長期親子留学でオススメな学校は通学できるドゥマゲテのロクシン!

2016年の4月から8月までの4ヶ月間、ドゥマゲテにある語学学校ロクシンに親子留学したTakeoさんにお話を伺いました。その後は、子供は現地のインターナショナルスクールに入学して親子で長期滞在されています。

ドゥマゲテで通学可能な語学学校ロクシンの親子留学体験談

Takeo、30代女性、期間4ヶ月、親子

子供を連れて海外旅行はよく行くけど、親子留学は始めてのTakeoさん。息子さん(小学2年生、8歳)はまだアルファベットが全部書くことが出来ない状態でしたが、長期の親子留学に挑戦しました。始めての海外での親子生活でTakeoさんが感じたことをご紹介したいと思います。

長期の親子留学体験談

「親子留学でフィリピンのドゥマゲテを選んだ理由を教えてください。」

フィリピンは月10万で語学留学ができるというキャッチコピーがありますけど、「親子留学 フィリピン」とインターネットで検索した時、実際は費用相場は15万でした。3人分だと月45万。とても安く感じられなかった。

そしたら、アダチヨシエさんのブログが出てきて。彼女のブログを見ると月10万円以下が可能だと思った。内容が具体的だったし、サイトに書いてる通りにやれるんじゃないかって思ったので試してみたんです。

アダチヨシエさんのブログ
親子専門の留学エージェント。元バックパッカーで旅人家族。フィリピンのドゥマゲテの語学学校に詳しい。
http://yoqqyn.blog.fc2.com/

Takeoさんはアパートを月12000ペソ(約25000円)で借りて生活をしている。テレビも洗濯機もない。洗濯は全部手洗いしている。洗濯するTakeoさんの側で息子さんは「日本だと洗濯機だよね。」とつぶやく。

「ドゥマゲテに来た当初の感想はどうでしょう?」

思っていたよりドゥマゲテの町は汚いと思いました。ゴミが落ちていたら罰金だとか、リタイアメントの上位都市だとかサイトには書いてますけど、海沿いの綺麗な写真だけを掲載してるんだなとドゥマゲテに来て分かりました。

ドゥマゲティの週末旅行に観光名所ベルタワーへ。19世紀のスペイン統治時代のイスラム来襲に備えた見張台

あと、学校の先生の英語はとても綺麗だったけど、町のフィリピン人の英語力が低かったのがイメージと違いましたね。

「今、息子さんが小学校2年生ですが、この時期に親子で来られたのは訳があるんですか?」

思春期前に英語を覚えさせたかったからですね。それと学年が低くて勉強が簡単なうちに英語を習わせたかったからです。

ドゥマゲテのロクシンは通学対応

「語学学校はロクシンにした理由を教えてください。」

ドゥマゲテで通学可能な語学学校ロクシンの事務所

日本で学校を決めるパターンが多いですけど、少ない自分のお金なので、学校を見もせずに決定することはできませんでした。東南アジア旅行の経験が多いので、それができたのかもしれません。あせらず現地について見てから決めても遅くないと思ってました。実際に見学した学校はロクシンとSPEAの2校だけで。2校目でロクシンを見学して通学できるココにしようと思えました。

「なんでロクシンを選んだんですか」

息子がココがいい、って言ったからなんです。最初は『学校行くの嫌だ』って言っていたんですが、ロクシンのスーパーヒーローの部屋を気に入っちゃって、そのまま入学しました。ロクシンの魅力はそれぞれの個性のある部屋です。自分の好きな空間で勉強が出来るのはとても楽しいです。値段もとてもリーズナブル。親子3人が通える値段です。あと代表者マシューの人柄。穏やかで色々な融通を利かしてくれます。

韓国人オーナーはフレンドリーで評判
韓国人オーナーはフレンドリーで評判

普通ビジネスとなったら余計なところは切り捨てるのに、切り捨てず面倒を見てくれます。

「余計なところとは?」

例えば、子供が熱が出たから急に授業をキャンセルしたりすると、その授業を次の日に回してくれたりします。こっちが心配になってしまうことを平気でやってくれます。ロクシンは対応がすごくやわらかいです。

「お子さんの英語力は上がりましたか?」

うちの子供はアルファベットも全部書けないレベルでドゥマゲテに来たので、飛躍的に上がりました。ロクシンは色々な先生がいて、小学校の先生をしていた方もいるので子供の扱いが慣れています。息子は楽しく通っていました。

「Takeoさん自身も授業を受けられてますけど、ロクシンの授業の感想はどうですか?」

マンツーマンで一時間ごとにフィリピン人の先生やネイティブの先生と話すことで色々な英語に慣れれたのがよかったです。でもマンツーマンの授業は少し慣れてくると、後は自分次第。受身の姿勢ではなくこっち(生徒)が授業をリードすることが大切だと思いました。そこが最大の課題ですよね。勉強しているうちに自分の弱点が見えてきますよね。限られた時間でここを鍛えようって分かり始めるので、先生に『ここをしたい』って自分から言うことが大切だなって思いました。結局自己主張が出来るか出来ないかですよね。

