企業派遣が多い社会人向けのフィリピンの学校PICO!生徒の年齢は30歳以上!

社会人の企業派遣が多いフィリピンの語学学校PICO。社会人にオススメのマニラにある学校です。授業や生徒層について聞いてみました。

マニラ留学で日本人経営のPICOは高級住宅地のアラバンに教室が3つあります。

ヤス、39歳男性、期間3週間

企業派遣が多い社会人向けのフィリピンの学校

ヤスです。マニラのPICOに12月第1週から3週間行ってました。フィリピン留学したいと思っていたら、友達に『フィリピン留学ラジオ』を紹介してもらったんです。サイトを見せていただいて、お会いしたいと思って。

「それで東京で会ったんですよね。」

2016年10月ぐらいですね。カナダとアメリカへ留学したことがあったので、学校って良し悪しあると思っていたので、いろいろ聞きたかったんです。

「学校は慎重に選んだほうがいいと思っていたんですか。」

思ってました。学校の良さだけでなく、自分に合う、合わないもあると思っていたので。

「仕事で英語が必要なんですよね。」

はい。仕事は広告関係なんですけど、オンライン広告はアメリカのサービスが多くて、去年もアメリカに6回ぐらい出張に行ったんです。英語でやり取りはできるんですが、もっとブラッシュアップしたくて、有給があったので、フィリピンで短期集中しようかと。

「フィリピンの英語は大丈夫?っていう不安はなかったんですか。」

正直不安はありました。でも、日本で駅前留学してたんですが、シングリッシュを聞いていたので、そんなに訛りを気にしなくていいと思っていたんです。

「先生がシンガポールの人なんですか。」

基本アメリカ人ですけど、他の国の人もいます。インド訛りとロシア訛り以外は大丈夫かなと。

「なぜPICOを選んだんですか。」

企業派遣で同年代の社会人が多いと聞いたからです。以前、アメリカ留学したときに、学生や20代前半の人が多くて、授業は盛り上がるんですけど、ご飯に行ったりするときに金銭感覚が違うんですよね。

「学生は節約したいから気を遣いますね。」

そう。あと、同次元の話がしたいでしょ。PICOは30代半ばから40代が多いって聞いて。すごくいいなって思いました。

「あと、ポーカーでしたよね。」

そうそう。12月の第2週にマニラでポーカートーナメントがあったので、それに行きたかったんです。留学の目的はもちろん英語ですけど、みんながセブでダイビングするように、僕はポーカーをしたかったんです。最近ポーカーにハマっていて、日本でもトーナメントに出たりしてるんです。

「すんなりPICOに決めてましたね。」

ブライチャーも気になったんですが、今回は週末は遊べて、社会人が多い学校のほうがいいなと思ってPICOにしました。

社会人向け学校の授業

「どうでしたか?」

面白かったです。

「生徒数は?」

僕が行ったときは校舎はPICO1とPICO2があって、PICO1は満員でしたが、僕がいたPICO2は生徒が7~8人しかいなかったです。

「学校の授業は?」

フィリピン訛りのアクセントに驚きました(笑)。若い先生は、ほとんど訛りがなくてアメリカンアクセントなんですけど、少し歳をとった先生は訛りが強い。けど、そういう先生のほうが社会人としてはしっかりしてる。経験も豊富。若い先生はやっぱり経験が浅い。英語を教えてもらうかわりに、僕がインターネットのことを教えてました。

「どっちが先生なのかなって思うときはありますね。」

でも、先生はみんなすごく熱心で忍耐強い。ビックリしました。欧米人では考えられないです(笑)。欧米人はすぐスルーしようとするんです。フィリピンの先生はすごいです。PICOって週6日じゃないですか。毎日朝9時から8時間一生懸命働いていて。想像していたフィリピン人とは全然違いました。

「PICOの先生は一流企業で働く社会人を毎日教えてるのでピリッとしてます。普通の学校の先生はもっと緩いです。生徒層で先生の雰囲気は変わりますよ。学生が多い学校は先生も緩くなります。」

