フィリピンの教育都市イロイロシティのNEOに英語留学。本気で勉強したら3ヶ月経った時に急に英語が喋れるようになった!

フィリピンの語学学校には日本資本と韓国資本の2つに分かれる。韓国資本のNEO(イロイロシティ)と日本資本のネポボーディングハウス(アンヘレス)で英語を勉強した生徒に感想をお聞きできたので、それぞれの特徴と違いをお聞きしました。

ネポボーディングハウス付近のネポモール

匿名、29歳女性、期間は2007年に6ヶ月、元自営業

全然英語出来なかったから、イロイロシティのNEOの6ヶ月は本当に辛かった。でも、毎日泣きながら真剣に勉強したら3ヶ月経った時に、急に喋れるようになった!

彼女が留学したのは6年前の2007年。格安留学で検索して、留学エージェントに紹介されたのは、イロイロシティの韓国資本学校NEO。

しかし、韓国資本のNEOでは、生徒はほとんど韓国人。文化の違いで口論になった時、英語で自分の言いたい事が伝えられないのがすごいストレスだったようです。

最初は毎日泣きながら親に電話してたそうですが、持ち前のガッツで必死に勉強してたら、3ヶ月で霧が晴れるような体験をしたそうです。(そんな体験したい!)

3ヶ月で英語力のアップを体感する方はしばしばいますが、共通してるのは本気で英語を勉強したということですね。きっとすごい勉強したんだと思います。

日本人経営と韓国人経営学校の違い

ちょっと気になる日本資本と韓国資本の学校の違いを聞いてみました。

学校はかなり違います。韓国学校のNEO(イロイロシティ)は100人ぐらいで、日本人は3人ぐらいだったんですが、私はNEOのほうが勉強に集中できました。ネポボーディングハウスは生徒は全員日本人ですよね。日本人がいると、English Only Policy(英語しか喋ってはいけないルール)でも、やっぱり最終的には日本語が通じる安心感があります。でも、韓国人だけだと、どんな時でも、英語でトライしないといけないですから、アウトプットの機会が当然多いです。生徒の英語レベルも韓国の学校のほうが高かったです。

英語に集中したい生徒にとっては、日本人を避けて英語脳になる、というのは確かに効果がありそうです。

あとで知ったんですけど、イロイロシティは教育で有名で、村の人もみんな英語がペラペラなんです。学校の外でも、おせっかいなオジサンが英語を教えてくれるんですよ。村人がみんな英語の先生ですよ。

これを聞いて、僕はイロイロシティに行きたくなりました(笑)。フィリピンでは街中でもだいたい英語が通じますが、イロイロシティはもっと上手なんでしょうか?

英語力が上がってくると、相手の英語力も分かってきます。僕は今回でフィリピンは2回目ですが、このアンヘレスの街中は、英語の発音がひどい人もいるし、やっぱり個人差があるんだなと分かるようになりました。1回目は分からなかったです。自分のレベルによって学ぶエリアも考えたほうが良いと思います。

NEOとネポボーディングハウスの違いは?

学校の違いや特徴をもうちょっと具体的に聞いてみました。そもそもなぜこの学校に来たのでしょうか?

まず費用が安かったから。ストーリーシェアのマニラとネポで悩みましたが、マニラだと治安面で親が心配するし、田舎のほうが自分には合ってると思ってネポにしました。

治安面でマニラを避けたようです。マニラがとんでもなく危ないわけじゃないですが、確かに他の都市よりちょっと面倒だとは思います。でも、マニラで勉強している女の子もたくさんいますよ。

私自身の英語スキルが上がってるので、2つの学校を比較するのが難しいんですが、NEOのほうが先生のスキルが高かったと思います。特に文法とかスペルはネポは弱いと思う。だから、この学校には満足してません(笑)

メソッドや教育の質にこだわってるネポボーディングハウスよりもNEOの先生のほうが質がよかったというのは興味深い意見(笑)。

あと、ネポはルールもいろいろあって、ちょっと先生と友達になりにくいかな。

ネポボーディングハウスは先生の教育に力を入れているので、授業が空いてる先生も課題を与えられていて勉強しています。だから、授業がない先生に気軽に話しかけられないというのは確かにある。(僕は結構話しかけてましたが…。)まあ、肌が合う合わないということのようにも思います。

ただ、ネポの先生はすごい熱心。生徒もいろんなタイプがいて面白い。NEOはそんなことはなかった。

フィリピンに来る日本人は社会経験を積んだ社会人が多い、一方韓国人は学生。そういう意味では、当然日本資本学校のほうが個性豊かな人が多いし、変わってる人が多い気がします。それを面白いと思えるかは人それぞれでしょうね。僕は超面白いですがw。

フィリピンの食事は?

韓国資本は食事がマズイとよく聞くんですが、どうなんでしょうか。食事面も聞いてみました。

NEOは朝昼晩キムチだったのでやっぱり辛かったですね。ネポはご飯はおいしいですよ。最近はローカルフードにもハマってます。

日本資本学校のすべてが食事が良いとは思わないですが、ネポは去年(2012年)より良くなってます。前は野菜が少なくて、もっとオイリーでした。というか、フィリピンの食事が全体的に肉食で、野菜が少なくてオイリーですからね。でも、今はオカズの種類も前より多いし、野菜も増えましたね。僕は肉食ですし、ローカルフードも美味しいから好きです。でも、ずっと続くとツライです。

フィリピン留学はどんな人にオススメですか?

今まで4回来て、2つの学校を経験した彼女にとってフィリピンの魅力とは何なのか?また、どんな人にオススメなのか聞いてみました。

私は、フィリピン人のフレンドリーで適当なところが大好き!フィリピン留学は、ビギナーにオススメ!アドバンスな人は不満を言う可能性もあると思うから学校選びは慎重に(笑)。あと、ゴキブリとかネズミが怖い人とか、キレイ好きな人はちょっとツライかも。

(2013年7月11日 ストーリーシェアのネポボーディングハウスにて6年前を振り返る。)

このインタビューの音声は本人の希望で非公開にしました。

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は30校。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*