バギオのBECIとストーリーシェアの前身エデンマイルスの学校比較

アンヘレスに住んでいるマナさんのフィリピン留学の感想です。2008年に3ヶ月、2010年に6ヶ月海外留学して、オーストラリアの企業に就職した後、マニラに住んでいます。マニラのケソンシティやマカティにも住んでいたので、フィリピンに詳しいし英語はペラペラ。バギオの韓国人経営BECIとエデンマイルス経験者。彼女はどうやって英語を勉強したのでしょうか?

フィリピン留学経験者マナのBECIの感想

マナ、27歳女性、期間は2010年に6ヶ月

BECIとストーリーシェアの違い

初めてフィリピンに来たのは2008年。英語は全然喋れなかったです。明確な動機があったわけでなく、ただ漠然と英語が喋りたかったんです。英語喋れたらカッコいいな。でも、お金ないなって状態でした(笑)。

最初はオーストラリア留学を検討してたけど、「初級ならフィリピンで学んでからオーストラリア行ったら?」って言われて、ネイティブ国以外の格安留学を知ったんです。

いろいろ調べた結果、フィジーとフィリピンを検討したんですが、フィジー留学を経験した友人の感想がひどくて、インド人が多く、訛りがひどい。環境もひどくて友人は途中で切り上げて日本に戻ったんです。それでフィリピンにしたんです。

フィリピンは最悪、断水、先生が来ない…

フィリピンを選んで、ケソンシティの語学学校に行ったけど、来てみたら同じようにひどい環境だったんですよね(笑)。

フィリピンに来てみたら、友達が言ってたフィジーと同じ感じで、電線を盗まれて停電とか。水は出ない。先生が来ない…。イメージは最悪で3ヶ月勉強する予定だったけど、1ヶ月に切り上げてセブに旅行に行っちゃいました(笑)。

2008年って日本人はほとんどいなかったでしょうし、環境も今よりもっと過酷だったんでしょうね。そう言えば、電線泥棒はバングラデシュにもいました(笑)。

ストーリーシェア前身のエデンマイルス

ただ、その後、日本で働いていても、英語をやりたい気持ちはずっと残っていて、2010年にもう一度フィリピンに行く事を決意したんです。ハローぐらいしか話せなかったから、最低半年は必要だと考えて、覚悟を決めてました。その時に行った学校が、ストーリーシェアの前身のエデンマイルスなんです。

最初は全然分からないから、ただ笑うだけ(笑)。エデンマイルスでは本当に真剣に勉強しました。いろいろ悩む事もあったけど、周りを見たらみんなすごい勉強してたから、良い意味で周りに流されたと思う。悩んでも仕方ないから3ヶ月突っ走った。そしたら、3ヶ月経ったときに、ちょっと喋れるようになったんです。でも、死にかけでしたよ。その後、入院しましたよ。ストレスで腸炎です(笑)。

本気で勉強した生徒が体調を壊すのはよく聞きます。しかし、周りに流されやすいタイプは、みんながすごい勉強している環境に身を置くのが良いかもしれませんね。

BECI(バギオの韓国人経営)

その後、他の学校も見てみたくて、バギオの韓国人経営のBECIに3週間行きました。でも、たくさんの教材があり、授業は毎回違う…。覚えては次のクラスで忘れる、それを繰り返したというのが正直な感想です。

他の学校は気になってBECIに来たけど、私にはエデンマイルスのほうが合ってました。でも、グループクラスを受けた事がなかったので、BECIでのグループクラスは新鮮でしたし得るものがありました。他の生徒の発音を聞いたり、文章の使い方を見たり、英語で一つの事を話し合ったり、主張する経験は初めてだったので。自分が色々な事を他国の人と英語で話せてる事にも気づけました。

フィリピンはマンツーマンレッスンが売りですが、ある程度慣れてくると、グループレッスンは絶対必要だと思います。ただ、小規模の学校ではグループクラスが少ないのが残念ですね。

充実した半年を過ごして、目標は達成して、アジアに旅に出ました。

アジア旅行でネイティブの英語が聞き取れない

留学後にアジアに旅に出て、フィリピンでの学習は活かされたんですか?

たまたま、旅の途中でアメリカ人の子と一緒に行動するようになったんですが、ネイティブの英語が早くて全然分からなくてガクッってなりました(笑)。

アンヘレス在住マナのフィリピン留学体験談

アジア英語とネイティブ英語の違いを痛感しつつ、アジアを旅したマナさん。その後は、ヨーロッパも旅して、外資系企業に就職。僕から見たらもうペラペラで英語で不自由することはないように思いますが、実はそうではないようです。

いまは伸び悩んでます。日常生活は問題ないですし、フィリピンはみんな親切なので、生活には困らないです。だけど、英語の勉強は永遠ですね。

やはり英語学習に終わりはないんですね。フィリピンの生活はどうですか?

旅行と住むのは別ですけど。居心地は良いです。お金で解決できますし(笑)。

お金で解決できるというのがなんともフィリピンらしいですね。

フィリピンはいろんなステップになった場所だから、特別な感情がありますね。

英語留学の検討者にメッセージ

英語留学を検討している人にメッセージをお願いします。

私は英語が喋れなかったので、喋れる人の気持ちは分からないですけど、自分のレベルをキッチリ理解して、学校やテキストを選んだ方がいいと思う。あと、ネットで調べるより、航空券は安いから、下見に来るのがオススメ。ネットの口コミや評判より自分の目で見て欲しい。

学校は変わるし、その時の生徒によっても雰囲気が変わる。その人のレベルや目的、滞在期間によっても合う学校は違う。日本から近いし、航空券も安いから、短期旅行で来て、体験授業を受けるのは僕も賛成です。有休1、2日取って週末に来たら雰囲気は掴めると思います。

蚊は出ますし、暑いですし、雨も急に降るし。

人によっては、環境面もすごく大きい。そういうのも英語学習の重要な要素の人もいるでしょう。僕にとってはネットが不安定なのがツライ。

ネットの情報がすべてじゃないと思ってるので、口コミや評判より自分の目で見て欲しい!フィリピンは良いところですよ!

(2013年7月11日 ストーリーシェアのネポボーディングハウスにて。)

まとめ

彼女が留学したのは2008年だから、もう状況も変わっています。エデンマイルスは倒産しています。

このインタビューのリアルな音声は下で聞けます。興味ある方は是非どうぞ!

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

体験談に出てくる学校

BECI (バギオ)

バギオの老舗学校

この体験談の関連口コミ

アバター
クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を体験。その後、サイトを作ると学校から呼ばれるようになる。体験した学校は101校。年間半分以上は海外で、イギリス、カナダ、マレーシアでは英語授業も体験。元コンサルタントで、本気の方には留学相談やエージェントもやってます。著書:英語は「フィリピン」で学べ!
留学相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。