やっぱりそうですよね。

「日本人の社会人に最適化しているので、土曜日も授業を受けられるし、1日8時間マンツーマンなんです。先生は日本の文化も教えこまれています。その代わり、料金が高い。」

企業から来てる生徒はTOEICのスコアを求められるみたいで、みんな勉強してました。真面目な生徒が多かったです。でも、先生達のほうが時間に追われている感じがありました。

「きっちり先生を管理してますよね。1日8時間の授業を受けて効果的だと思いましたか。」

効果的だと思います。できれば2カ月ぐらいいたかった。3週間だと、英語脳が復活してきた時に帰国ですね。もっと真面目にやるなら、イングリッシュオンリーで生活してもいいんですけど、僕は楽しみたかったので、授業後は日本語を喋ってました。

「みんな8時間受けてますよね。」

はい。土曜日も授業を受けてる生徒が多いです。土曜日は1回だけ受けました。

「どんな授業を受けてましたか?」

朝に1時間発音があって、最初の先生は文法と単語。

「文法はわかってるんじゃないですか。」

抜けてるところがあったので、おさらいです。

「文法ができる生徒がフィリピンで文法授業を受けると納得いかないことがあるんですが、そんなことはなかったですか。」

先生と会話してると、たまに時制がおかしかったり、文法があれ?って思ったことはあります。

「文法の授業内容は大丈夫でしたか?」

それは大丈夫でした。中高の英語から20年以上経っていて、アメリカでも過去完了とか使わないので。気にならなかったです。逆にネイティブじゃないと時制とか文法はこうなるんだって違いを感じました。彼等も第2言語ですからね。

「あっという間に終わった感じですか。」

最初の1週目はだいぶん辛かったです。8時間マンツーマンはしんどい。月曜日からはじまったんですけど、水曜日ぐらいに「3週間無理かも。」って思いました(笑)。その週は土曜日の授業をとってなかったのでよかったです。

「授業が頭に入ってこないんですか。」

それもあるんですけど、タイトすぎて辛い。けど、2週目になったらそんなことを考えることもなくなった。慣れなんですかね。2週目以降は、あっという間でした。訛りは想像以上でしたけど、先生も想像以上でした。もし昔に戻ってアメリカ留学をやり直せるなら、アメリカの前に1~2カ月フィリピンに行きたいですね。

社会人向け学校の生徒層

「実際、生徒は社会人ばかりでしたか。」

基本社会人です。20代後半から40代前半。僕が行ったときは7割が企業派遣でした。名前を出せないぐらい大手企業。日本を代表するような企業ですね。

「生徒層や環境はイメージしていた通りでしたか。」

生徒層は想定していたとおりですが、会社から来てる生徒でもいろいろなタイプがいました。すごく真剣な方もいれば、遊びたい感じの生徒もいて、幅があって面白かったです。あと、その企業が製造業だったので、広告みたいな薄っぺらい産業と全然違うなと思いましたね。

「企業派遣の生徒とも交流はあったんですか?」

毎晩、飲みに行ってました(笑)。行かなかったのは1日だけかな。宿題を終わらせて、コンドミニアムの下に8時半集合。

「授業が終わって、ご飯を食べて、1~2時間自習してって感じですね。」

平日はほぼアラバンで遊んでました。ATCとウエストゲートのレストラン。学校で晩ご飯を食べてるから、お腹もすいてないので1~2皿とビールを頼んで1人400ペソぐらい。安いですよね。同じ年代だったので、価値観が似ててよかった。

