フィリピン留学の学校比較体験談!ライフセブとHELPマーティンス校!

セブのライフセブとバギオのHELPマーティンス校に留学した生徒の体験談!NOVAやオンライン英会話も経験されてて経験が豊富です。

ライフセブとHELPマーティンス校の留学体験談!

岩瀬 隆文、28歳男性、トータル5ヶ月

フィリピン留学の学校比較体験談

HELPマーティンス校で勉強してます。いま6週間で、残りが2週間でトータル2か月です。

「英語学習はどういうきっかけで始まったんですか?」

前の会社に3年勤めてたんですけど、その会社に入る前から3年で辞めて、世界1周旅行したいなって思ってたんです。漠然と思ってたら、あっという間に3年経ってしまって。

「デザインされてたんですよね?」

いえ、最初の会社では違う職業です。3年経って仕事を辞めたときに、お金はある程度貯まったけど、目的が全くなくて、ここから先どうしようって思ったんですね。

それで、知り合いに仕事を紹介してもらってデザインの仕事を始めたら、その会社では大手起業の方と話を結構することがあって。

ある人が10年に一度あるかないかという2週間の休暇を取ってペルーに行くから、一緒にどう?って誘われたんですよ。どうしようかなと思ったんですけど、これを逃したらペルーには行けないなと思って行きました。でも、行ってみたら英語が全く分からなくて。

「ペルーは英語なんですか?」

スペイン語です。でも、全部英語ツアーでまわったんです。日本で申込むと20万ぐらい高くなるから現地ツアーで回ったんですけど、英語ができないのがすごく悔しくて。

マチュピチュが何で出来たのかとか、英語で1時間くらい話をしてくれるんです。でもほぼ分からない。戦争の歴史や、侵略の歴史を聞きながら、理解出来たらどれだけ面白いかなって思って。

「それで英語を勉強したくなったですか?」

そうですね。中学に入った時から英語をやりたいってずっと思ってたんですよ。

でも、勉強しても、すぐ分からなくなって授業に置いていかれてました。ここに来る前に偶然当時のノートを読み返したら、動詞を同じ文で2回使ってたりするんです。そんなレベルだったんです。

高校の時も打開したくて、英語の授業を多めに取ったり、アメリカの学校と文通をしたりしたんですけどやっぱり分からないんですよ。だから結局途中で…。

「ずっと英語に興味があったんですね。それでどうなるんですか?」

駅前留学NOVA

日本に帰ってからNOVAに駅前留学をしました。1か月1万円ぽっきり留学っていうのがやってたんです。それで最寄駅のNOVAに飛び込んだんです。そしたら結構面白かったんです。

「どれぐらい続いたんですか?」

1年です。週に1回、45分間を月に5回まで取れました。4回は日にちと時間が固定されていて、1回は自由に日時を選べるプランだったんです。

最初の3か月は全然分からないから、動詞と名詞を繋げてとにかくコミュニケーションを取るみたいな感じだったんですけど、ある程度行くと、もの足りなくなってきたんです。いつも同じことしか言わなくなって。パターンが決まってきて。

あと授業の復習すればいいんですけど、日々の仕事が忙しすぎて、学校行って45分過ぎたら忘れちゃうみたいな。

次の週にレビューもないから、地域コミュニティですよね。遊びに行って楽しかった、また来週ね、みたいな状態になってたんで、これじゃあ英語は伸びないなって。

「どれくらいの期間でそういう感覚になったんですか?」

1年通ったって言ったんですけど、実はNOVAに入ってから半年後に3ヶ月セブに行ってるんですよ。

「NOVAの時にセブ留学に行きたくなるんですか?」

実はNOVAに行く前から、セブ留学の話は友達から聞いてたんですよ。ただ、フィリピンっていうと、危ない、怖い、南国、バナナ、パイナップルぐらいしかイメージできなくて、効果があるのか分からなくてずっと放っておいたんですね。

で、NOVAで勉強して、英語は楽しいけどなんか上手くいかないって思った時、自分の仕事の状況が無理すればフレキシブルに動ける状態になってきたんです。

フィリピンに3か月行ったら英語がしゃべれるようになるらしいぞみたいな話を聞いていて、セブ留学行ってみようかなって思って。

当時1ドル105円で、ペルー行った時は1ドル86円だったんです。今から考えたら全然安い金額で行けたんです。

「でもセブはどうかなって思ってたんでしょ?何で踏み切れたんですか?」

エージェントに会って相談したからだと思います。ネットで調べるだけで学校を決めるのが怖かったんです。授業料も安くないですし。

僕は、3つのエージェントに話を聞きに行ったんです。それで、あるエージェントさんに行った時に、スチューデントマネージャーを提案されたんです。

3か月勉強して、もしTOEICが600点以上取れたら半年間追加で無料レッスンできるって言うんです。ただし、その学校の日本人のケアをしないといけないんです。

でも、その学校が良いのか分からなくて、ちょっと話を聞いていると若干胡散臭い感じもしたんです。

「いい話は大体怪しいんですよね(笑)。」

2カ所エージェント会社を回って、3つ目にOZサポートセンターさんの話を聞きに行きました。それで、その学校名と内容を言ったら、その学校はやめた方がいいって言われたんです。今はいい学校らしいですけど。

