅券法が改正があったので、海外でパスポートを紛失するリスクについて書いておきます。

海外渡航時には戸籍謄本を持っていこう

2022年4月、旅券法が改正されました。2023年3月27日以降、一般旅券(パスポート)の発給申請時に、戸籍謄本の提出が必要となります。

いままでは戸籍謄本又は戸籍抄本のどちらでもよかったんです。だけど、今後は、戸籍謄本でないといけないです。

万が一、海外で盗難にあって、パスポートを盗まれたとします。日本大使館で再発行してもらうのですが、その際に、戸籍謄本が必要ということです。持っていないと日本から取り寄せる必要があります。

パスポートを盗まれた人を知ってるんですが大変そうでした…。戸籍謄本は持ってないので、日本に連絡して送ってもらっていました。とても時間がかかるんです。

フィリピンでEMS(国際スピード郵便)を使う場合、フィルポスト(日本郵便のフィリピン版)だと1500円ぐらいです。ただ、日本からマニラまでは1週間。日本からセブまでだと1ヶ月かかります。DHLのほうが早いですが、送料は3500円ぐらいになります。

パスポートの盗難が心配な人は、戸籍謄本を持ってきてください。昔は市役所に行かないとダメだったけど、いまはマイナンバーカードがあればコンビニで戸籍謄本が取れます。戸籍謄本があると、万が一パスポートを紛失したときに再発行手続きがスムーズです。

フィリピン豆知識

トラブル体験談

中谷 よしふみ

中谷 よしふみ

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は103校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタント。著書:英語は「フィリピン」で学べ!

留学相談する