海外と日本のエンジニアの働き方の違い!英語とITスキルがあれば海外で働ける!

今回お話を聞いたのは、セブ島のネクシードでプログラム講師。日本、オーストラリア、ニュージーランド、セブで働いた経験があるので、エンジニアとして海外で働くのと日本で働くことの違いを教えてもらいました。海外で働きたいエンジニア必見!

オーストラリアのワーホリでエンジニアとして働いて感じた日本と海外の働き方の違い

一戸 英理子、37歳、エンジニア

日本と海外でエンジニアの労働時間の違い

日本で7年、海外で7年働いたわけですよね。開発手法は違うし、時代も変わってきてるから比較が難しいけど違いを聞きたいです。僕がエンジニアだった時は、時間を忘れてるほど働いていたときがあります。国によって労働時間は違いますか?

違います。オーストラリアではみんな定時に帰ります。

でも、納期が間に合わないと残業するしかないでしょ。最初から無理なスケジュールの仕事もあるのに、みんなが定時に帰って納期に間に合うんですか?

スケジュールが無理な時は相談して、納期を調整します。その違いが面白いんです。日本ではお客さんが言うことは絶対聞かないといけないでしょ。でも、オーストラリアでは働いてる人のほうが強いんです。カフェでも店を閉めるからお客様を出したり普通にします。

それで、怠ける人はでないんですか。

でます(笑)。

それでも、会社が成り立つんですね。

たぶんみんながそうだから。

それは働くにはいいけど、生活するとストレスが溜まらないですか?

溜まりますね(笑)。でも、納期に追われる感覚を海外では感じたことがないので、働くにはいいと思います。

オーストラリアのワーホリでエンジニアとして働いていたエンジニア

例えば、自社サービスを立ち上げたい会社があるとするでしょ。早くサービスを立ち上げたほうが会社にとってはいい。そんな状態でもみんな定時に帰宅ですか?

オーストラリア人やニュージーランド人は定時に帰ります。

じゃ、開発能力をあげてから、オーストラリアとかニュージーランドで働いたらいいですよね。

そうなんです。オーストラリアやニュージーランドでは開発能力があれば仕事は見つけられます。エンジニアがオーストラリアで永住権を取りやすいのは、技術者が全然足りてないからなんです。オーストラリア人で技術力がある人はちょっとしかいないです。永住権が取れるから、インドやパキスタンの技術者が多いんです。

日本と海外でエンジニアへの要求の違い

日本と海外でエンジニアに求められる資質は違いますか?

違うと思います。私の印象ですけど、日本のエンジニアに求められることは、品質より納期な気がします。もちろん最低限の品質は当然必要ですけど。海外はどっちかというと高品質が求められてる気がします。高速で動くことが大切なので、海外のほうがスキルを求められる印象があります。品質がよくなかったら出しても意味がないから、納期を伸ばそうという考え方になるんだと思います。日本だと何よりも納期が大切なケースが多いと感じます。

海外のほうが品質を見る目がある?

あると思います。日本みたいに利用マニュアルをしっかり読むユーザーはいないので。どんなに雑に使っても問題ないシステムが求められているんです。競合がアメリカなので、アメリカよりよいものを作らないといけないので、UIは海外のほうがレベルが高いです。オーストラリアではハイレベルなデザイナーが多かったです。海外は働きやすいけどハイレベルなものを求められると思います。

海外がむいてるエンジニアとかありますか?

異文化を受け入れられるなら海外で活躍できると思います。逆に、どんなに開発能力が高くても、異文化を受け入れらないとストレスが溜まると思います。異文化が面白いと思えるなら海外に挑戦するのはいいと思います。

海外での働き方の違い

海外で働いて働くことの考え方は変わりましたか?

変わりました。日本では労働時間も長いし、すごい頑張って働いていたつもりだったんです。オーストラリアではダラダラ働いている人もいるんですけど、早く帰って家族と過ごすことを大切にしていて残業せず仕事を終わらせるのが当たり前なんです。労働時間が長いから頑張ってるわけではないと思うようになりました。

オーストラリアのワーホリで仕事をしてた時の会社のパーティー

海外のほうが開発の生産性が高いんですか?

高いと思います。私が日本で働いていた時代は無駄な作業もあったように思います。いまは日本でも残業も少なくなってきてるので、変わってきてると思いますけど。

僕もサラリーマン時代には無駄だなと思う作業がたくさんありました。でも、時代が違うから比較が難しいですね。他に、海外で働いて感じたことは?

IT業界って働く場所を選ばないって言われてるけど、日本にいる時はそうは思えなかった。お客さんと会うことも大切だし、開発メンバーも近いほうが効率がよいので結局同じ場所に集まるんです。でも、海外でいろいろな環境で働いて、みんなバラバラの場所にいても一緒に仕事できるんだなと思うようになりました。いまは違和感もなくリモートの人と仕事してます。

エンジニアになりたい人に相談されたらどんなアドバイスしますか?

私は特殊なキャリアなので、参考になるか分からないですけど、お金に関係なく好きなことに挑戦したらって言いますね。

やりたいことをやって、困らず生きてこれてますけど、みんながそんな風に生きれるわけじゃないと思うんです。他のエンジニアとの違いって何なんですかね?

自分で自分の道を選んだのが大きいのかなと思います。自分で選んだ道だから、そこで頑張る。だから、楽しく暮らせるのかな。

グローバル人材を育成するセブのネクシード

(2016年11月11日(金)セブにて)

まとめ

彼女はいまセブにあるネクシードという学校でプログラムを教えています。セブの英語留学が流行ってますが、IT留学です。僕は授業を1週間だけ受けましたが、課題も多くて大変でした。講師も個性的だし、合宿のように仲間と一緒に学ぶスタイルがいいと思います。興味ある方は検討してみてください。

ネクシードに興味ある方は公式サイトをどうぞ。

ネクシード公式サイト

今後もリアルな口コミを掲載していきます。参考になったら共有してくれると嬉しいです。

クリエイター(ノマド)。2012年にフィリピン留学を経験、学校のあまりの違いに驚き、オススメの学校を紹介し始める。体験した学校は80校。イギリス、カナダ、マレーシアで英語学習の経験あり。仕事は、コンサル、モノ作り、ラジオ、似顔絵描き。本気の方には留学相談やエージェントもやってます。

この記事で取り上げられている学校の他の口コミ

NexSeed (セブ島)

英語×プログラム留学

この記事の関連口コミ

人気の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*