親子留学の意義

「親子で来てよかった点って何ですか?」

同じ学校で親子一緒に英語を勉強することで、親も頑張っている姿を見せることができたことですね。

Takeoさんが勉強している姿を息子さんはチラチラと見に来ることがあるという。

「今は現地の私立に通っていますね。通い始めるのを嫌がりませんでしたか?」

息子はロクシンで英語がとても好きになったので、最初はすごく楽しみにしていました。でも実際に始まると英語で話しかけられても分からない、どう反応していいのか分からない、色々な理由で徐々に苦しくなっていったようです。つい1週間前に『学校に行きたくない』って言われました。泣きながら切々と言うんですけど、ココで『学校に行かなくていいよ』って言ったらそこで終わると思ってるんです。

嫌な思い出だけが残ったら、英語が嫌いになって、次に行く国の学校にも絶対に行けなくなる。英語が楽しかった!って言って帰れるように、この難しい状況を自分で乗り越えてほしいって思ってます。

「Takeoさんにとって親子留学の意義って何ですか?」

小学校を4ヶ月休んで留学するってことだけでも周りはすごくビックリします。でも日本の教育だけしか受けてないと、子供が多角面で物事を見られないと思うんです。これからは世界が繋がっていく時代。大人が想像してもできない時代はもう迫っていて、そこを子供達は生きぬかなければならない。でも、子供に楽しくサバイブしてほしいと思っています。留学はその力を伸ばすためのものですね。

家事や勉強をしている姿を見せれたのもよかったです。日本にいるとゆっくりしていると周りに置いていかれるような感覚がありました。だから、子供と向き合う時間もなかなか取れなかったけど、フィリピンに来るときに漢字ドリルを持ってきたんです。子供に教えてるんですけど、自分で教えられるって分かって目から鱗でした。子供の成長は早いので今日一日を一緒にいられるのが貴重です。あと、自分も海外に出て、いろいろ考えさせられて成長しました。

「どんな成長を?」

日本では、同じような職種、同じような趣味の人たちが集まってると思います。だから、広いコミュニティに属しているような気になるんですけど、実際はすごく狭い。集まる人のタイプが似ていることに気づきました。海外では全く違う考えの人たちと接点が持てるのでいい影響を受けますね。

フィリピン親子留学の注意点

「親子留学を検討者にアドバイスはありますか?」

1ヶ月ぐらいなら寮がついている語学学校がオススメです。アパート借りたり、トライシクルで通ったり、ご飯作ったり、そういうのがないほうが英語の勉強に集中できますからね。

「長期だったら通学できるロクシンのほうがいいと思いますか?」

3人家族で長期だったらアパートを借りたほうが安くなるので、通学できる学校がオススメですね。それにさっきと全く逆ですけどアパート借りたり、トライシクルで交渉したり、そういった生活面で英語力を鍛えることが出来るのが面白いです。アパートの管理人さんにバイクのレンタルを交渉してかなり安く借りさせてもらいました。使い心地はあまりよくないですけど(笑)。

「またフィリピンに親子留学しようと思いますか?」

もういいかな(笑)。英語の最初の取っ掛かりとしてはフィリピンはいいけど、実践はネイティブスピーカーがいいですね。言葉だけじゃなくて文化に慣れ親しんでほしいし、アジアの英語にあまり慣れて欲しくないので。なんでその言葉が生まれたのか、という文化的な背景やジェスチャーも言葉にとって必要なので、次はアメリカに行ってみたいです。でも、フィリピンは来るのも安いから、また来ちゃうかもしれませんね(笑)。

(2016年7月20日(水) ドゥマゲテにて)

長期の親子留学まとめ

フィリピンにはフィリピンしか得られない経験がありますね。交通費も安いのでフィリピンは親子にとって気安く来れる国なのは間違いないです。ただそこで親が子供達に何をさせるのか。洗濯だったり語学勉強だったりですが、それをよしとするか悪しとするかは親の考え方次第。Takeoさんはご自身がしている姿を息子さんにメッセージとして伝えていました。親子留学は親次第で無限大の可能性を生めるのかもしれません。

ドゥマゲテで通学可能なロクシンに興味ある方は公式サイトをどうぞ。

ロクシンの公式サイト

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

子連れで海外留学中。はっちゃけ元気ボーイズと一緒にフィリピンの生活を楽しんでいます。ですがフィリピンは本当に親子留学に向いているのか?!検証したく色々な親子留学の人を直撃インタビュー中

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

ロクシン (ドゥマゲテ)

通学可能な小規模学校

この記事の関連口コミ

人気の口コミ