マニラの中で治安の良いアラバンで生徒交流

僕は東京なので、地方の方と話すと、同じ年代でも全然違ってすごく面白いかったです。みんなより僕のほうが英語ができたので、遊びに行く時は、先生状態でしたね。

「海外経験は豊富ですもんね。」

そうですね。だから、タクシーの交渉とかもしてました。「オッケー、乗って大丈夫。」みたいな。週末はマニラシティに遠征してました。

「毎日遊びに行ってたんでしょ。それに3週間も付き合ってくれる生徒がいたんですね。」

そうなんです。一緒に入学した生徒が3人いたんです。1人が大手企業からの企業派遣で、もう1人が大阪の個人事業主。ちょっと先輩の、気のいい兄ちゃん。世話好きで。

「同期の3人組でずっと遊んでたんですね。」

今でも交流があります。面白い同期でよかったです。初日から飲みに行ってましたから。

「よかったじゃないですか。バッチメイトに恵まれるかどうかは重要ですよ。」

そこはすごくラッキーでした。年齢や社会人経験が近いほうが関心が似ていて楽しいですからね。あと金遣いも。フィリピンなので物価が安いとはいえ、すごくよかったです。

あと、女性の生徒が全然いなかったです。だけど、アラバンは安全だから女性のほうがあってるんじゃないのかなと思いました。

「企業派遣って、まだまだ男性主体だと思うんです。PICOは製造業の会社からの生徒が多いので女性社員が少ない。さらに勤続年数が長いのは男性なので、男性率が高いんだと思います。個人留学生にとっては留学費用が高い学校なので、なかなか選ばれない。」

男子校になってたのは面白かった。僕が行ってる間は、PICO2は女性ゼロでした。

「フィリピン留学自体の生徒のほうが多いですよ。PICOが特殊なんです。」

フィリピン留学って女性の生徒が多いんですか。

「そうですよ。他の学校は女子校みたいになってることもありますよ。女の人はセブに行きたがるんです。マニラはイメージが悪いじゃないですか。」

確かにマニラはアンダーグラウンド感がありますね。

「セブを売るエージェントも多いんです。だから、生徒がセブに集中するんです。」

先生はほぼ女性でした。そこで男子校感が多少カバーされてる。中身みたらオッサンの集まりじゃんって思ってました(笑)。

社会人向け学校の施設・食事

「どこに泊まったんですか。」

スタジオシティっていうコンドミニアム。アズミホテルじゃないほうです。

「施設はどうでしたか。」

すごくよかったです。もちろんホテルとかと比べると落ちますが、想像しているよりよかったです。清潔、静か、安全。

「環境はイメージ通りですか。」

想定してたよりも安全でした。PICOってコンドミニアムと学校の送り迎えがあるでしょ。企業の人事担当者からしたら、安心すぎるぐらいがちょうどいいんでしょうね。日常生活は安全すぎて何も起こらないですね。

「ご飯はどうでした。」

ランチがすごくよかった。週に1回、日本食が出てました。かつ丼とか牛丼とか。日本の定食屋と変わらない。朝はビュッフェでまあまあ。夜の弁当はたぶんフィリピンではいいんでしょうけど、多少物足りない。でも、飲みにいく前提だったので問題なかったです。食事は不満はないですね。

マニラの治安

「初めてのフィリピン、マニラの治安はどうでしたか。」

アメリカで治安の悪い場所は経験していたんですが、マニラ空港に着いたのは夜7時ぐらいで、空港を出たときに、ちょっとマズイかなって思いました。ターミナル3です。

「なんで空港を出たんですか。」

僕は学校のピックアップを頼んでなくて、初日は自分でカジノのホテルを予約していたんです。空港からカジノは見えてるので、スーツケースを持って行こうとしたんですが…。空港から見えてるけど歩いて行けないんですよね。

「遠回りしなきゃいけないんです。」

そう。何回もタクシーに声をかけられました。最終的に、タクシーの運転手が「無料シャトル出てるよ。」って教えてくれて、シャトルに乗ってカジノに行ったんです。怖いけど優しい人達なんだって思って。アメリカは全然大丈夫なんですけど、初めてのアジアだったので、町中に人がたむろしてるアジアの雰囲気が初めてで最初は緊張しました。でも、そのあとは何も問題はないです。荷物を持ってホテルに着けば、緊張感もなくなりました。