あと、日本人マネージャーってすごい大変だよって話をされて。夜中に空港に着いた生徒を学校まで連れてきて色々全部説明して、寝かせて次の日にまた説明して、平日も自分の授業が出れないまま終わっちゃうことも多いんだよって話をされて、あ、この人は信用できるなって思って。

メリットもデメリットも全部伝えてくれたから。だから、エージェントはOZさんにお願いしました。

その時は目的が無かったので、スピーキングを伸ばしたい、話せるようになりたいって伝えたら、何社か紹介してくれて、その中のライフセブっていう学校に行くことになりました。

決め手は料金。1番安かった。で、滞在期間は3か月が1番良いって言われてるので、3か月で申し込んでセブに行きました。

ライフセブ

「ライフセブはどうだったんですか?」

結果から言うと、ものすごい良かったです。点数で言うと分かりやすいと思うんですけど、ライフセブに行く前のTOEICスコアが2、300点前後。ライフセブが終った時に600点に上がって現在まで変わらない。

「TOEIC対策はしてないですよね。」

してないです。

「ライフセブではTOEIC対策してないのに、スコアは上がったんですね。」

決め手はなんだったのか分からないんですけど、1番は人間関係だと思っていて、コミュニティを自分で作れると強いなって思うんですね。

エージェントのOZさんがおっしゃったのは、フィリピン留学で1番大事なのは人間関係で、着いた1週目が勝負だってことなんです。最初の週でどういう人間関係を作るかで全部決まってくるって。

それで僕は韓国人の中に飛び込んだんです。セブの学校って大抵週末に旅行に行くんですね。

それで、色々あって僕だけが韓国人グループに混じって1泊2日で旅行に行ったんです。その時は全然しゃべれないんで。基本的に単語で喋って。

「でも、日本のNOVAで勉強してたんでしょ。」

NOVAではダメですね…。基本的に毎回同じことを繰り返してますし。グループ授業だったんで、しゃべってる時間は1人4、5分ぐらいですし。

「やっぱりグループでは喋る機会が少ないんですね。」

はい。で、その最初の旅行をきっかけに、韓国人のコミュニティに入っちゃったんですね。逆に、日本人のコミュニティには最初2、3週間くらい入れなかったです。

それでコミュニケーションを取ってるうちに、とにかくしゃべればしゃべれるかなって思えてきて。

「ライフセブって当時は韓国資本だから日本人ほとんどいないんですよね?」

でも4割ぐらいいました。特に夏休みは学生さんが多い。僕は9月から11月末の3か月間行ったんですけど、9月は学生が多かった、10月になったら途端に人が少なくなりました。

「エージェントさんのアドバイスで意図的に韓国のネットワークに入ったんですか。」

偶然もあったし、事前情報もあったんで入ってみようかなと思って。

「意識したんですね。それは楽しかったんですよね。」

楽しかったです。そこの旅行で仲良くなった子とはいまだに繋がりがあって、実はHELPに来る前に韓国に寄って会ってるんです。

バギオのHELPに留学する前の韓国旅行

ライフセブの授業

「ライフセブではどんな授業を受けてたんですか?」

基本的にテキストを使ってました。最初にレベルチェックのテストがあって、レベルに合ったテキストを買って。

当時のライフセブはスピーキングとリーディング、あと単語と発音と文法の3つに分けられてて、それぞれ先生とテキストが決まってて、マンツーマンで授業を受けるんです。

5時間あったんですけど、残りの2時間はグループで1つが対談、1つは選択式だったので、僕はCNNを選んでアメリカのニュースを見てその内容をレビューしていく授業でした。

「がむしゃらに勉強したんですか?」

最初と最後は頑張りました。でも真ん中はダレちゃいました。自信が付いてきたところに何かインパクトがきて落ち込む時期が誰でもあるんですけど、それが来ちゃって。本当に何も出来ない時期が3日間くらいあって、授業を全部欠席して部屋に閉じこもってました。

「どうやって復活したんですか?」

そういう時って何もしないでいるとやりたくなってくるんで放っておきました。ただ結構辛いです。どうしたらいいか分からないし。

「伸び悩むからなんですか?」

伸び悩むのと、多分自分でしゃべれなくなってるのが分かるんですよね。昨日よりしゃべれてないかもって思っちゃうと、何やってるんだろう、どうしたらいいんだろうって思って。それに入っちゃったのが多分2か月目です。