「マニラは思っていたほど危険ではなかったですか。」

ただ、スラム的な場所とか、エルミタの辺りは、危ない雰囲気はしてしました。ポーカーの大会も当初はエルミタだったんです。

「そうだ。ポーカーの大会はなくなったんでしょ?」

大会2週間前に場所がマカオに移動になって…。まあ、トーナメントはなくても普通にポーカーはできるんでいいかと思って。

マニラのカジノCITY OF DREAM

カジノは4カ所ぐらい行きました。シティオブドリームスが1番面白いです。

「あのカジノでお金を失って留学期間が短くなった生徒を何人も知ってます(笑)。」

フィリピン留学は効果

「フィリピンのいいところは?」

僕は、時間が限られていたので安さ重視ではないんです。英語学習の費用対効果、快適に過ごせるかがポイントでした。アメリカと比べると費用対効果は高いと思います。1対1だし。先生の忍耐力もあります。

ただ、アメリカのほうが文化は学べます。僕が行ったサンフランシスコだったらITとか。そういう産業や文化を感じることは期待できない。費用対効果は高いので、短期で英語に集中するにはいいかなと。

「2カ月ぐらい行きたいんですよね。」

1カ月は他の学校でもよかったかな。1カ月、PICOに行って、1カ月、他の学校とか。でも、2ヶ月も会社を休めないけどね。サラリーマンですから。

「3週間で、英語力の変化は感じたんですか。」

感じました。慣れてきてるなって。あと、マンツーマンで話す機会は多いので、自信というか英語で喋る覚悟もできた。単語が増えることはなかったですけど、英語の感覚を短期間で取り戻しました。帰国後も変化を感じてます。今までは、仕事で英語のEメールを書くときに概要だけで済ませることがあったんですが、最近は詳細まで書いてます。ちゃんと欧米流で結論から書いて。

「そういう授業があったんですか。」

なかったんですけど、先生と話してると、結論から言ったほうが伝わるので。

PICOのネガティブな面

「ネガティブなことはないですか?」

ポジティブな面でもあるんですけど、手厚すぎるかな。学校とコンドミニアムは近いんですが、送り迎えがあって集団登校、集団下校なんです。ただ、あれが企業にとってはプラスなのも分かります。海外慣れしてない人にとっても、すごく頼もしいと思います。

「全部やってくれますもんね。」

ルールも厳しくて、外泊する時は申請書を出さないといけないんです。初日のオリエンテーションのときに、行くのが禁止されてる場所を3つ言われたんですが、カジノとエルミタとチャイナタウンだったんです(笑)。でも、僕は最初の週末にエルミタのカジノのホテルをもう予約してたんです。だから、届け出を出しましたが、企業から来てる生徒は行けないですね。

「トラブルがあってはいけないですからね。」

僕は抜け出しても自分でコミュニケーションできるから大丈夫ですけど、初級者で海外も慣れてない人がPICOに行くと勉強しかすることがなくて、ストレスが溜まってしまうこともあるかもしれないですね。

「アラバンから出ない生徒は多いでしょうね。」

アラバンはレストランやショッピングセンターだけで繁華街もないですから。長期だと息が詰まるかもしれない。勉強したくない気持ちでいくと辛い、且つ自分で動けなかったらもっと辛そう。

「遊びたかったら選ばないほうがいい学校ですね。」

学校からも週末旅行ツアーが出てるんです。みんなで旅行に行って楽しかったんですけど、生徒で組んだほうが安いし楽しい気がします。

「全部お膳立てしてくれる学校ですからね。」

先生がガイドしてくれて、手っ取り早く観光できたけど、もうちょっと自立的にしたほうがいいかも。そこは多少疑問を感じました。ちょっとビニールハウス過ぎるかも。

「過保護すぎるかもしれないですね。でも、企業派遣は安全第一ですからね。」

人事担当者からしたらパーフェクトですよね。僕はアメリカで運転免許を取りにいったり、携帯も自分で契約したり、家を探したりする感じなので、そういう感覚は育ちにくいと思いますね。

だから、留学っていうより、言語研修ですね。確実に英語は上達できますけど、文化に触れる、異文化ってなると温室感があります。

「メリット、デメリットですね。初級の人、フィリピンが怖い人、海外が慣れてない人にはいいですね。」

授業はそんなに不満はなくて。先生が陽気で忍耐強いなって印象です。先生は僕より真面目でした(笑)。

フィリピン留学の注意点

「フィリピンの注意点を教えてください。」

PICOしか行ってないので、何とも言えないんですけど。フィリピンはインターネットが遅いです。

「遅いです。」

あと、安全だって言っても、日本の安全とは違うので気をつけないといけない。田舎のほうが比較的安全。マニラはギラギラ感があるけど、僕は東京に住んでるから気にならない。地方都市の人は、田舎の学校のほうがいいかもしれないですね。

「周りで勉強したい社会人がいたら、フィリピン留学は選択肢には入りますか。」

入ります。

「PICOはどうですか?」

PICOは大企業からの生徒が多くて真面目な雰囲気なので、それが合うかどうかはあるかもしれないです。

「真面目な普通の日本人が多いですね。」

僕も、一緒に入学した自営業の気のいい兄ちゃんがいたからよかったけど、兄ちゃんがいなくて企業派遣の人だけだったら、ちょっとシリアス過ぎたかな。

「真面目すぎる感じはあるかもしれないですね。それがいい人にはいいですけど。」

自分でお金を払って休みを取っていく社会人にはいいです。大失敗はしないです。失敗する確率は低い学校です。

「また行きたいですか。」

また行きたいです。でも、PICOかどうかはわからないです。

「いい経験ができたみたいで、よかったです。」

経験としてはすごく面白かったですし、教えていただいてありがとうございました。

「ぜひ、また行って語ってほしい。タイミング合えば、合流したい。今日はありがとうございました。」

ありがとうございます。

(2017年1月16日(月)渋谷にて)

まとめ

学生と社会人を比べると、どちらかというと社会人のほうが真面目な生徒が多いです。そして、企業派遣で来る社会人はもっと真面目です。会社から厳選された人ですし、会社からのプレッシャーもあるからです。そして何より留学後に英語を使う具体的なシーンがあるからです。

生徒層によって先生の雰囲気は変わります。生徒のニーズに応えるのが先生なので、生徒が遊びたいなら、先生も楽しく対応しますし、生徒が真面目なら先生も真面目に対応します。だから、生徒層がバラバラな学校と、何かに限定してる学校であれば校舎のほうが最適化されていくのは当然です。

これは留学の価値を英語学習とした時の話なので、交流の価値を期待する場合は生徒層が幅広いほうが得るものが多いです。何を求めるかです。PICOは企業派遣の社会人が多いので、真面目に英語に集中したい30歳以上の社会人には選択肢に入れて欲しい学校です。

PICO滞在の1週間の間オーナーの渡辺さんといろんな話をしました。30%ぐらい話が噛み合なくてバトルになるんですが、お互い忘れっぽいので次の日はまたいろんな話をしてました。そんなわけで、当サイト限定の「PICO留学割引クーポンチケット」を発行して頂きました。ご利用は必ず入学申込時におっしゃってください!
PICO滞在の1週間の間オーナーの渡辺さんといろんな話をしました。30%ぐらい話が噛み合なくてバトルになるんですが、お互い忘れっぽいので次の日はまたいろんな話をしてました(笑)。そんなわけで、当サイト限定の「PICO留学割引クーポンチケット」を発行して頂きました。ご利用は必ず入学申込時におっしゃってください!

PICOに興味ある方は公式サイトへどうぞ。

PICO公式サイト

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

クーポン
PICO (マニラ)

マニラの日本人経営の学校。企業派遣のビジネスマンや超短期の真面目な社会人が多い

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。