「でも休んで、またモチベーション回復して、コツコツ頑張ったんですよね。」

そうだったと思います。

「それで日本に戻って、NOVA再開?」

再開しましたが、すぐ辞めました。効果がないと思ったんです。セブから帰ったら、NOVAの人に、ものすごい発音が伸びてるって言われたんです。

ただNOVAのシステム上、NOVAで次のレベルには上がれなかったんです。しゃべれても文章がまだちゃんと作れなかったので。

「なるほど。スピーキングと発音だけが伸びて、バランスが悪くなってたんですね。」

はい。単語とリーディング能力は変わらず、スピーキングだけが上がって、日常的な簡単な会話は出来るんですが、深い話についていけない状態。

それで、単語や文法を勉強したほうがいいと思って、NOVAを辞めて、すぐにスカイプ英会話を始めました。

DMMかレアジョブだと思うんですけど。当時は安くて、どっちかが月額1000円か2000円でやってたんで。

「そんな時あったんですか。それは安いですね。」

でもオンライン英会話も1、2ヶ月くらいで辞めました。自分の生活リズムと合わなかったのと、先生を選べないんですよね。

「先生は選べるでしょ。」

選べるんですけど、人気の先生は取れられてるので。

「ああ、仕組み上は取れるけど、実際はいい先生は取れないんですよね。」

毎回新しい先生でやってると、毎回自己紹介で終わっちゃうので、それだったらいいかなって思って辞めちゃったんです。

ただセブの時の先生と個人的にスカイプの授業をしてました。ただそれも色々あって1年で辞めました。

「その後どうなっていくんですか?」

1回TOEICに特化しようと思ったんですよ。TOEICの勉強がしたいわけじゃないんですけど、何か目標を作って勉強したほうが相対的に上がるかなって思って。

「確かに。自分の弱いところでもあるでしょうからね。」

なのでTOEICの問題を解き始めて、分からないところを文法書で調べ始めたら、今まで分からなかったところが分かってきたんです。セブで英語で説明されてたから分からなかったんです。それが大体セブから1年半経った時ですね。

「1年半、自分でTOEIC勉強してたんですか?」

そうですね。仕事が終わって夜にずっと勉強してました。ただ、結構仕事が忙しい時期に入ったんで、途中は勉強できなくなって、結局ここに来る2、3か月くらい前から勉強を再開した感じです。

「なんでバギオのHELPにしたんですか?」

デンマークでグラフィックデザインを学ぶ

実はHELPの後に、デンマークに留学する予定なんです。今の英語レベルでデンマークに行っちゃうと受け取れる情報が少ないので、英語を勉強がしたいと思って。

「デンマークは学校に入るんですか?専門学校ですか?」

デンマークには高校と大学の真ん中くらいの学校があって、そこには外国人も入れるんです。フィリピンの学校みたいに寮と食事と授業が1セットになってるんです。

「専攻は語学ですか?」

グラフィックデザインです。

「自分の専門を英語で勉強するんですね。」

はい。それで、スピーキングをもう1回伸ばそうと思って。

「日本でコツコツとインプットしたから、またスピーキングに特化しようと思ったんですか。」

インプットも十分ではなかったと思います。結果として、TOEICの点数は変わってないので。なので、本当に勉強する学校を探しました。それでエージェントさんの候補の中にHELPがあって、HELPは生徒も真面目だしカリキュラムもしっかりしてるってオススメされました。

「他はどんな学校があったんですか?」

OZさんにはセブのウェルツをオススメされたんですが、もうセブはいいかなって思ってて。セブだと遊ぶ場所がいっぱいあるから遊んじゃうなと。

あと最初はヨーロッパ留学も考えていたから、IELTSの学校を探してたんですよ。なので、セブのフィリンターも紹介してもらいました。あとCGだったかな。バギオにもう1校あって。

「バギオだとCNS2って学校がIELTSで有名ですよ。」

忘れましたけど、IELTSが強い学校で、バギオで2校とセブのフィリンターを出してもらったんです。ただその後、IELTSはいらなくなったんで、ESLで探した時に、「HELPだったらもしIELTSが必要になってもコース変更できる」って教えてもらったんです。

「マーティンス校は入学試験にスカイプ面談ありますよね。どんなことを聞かれました?」

まず名前、何で英語を勉強してるのか、何で人は働くんだろう、ってことを英語で聞かれました。それに答えて。10分くらい話して。で、合格を頂いて。

HELPマーティンス校の感想

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は73個。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校

HELPマーティンス校 (バギオ)

英語に集中できる中級向けスパルタ校、入学条件はTOEIC680点以上、IELTS対策にオススメ

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。